タグ:プログレ ( 9 ) タグの人気記事

 

Haus_Tek by Mindgames @Unit

26日にHaus_Tek@Unit 行ってきました。
Mindgamesと言えば、Floatingで心にも体にも気持ちいい音を出すアーティストを、いっぱい呼んでくれる素敵なオーガナイザー。
毎年群馬で、ゆるくて自由であったか〜い雰囲気のOpen Air Party「Labytinth」を開催してくれてます。
昨年11月の「Exit」も、すごーく良かった。

なのに!!!!

今回は本当に残念な結果でした。

あれはminimalじゃない。アゲでした。
次の展開がすべて読める音で、わかりやすいだけに無難だけど、深みがなくて、引き込まれる要素ゼロ。
ベースばっかりズンドコズンドコしてて、低音に頼り過ぎだし、エフェクトの入れ方も変。

友達が期待してたRyan elliotが、私には一番辛かった・・・。
つなぎもめちゃくちゃだし、ジャンルもめちゃくちゃ。
ジャンルレスな音と、ジャンルごちゃまぜに回すのとは違う。

客層も、かなり辛かった・・・。
みんなかわいいけどね。
音聞きに来てる感じじゃないよね。
Clubで友達に会うと「おはよー!」って挨拶が今時なんでしょうか。
みんな、「おはよー」って言ってました。

私は客層にかなり左右される質なので、若い勢いだけのオーディエンスは本当にだめ。もうちょっと音慣れしてて、ゆるい人が集まるイベントがいいなー。
高いヒールでふらふらするの、ほんと、勘弁してよ。
踏まれると痛いなんてもんじゃないよ・・・。

Labyrinthも変わったな。時代かな。
がっかりだけど、自分に合ったイベはいくらでもあるからね。ま、次行きましょう。

追記:
早い時間に踊ってたら、隣にRyan Elliotがいて「日本人の踊り方はFunny。みんな足がこんな感じ」って足をクネクネさせて言ってました。
そんな踊り方してる人、いないってば・・・。
[PR]

by myums | 2008-07-31 18:16 | 音楽・Party  

Taicoclub @こだまの森 in 長野

c0057810_011390.jpg


7日は私の誕生日でした。「プレゼント何がいい〜?」というBooの問いに迷うことなくリクエストしたのは、Taicoclub @こだまの森。

ということで、行ってきました、念願のTaicoclub。レポ、かなり長いですが、おつき合いいただけたら、これ幸い。

会場入りした時はPetteが、ペッタペッタと回しておりました。そんなペタを小耳に挟みつつ、テント設営。早速会場を散策しつつ、フロアへ。
ペタは普通にカッコイイね。
Border Communityの音だね!
Booはケバブ、私はタコライスをむしゃむしゃ食いながらペタでゆらゆら。

のっけからい〜ね〜。このゆるゆる感。

そっから自由気ままに踊ったりテントで友達とワイワイしたりする内、時刻は20時。
「さぁ、こっから1時間説教!」
と不思議な言葉を残しテントを後にする友達。フロアにつくと、すごい人!!ステージにはHIPHOPのお兄さん。Blue Herbというアーティストでした。
HIPHOPはまったくわからないんだけど、すごいラップでした。
「雨にも負けず」で、小雨が降り出した時は、みんなの雄叫びで会場が揺れるかと思ったくらい(野外なのに!)「世界は俺らの手の中に」なんて臭い言葉に、32歳になった夜に感動させられました。
彼の言葉には魂があるよね。言霊。
過酷な環境で育った不屈の逆境精神を宿す黒人ラップと違って、日本人のラップはすごくあったかいと思う。弱くてもいい、孤独でもいい、でも強くなれる、友はいる。
まさに1時間説教でした。(・ω・)ノ

雨にも負けずと説教されたにも関わらず、雨に負けてテントに避難。しかしどーーーーーーしても、Rei Harakamiが聞きたい!聞きたい聞きたい聞きたい!!


c0057810_02241.jpg


っつうことで、すごい急な山道を登って上のステージへ。
ロッジ造りのステージの前に広がる緑の草原。そこにたくさんの人が集って、座ったり寝転がったりしながらハラカミを楽しんでました。

