タグ:ミッシャン ( 91 ) タグの人気記事

 

プチ子離れ

4歳を過ぎ、日常のことはほぼ自分でできるようになったミッシャン。
「ミッシャンやるの!」と、できないことでも自分でやりたがる。
私が手や口を出そうとすると、「ミッシャンがやってるの!!」とぶち切れる。

失敗すれば泣きます。
「もう!!だいきらい!!」と悔し泣きしながら、地団太踏んで、地球を揺らします。
でも、成功するまで何度でもチャレンジするんです。
涙と鼻水を袖でぬぐいながら、果敢に挑んでいくミッシャン。
すごいな~。

この負けず嫌いと根性は、母譲りでは絶対にない、ミッシャン固有の良いところです。

これを伸ばしてあげるためにも、マミーはその影を少し薄めるようにしなくちゃな。
やりたいことはやらせて、口も手も出さない。
見てない振りして、見守る。
身に危険がないことであれば、放っておく。

そして、できてもできなくても、褒める。
チャレンジしたこと、ここまで頑張ったことを、認めてあげる。

そのときは、本人が結果に納得できなくていじけるパターンが多いんですけど、それでも、再チャレンジしたときに、失敗から学んだことを生かして成功したりするんです。

すごいな~。

4歳だけど、人間的には私より立派。
尊敬するわー。


たった4年間のうちに、随分と成長したものです。
ここからは、親側も、子供を放っておく、または見守ることに少しずつ慣れていく必要がありそう。
子離れの始まりです。

正直、こんなに早く子離れを意識するとは思ってませんでしたが、まあ、親子双方にとって良いことでしょう。
子離れのタイミングを逸すると、過干渉な親になっちゃうから。
下手すると、我が子可愛さのあまり育児にのめりこみ、世話を焼きすぎ、親の価値観を押し付けるという毒親になる可能性もあり・・・。

周囲を見てると、そういう親って、「良かれと思って症候群」。
子供の尻拭いをしたり、失敗しないための予防線を幾重にも張ったり。
結果、子供は問題解決能力を育てることができず、自立できない人間になっちゃう。

本来、親の役目は子の自己愛と自立を育む存在であり、それ以上でも以下でもないはずなのに、それじゃ本末転倒です。

つかず離れず、親子関係はそのくらいで丁度いい。

ミッシャンはまだ4歳なので、その域に達するまではまだ時間がありますが、少しずつ子離れの準備を進めて、私も自分のために生きていきたいものです。
[PR]

by myums | 2015-03-17 03:41 | 国際結婚とカナダ  

英語のお勉強におすすめ!

Boo、日本へ出張中。
2週間も。
寂しい・・・。

そんなときに限って、雨、雨、雨・・・。
これからしばらくずーっと雨なんだって。

ま、雨で凹んでたらバンクーバーの冬は越せません。
幸い、ミッシャンもバスライドを楽しんでくれてるし、親子2人でバスに揺られてどこまでも~。

ところで、最近、英語の勉強に良い動画を発見したので、シェア。

『バイリンガール英会話』


c0057810_5261478.jpg


アメリカ育ちのチカちゃんによる、英語レッスン。
日常会話で使いやすいフレーズや、日米文化比較、日本人が苦手とする発音のレッスンなどなど、生活密着型の英会話が学べて、すごーく面白い&役に立つ!

私個人的には、この↓真実に驚愕。


「Girlの発音は、ガールじゃなくてグロ」


えええええ!!
知らんかった・・・。

言われてしっかり聞いてみると、確かに、グロ。
チカちゃん、すげー。

それ以来、「グログログロ」とつぶやく日々。
これでEarlも発音できるようになるかな。

BooファミリーにEarlという重要人物がいるのです。
その名をまったく発音できない私・・・。

練習の成果を確かめるため、ミッシャンに、「マミーなんて言ったか分かる?グロ(Girl)」と試してみたところ、「Grow?おっきくなるの?」と言われてしまった。

道のりは険しい。

その動画はこれ↓
『バイリンガール英会話【#225】カタカナ英語は出だしがダメ!Girl 発音☆!』

正直なところ、英語の発音はそれほど気にしなくても良い要素です。
特に日本語にはない発音だらけなので、習得しようってのがそもそも無理なんです。
だけどさ、英語圏に住んでて、カナダ人の旦那いて、その家族とは英語なわけだから、ちょっとでも円滑にコミュニケーションとりたいんですよ。

そして、何より、英語上手になりたい!!

