タグ:国際結婚 ( 243 ) タグの人気記事

 

同姓か別姓か、それが問題だ。

今日、領事館に婚姻の届出をした。
1ヵ月半ほどで日本の戸籍変更が終わるらしい。
サイトには2ヶ月とあったので、
「やった!短いじゃん! さすが日本の役所は仕事早いぜ!」
と心の中でガッツポーツしていると、
「姓は、旦那さんのものに変えますか?」
と、唐突に聞かれた。

えー!今ココで決めんですかい?!

実は、Booと私は、同姓にするか別姓にするかで
何度か話をしていた。
Booは「一緒の姓にした方が、絶対いいよ。夫婦って感じするじゃん!」
と、同姓を主張。
私は、と言うと。
本当は、Booの言うとおり、同姓にしたい。
その方が、より身近にBooを感じるもん。

しかし、そんな私の乙女心を揺るがず物、それは

印鑑。

Booのラストネームはカタカナで8文字。
そんなギネスブック並な長い印鑑、
持ち歩き不便すぎ。

しかも、印鑑は1個というわけにはいかない。
実印とその他で計3個は欲しいところだ。
それを特注で作ってもらわねばならないだろう。
もし、うっかりこっくり紛失でもしたら、
また特注願い。

100円で買える今の姓の方が、
断然安上がり。

結局、「すいませんが、しばらく考えます」
と領事館の担当者に告げる。
担当のおっちゃんは
「6ヶ月以内でしたら、家庭裁判所を通さず
こちらで変更できますからね」
と教えてくれた。
家庭裁判所なんて、ちょっと嫌な響きだが、
要は、「6ヶ月以降になると、手続きが面倒くさいですよ
ってことだろう。
うーん、それは恐ろしい。←手続きが大嫌い。

乙女心と貧乏性、果たして軍配はどちらに上がるのやら。
[PR]

by myums | 2005-03-01 15:32 | 国際結婚とカナダ  

寒すぎなバレンタイン

結局、何も思いつかぬまま、バレンタイン当日を迎えた。
段々、考えるのが面倒くさくなる。

仕方ない。アレしかない。
向かった先は、ランジェリーショップ。
ええ! まさかセクシー下着作戦ですかー!?
寒い。寒すぎる選択だ。

しかし、何を隠そう、私の旦那はカナダ人。
多くの白人男性がそうであるように、きっと武田久美子が好きに違いない(ホンとか?)

ランジェリーショップには、ここぞとばかりにセクシーな下着が並んでいた。
な~んだ、こんなに売ってるじゃん。
みんな、結構ベタなことしてるのね。ふふ。
とかニヤケながら、早速かわいいピンクのスリップとショーツ発見!
しかし、サイズL。
じゃあ、こっちのは・・・。
サイズLL。
じゃあ、こっちは? サイズM!
バンクーバーのサイズMは、日本のLサイズに匹敵する。
サイズMのTバックなんて、履いたら「ふんどし」になりかねない。

Sサイズを探す私の形相が必死だったのか
店員さんが声をかけてきた。
「サイズがない」と言うと
「ごめんなさいねー。全部売り切れちゃって、もうここにある物だけなの」

どうやら、私、出遅れた模様。
バレンタイン前には、きっとたくさんのギャルが群がり、
キャピキャピしながら、下着を選んでいたであろう店内にも、
明らかに冷やかし客のカップル、
どうでもいいようなショーツ買ってるネーチャン2人、
そして、私と同じように、セクシー下着をあさる同類女が1人。

この状況、誰が見たって

寒い寒い寒すぎる!!

あまりに寒い状況の自分に、思わず超エロエロなショーツを奮発した。

そして、向かうはBOOが予約してくれたエステ。
何が始まるのか何も知らない私を、ウェイティング・ルームに通すスタッフ。
そして、待つこと10分。
20分、
30分、
腹が減ったので帰ります
と言おうとしたら、やっと呼ばれた。

バンクーバーでエステを受けるのは、これが初めて。
お顔の皮膚はデリケートだから、常に優しく接してあげてね★
なんてことは、日本人女性にとっては、常識。
なのに、すごい力でグイグイ引っ張る、バンクーバーのエステティシャン。
逆効果じゃない?
ボディマッサージは気持ち良くて、ヨダレが垂れそう2秒前だったけど、
キメ細かいケアって点では、日本の大勝利。

せっかくのプレゼントに文句タレタレな私だが、
もちろん、プレゼントしてくれる気持はとっても嬉しい。
だけど、そのために高いお金を払うなら、
レストランでお食事したり、旅行に行ったりする方がいい。
2人で楽しみを共有する時間。
それが何よりのプレゼントであり、幸せである。

とかなんとか言いながらも、
セクシーランジェリーで自分自身をデコレイト★
という、寒さ炸裂なプレゼントをする私であった。

↓セクシーランジェリーでBABOをデコレイト★
c0057810_10493220.jpg

[PR]

by myums | 2005-02-14 20:15 | 国際結婚とカナダ  

バレンタインにプレゼントあげない法

初めに言っておこう。
私はバレンタイン・デーが嫌いだ。
正確には、バレンタインのプレゼントが嫌いだ。
昔はチョコだけで十分だったじゃないか。
それがいつの間にか、「チョコ+プレゼント」の方程式ができあがり、
むしろプレゼントの方が重要になってたりする。

なぜなんだ?

チョコに一球入魂すんのが、バレンタインじゃないのか?
まったく納得がいかない。
そんな私は、バレンタイン時期になると彼氏に交渉する。
名づけて
『バレンタインにプレゼントあげない法』

「バレンタン・デーにプレゼントあげないから、
ホワイト・デーのプレゼントもいらない。
それと、マシュマロもキャンディーもあんまり好きじゃないから、お返しはチョコがいい」

初めは大概、「はぁ?」って顔される。
でも、ホワイトデーにプレゼントする必要がないのだ。
男性側にとっても、おいしい話じゃないか。

ところが!!
バレンタインの3日ほど前。
いきなり旦那のBOOから言われた。
「14日の4時に、ホニャララってエステに行ってね」

しまったー!!

最近忙しくて、『バレンタインにプレゼントあげない法』発令すんの
忘れてた!!

すでに支払い済みだからと、ニッコニッコで告げる旦那。
これは、やぼい。
バレンタインの存在すら忘れていた私。
それどころか、学校のトライアルレッスンを予約しちゃった始末。
もちろん、プレゼントなんて用意してない。

必死に考えるも、
セクシー下着で彼を誘惑、うっふん。
くらいのベタベタなプレゼントしか思いつかない。
それは寒いだろ。

さて、どうしたもんかね~。
[PR]

by myums | 2005-02-13 21:39 | 国際結婚とカナダ