私も早速フロア後方で、柔らかい草の上に寝転がる。
さっきの雨が嘘みたいな、満天の星空。
ハラカミの清流のように透明な音に身を包まれて、銀色に瞬く星を眺める。視界いっぱいに広がる星たちに体が吸い込まれるような感覚。ハラカミの音がころんころんって鳴ってる。

あ〜、なんて幸せなんだろう。

そう思った瞬間、ぽろぽろ涙が出てきました。気付いたときには、号泣。
友達に笑われながら、Booにハグされながら、嬉しくて嬉しくて、幸せすぎて、涙が止まりませんでした。

自分でもびっくり。今までは感動して泣いてる友達を笑いながらハグする方だった私が、こんなに泣いちゃうなんて。

この瞬間を大好きなBooや友達と過ごせたこと、同じ音を愛する人々に囲まれていられたこと、草が柔かくていい香りがしてたこと、星に吸い込まれたこと、ハラカミの漫談と音のギャップがすごすぎたこと。

全部が幸せだったんだよね〜。
あの瞬間、私の心は土星の輪っかあたりにいたね、間違いない。

続いてのジム・オルークを横に聞きながら、Luke Vibertを聞くためメインフロアへ。行きは過酷な山登りでしたが、帰りは、巨大滑り台!
ひゃっほー!

c0057810_23591127.jpg


Lukeは中盤が好みでした。アシッド!オールドスクール!男気溢れてました。ブレイクビーツ好きなBooも楽しそうに踊ってました。
Luke後半は体力keepっつうことでテント戻って、ワイワイタイム。

しばらく休んでフロアへ。
DBXことDaniel Bell。いいっす!かっこいいっす!
最小限の音数で、積み木のように組み立てられて行く音。遠くから、でも確実に、じっくりじわじわやってくる。音楽用語でかっちょ良くレポできない自分がもどかしいけど、ミニマルってこういう音だよねー!すっごい集中して踊った。

さぁて、お次ぎはやってきました、Nathan Fake〜〜〜!!!
はっきり言って、ずっと好きでした。むしろ愛してもいいですか?
キュートな笑顔と綿菓子のような頭はもとより、「音作り好きすぎてDJやりたくないっす」という頑なまでのアーティスト魂がたまりません。

彼の「Sky was Pink」を初めて聞いた時、本当にピンク色の空が目の前に広がるような感覚になったのを覚えています。すごくDopeで切ない。
彼の作る曲は、どれも違った色彩があって面白いんです。ぽこぽこだったり、ふわふわだったり、Sweetsみたいに甘くてキュートだったり。でもどこか切なくて。

今回もゆるゆるのネーサンワールドに浸ろうと思っていたのですが!!
なんと、ネーサン、見事に期待を裏切ってくれました。
メルヘンチックなぽこぽこサウンドはいつもの通りでしたが、途中から、なんかすごいことになってました。別のベースが聞こえてきたかと思うと、洪水のように音が押し寄せてきて、一気に空まで昇ったかと思うと、今度はさっきのベースが向こうの方から戻ってきて、また地上に引き戻されて、そしたらまた別の音が洪水のように押し寄せて。それなのに1つの音も狂うことなく、すべての音で1つの世界を造ってる。
言葉では表現しきれない。軽い宇宙旅行。
ひたすら踊らされました。


こういう音も作れるんだー。やっぱネーサン天才。

たった1時間のセットで全然物足りなかったけど、満喫。
ポンドも強いことだし、もっと来日してくれないかなー。

続いてはBorder Communityの創始者で、プログレの一時代を築いたJames Holden。思えばホールデンが登場した頃も天才って呼ばれてたなー。確かにほかの誰かには作れない音を作るって意味では、天才かも。
でも、個人的にはあんまり好きじゃない音。
どぅどぅどぅどぅどぅどぅどぅどぅどぅどぅっ、ぶしゅーぶしゅーって感じが、どうものれない。
でも滅多に来日しないので、聞いておきました。