向上心の塊な私。

[PR]

by myums | 2015-02-06 05:31 | 国際結婚とカナダ  

ミッシャン4歳になり、結婚10年目に突入

めでたくミッシャンが4歳になりました。
いまだ怒りっぽさはあるものの、賢く元気に面白く、自慢の娘に育っております。

何より、ママやパパに思いっきり甘えることに抵抗がないところが、私はとっても嬉しい。
甘えたり我がまま言ったりできるのは、愛されている自信(自己愛)が根底にあるからこそ。

そんな話をBooにしたところ、

「Myumsはよくそういう話をするけど、正直よく分からないんだよね。僕は愛されてるかどうかって迷ったことないからさ」

と言われました。

「それは、Booの両親が子供に愛情をタップリ注いでいたからでしょ」

「うん、そうだね。だから、うちらも、子供との時間をたくさん作って、くっついてれば、大丈夫だよ!No Worries!」

そうかも。
私は、ミッシャンに愛情がちゃんと伝わっているか、満たされているかを心配しすぎてるのかもしれない。
自分が両親からもらえなかったから、上手に伝える術がわからなくて、ついついみっしゃんの顔色を伺ってしまう。

本当は、「だいすき、ぎゅっぎゅ」って毎日してれば、それで愛情は伝わるのかも。
だって、こんなに愛してるんだもん。

シンプルでいいんだね。
これからどんどん複雑な悩みが生まれてくるんだから、今のうちにシンプルさを楽しんでおこう。
そして、これからも、シンプルに愛していこう。

Booの言葉のおかげで、心が軽くなりました。
ありがとう。
結婚10年目を迎えた今年。
ケンカしつつも、こうして支えあっていきたいです。
[PR]

by myums | 2015-01-23 06:03 | 国際結婚とカナダ  

薬の考え方 in Canada

風邪で、医者にかかった場合。

日本なら、診察の後、解熱剤、咳、鼻水止め、下痢してれば下痢止め、等々のお薬をもらえます。シンガポールでも、お薬を出してくれます。

バンクーバーでは、「風邪ですね、よく寝てください。何日かしても良くならない場合、また来てください」で、終了。

「でも、先生、鼻水が辛くて眠れません」と訴えたら、おすすめの市販薬を教えてくれるか、「薬局にいる薬剤師に相談して、症状に合った薬を飲んでください」と言われて、終了です。

なんの薬もだしてくれない。
なんとなく物足りない。
こんなんだったら病院行かないで寝てたら良かった・・・。

ミッシャンの診察でも同じです。
むしろ、2歳以下の子供には薬を与えないようにと、ドクターにアドバイスされます。
薬局でも2歳以下の乳幼児に飲ませるお薬は扱っておらず、あるのはハーブだけ。

日本やシンガポールでは、こちらがリクエストせずとも、当たり前のようについてきたお薬。
なぜ、カナダでは薬をだしてくれないのか。
調べてみたところ、まず、薬で風邪が治るという考えが根本的に間違ってました。

薬は症状を緩和してくれるだけで、風邪ウィルスを殺したり戦ったりしてくれるわけじゃない。
ウイルスを退治できるのは、人間に備わった免疫力だけ。
だから、風邪ウイルスを殺すには、備わった免疫力をフル活動させてあげてることが大事。
それには、無駄なエネルギーを使わないことが一番。
つまり、寝ること。

薬で症状が軽くなると、治ってきたぞー、もう大丈夫かもーと油断して、動いちゃいますよね。
すると余計なエネルギー放出して免疫力も低下、結果、風邪が長引いたり、風邪にかかりやすい体になったりするわけです。

カナダでは(たぶん欧米全般)、風邪や下痢程度なら病院に行かず、民間療法と自然治癒力でもって治すことが一般的です。それが西洋医学なのかな?


