旦那の名はBoo。変なカナダ人。得意な日本語は「ヨッパラチャッタ~」。その妻、Myums。3年間の交際、5年間の結婚生活を経て、2011年1月に長女みっしゃんが誕生。Booも私もLovelyなみっしゃんにメロメロな日々です。


by myums
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ウィスラーにいます

シンガポールからヨーロッパをはさんで、現在カナダのウィスラーに滞在中です。

ウィスラーといえば、世界有数のスキーリゾート!
2010年冬季オリンピック開催地!
雪だ、ソリだ、スノボーだあ!

生まれて初めて見る生雪にミッシャンもおおはしゃぎ。
教えられてもないのに、雪山を転げ落ち、空を見上げ、ソリですべれば雪の中へダイブ。

子供ってのは、本能的に雪が好きなんですね。

雪があればおもちゃもいらないし、ミッシャンをソリ乗せ、ズルズル街を徘徊することもできて、なんて楽チンなんでしょう。

私もこの機会に、初心者スノボを中級くらいまでにレベルアップさせるぞ!

と、かなり勢い込んでいたのですが、蓋を開けてみれば、雪がない・・・

到着後3日後には、めっちゃいい天気!
その後も、ずっとめっちゃいい天気。
太陽キラキラ、お空真っ青、雲ひとつない~。

おかげで山の雪は凍りつき、恐怖のアイスバーン。

半日スクール、翌日自主練に励んでみたものの、転倒し尾骶骨を強打。
シンガポールの階段で転んで以来、腫れ物に触るようにいたわっていた私の尻尾バンバンだったのに・・・。痛い。痛い。非常に痛い。

むり、ほんとむり。

雪が降らない限り、山には登れないよ・・・。

ひたすら雪を待つ日々です。


そんなヘタレMyumsを横目に、Booは毎日のように山頂へ。
「上のほういったら雪あるよ!でも、Myumsにはちょっとむずかしいかな~。」

ああ、そうですか。完全なる上から目線によるアドバイス、ありがとう。

まあ、常夏シンガポーでウィンタースポーツに飢えていたBooなので、滑れることがとにかくHappyな模様。
毎日嬉しそうにボードを抱えて出て行って、ドヤ顔して帰ってくるBooを見てると、ウィスラーにきてよかったな~と思います。

ミッシャンもウィスラーでのプリスクールが始まり、私もヨガのクラスを取り始め、快適なウィスラー生活がスタートしています。

あとは、雪が降ってくれたらパーフェクト!
[PR]
# by myums | 2014-01-24 14:21 | 国際結婚とカナダ

膝の毛

自分の膝小僧をじっと見つめていたミッシャンが、言いました。

「マミー、ミッシャンのおひざにヘアー生えてるー」

うん、そうだね。

「ワックスしなきゃー」

まだ、早いでしょ・・・。
[PR]
# by myums | 2014-01-23 14:54 | 国際結婚とカナダ

ドイツのビックリ常識

クリスマスと新年をBoo姉の住むロンドンですごしてきました。
そのついでに友人を訪ねてドイツのデュッセルドルフへ行ったときのこと。

「うわああああああっつ!!!」

ある夜、Booの叫び声が友人宅に響き渡りました。

何事!?

あわてて駆けつけると、なんと、床から天井までの一枚窓がガコッと外れてる。
しかも天井側だけ。

Boo、窓破壊。


「開けようとしただけなのに、ま、まどが!!」

必死の形相で落ちてくる窓を抑えるBoo。
その場はなんとか窓をはめ込み、一件落着。

後で友人に聞いたところ、これはドイツではよくある設計なんだそうです。

天井側だけガコッと窓をはずすことで、効率よく換気できる。

なんとまあ、さすがドイツ。非常に機能的な造りだこと。

しかし、まじ、あせった。
[PR]
# by myums | 2014-01-08 10:05 | 国際結婚とカナダ
プリスクールからの帰り道の、私とみっしゃんの会話。

私「今日は玉子とニラのスープを作るよ」
み「I don't like it」

おいっ!即答かよ。

私「まだ食べてもないのに、そんなのわからないでしょ。マミーが一生懸命作るから、おいしいんだよ~」
み「おいしくないよ」

おいっ!吐き捨てかよ。

ええ、分かってます。他意はないのです。
なんでも否定するという単なる言葉遊び。

それでも、やっぱりちょっと傷つくよ。

うん、否定は人を傷つけるんだな。私も気をつけよう。

でも、スープはおいしかったよ。
ミッシャンは食べなかったけどね。
[PR]
# by myums | 2013-12-07 03:49 | 国際結婚とシンガポール