序盤から中盤にかけて、意外にもミニマルスタンスのいい音!こりゃいいわ〜とばかりに揺られてるうちに、だんだんいつもの怒濤のぶしゅーぶしゅー攻撃が…。

とか言いながらも、結局最後までHolden節を堪能しちゃいました。
実はこの日、Holdenの誕生日だったようで、会場のみんなでHappy Birthdayを合唱!「フロア中の人がMyumsの誕生日祝ってる!」と友達は言ってました。いや、違うから、と思いつつ「ありがとー!」会場の人々にお礼を言っておきました。なんだかとっても嬉しかったー。


c0057810_00498.jpg


その後、上のフロアに気合いで登り、コーヒー飲んだりふらふら踊ったりした後、Daniel Bellのプレイはあきらめ、テントに戻ってご就寝。そして起きたら11時。帰りの車は爆睡でした。
運転するって言ってたBooも結局爆睡。
行きも帰りも運転してくれたお友達、ありがとう!

本当に、本当に楽しくて夢のようだった、一泊二日。こんなに楽しい時間をくれたBoo、友達、アーティスト、オーガナイザー、スタッフのみんな、地元のおじちゃんおばちゃん、天気、山、空、草、空気、全部にでっかい感謝!

欲なんて言ったら罰当たりそうだけど、Border CommunityからExtraweltも来て欲しかった〜!
[PR]

by myums | 2008-06-13 00:04 | 音楽・Party  

Atomic Hooligan @Warehouse

先週の土曜日、Agehaに行く予定だったのですが、なんとAtomic Hooliganが来日するって情報を聞きつけて、急遽Warehaouseに変更!

Warehouseと言えば、元ルネス。ルネスと言えば何を隠そうBooと私が出会った場所なのです。しかも私の誕生日の日に。きゃぁ〜。運命的っ(*^^*)

思えばあの出会いからもうすぐ6年。その間1度も足を踏み入れることなく消えてしまったルネスですが、Warehaouseの中に入ってみるとルネスのときと内装大して変わってないかも?っていうか、そのまんまかも!?

さて、今夜の目玉Atomic Hooliganですが、今年3月に2ndアルバム『Sex, Drugs and blah blah blah』をリリースしました。私も友達から借りて聞いてみたのですが、うーん。。。いい曲もあるけど、1st『You are here』を聞いたときの、「うぉー!!なんじゃこりゃー!カッコイイィィィィィ!!」という衝撃はまったくなかったです。
1stが良すぎたのかな〜。

そんなわけで、実はそーんなに期待してなかった今回のAtomic Hooliganですが!

盛り上がっちゃいました〜。ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

なんと言ってもAtomic自身がノリノリ。音に合わせてフリつけたり、ガンガンのりのり、DJブースから飛び出してオーディエンスとタッチングしたり。やっぱ彼らはLIVE ACTなアーティストだねー。フロア盛り上げるの上手!
というかオーディエンスと一緒になってパーティー楽しんじゃってる感じ。そういうのは本当にいいね。私は淡々と回すDJやアーティストもカッコイイと思うけど、どっちかっていうと自分が一番ノリノリになっちゃって、「この音好きなんだよ〜」みたくなってるDJの方が見てて嬉しくなるな。
(回してる時間より長いんじゃ?と思うくらい無駄に暴れるDJもいますけど…)

今回も絶好調にガシガシ踊ったのですが、Atomic Hooliganの音はちょっと激しすぎた…。すっかりミニマル寄りになった私には、彼らの、汗ほとばしるぜな音がアグレッシブすぎて、体力が持ちませんでした。
Atomic、なんか、かなりロック系になってない?
ちょっと残念。

Atomicの前にやってたThe Samosってバンドの方が好みだったな〜。エレクトロと、オールドスクールとブレイク、ロックの要素も入っててて、カッコ良かった〜。
狂ったようにドラムたたく姿がウケました。

今回1番嬉しかったのは、知り合って2年近く経つのに、常にすれ違いで1度も会ったことなかった友達(というのかこの場合)にも、やーーーーっとリアルで会えたこと!ここまでの道のり、長かったー。でも願っていれば会えるんですよねー。
笑顔が優しくてとってもいい人でした!
taicoclubでまた会おう!

