シンガポールでレーシック

シンガポールで念願のレーシック!
コンタクトともメガネともおさらばして、憧れの裸眼生活を手に入れるのよ~♪
手術はちょっと怖いけど、「裸眼」を手に入れるためなら屁のカッパ。

検診を終えて、私に視力与えてくださるドクターとのご対面。
裸眼生活を妄想しすぎてニヤニヤが止まらない私に、ドクターが一言。

「あなたの目は、レーシックに不向きです」

え???

「角膜の形がイレギュラーなので、レーシックするともっと視力が下がる危険性があります」

・・・・・。

固まる私に追い討ちをかけるドクター。

「もしかたら緑内障の可能性もあります」

ええええええええ!!!!

てか、緑内障ってなに??

英語でのメディカルカンバセーションを続ける気力を失った私。「OK、OK、Thank You」(サンキューなんて気分じゃなかったけど)と言い残し、肩をがっくり落としながら病院を後にしたのでした。


帰宅後、ちょっと調べてみたところ、角膜が尖った形状の人はレーシックに不向きだそうです。ちなみに店舗販売されてるコンタクトも、ぴったりくる形のものはないとか。なるほどね。だから、私、つねに不快感があるのか。

そんでもって緑内障は、視野が狭くなる進行性の病気だって。今のところ進行を遅らせる治療法はあるものの、失った視力を回復させるのは不可能らしいです。

遅らせるだけってことは、いずれは失明の可能性ありってこと!?
ちょっと・・・怖いんですけど・・・。

何はともあれ、来週緑内障の検査を受けることにしました。

あー、それにしても、裸眼生活したかったなぁ。
ショックショック。
[PR]

by myums | 2012-02-08 15:57 | 国際結婚とシンガポール  

<< 一人寝 あるのに、「ない」 >>