自分だけの楽しみだけど、やっぱり共有してみたい。

例えば、赤茶色にすすけた煉瓦造りの古い街並に、霧雨が音も立てずに降り注ぐ夜のロンドン。雨がオレンジ色の街灯に反射して銀色の細い糸のようにキラキラと輝く。そんな情景に立ちすくむと、胸を締め付けられるように切なくなる。

例えば、静寂の中で音のない音を聞く瞬間。
例えば、空気や夕陽や季節の匂いを感じる瞬間。
例えば、圧倒的なインスピレーションを受ける瞬間。

私にとって、幸せの絶頂を感じる瞬間たち。

旅行に行ってもアクティビティーはいらなくて、ただ歩いてるだけ、その土地の空気を食べながら、道行く人々やお気に入りの写真や建築に感銘を受けてるだけでおなかいっぱい。

この幸せの価値は私の個人的な楽しみで、あんまり一般的じゃないっていうは分かってる。私のテイストはちょっと変わってて、メジャーじゃないっていうのも分かってる。

それをinterestingと言って好きになってくれる人もいるし、素敵な感覚だと褒めてくれる人もいて、それはすごく嬉しいことなんだけど、やっぱりたまにはこの感覚と喜びを誰かとシェアしたい。

目に見えないところにある価値観を共有したい。
時が止まる瞬間に感じる切なさと衝撃と喜びを、誰かと共有してみたい。

本当はBooとシェアできたら1番幸せなんだけど、夕陽の匂いを感じる鼻をBooは持ってない。すごーくすごーく残念。
[PR]

by myums | 2008-03-16 23:48  

<< シットコムの注意事項 How I met your ... >>