私も、滅多なことで病院には行かないし、ミーシャも39度までの発熱ならセルフケアで済ませます。
発熱は人間に備わった抵抗反応、つまり自然治癒力の1つです。
発熱することで、体内のウイルスと戦っているのです。
それを薬で無理やり下げてしまうと、抵抗力を低下させてしまいます。

下痢、嘔吐のときも、ぜんぶ出てしまうまでは、大匙一杯の水分を30分ごとに与えるのみ。
下痢嘔吐が収まった後に、大体発熱が始まるので、そしたらイオン水などで水分を与えつつ、寝かします。

日本で下痢嘔吐したときは、その翌日に念のため医者に連れて行きました。
「もう微熱になってるので、うどんやお粥なんかを少しづつ与えても大丈夫」という診断で、整腸剤だけの処方でした。


もし、これが嘔吐下痢の絶頂期だったら、下痢止めとか出されちゃうのかなあ。
下痢のときに下痢を止めたら、ウイルスが体内にとどまっちゃうよね。
真っ最中には連れていかなったので分かりませんが、患者が大人だったら色んな薬出されそうです。

カナダでも一度下痢をしました。
そのときは、なんと、ジンジャーエールを飲ませました。
もんのすごくビックリ&抵抗感ありありだったのですが、こちらでは一般的な民間療法のよう。しかも、効果ありだったので、目からうろこでした。
ジンジャーエールだとミッシャンも喜んで飲んでくれるし、良かったです。


個人的には、お薬天国の日本やシンガポールより、カナダの医学のほうが自分の考えに合っています。特に小さな子供に薬を与えることに抵抗が強いので。

カナダに来てから、頭痛や風邪で薬を飲まずに済むように、日々、漢方やハーブを飲んで、免疫力アップを目指してます。
とは言え、どうしても辛くて眠れないときは、市販のお薬も飲みますけどね。

強い体になるぞー!
[PR]

by myums | 2015-01-17 12:44 | 国際結婚とカナダ  

子供の日本語教育をどうするか

2015年、明けましておめでとうございます。
今年もぼちぼち更新ですが、宜しくお願いいたします。

海外で子育中の日本人ママたちにとって、子供の日本語教育をどうするかというのは、常にホットなトピック。
私もミッシャンに日本語を頑張ってもらって、読み書き、敬語もビジネスレベルまで到達させたい!
そのために、日本語プリスクールに入れて、卒業後は日本語補習校で週末も勉強させて、ママとは日本語オンリー、日本の番組を見せて、日本語の本を読ませるのだ!!
できれば毎年日本の学校に短期留学させたい!!

と、燃えておりました。

が、早くも挫折。

というか、そこまでに日本語に固執する必要性があるのだろうか。
何か明確な目的があるわけでもなく、単に自分が日本人だから、我が子にも日本寄りになってもらいたいという親のエゴで、日本語を強制するのは無意味じゃなかろうか。

日本語は日本でしか通用しないし。
仮にビジネスレベルまで到達したとしても、汎用性低い言語です。

それに、言語を学ぶということは、その国の文化を学び理解することが必要不可欠です。
日本語脳を作らない限り、本当の意味での習得は難しい。

カナダにいて日本語脳を作るのは、はっきり言って、不可能。

そして、私自身が日本に対してそれほど魅力を感じていない。
日本生まれの日本育ち、どっからどう見ても立派な日本人ですし、日本は故郷ですから大好きです。
だけど、日本にいるととっても窮屈に感じる。
違和感がある。
たぶん、私は「個」が、「和」より突出してて、協調性を強要されるのがとっても苦痛。
気配りとか、察するとかも、非常に苦手。
日本の社会にフィットしてないです。

日本のドラマや映画も観ないし、邦楽も聞きません。

そんな私を母に持ったミッシャンが、日本文化大好き、日本語大好き、となるとは思えず。
それなのに日本語の勉強だけはやれってのは、一方的ですよね。

でも、複数言語を話すことは脳を活発化させるので、日常会話くらいはできて欲しいな~。
じゃないと、私サイドの家族と会話できなくなっちゃうし!
母と子のコミュニケーションも危機になるし!

