タグ:エメチャン ( 6 ) タグの人気記事

 

高齢育児

出産自体は超安産に終わったものの、高齢の壁はやはり厚かった。

産後翌日に退院したものの、2日目で再入院。
72時間耐久授乳レースと化した3日間の入院生活を終え、上の子の世話と下の子の世話の同時進行という未知の育児ゾーンに突入。
もは昨日と今日の境目も分からないほどの睡眠不足なはずなのに精神的にはやたら元気な産後ハイ。
そしてその後に襲ってくる「私はダメな人間だ、何一つまともにできてない」という産後ウツ。
ハイと鬱が日に何度も交互にやってくる状態が、3ヶ月くらいは続いたでしょうか。
叔母が日本から来てくれていたので、体の回復は、1人で切り盛りしたミッシャンの時よりはやかったのですが、メンタルの方がキツカッター。

ホルモンのジェットコースター。

これまさに高齢育児の壁その1でしょう。

年取れば取るほど、ホルモンの波は激しくなり、落ち着くまでに時間がかかります。
やっと凪ってきたなあと感じたのは、エメ生後半年くらいしてからでした。
閉経後の更年期障害が怖いわ…。

現在、エメ10ヵ月。
ミッシャンのときと違いを一番感じるのは、己の体力よりほかなりません。

炎天下のシンガポールで体中の毛穴全快で毎日散歩してたあの頃。
それに加え、プールだジムだとエクササイズにも余念がなく、体重体型ともに産後半年で戻っていたあの頃。
意識高い系だったなぁ…。

エメが寝たら私も寝たい。
20年ぶりの大雪で外出なんてできないし。
2500gのちっこいエメを抱っこしてるだけで、早くも息切れ。
家の中でできるエクササイズ?
そうね、せめてそのくらいはしたほうがいいよね。
うん、明日から、する、かな?
ミッシャンのときに大活躍したバランスボール、恨めしそうに床に転がってるよ。
乗るだけで腹筋鍛えられるんだよって囁く声、聞こえてる。
うん、明日は乗る、うん、明日。

そう、すべては明日から。

といい続け、はや10ヵ月。

何も変わっておりません。

こう書いてみると、問題は体力の衰えじゃなくて、私の意志の弱さにあるんじゃないかって気がしてきました。
やたら疲れるのは、日ごろダラダラしてるせいで体力が落ちてるのかもしれません。
年齢のせいにせず、ちゃんと運動しなきゃいけませんね。

アクティブなキラキラママになるぞ!!(うそうそ、目指してない笑)

[PR]

by myums | 2017-09-18 03:40 | 国際結婚とカナダ  

年の差子育て

ミッシャンとエメチャン、年の差5年と10ヶ月。
今日は、年の差育てのメリット、デメリットを語ってみたいと思います。

メリット1上の子に手がかからない
すでに自分のことは自分でできる年齢なので、下の子のギャン泣きを聞きながら上の子のボタンかけをしてあげてるといった状況はありません。
ただし、準備をさせるのには時間がかかります。
「早く用意してよ!」「はいはいはいはいはい、いまやりますよー!!!」の親子げんかは朝のお約束です。

メリット2 上の子が下を溺愛
下にジェラシーを感じる、いわゆる赤ちゃん返りがありません。
むしろ、可愛がりすぎるくらいに可愛がってくれ、遊んでくれる。
「エメチャンが倒れたら危ないから」と言ってクッションまで置いてくれる。
頼りになるお姉ちゃんです。

メリット3 上の子がキンダーに行っててくれる
上の子は3時まで学校があるので、その間は下の子一人のお世話だけで済みます。


さて、年の差育児のデメリットですが、正直なところ思いつきません。
育児が長びく、ってことくらいかな。
上の子の手が完全に離れても、下の子にまだ手がかかる。
それを考えると、自分の時間を取り戻すことなく一生が終わりそうな気もしてきます。

けど、こうして上とも下とも向き合う余裕のある年の差育児が、キャパの狭い私にはちょうど良かったのかも。
図らずとも年の差育児になったわけですが、意外と悪くないぞってのが今のところの感想です。

[PR]

by myums | 2017-06-23 13:19 | 国際結婚とカナダ  

自己流スリープトレーニング その3 昼寝編

昼寝がうまくできず、夕方のグズリが激しかったエメチャン。
仕方なく昼寝もベビーベッドに入れトレーニングを開始。

離乳食を食べおっぱいを飲んで、少しするとグズグズしだしたので、「起床から2時間くらいしか経ってないけど、もう眠いのか?」と思いながらも、ベッドに置く。
夜同様、子守唄を歌って、「おやすみー」と部屋を出る。

ぎゃーーーーーー!!!

