タグ:国際結婚 ( 243 ) タグの人気記事

 

11年目の真実

「僕には先住民の血が混じってる」

先日ブーが言いました。

どっからどう見ても、あなたピュア白人ですけど!?

鼻白む私には目もくれず、自信満々に続けるブー。

「ずーーーーーーーーーっと先祖を辿っていけば、必ずどこかに先住民がいるはずだ」

まあ、確かに、可能性がないとは言えません。
が、それを血が混じっているというのか??

ってか、ブーと知り合って11年たってんの!?
ひゃー。長いね。
[PR]

by myums | 2013-08-08 09:39 | 国際結婚とカナダ  

メメとの別れ2

ある夜、なんとはなしに、メメなしでご就寝にチャレンジしてみた私。
「ほ~ら、おしゃぶりだよぉ」「ほ~ら、アグア(水のこと)飲んでごらん」と、メメ以外のものでミッシャンを落ち着かせようと頑張ってみるも、

「メーメー!!メーメー!!!」
大粒の涙をボロボロこぼしながら、お休み前のメメを求めるミッシャン。仕方ないかと思いつつ、メメを差し出そうとしたその瞬間、

「みっしゃん、ダメ!」

なんとブーがミッシャンを自分の腕の中にさらったのです。

え!なぜ?!

ブーは「1年以上あげたんだから十分」という、メメストップ推進派だったのです。降板か続投かで揺れ続ける私の心理も知っていたため、ここは俺が綱をひいてやろうくらいの気持ちだったのでしょう。

私も、本気でやってみようと即座に決断。
どうしてもダメならメメ登場願えばいいんだし。

メメを遠ざけるため、私は部屋を退出。
隣室でジッと固まって、嵐の過ぎるのを待ちました。
しかし、待てど暮らせど、ミッシャンの泣き叫びはやみません。

「ギャーーーーーーーーーーー!!ギャーーーーーーーーーー!!ウォッウォッ!!ギャーーーーーーーーーーーーーー!!ギャーーーーーーーーーーーーー!」


嗚咽を漏らしながら断末魔の叫びをあげ続けるミッシャン。

もう我慢できない!!

バッとドアを開けると、そこには涙と鼻水で顔をぐしゃぐしゃにしたミッシャンが。私を見つけるなり両手を伸ばして、私を求めてきました。

我を忘れ、ブーの腕からミッシャンをもぎ取るように抱きしめると、私の首に両手を回し、胸に顔をうずめるミッシャン。もう泣いてはいませんでした。
そして抱っこのままゆらゆらしている内に、すうーっと眠りに落ちていきました。

その後、夜中に一度目を覚ましましたが、おしゃぶりをくわえさせただけで、再び眠りの世界へ。
結局その夜は、メメは不要でした。


みっしゃんが泣き始めてから眠りに落ちるまで、約20分程度。
以前、夜中の断乳を試みたときは1時間泣き続け、根負けしたので、今回はかなり短いほうでした。
しかし!
20分間、我が子の泣き叫ぶ声を聞き続けなければいけない。
これは、もう永遠の地獄です。
手も足も頭ももぎとられ、心もビリビリに裂かれるような、そのくらい胸が痛みます。

こんなに泣いているんだから、メメあげればいいんだよ。こんなに小さな赤ちゃんに、こんなにひどい仕打ちをするなんて、虐待なんじゃないか?私たちはなんてひどい親なんだ。

でも、ここまできたら頑張るしかない。あげたりあげなかったりするほうがミッシャンを混乱させちゃうんだ。

2つの思いがグルグルグルグル頭を回って回って、なにがなんだか訳が分からなくなって、気づいたらミッシャンを抱きしめていました。

理性を失うって言ったらちょっと大げさかもしれませんが、立ち上がってドアを開けるまでの記憶が本当にないんです。子の泣き叫ぶ声に反応したのは、私の理性ではなく母性だったんだろうなぁ、と思います。

あ、そうそう、ミッシャンと格闘し続けたブーの様子はというと、まったく分かりません。
ミッシャンをもぎ取った後は、ミッシャンしか眼中にありませんでした。
でも、いつまでも泣き止まない赤ちゃんを抱っこするというのは、出口の見えない暗闇を走り続けるようなもの。
精神的にも肉体的にも追い込まれます。
その役を買って出てくれたブー。

「ありがとうね」
「うん」

そんな風にしてメメとの別れ初日は過ぎました。
続く・・・。
[PR]

by myums | 2012-05-03 13:43 | 国際結婚とシンガポール  

メメとの別れ1

私の乳。
名前はメメ。
名付け親は、我が娘、ミッシャン。

ミッシャンはメメが大好き。ちょっと喉が渇いた、ちょっと眠くなった、ちょっと転んだ、夜中にちょっと目が覚めた、ちょっと気が向いた、なにかっちゃあ、「めぇーーめぇーーー」と羊のような泣き声で寄ってきて、メメをパンパンと叩く。