無理のない範囲で、日本語を話すように働きかけつつ、日常会話程度の日本語能力をキープしてもらう。
その位で良いかなぁ、という気持ちに変わってきました。

将来、本人が日本に興味を持つようであれば、そこからは自分の努力で言語習得でも文化理解でも深めてもらいましょう。

とか言いつつ、3言語4言語話せるようになって欲しいな~、なんて期待しちゃう。
親ってものは欲張りですねー。
[PR]

by myums | 2015-01-09 07:49 | 国際結婚とカナダ  

ミッシャンの癇癪

癇癪との闘い。

ミッシャンの育児はその一言に尽きます。
新生児期から本当によく泣く赤ちゃんで、その泣き方も尋常じゃありませんでした。
月齢とともに悪化する癇癪に手を焼き、みっしゃんを張り倒し、放り投げ、殺してしまいたくなったこともあります。

そして、現在、みっしゃん3歳8ヶ月。
あの癇癪はどこへやら。
今ではすっかり落ち着き、穏やかなミッシャンへと成長したのです!

ということはなく、残念ながら、非常に怒りっぽい幼児です。

ギャーギャーとひたすら泣き喚くことはなくなったのですが、小さなことで怒ってます。
見ていると、お友達に自分の提案を断られたり、否定されたりしたときに、ムカっときてるみたいです。
怒ってすねて、その場から走り去るくらいならいいのですが、時々、歯を食いしばって唸ってることがあって、そういうのを見ると、癇癪の名残を感じます。

癇癪の激しい子ってのは、喜怒哀楽がはっきりしているんでしょうね。
喜びも激しく表現しますが、怒りも激しく表現・・・。

それでも、あの激しい癇癪を思えば、ものすごい成長です。

自分の意見を通すためなら1時間でも泣き喚いていたのが嘘のよう。
ちょっとくらい怒りっぽいのなんて、可愛いもんです。
壁にぶつかって、「壁さん、ごめんねして!!」と壁を怒鳴りつけてる姿が微笑ましいくらいです。

これまで、ミーシャの癇癪について、「親の愛情不足なんじゃ」と言われたこともありました。
これ、めっちゃ凹みます。
子供の癇癪で悩んでいるお母さん、お父さん、私は声を大にして言います。

癇癪持ちは親のせいじゃない。
子供の生まれ持った性質です。

そして、癇癪を直す解決法は、なし!

子ども自身が、自分の癇癪との付き合いを覚えていくしかない。
精神的な成長とともに、少しづつ怒りを我慢し、コントロールできるようになってきます。
振り上げたこぶしを、「フヌーーーっ!!」という鼻息とともに降り下げれるようになるのです。


私も最初はミッシャンの癇癪には原因があるのではないかと、色々調べ、アプローチを試みていました。
でも、途中で気づいたんです。というか、あきらめました。
癇癪は治るものではない。
自我が強く、怒りの感情が突出してる子は、ストレスもたまりやすい。
癇癪を起こし、泣き喚くことで、ストレスを発散しているのです。

親にできることは、それを受け止めてあげること。
なだめて、すかして、時には怒鳴って、どうしようもないときは、泣かしておく。
そして、癇癪が収まったら抱っこしてあげる。
一緒に泣いちゃったことも何度もあります。

理性が多少働くようになった今は、ミッシャン噴火時には、抱きしめながら、「そうか、そうか。~~だったから嫌だったんだね。でも怒んなくていいんだよ」と話してきかせるようにしてます。

自分の怒りを我慢できたときは、たくさんたくさん褒めてあげます。

抱きしめて、ミッシャンの気持ちを代弁してあげると、「ふえー」っと可愛く泣くんです。
優しくされると泣いちゃうのは大人も子供も一緒なんですね~。

今後、ミッシャンがどのように癇癪と付き合っていくのか、その成長を見守り、サポートするのが私の役目。あとは、愛情いっぱい注ぐ。
健やかなる時も病めるときも、愛することを誓います!
[PR]

by myums | 2014-10-29 05:09 | 国際結婚とカナダ  

Booと私の共通点

Booと知り合って12年になりますが、最近気づいた共通点があります。

しゃべると年寄りくさい。


二人とも童顔で見た目は若く見えるのですが、ひとたび口を開くと、どうもジジババくさい。

格言や四文字熟語を多用する私は、高校のころにはすでに、「しゃべるとババアだな」と言われておりましたが、どうもBooも若々しさのない言葉使いをするようだ、ということに気づきました。