いつもの友達と酔っぱらって盛り上がって踊って笑って、バーテンダーのあんちゃんにショットおごってもらって、なんだかんだ、めっちゃ楽しいパーティーでしたぁ(≧∇≦)


c0057810_094690.jpg

[PR]

by myums | 2008-05-23 00:13 | 音楽・Party  

D-nox & Beckers @ WOMB

c0057810_21412452.jpg


三連休の真ん中にWombへ行ってきました〜。今回のイベの目玉は、D-Nox & Beckersのライブなわけですけど、私個人的にはD-NOXのDJセットが狙い!

よぉし!今夜も気合い入れてジャーマンサウンドを満喫するぞお!

と思っていたのですが、WOMBはあり得ないくらいのゲキ混みでした。先月のX-Dreamでも「ありえん!」と思いましたが、今回はそんなの比じゃありません。フロアはもちろんのこと、通路も階段もぎっちり人であふれかえり、歩いてんだか人踏みつけてんだか分かんない状態。

WOMBはいつも人入りすごいけど、あれは、過去最高だったんじゃないでしょうか。

D-NOX &Beckersのライブセットを1時間も踊らないくらいで、ギブアップ。とりあえず人をかきわけかきわけ4Fへ避難。早くもぐったりな私と友達・・・。

でも!!
D-NOXは聞きたい!!
せっかく来たからには踊りたい!!

この思いだけで、再び戦場(メインフロア)へと乗り込んでやりましたよ。

ん〜、やっぱ良かった!
硬質ながらも伸びのある明るいサウンド。
なんと言っても、Etraweltを回してくれちゃったときは、もう死んでもいいっと思ったくらい。ってのは言い過ぎだけど、とにかく嬉しくて、笑顔満開で踊る踊る。隣の友達も、数少ないExtrawelt ファン。2人で「おぉおお!!!きたー!」とかなんとか大盛り上がりでしたよ。

ありがとう、D-NOX!!

それにしても、ほんの2年前まではD-NOXでこんなに人集まらなかったのに。彼がBIG NAMEになったのか、それとも今回のオーガナイザーであるMotherの力なのか。
Sonkite、D-NOX、 Beckers、So。Mindgamesで人気あったアーティストたちは、個数年でみんなMotherに流れてるよね。
ヨーロッパのアングラサウンドで音も客層も最高のMindgamesでプレイしてくる方が、空いてていいのに!!
まあ、Motherのほうがギャラいいだろうし、集客も半端ない分、自分の音をより多くの人に聞いてもらえるわけで。彼らもシゴトですからね。仕方ないか・・・。

ショウビズのからくりは私にはよく分からないけど、好きな音がそこにある限り、踊り倒して燃え尽きてやる所存でございます。
[PR]

by myums | 2008-02-14 21:41 | 音楽・Party  

Exit the Labyrinth@Unit

史上初!両国国技館でオールナイトParty!!

っつう謳い文句にひかれて行って来ましたConnect '07

土俵スペースがDJブースに変身して、沖縄そばまで食べれちゃうっていうし、大沢伸一、HIFANA、DJ Crashに卓球さんと、かなり見物なラインナップ。

意気揚々と両国に着き、北風ピューピュー寒空の下、会場前の当日券売り場を覗くと・・・


入場規制のため当日券の販売は見合わせております


がーんΣ(T□T)

まだ10時なのにー。

終電頃になったら売り始めるかも、でも、もしかしたらこのまま販売中止かも・・・。
こりゃ賭けです。どーするどーする。

でもチョー寒い!!
まってらんねーよ!