幸せそうにメメを吸うミッシャンを見てると、「かわいいぃぃぃぃっ」と、とろけそうになるわけですが、反面、メメタイムが面倒であることも事実。

メメタイムの間中、我が子の顔を見つめて幸福を噛み締める、なんてのは1ヶ月間そこらです(最初の1,2ヶ月間は乳首痛くて、地獄だったし)。
あとは、テレビ見るか、スマホいじるか、くらいしかできません。
外にいたらあわてて授乳室を探さなきゃいけないし、なかったら授乳カバーをかぶって授乳だし、授乳カバー忘れた日にゃあ、泣き喚く赤ちゃんを抱えてトイレを探して右往左往。服を買うときも「メメしやすい」基準で選ばなきゃいけません。「かわいい服」を何度断念したことか…。

何より、夜中のメメタイムがツライ。
日によっては1時間おきに「めえーめえーめえー」。
水でごまかそうとすると、「めええええええええええええええええええええ!!!!(水なんかいらねーんだよー!!)」怒声をあげ、ボロボロと涙をこぼしながら、メメをバシバシ叩く。
仕方なく、メメタイム。

眠い。ものすごく眠い。
寝たい。
朝まで通しで、とは言わない。
せめて5時間くらい通して寝てみたい。

ははあああ、もう断乳しちゃおっかなー。
でも、こんなに欲しがるのを無理にやめちゃうのは可哀想かなあ。

揺れる母心。

まったく決心がつかず、なんとなくメメをあげ続けていたある夜。
それはやってきました。

次回へ続く。。。
[PR]

by myums | 2012-04-26 10:42 | 国際結婚とシンガポール  

まつげパーマの写真

c0057810_2223036.jpg


バブル期のトサカ前髪を彷彿とさせる、私のまつ毛です。
立ち上がりすぎて上まぶたにささってます。

「こ、こわい・・・ぷぷぷっ」
と笑っていたブーも、かわいそうと思ったのか、その後、何度も私のまつ毛を下向きになでてくれました。でも、相変わらず、まつ毛は激しい存在感を放っています。

一時帰国まであと2週間。それまでに少しは落ち着いてくれー。
[PR]

by myums | 2012-03-03 22:15 | 国際結婚とシンガポール  

merry christmas

全然更新できてなくてごめんなさい。

Merry Christmas to everyone!!

シンガポールはシトシト雨のクリスマス・イブとなりました。
フィリピン直撃した台風の影響みたいで、ここ2,3日は雨が続いてます。
フィリピンはあちこちで洪水が起こって、たくさんの命が失われました。うちのメイドさんはフィリピン人なので、とても悲しがってました。

今までまったく興味のなかったフィリピンという国の事情も、メイドさんのおかげで色々知るようになりました。そんな話もこのブログでボチボチしていけたらいいな、と思います。

クリスマスとまったく関係ない話になってしまいましたね。

今、うちにはBooのご両親が滞在中。
明日は一緒にクリスマスディナーを作って、みんなでターキーをつつきます。
ミーシャにとってもはじめてのクリスマス。あったかくて楽しいクリスマスになりますように。
[PR]

by myums | 2011-12-25 00:12 | 国際結婚とシンガポール  

セミは何と鳴く?

「セミって何ですか?」
とメイドさんに聞かれたブー。

「セミは夏になると日本に大発生する虫で、

ケーンケンケンケンケンケンケンケーーーン

って鳴くんだ」。

ミーンミンミンミーンじゃないの!?
[PR]

by myums | 2011-11-29 23:26 | 国際結婚とシンガポール  

ミッシャンはブーを覚えていたか

3週間。
赤子にとってそれは1年間にも匹敵する長さ。

ブー出張中につかまり立ち、高速ハイハイをものにしてしまったミッシャン。
テーブルやら椅子やら、つかめるものを見つけようならすかさず立とうとする。しまいには壁にも手を出す始末。つかまるところないんですけど!
その果敢なチャレンジ精神は素晴らしいのですか、こっちは毎日ハラハラ。

シンガポーの床はなぜか大理石!
転倒して頭をうったら大変なことになっちゃう。

一時もジッとしていないみっしゃんを追い掛け回し、くたくたな日々を送っていた私のもとに、やっとブーが帰ってきた。

「みっしゃーん、ダディだよ~ん」

白くて長い人の突然の出現に固まるミッシャン。

このちと、だれっ?!