まあ、胸を張って「若いぞ」と言える年齢ではないので、無理に若い言葉使いをする必要はないのですが、それにしても、Booの英語は硬い。ような気がする。

なんというか、私たちが教科書で習った英語そのものって感じ。
スラングの使用頻度も低い。


つまり、お互い母語では、なんとなーくイケテナイ言葉遣いをしてたわけですね。

似たもの同士、今後もなんとなーくイケテナイ方向性ながらも、そういうところがいいよね、と慰めあって歩んでいきたいと思います。

ってことは、ミッシャンもなんとなーくイケテナイ方向に育つのか!?
[PR]

by myums | 2014-03-14 14:43 | 国際結婚とカナダ  

ミッシャンの英語

最近、ミッシャンの英語の上達がやばい。

今日は、「someone is talking!! i want some quiet!!」などとわめき散らし、私はわが子のそのヒステリックさよりも、quiet にSomeをつけて表現できてることに驚きでした。

現在ミッシャンの周りで日本語を話す人間は、私ただ一人。
ウィスラーの生活はすべて英語。
私とBooの会話も基本、英語。
通い始めたデイケアも、もちろん英語。

そんな状況だからか、最近のミッシャンの英語上達がすごい。最近は寝る前に読む本も、英語の本をリクエストされます。
今日は1日、ミッシャンの口から日本語が出ることはありませんでした。

ここ数年間は日本ーカナダーシンガポール間を行き来するという生活でしたが、その面倒臭さの中で実感したことは、言葉は生き物。
日本やシンガポールにいる間はミッシャンの日本語がグーンと伸びたし、カナダに来てからは英語力が伸びました。

ウィスラーにいる今は、英語が伸びる時期。
5月にバンクーバーに戻ったら、日本語幼稚園に通うので、そうしたら日本語がメキメキ伸びるでしょう。

子供の言語習得の早さに日々驚嘆しつつ、気づいたことがあります。
それは、インプットとアウトプット。
子供はインプットした新しい言葉を、すぐにアプトプットして習得してるんです。
たとえそれが誤った使い方であろうとも、とにかく使ってみる。
間違いを訂正されて、正しい言葉を覚える。
そしてまたそれをすぐ使ってみる。

これって大人になっても使ってるセオリーですよね。
ただ、大人になると間違ってても訂正してくれる人がいなかったり、間違うことが恥ずかしくてアウトプットできなかったり、という障害があるのですが。

でも、やっぱり基本はインプットと、アウトプット。
いっぱい間違って、いっぱい笑われて、言葉は身についていくんですねー。


しかし、ミッシャンについ英語で答えてしまう癖を直さなくては。せめて私くらいは日本語でコミュニケーションとっておかないと、親子のコミュニケーションの危機または崩壊の日も近い・・・。
なぜって、私の英語がめっちゃ中途半端だから。

ミッシャンの英語上達に置いていかれないように、私も英語がんばらなきゃなあ・・・。
[PR]

by myums | 2014-01-30 16:13 | 国際結婚とカナダ  

膝の毛

自分の膝小僧をじっと見つめていたミッシャンが、言いました。

「マミー、ミッシャンのおひざにヘアー生えてるー」

うん、そうだね。

「ワックスしなきゃー」

まだ、早いでしょ・・・。
[PR]

by myums | 2014-01-23 14:54 | 国際結婚とカナダ  

今のところ、報われぬ母の愛

プリスクールからの帰り道の、私とみっしゃんの会話。

私「今日は玉子とニラのスープを作るよ」
み「I don't like it」

おいっ!即答かよ。

私「まだ食べてもないのに、そんなのわからないでしょ。マミーが一生懸命作るから、おいしいんだよ~」
み「おいしくないよ」

おいっ!吐き捨てかよ。

ええ、分かってます。他意はないのです。
なんでも否定するという単なる言葉遊び。

それでも、やっぱりちょっと傷つくよ。

うん、否定は人を傷つけるんだな。私も気をつけよう。

でも、スープはおいしかったよ。
ミッシャンは食べなかったけどね。
[PR]

by myums | 2013-12-07 03:49 | 国際結婚とシンガポール