友達と相談の結果、Exit the LabyrinthUnitへ流れることに速攻で決まり、両国から代官山へ。

仕事終わってから何にも食べてなかったので、Unit隣のカフェでチョット食べてチョット飲んで、さぁ出陣。

c0057810_17373036.jpg


Unitやっぱいいわ~。広さも雰囲気もスタッフさんも、ハコ全体が好き。階段多くて移動がちょっと面倒くさいけど、それもまたいい運動になるしね。

今日のUnitは、夏にLabyrinth(迷宮)っていうRaveをやってるmindgamesってオーガナイザーのparty、Exit the Labyrinth。
つまり、夏に迷宮入りしてそのまま秋を越して、初冬のExit(出口)で脱出しましょうってこと。

ということで、VJはLabyrinthの写真のスライドショー。Threeのトリッピーであったかい音の後ろに流れる、これまたあったか~い雰囲気のParty写真。子供も大人もみんな笑顔。天気も良くて気持ちよそう~。

私は今年のLabyrinthは不参加だったので、迷宮入りしてないんですが、このEXITで逆に迷宮入りしちゃったかも。
Labyrinth参加したみなさんは、ちゃんと脱出できましたかねぇ。

Threeの音はほんとに良かったです!
ゆるゆると流れる水のように、透明度の高い音。なかなか癒しのトリッピーでした。気づいてみたら1時から6時まで(かな?)のロングセットだったんですね~。まったく疲れを感じさせないセットで、スゴイ!

たくさんのお友達にも偶然に会えたりして、久々に思いっきり発散できました。Extrawelt好きな人にも出会えたし!WOMBのNathan Fakeも行きたかったんだけど、EXIT来て正解だった!
Nathan Fakeはまた来日するだろうけど、今年のEXITは1回きりだもんね。

楽しかったぁ~。
[PR]

by myums | 2007-11-24 17:49 | 音楽・Party  

Extrawelt がsmf-returns- に出演!?

さっきmixiチェックしてたら、「Extrawelt @ smf 2007-returns-」のトピ発見!!
(mixiやってる人はリンク飛べます)

***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪

早速、smf 2007-returns-のサイトをチェッ~ク。

・・・あれ?

アーティストにExtraweltの名前ないよ。
MIDIMILIZ(Extraweltの別名義)はあるけど。

でも、MIDIMILIZだって、もっちろん超かっこいい!大好きだ!
バレアリックサイトでArenのDJセットもあるみたいだし、Extraweltとしてのプレイがなくても、十分満喫できそう!

SOLSは客層が不安大だけど、こりゃ行く気マンマンでしょ!


と思ったけど、9月29~30日開催だった。
28日からロンドン旅行行くから全然ダメじゃん!!

あーあー。
Extraweltの単独イベないかな~。冬くらいにお願いしたい。

c0057810_17395934.jpg

↑ 「Midimiliz」であり、「Extrawelt」であり、「Spirallianz」でもある、Arne(右)とWayan(左)。ドイツ人。ここに「X-DREAM」のMarcasが入ると、「THE DELTA」とか「Downhill」になる。

ってMidimilizのサイトに書いてあったけど、Downhillって聞いたことないなぁ。
[PR]

by myums | 2007-09-09 18:05 | 音楽・Party  

SON KITE@Ageha


友達の結婚パーティーの最中から、「このあと何のイベ行く?」という相談で盛り上げる私たちのテーブル。CUBEのフリーパーティーが濃厚な中、カヨポンから素晴らしい情報がっ!!

AgehaSON KITEだよ」


いくぅー!!絶対いくぅー!!!



瞬時にAgeha行き決定。


久々のSON KITEだよ~。ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク
結婚パーティー終了後、胸を躍らせながらAgeha到着すると、そこにはミッキ-マウスも真っ青になるくらいの長蛇の列!Σ(T□T)がーん。 し、しんじられない・・・。ナニコレ。

金曜の夜+Ageha+オーガナイザーMother+SONKITE。
この組み合わせで混まないわけないよね。分かってたけどさ。ひどいよ。2時間以上並んだよ!風ぴゅーぴゅーで寒かったし。


っていうか、そこまでしてでも踊りたいウチラってスゴイ!!