泣く。

3分後、まだ泣き叫んでいるエメチャンのお部屋に入り、ベッドの外側から子守唄を歌う。

出る。

5分後、引き続き泣いてるエメチャンのお部屋に入り、-以下同文

7分後、あれ?ないて、る?ない?

そろーっと部屋に入ると、タオルケットをクチュクチュしながら、フンフン鼻をならしてる。

か、かわいいいいいいーーーー 萌えるーーー。

ずっと見てたい衝動を抑えつつ、そっと部屋を出て家事をすすめる。

数分後、見に行くと、寝てました。
この子、ほんと楽だわぁ。

と思ってたのもつかの間、30分で起きる。

これじゃ、確実に睡眠不足でまたグズるので、再度寝かしつけ。

「ぎゃーーーーーーー!!!!」

愛しい天使はどこへやら、阿修羅の形相でギャン泣き。
しかし、ここで折れてはいかん。

3分、5分、7分。

寝ない・・・。
ひたすら泣いてる。
もしかして、眠くないのかな。
起こしちゃうほうがいいのかな。

さっきまでの決意はどこへやら、結局抱き上げてしまいました。
結果、その後ずっとグタグタで、午後はミッシャンのお迎えからの習い事で、エメチャンはまとまって寝ることができず、夕方大変なことになりました。
そりゃそうだよね、30分じゃ短すぎるよね。


もう1つの課題は、午後のお昼寝。
トレーニングの甲斐あって、午前中はまとまって寝ることができるようになり、たとえ途中で起きてしまっても3分以内に寝に戻れるようなりました。
しかし、外出先で寝るのが下手なエメチャンは、ミッシャンの都合で外にいることが多い午後に睡眠がとれないことが多いのです。
午後いっぱい、ほとんど一睡もせず起きてるのは、6ヶ月の赤ちゃんにはかなり負担。
下の子あるあるかもしれないけど、やっぱり可哀想です。
ちょっと色々工夫して、エメチャンが昼寝できる時間をなんとか捻出しようと思います。

さて、今回、トレーニングしてるうちに分かってきたことがあります。

1.たっぷり寝て満足して起きた場合は、寝起きがよい。満面の笑み。グズグズする場合は寝たりない。
2.眠いサインを逃さない。エメチャンの場合、お腹いっぱいになってグズり出したら眠い。
3.疲れすぎると眠れない。←これなると最悪。全然寝てくれないまま時間だけが過ぎていき、グダグダで一日終わる
4.トレーニングは親の根気と忍耐力

トレーニングすると決めたら折れない。
抱き上げない。
3分以上部屋にとどまらない。

ミッシャンのときは、心折れてギブアップしたのを後悔しています。
戻れるものなら戻ってやりなおしたい!
それに、エメチャンのギャン泣きなんて、ミッシャンのそれに比べたら可愛いものです。
トレーニングが成功しスケジュールが整えば、親子ともどもハッピーなわけですから、もう少しの間、試行錯誤しながらやっていこうと思います。


[PR]

by myums | 2017-05-14 11:57 | 国際結婚とカナダ  

自己流スリープトレーニング その2

エメチャン生後6ヶ月を境に、自分のお部屋で寝ていただくことにしました。
これまで一緒のベッドでうまくいってたスリープトレーニングですが、部屋をわけたら、またやり直しかな~と覚悟してました。

いつものように、6時半頃に授乳→着替え→ベビーベッドに置いて子守唄
「じゃあね、エメチャン、おやすみー」

泣くか、泣くか、泣くか…?

しーーーーーーん。

まじか?!

