シンガポーリアンの国民性

モールを3つもウロウロしまくって新しいサンダルを買いました。ひたすら歩いて疲れた体をカフェで癒したあと、隣のモールに移動して、今度は食料買出し。

レジに並んだところで、ハッ!!
買ったばっかの靴がない!!

さっきのカフェに置き忘れてきちゃったんだ…。がーーーーん。

とにかく早く戻らねば。

大あわててで会計を済ませて、もと来た道を戻る。
っつか、すぐにタクシーのりこむ予定だったから、なんじゃかんじゃと色々買出ししちゃったし。
午後の強烈な日差しを浴びながら、重いスーパーの袋を3つも両手に提げて、流れる汗もそのままに、ひたすら突き進む私。

カフェを後にしてから、たっぷり1時間は経過してる。盗まれてるかな…。ああ、ショックすぎる。なぜ私がこんな目にあわなければいけないのか。
汗がうざい、湿気がうざい、この暑さが憎い!!

罪のないシンガポーの気候に八つ当たりしながら、やっとカフェに到着。

さっき、座った席を見ると。

あった!!!!

まるで、「ちょっと席を外すけど、このテーブルは使用中よ」のサインのごとく、ふつーに置いてありました。

いや、これだけ長時間放置されてんだから、どうみても忘れ物であるはずなのに、盗みはおろか、テーブルを片付けに来た店員すらノータッチってのがすごい。

これが日本だったら、盗まれてるか、店員が預かってるか、半々くらいの確立だよなー。カナダだったら、100%盗られてるね!(そして盗まれるほうが悪いといわれる)

シンガポーリアンって本当に人が良い。
今回ばかりは、シンガポール素敵って思っちゃいました。
[PR]

by myums | 2012-07-06 23:24 | 国際結婚とシンガポール  

<< ミッシャンはメメを忘れたか あっと言う間の3ヶ月間 >>