へろへろになりながらやっと中へ入ると、もちろんゲキ混み。
ドリンク買うのも一苦労だし、トイレも行列。横入りするギャルに、「みんな並んでるんだからお前らも並べ!!」って怒った女の子は、本当にえらかった!ギャルたちは、「ババァにいきなり怒鳴られたー」って言ってましたけど。コワイコワイ。


ドリンク買ったらとりあえずメインフロアへ。
この時点ですでに友達とははぐれちゃいました。


まっ、踊っちゃえばこっちのも~ん。


回してたのはTA-KAだったかな、多分。
彼のプログレって初めて聞いたけど、ちょっとエレクトロ入ってる?んー、あんま好きじゃなかった。混み具合も凄かったので、プールサイドへ非難。


メインがどんなにヒドイ状態でも、ここだけはHEAVEN。
の~んびり音に体を任せて、ゆらゆら踊ってられる。レゲエはよくわかんなかったけど、ブレイクビーツは超カッコ良かったぁ。それから、空が白んできた頃のアンビ。幻想的ですっごい素敵だった。
両手を広げて空を眺めて、風はめちゃ冷たいけど、それがまた良かったりして。やっぱりお外で踊るのが一番好き。


Booはずーっとプールサイドで過ごしてました。音もばっちりだったみたいで、終始ご機嫌。それは良かったけど、また飲みすぎて私の怒りを買うこと数回。軽くケンカし続けちゃいました。


何が悲しいってね、Booは酔っ払うと私のことぜんっぜん見なくなるんですよ。私以外の人とは仲良くやるくせに、私のことは無視。

一緒に踊っててもふと気づくと、いない・・・。

普通さ、彼女(っつか奥さん)を一人フロアに置いて消えるか?
ナンパについてけってこと?
それとも安心しきってるの?


いいえ。違います。
ヤツは、Myumsという存在すら忘れているのですーー!バカーヾ(゚д゚)ノ゛


ちくしょー、このやろー、ナンパされたらついてっちゃうからなー!!


で、ナンパされたんですよ。Agehaですから。ナンパされる率100%ですよ、あそこは。でもねー、どの男もつまんない。明らかにナンパ目的なんだもん。クラブ来て私に声かけて、音楽の話もできないってどーゆーことよ。
「好きなDJ誰?」って聞いたら、「うーん、ハウスかな」って、それジャンルだろ。
別に詳しくなくてもいいんだから、分かんないって言えばいいのに。そしたらナンパ成功するかも!?


踊る目的で来てる私はナンパにもついていけず、Booにも見放され、あんたこりゃもう踊るしかないわよ!


そしてAM4:30。 待ってましたのSON KITE!!
このために強風にも耐え2時間並んだのです。
さぁ、ガッツリ踊るぞー!!


始めはシッカリ硬めのプログレ。私にはちょっと物足りないものの、心と体の準備にはあのくらいのユルさがちょうど良かったかな。中盤はエレキヴァイオリン(っていうの?)の揺れる音に持ってかれ、後半は元気のいいビートと、明るくてキレイなプログレッシブトランス。

これだよ、これこれこれこれこれ!


SON KITEの音は、私の中で「北欧の水」。
北欧の水がどんなか知らないけど、水が色んな音を出してるイメージなの。聞いてるとピョンピョン飛び跳ねたくなって、一気に元気になっちゃう。

SON KITEの2人はライブアクトもいい。楽しそうにライブするよねー。
同じ曲でもライブのたびに違う印象なのもスゴイと思う。まさにプログレッシブです!


超久しぶりの友達にもたくさん会えたし、踊りまくって、元気になって、今回も楽しかったぁー!

でも、SON KITEはやっぱり野外がいいなっ。
玉川あたりで回してくれればいいのに~。

c0057810_012596.jpg

この2人さんがSON KITE。
[PR]

by myums | 2007-02-28 21:30 | 音楽・Party  

Haus_Tek@unit

金曜日にMINDGAMESHaus_TekUNIT行ってきました。

MINDGAMESは、ラビリンスという野外フェスのオーガナイザーさん。フルオンのサイケトランスじゃなくて、ゆるゆるミニマルからガシガシのプログレサウンドといった、ちょっと大人のトランスで楽しませてくれます。


c0057810_18565976.jpg
今回はALEX SMOKEをメインに、ミニマル寄りのテック・ハウスをフューチャーするらしい。

この人、今はグラスゴーに住んでるんだけど、注目されたがりのロンドンっ子が嫌いみたいで、「ロンドンには一生住みたくない」発言をかましてます。


よくぞ言ってくれた!って感じだけど、ムダに自己顕示欲が強い人ってどこにでもいるもんですよね。

その記事はココ


さて、私たちがUNITに着くと、MOTHER帰りのD-NOXのプレイがちょうど始まったところでした。ゆるいけどアグレッシブな音だったので、お酒呑みながらフルフル踊ってたんだけど、徐々に音がゆる~めのミニマルに。

うーん…。私にはユルすぎる。
とりあえず酒を飲もおぅ!