まさか、寝てる?!

ええ、寝てました。
そのまま、朝5時までぐっすり。授乳後も、私が部屋を出た後に自力で寝に戻ってます。
7時頃起きた後もご機嫌でベビーベッドの中で遊んでてくれるし、「おはよー」って部屋に入っていくと、満面の笑みで迎えてくれる。
もう、エメチャンったらなんて親孝行なのっ。

しかし、問題は昼寝。
これまで昼寝は、ベッドに連れて行かず、スイングに入れたりプレイマットの上で放置したりしてました。
というのも、昼寝はどこでも寝れるようになって欲しかったから。
でも、これだと寝入るまでのギャン泣きがひどいし、泣き疲れてぐしょぐしょになって寝るのも可哀想。
そして、なぜか30分で起きちゃう。
もちろん寝たりないので、その後グズグズがずーっと続く。

うーむ、仕方ない。
昼寝もベッドに連れてくか。

ということで、スリープトレーニング昼寝版を始めました。
続く・・・


[PR]

by myums | 2017-05-07 13:21 | 国際結婚とカナダ  

自己流スリープトレーニング

みなさん、我が子をどうやって寝かしつけてますか?
ミッシャンが赤ちゃんの頃は、おっぱいでした。
授乳中に寝たミッシャンをそーっとそーっとベッドに置いて、置いた途端にギャー!
仕方なく抱っこでユラユラ。
1時間も2時間もかけて寝かしつけ、寝付いたと思ったら、もう次の授乳時間なんてこともざらでした。
断乳後は絵本の読み聞かせ。
5冊以上読んでも寝てくれないときは、隣で寝たフリ。
やっと寝てくれたと思っても、すぐにベッドから出てはいけません。
気配で目を覚まして、ギャー!
ぐったり・・・。

最近でこそ、やっと一人で眠りに落ちることができようになってきたものの、ここまで長い道のりでした。

なので、2人目妊娠発覚と同時に決意したこと。

やるぜ、スリープトレーニング!!

高齢育児の体で、あの抱っこ攻撃はもう無理。
抱っこしないで寝かす、絶対!!

まずは、生活習慣をつける。
新生児の頃から寝る前はパジャマに着替える(パジャマとか買ってないんで、てきとうに着替えさせるだけですけど)。
部屋を暗くする。
おっぱいをあげて、寝る。

どうせ2,3時間おきに授乳なのに無意味じゃない?

とか思うでしょ?
でも、これやっとくと、数ヵ月後が違います。

生後3ヶ月すぎたら、おっぱいや抱っこで寝かさない。
薄暗い部屋で授乳してから着替えさせて、そのままベッドに置く。
泣いても抱っこしない。
とりあえず何でもいいから、抱っこや授乳をせず、赤ちゃんをベッドに寝かせたままで落ち着かせる。
私は、両手を握って、歌を歌ったり、だいじょうぶだよーままいるよー(棒読み)と声をかけたりってのが基本で、あとは、波の音を聞かせたりもしました。
手を握るってのは赤ちゃんが安心するらしいです。

体温も安心するかも?
と思い、エメチャンに軽く覆いかぶさるようにして両手をにぎったりもしました。
が、この体勢、ひじょーにキツイ。
抱っこしてないのに腕肩腰がやられて、本末転倒。
止めました。

横に寝て手を握っていると、しばーらく泣いて暴れますが、徐々に落ちついてきて、もしょもしょ頭を左右に降り始め、そのうちすうっと寝ます。
握ってた手を離した瞬簡に起きちゃうこともありますが、その場合、慌てて手を握り直します。
そのときはもう歌も声もかけず、静かにただ手を握ります。
少し長めに手を握ったら、そろーりそろーりと手を離して、完了。

授乳中に寝落ちしちゃって計画オジャンな夜や、激しく泣かれて疲労困憊しこっちも一緒に寝落ちしちゃったなんて夜もありましたが、毎日これを続けることで、生後4ヶ月頃は手を握らなくても横にいるだけで寝てくれることが増え、5ヶ月の今では、ベッドに置いて、「おやすみー」と部屋を出ても、1人で勝手に寝てくれるようなったのです。