泣きたい夜もある

2歳9ヶ月となった今も、時折あるみっしゃんの夜泣き。

なだめてもすかしても、水をあげようとしても、抱きかかえようとしても、足をさすってあげようとしても、全身で拒否られ、ギャーギャーキーキー泣き続けるみっしゃんにひたすら声かけを行う夜。

15~30分間で落ち着くのは分かってるんですけど、叫ぶような泣き声を聞き続けるのは、かなりの苦痛です。かと言って、「じゃ、勝手に泣いててね」と部屋を出ようもんなら、「ひいいいいいいいいいいいいいっ!!!」と絶叫する。

錯乱状態に陥って触るだけでギャーギャー騒ぐくせに、傍にはいて欲しいというワガママっぷり。

はあああ、疲れる・・・。

昨夜もそんな彼女の夜泣きが始まり、無駄とは知りつつあの手この手でなんとか落ち着かせようと試みる私。

やはり無駄。

ミッシャンって新生児のころからとにかくよく泣いてる赤ちゃんだったよなあ、2歳に突入した頃も発狂泣きしててたなあ、みっしゃんの泣き虫は生まれ持った性質なんだろうなあ、これからもきっと泣き虫なんだろうなあ。

途方にくれながら、そんなことを考えていると、はっと思いつきました。


みっしゃんは、もしや泣きたいのでは!?


自分でもコントロールできないほど、泣きたいのかもしれない。
大人でも泣いて発散したとき、ある。
みっしゃんもフラストレーションがあって、泣くことで発散したいのかも。


そう思ったら、心がふっと軽くなりました。
泣き止ませようと躍起になってるときは憎らしかったミッシャンの泣き顔さえも、いじらしく、可愛らしく見えたほど、前向きな気持ちになれたのです。

「そっか、そっか、泣きたいんだよね。泣いていいよ」

ミッシャンは私の胸に顔をうずめしばらく泣いていましたが、ふっと顔をあげると言いました。


「ごろんする。もうなきたくないの」


なきつくしたぜ宣言をかましたかと思ったら、次の瞬間には寝てました。


ほんとに泣きたかっただけなのか、実際のところは分かりませんが、「泣く」という選択肢をこちらから与えてあげたことで安心して泣けたのかなと思います。

次回もこの手を試してみます。
[PR]
# by myums | 2013-11-19 17:37 | 国際結婚とシンガポール

インド人と私

インド人に見つめられる。
いや、その視線の熱さは、見つめるというより、凝視。ガン見。
無遠慮な視線でジロジロと見られてとても気まずかったのは、最初だけ。
そのうち、いい気になった私。

まさかの、モテ期到来!(インド人オンリー)

リトルインディアに行く。
絡みつく熱視線を堪能。時には優しい微笑みを送って、インド人の心を惑わしてみる。

困ったことに、Booと一緒に歩いていてもその視線は途絶えることがない。

「今すれ違ったインド人、Myumsのこと見つめてたね」とつぶやくBoo。
「どうやら、私ってインド人にもてる顔みたい」ちょっと誇らしげに言ってみた。

「いや、見てるのはMyumsのほくろでしょう」


.....え?


私のホクロ。
おでこにある観音黒子。または千昌男(ふるいですか?)


そういえば、5歳くらいのときに渋谷でインド人に拝まれた経験がある。あれと同じ現象が、ここシンガポーでも起こっているということか。

なるほど。


その後、インド人女性にも「あなたのホクロはとっても素敵」と褒められた。

昔は大嫌いだったこのホクロ。今では私のチャームポイントです。
[PR]
# by myums | 2013-11-08 16:51 | 国際結婚とシンガポール
アンコールワットで有名なシェリムアップに行ってきました。
見た遺跡は3つ。
アンコールワットと、名前分からないけど赤茶色のレリーフが見事な寺院と、タ・プローム。
一番良かったのは、タ・プローム!

ガジュマロの巨大な樹木が、遺跡とドッキング。
もはや樹木が遺跡の一部というか、遺跡が自然の一部と化しています。樹木から溢れる生命力の美しさと恐ろしさに包まれて、畏怖の念を抱いた瞬間でした。

人間は自然の力には絶対に適わない。

c0057810_22182386.jpg



アンコールワットもすごかったのですが、雨降ってるし、ミッシャンは走り回るし、Booはカメラに夢中だし、ガイドさんは延々と説明しているしで、何がなんだかよく分からないうちに終わってました・・・。