最近は日本のCLUBにもREDBULLが置いてあるのが嬉しいです。炭酸は苦手だけど、ウォッカRedbullなら弱い私でもクイクイっといけます。(=^^=)


クイクイ飲んでるうちに、なにやら音に変化がっ!
ロッキンなプログレとでも言いましょうか、詳細はよく分かりませんが、おぉっ!踊っとくか!と思わせる音です。


個人的に思うんですが、クラブミュージックにロックを絡めると、下品になるか、はたまたゲイサウンドになるパターンが多いような気がするんです。それがD-NOXはキレイにタイトにまとめて
て、うまいなぁって感じでした。


c0057810_1925666.jpg
そして、今回も髪がワカメ状におでこに張り付いてました。D-NOXっていくつなんだろう。けっこうオデコ広いよね。



そんなワカメD-NOXに踊らされてたんだけど、徐々に足がフラフラして、体が重~く重~く…。
意識は踊りたがってるのに、全然踊れないっ!
しまいには座り込んで立ち上がれないなっちゃいました。

弱いくせに酒を呑みすぎたのか、寝不足のせいか。
多分、どっちものせい…。(ノ_<。)うっうっうっ


結局ALEX SMOKEのLIVEセットを見ることなくUNITを後にし、友達の家に戻った瞬間、バッタリ…。もうだめ…。( _ _ ).。oOグゥー・・・
と思ったのですが、しばらくすると復活!!
今度はオールドスクールをゴリゴリかけて踊ったり、くつろいだりしながら、CHILL OUTを満喫しました。


私はそろそろCLUBよりも、こうやって友達の家でチルってる方が好きになってきたのかな~。
CLUBはキレイなネーチャンやイケメンがいて目の保養になるんだけど、体力消耗が早い。3時間もいたら、もうおなかイッパイになっちゃう。


好きなときに踊って好きなときに休んでっていうスタイルのほうが、楽しいな。やっぱ野外かな。あの自由間と解放感は、ハコじゃ感じられないもん。
っていうか、私ってもしかして老化してる!?
[PR]

by myums | 2006-05-07 19:08 | 音楽・Party  

やっとオンモで遊んだよ。LABYRINTH

行ってきましたラビリンス!と言っても先々週末の話しか。
とにかく、すっごい良かった!!
夜はアンビエントから始まり、徐々にブレイクありのテックな感じであげていき、カタメにガシッ!
テック系はあんまり好きじゃないんだけど、ここのはミニマル過ぎず、トリッピーな感じで、カッコ良かった!
Booにもビッタンコの音だったらしく、「うきゃ~」とかなりご満悦。
彼がティーンの頃に行っていたパーティーは、こんな音だったそうだ。「これは俺の音ダゼ」とのたまわってた。
ラビリンスは、48時間ノンストップ。
昼間はどうなるんだろう・・・とやや不安があったんだけど、コレまたグー!
厚いベースとガシガシのプログレで、いや、むしろ、夜よりイイ!!

会場の雰囲気も100点満点。
まさにHAPPY&SMILE。
久しぶりに青空と地面の間で、自然と一体になって踊ったよ!

酔っ払いすぎた友人続出で、救出活動にも精をだしました!
一番やばかったのは、Booってウワサ。
もう、ほんと、手のかかる子です。
挙句の果てには、40℃の高熱を出し、フィーバーフィーバー。
やむなく下山となりましたとさ。

次は渚だー!!
と思ってたのに、Booの家族が初来日するので、断念。
11月のelectraglide 2005に参戦!
[PR]

by myums | 2005-09-13 13:58 | 音楽・Party