得意の歌舞伎・ザ・ロック眉毛でブーをにらみつけ、何かを模索している様子。
果たして、ミッシャンはブーを忘れてしまったのか!?

「I miss youuuuuuuuuuuuuuuuuuu」
ブーに抱きしめられたミッシャン。困惑の表情。泣くか?泣くのか?!

「うきゃきゃっ♪」

おぉぉ!出ました。天使のスマイルです!!

その後はダディの帰宅が嬉しくて仕方ない様子で、うれション状態でした。
ミッシャンはダディーを覚えていた!
3週間会っていなくても、赤ちゃんは父親を忘れないことが証明された瞬間でした。

ブー、良かったね~。


ふと思ったけど、じゃあ、どのくらいの期間会っていなかったら赤ちゃんは両親を忘れちゃうんだろうか。一番身近であるはずの母親のことも、3ヶ月くらいあってなかったら忘れちゃうかなぁ。寂しい・・・
[PR]

by myums | 2011-10-06 20:17 | 国際結婚とシンガポール  

ハッピーバースデー

昨日ブーが無事に東京から帰ってきました。
東京からのシークレットお土産は、グッチのお財布~♪

友人からいただいたお財布をずっと使ってたんですけど、長年の使用によりかなのヨレップリを見せていたところ。

気が利く旦那だわ~。

そして、その日はブーの31回目の誕生日。

私がプレゼントに選んだのは…

カルティエの長財布~♪

なんと偶然にもお互い財布をチョイスしてた!

ビバ、以心伝心っ★
[PR]

by myums | 2011-10-02 12:54 | 国際結婚とシンガポール  

Boo東京へ

明日からBoo in TOKIOです。(古すぎですかね)
私とミッシャンをシンガポールに残し、3週間も!!!!

寂しい・・・。

しかし、不安を抱える私に強い味方が現れたのです!!
それは、メイドさん。

ちゃらら~ん。

シンガポールでは住み込みメイドさんがとってもポピュラー。
なんてたって安いから。

その話はまた別の機会にするとして。

家事やミッシャンのお世話はメイドさんに協力してもらえるけど、精神的な拠り所であるBooの不在はやっぱり寂しい。

これからはBooの出張にも慣れなきゃなぁ。
と思うものの、「パートナーの不在を寂しく思う感情」には慣れたくないものです。
Booの帰宅がとっても嬉しい。だから満面の笑顔で「おかえりなさ~い」と言える。いつまでもそんな家族でいたいですね。

ああ、それにしても私も東京に一時帰国したいぞ!!!!!
[PR]

by myums | 2011-09-10 17:24 | 国際結婚とシンガポール  

Booの育児

Booの育児はアグレッシブ。
生後2ヶ月でミッシャンをソファーに座らせたり、生後4ヶ月でつかまり立ちさせたり。
おかげですっかり「たっち」好きになってしまったミッシャン。

一人座りの練習をさせようとしても、足をピーンと突っ張って立ちたがります。
立つといっても、足の筋肉が追いついてないので、ぐらんぐらんしてます。
捻挫しちゃうんじゃないの!?
という私の懸念をよそに、父と娘は楽しそう。
しかも、最近はぐらぐらしなくなってきた!
ベビーベッドの柵を引き寄せて、一人でつかまりたっちをすることも。
一人座りより先につかまりたっちに持ってくとは、恐るべし、Booの育児。

離乳食にしても、早く始めてガンガン進めたかったみたい。
「なんでもやってみなきゃ!」というザ・北米ポジティブシンキングです。

早く離乳食を始めて少しでも早い卒乳が勧められたのは、一昔前の話。
今は、早すぎる離乳食の開始はアレルギーの原因となると言われています(機能が未発達の赤ちゃんの胃腸に、離乳食は負担が大きいので)。
生後半年は母乳以外は不要という説もあります。

そんな話をBooにしたところで「あーだこーだ」と理屈をこねて早く始めたがるのは目に見えてます。
そこで、Booが信頼を置く育児サイト「baby Center」で、検索したところ、離乳食早期開始のデメリットという記載を発見!

私の意見ではなく、医学的根拠のある説であることを強調。
Booみたいに理屈っぽい人には、この手が効くのです。
そんなこんなで離乳食に関しては、のんびりペースでいくことになりました。

Booの育児はミッシャンの成長をリードする育児で、私のは見守る育児ってところかな。
タイプは違えど、育児に情熱を持って取り組んでくれる姿を見ると、とても嬉しくなります。
次はどんなことをミッシャンに教え込むのか、Booの調教が楽しみです。
[PR]

by myums | 2011-08-23 17:45 | 国際結婚とシンガポール