まあ、ミッシャンが意外と楽しんでくれたので良し。

それにしても、こんなに見事な遺跡を破壊してしまったなんて、もったいない。それも、長年に渡る戦争と内戦、そしてポルポトによる恐怖政治のせいです。

今から約40年前、カンボジアはポルポトという超共産主義者に政権を握られました。
それから4年間に渡りポルポトは殺戮を繰り返し、総人口800万足らずの小国で殺害された国民の数は100万とも200万とも言われています。

ポルポトは、有識層の約6割を殺し、学校や寺院群などを破壊し、教育にまつわるすべてのものを焼き尽くしました。

そのため、今でも45歳以上の識字率は2割程度。

だからカンボジアでは、学校というハードはあったとしても、教師や教科書といったソフト面が慢性的に不足していて、子供たちは満足な教育が受けれられない状態です。

HIV問題、子供の人身売買問題、警察の腐敗、調べれば調べるほどカンボジアには問題が山積みです。
子供の人身売買にいたっては、幼ければ幼いほど高額で売れるんだそうです。
6歳の女の子が一日に何人もの男性とSEXをさせられたり、10歳にも満たない男の子が白人中年男性の餌食になったり。

っつか、買う人間は腐ってる。


c0057810_22254742.jpg


カンボジア旅行3日目に、ATV(4輪バギー)に乗って農村部を訪ねてきました。
運転免許もなく、スクーターにすら乗ったことのない私の後ろには、若くてかわいいカンボジア人のガイドさんがダンデム~。ラッキー。

見渡す限りに続くライスフィールドをカメラに収めようとバギーを止めると、わらわらと現れたのが、近所の子供たち。
この前日に見た、水上生活者と同様に、笑顔で手を振っています。

カンボジアの子供たちは、めちゃくちゃかわいい。
貧しいから、かわいそうだからってことじゃなく、贔屓目なしで、かわいい。

その笑顔は本物なの?と聞きたくなってしまった。
彼らがどうしたら幸せになれるのか。
彼らがどうしたら学校で教育を受けることができるのか。
私に何ができるのか。
彼らはたまたまカンボジアの農村に生まれ貧しい暮らしを送っているという運命を、不幸と感じているのか。不条理だと憤りを感じているのか。
私たちが彼らの運命を不幸だと決め付けることはできないのではないか。
そもそも幸せとはなんなのか。

てな感じに、幸せの定義にまで思考が及び、頭も心もぐっちゃぐちゃになってました。


c0057810_22274089.jpg


そこには、ミッシャンと同じくらいの子供もいました。
かたや、母のバッグにスナックをたっぷり詰め込んで、好きに食べて好きに遊べる2歳。かたや、少しでもお金や食べ物をもらおうと観光客に寄って行き笑顔を見せる2歳。

ああ、やっぱり不公平だよ。
世の中は不公平なもの。そんなこと分かっているけど、こんなのダメだよ。
子供には生きる権利があるんだよ。それを与えて守ってあげるのが大人の務めだよ。

涙が止まりませんでした。
胸に押し寄せる感情の波を抑えきれず、嗚咽をあげて泣いてしまいました。

世の不公平さに対し、なんと無力な自分。

ありったけのお菓子を子供たちに渡しました。英語なんて分かるわけないけど、「ちゃんと学校に行くんだよ」「良い大人になるんだよ」「これは日本の飴ですっぱいんだよ」と話しかけながら、1つ1つお菓子を手渡す私の横でミッシャンはご不満顔。

「ミッシャンの・・・シェアしたくないもん!」

2歳児ってほんとKY。

「このお友達は、スナックを買うお金がないんだよ。ミッシャンはたくさーーーんスナック持ってるでしょ?だからシェアしてあげようね」と説得。

半泣きになりながらも、なんとなく納得したようでした。

ミッシャンにはちょっと早すぎる社会勉強だったかもしれませんが、いまだに、「カンボディア(そこだけ英語発音)のおともだちにスナックあげたねー」と時々話してるので、記憶には残っているようです。


5日間のシェリムアップ滞在は、楽しさよりも胸が苦しくなる瞬間のほうが多かったかもしれません。
でも、知れて良かった。この目で貧困の現実を見ることができて良かった。

現地に赴いてボランティアとして活動する。なんて勇気はないけれど、信頼の置ける団体を探し、少しでもいいから募金を続ける。そのくらいなら私でもできる。

ちなみにこんなホスピタリティー学校もあります。

「貧困限定のホスピタリティー学校、サラ・バイ・レストランスクール」

私たちが宿泊したHeritage Suite Hotelの従業員は全員がこの学校の卒業生でした。みんな仕事熱心でフレンドリー。満足のいくおもてなしをしてくれます。
朝食のパンはいまいちだったけど、ディナーのステーキがとっても美味しかった!