ただ、夜中の授乳はどうしよっかなーと悩み中。
今までは、母乳の分泌など考えて起きたら授乳してたんですが、先日、夜中1時に起きて泣いたので、あえて授乳せず手を握ってごまかしてみました。
しばらく泣いていたので「授乳しよっかなー」と迷っているうちに、気づいたら朝方5時。手を握りながら2人して寝落ちしてました。
夜中の授乳を1回に持ち込みたいところですが、まあ、赤ちゃんは機械じゃないですからね。
様子をみつつ、試行錯誤してみたいと思います。

あ、ちなみに、エメチャンとは同じベッドで一緒に寝てます。
自分の部屋で一人で寝かすようになったら、こんな自己流じゃなくて、本格的にスリープトレーニングしないといけないかなぁ。


[PR]

by myums | 2017-04-11 15:31 | 国際結婚とカナダ  

2人目育児は楽か

第二子が生まれたら、週1でシッターさんを雇って、自分時間やBooとの時間を作ろう。
そしてなるたけ手をかけないで育てよう。
頑張らない子育てするんだ。

なーんて思ってはずなのに、エメチャン誕生の瞬間

チョーーーーーーーーかわいいいいいいいいいいいいいい。


ほよほよふにょふにょで、ちっこくて、ほぎゃほぎゃ泣いてて、かわいすぎるーーーー。

一瞬にして骨抜きにされた初日以降、5ヶ月の今まで日に日に可愛くなり、結局どっぷりはまってます。

生後2日目からギャンギャン泣いて、飲んではマーライオン飲んではマーライオンで、乳首も切れて悶絶痛く、何もかもが壁だったミッシャンに比べ、エメチャンは、飲んだらすやすや寝てくれて、泣き声も可愛い新生児。

そんなエメチャンも、今では泣き声もでかくなり、昼寝がうまくできなくてギャー!!黄昏時にもギャー!!となりましたが、それでも、ミッシャンの癇癪に比べれば、屁の河童です。
エメチャンが黄昏泣きをしている時間帯は、ミッシャンも帰ってきてるし、夕飯準備時で私もバタバタしているため、エメチャンに構ってる暇がありません。ちょいちょいいじって機嫌を取りつつ、夕飯、そして就寝前の粉ミルクからの授乳で、あっという間に寝る時間。

ミッシャンのときは黄昏泣きが怖かったなあ。
抱っこしても、あやしても、おっぱいあげても、ひたすらギャンギャン泣き続ける我が子に疲れ果て、憎しみすら覚えることもありました。
寝かしつけも、とにかく抱っこ。
抱っこ抱っこで日が暮れて、抱っこ抱っこで夜が明ける。

エメチャンも、もしかしたらあの時のミッシャンと同じくらいギャン泣きしてるのかもしれないけど、追い詰められない。
というか、追い詰められるほど向き合ってない。
ミッシャンのときは、夕暮れ時の部屋の中で「泣き止ませなきゃ」という義務感を背負って抱っこしていたため、悲壮感と疲労感に包まれてましたが、エメチャンのことは、あんまり泣いてて可哀想だから抱っこしてあげたいという母性が先にたってる感じです。
泣き声はうるさく感じますが、泣き止まそうと躍起になることはありません。

やはり、二人目の子育ては、気持ちに余裕が出るようです。

そして結局シッターさんも雇わず、日々子育てしてる私って母親業が好きなんでしょうね。

これまでのみっしゃんとのぶつかり合でも、なぜうまくいかないのかをリサーチして、色んなアプローチを試みて、自分なりの解決法を導き出すってプロセスを面白いと感じていたし、今、エメチャンの赤ちゃんとしての可愛さも純粋に楽しんでます。
そして何より、ミッシャンに「マミー大好き」ってハグされた瞬間や、エメチャンの笑顔を見た瞬間に、全身に広がるあまくてあったかい幸福感は、何物にも変え難い。
子どもの手が離れたときのことを考えると漠然と不安はあるんですけどね。
母親業が楽しくて、なかなか次の職を考えられずにいます。


[PR]

by myums | 2017-04-10 14:48 | 国際結婚とカナダ