おすすめホテルです。
[PR]
# by myums | 2013-10-30 23:02 | 国際結婚とシンガポール

怒ってる?

先日、家族でタクシーに乗りました。

運転手さんが陽気な人で、「ユー リブ シンガポー ハウ ロッグ、ラー?」とか、「ユア、ドッター、ベリ キューッラー」とか、「ファミリー、ナンバーワンッ!アッダースターン?」とかってことを、ものすごいシングリッシュでBooに語っておりました。

その様子を見ていたミッシャンが、おずおずと私に聞いてきました。

「うんてんしゅさん、おこってる?」

「怒ってない怒ってない。運転手さんがああいう話し方の人なんだよ」と言いながらも、思わず笑っちゃいました。チャイニーズアクセントは、子供が聞いても、怒ってまくしたててるように聞こえるんだなぁ。
[PR]
# by myums | 2013-10-11 23:34 | 国際結婚とシンガポール

ななこのおるすばん

ミーシャがこれ見て泣いてました。



ママが帰ってくるシーンにさしかかったとき、じわ~とあふれてきた涙が粒となって、ミッシャンの頬の上をぽろぽろと転げ落ちていきました。

への字に曲げた唇をプルプル震わせながら静かに涙をこぼすミッシャン。


ママに置いていかれる不安感と寂しさ、そして再会したときの喜びと安堵感が、動画によって呼び起こされて涙が出たんだと思います。

私のほうまでうるうるしてしまいました。

今この瞬間に起こっている事柄に対する感情だけでなく、記憶の中の感情を引き出して涙するという、なかなか高度な情操も育っているんですね。


つい最近まで快不快と自己主張だけだったのに、あいまいな感情や、他人への共感、思いやり、我慢、ずる賢さなど、複雑な感情を少しずつ学んで、それを表現し始めたミッシャン。


言葉や身体的な発達など目に見える成長も嬉しいですが、心の発達が垣間見れた瞬間は感動的なまでに喜ばしいものです。

なんていうか、人間っぽくなってきたぞ~みたいな。
あと、ミッシャンらしさが現れてきたなぁっていう嬉しさもあるかな。

外交的、内向的っていうのは赤ちゃん時代にもありますが、その子の持つキャラクターってのは、やっぱりまだまだ未知で、とても興味深いところ。

今後、みっしゃんがどんな風に彼女らしさを出してくれるのか、どんな思考を持った人間になるのか、とっても楽しみです。
[PR]
# by myums | 2013-09-14 13:15 | 国際結婚とシンガポール
カナダ移民ビザを申請するためには、健康診断を受けなくてはなりません。
健康診断を受けるには、まず病院に電話して予約をしなくてはなりません。

このシンガポールにおいて、私が一番苦手、いや、もはや恐怖レベルと言っても過言ではないこと。
それは電話。

2年間の滞在でシンガポールアクセントにも慣れたつもりです。しかし、それはFace to Faceでのお話。電話となるともうお手上げ。

公共機関だし予約するだけだから大丈夫だよ!

自分を励ましつつ電話をかけてみたところ、ええ、思いっきりシンガポーアクセントのおばちゃんでしたよ・・・。

それでも、予約するだけなら定型の会話で終了ですから、とりあえず予約だけはできたわけです。で、持参するものあるかと聞くと、

「あーゆーなんたらかんたらあぷらー?」

きたーーーーー!!

ぜんっぜんわからん!
もう1ミリも理解できない。

3回聞きなおしても、まだわからない。

最後のアプラーはアプライっぽかったので、「すでにビザ申請をしていますか?」と聞かれたこととして処理。「No」と答えると、「オッケラー、チューズデー、アット 2、オッケー?」 って、いきなり電話切られそうになってるし。

っつか持ち物教えてよ!!


するとおばちゃんは教えてくれた。「パスポートとフォーム。ここは予約取るだけだから、よく分からない」もちろんこれも3回聞きなおして、脳みそフル回転をはじき出した連想文に過ぎません。

「サンキュー」と電話を切ったときには、私の寿命は精神疲労のため3年縮んでました。

ただでさえ苦手な電話。まして、相手の言ってることが分からず、会話が成り立ってる手ごたえがないと、ほんとに疲れます。
ちゃんと予約取れてるんだろうか。それすらも不安・・・。

ちなみに、後日日本語のサイトを調べてみたところ、日本の健康診断ではパスポートとフォームのほかに、身分証明写真4枚が必要なんだそう。

一応持って行っておこうっと。
[PR]
# by myums | 2013-09-10 00:18 | 国際結婚とシンガポール