野外Partyについて語りたい。

私が好きな音楽は、汗臭そうな音。
ジャンルで言えば、
ブレイクビーツ、パンクロック、サイケデリックトランス。
う~ん、どれも名前からして、汗臭そうだ。

その中でも、サイケデリックトランス。
特にサイケの野外Partyは、かなり特異性がある。

特異性① ハコより野外で生きる音
ダンスミュージックというのは、CLUBというハコの中を意識して作られている(ような気がする)。
それに反して、サイケという音楽は、山奥やビーチといった大自然の中でこそ、生きてくる音なのだ。むしをろ野外でなければ、サイケの本当の価値は分からない。
降り注ぐような満点の星空に、ぽっかりと浮かぶ白い月。
深緑の稜線から、徐々に顔を出す、黄金色の朝陽。
踊り疲れて火照った肌をなでる、爽やかな山風。
そられの大自然が、サイケの音と融合すると、
とてつもないエネルギーとなる。
The mother netureの感動が、身体中に染み渡るのだ。

特異性② 超変! でも面白い人が満載
野外Partyに対する私の第一印象は
濃すぎ!!!
鮮やかなタトゥーを全身に入れてる人、目元口元鼻の穴顔中ピアスの人、ボーボーに伸ばした鬚を細かく三つ編みにしてる人、出家した坊さんみたいな人、ヒッピースタイルな人に旅人風オヤジ。
家族連れやペット連れの人も多い。
ドンキーを連れてるオッチャンは「ドナドナ」を歌っていた。
こんな風に、とにかく濃くて臭ってきそうな人間が溢れている。
そして、それが野外Partyの醍醐味。
誰もがそれぞれにPartyの一部となって、自由に楽しんでいる。
逆を言えば、自分だってアホな格好ができるのだ。
だったら思いっきり楽しまなきゃソン!
友達と衣装合わせするべし!!

特異性③ 一体感
サイケの野外Partyで得られる一体感は、ちょっと他にはない。
自然の恵みを受けながら、、大地を踏みしめ、踊る、踊る、踊る。
大空に手を伸ばし、降り注ぐ音を体中で受け止めて、踊る、踊る、踊る。
あ~、なんて楽しいんだ。
ただ、ただ、ひたすら楽しい。
そんな風に感じているのは、私だけじゃない。
一緒に踊る友達、会場に集まった全ての人全員が、同じ感動を同時に味わっているのだ。
音と自然と、人間と、三位一体!!
その一体感は、なかなかほかにないだろう。

特異性④ 間違いなく 「最優秀汗臭そう賞」

野外Partyは、長いと三日三晩ノンストップで行われる。
大概は都心から遠く離れた場所である。未経験だが、砂漠ってのもある。
土砂降りの雨で泥んこになる時もある。
それでも、行かずにはいられない。
それが、サイケデリックトランスの野外Partyなのだ。
c0057810_4564585.jpg

[PR]

# by myums | 2005-02-16 03:22 | 音楽・Party  

寒すぎなバレンタイン

結局、何も思いつかぬまま、バレンタイン当日を迎えた。
段々、考えるのが面倒くさくなる。

仕方ない。アレしかない。
向かった先は、ランジェリーショップ。
ええ! まさかセクシー下着作戦ですかー!?
寒い。寒すぎる選択だ。

しかし、何を隠そう、私の旦那はカナダ人。
多くの白人男性がそうであるように、きっと武田久美子が好きに違いない(ホンとか?)

ランジェリーショップには、ここぞとばかりにセクシーな下着が並んでいた。
な~んだ、こんなに売ってるじゃん。
みんな、結構ベタなことしてるのね。ふふ。
とかニヤケながら、早速かわいいピンクのスリップとショーツ発見!
しかし、サイズL。
じゃあ、こっちのは・・・。
サイズLL。
じゃあ、こっちは? サイズM!
バンクーバーのサイズMは、日本のLサイズに匹敵する。
サイズMのTバックなんて、履いたら「ふんどし」になりかねない。

Sサイズを探す私の形相が必死だったのか
店員さんが声をかけてきた。
「サイズがない」と言うと
「ごめんなさいねー。全部売り切れちゃって、もうここにある物だけなの」

どうやら、私、出遅れた模様。
バレンタイン前には、きっとたくさんのギャルが群がり、
キャピキャピしながら、下着を選んでいたであろう店内にも、
明らかに冷やかし客のカップル、
どうでもいいようなショーツ買ってるネーチャン2人、
そして、私と同じように、セクシー下着をあさる同類女が1人。

この状況、誰が見たって

寒い寒い寒すぎる!!

あまりに寒い状況の自分に、思わず超エロエロなショーツを奮発した。

そして、向かうはBOOが予約してくれたエステ。
何が始まるのか何も知らない私を、ウェイティング・ルームに通すスタッフ。
そして、待つこと10分。
20分、
30分、
腹が減ったので帰ります
と言おうとしたら、やっと呼ばれた。

バンクーバーでエステを受けるのは、これが初めて。
お顔の皮膚はデリケートだから、常に優しく接してあげてね★
なんてことは、日本人女性にとっては、常識。
なのに、すごい力でグイグイ引っ張る、バンクーバーのエステティシャン。
逆効果じゃない?
ボディマッサージは気持ち良くて、ヨダレが垂れそう2秒前だったけど、
キメ細かいケアって点では、日本の大勝利。

せっかくのプレゼントに文句タレタレな私だが、
もちろん、プレゼントしてくれる気持はとっても嬉しい。
だけど、そのために高いお金を払うなら、
レストランでお食事したり、旅行に行ったりする方がいい。
2人で楽しみを共有する時間。
それが何よりのプレゼントであり、幸せである。

とかなんとか言いながらも、
セクシーランジェリーで自分自身をデコレイト★
という、寒さ炸裂なプレゼントをする私であった。

↓セクシーランジェリーでBABOをデコレイト★
c0057810_10493220.jpg

[PR]

# by myums | 2005-02-14 20:15 | 国際結婚とカナダ  

バレンタインにプレゼントあげない法

初めに言っておこう。
私はバレンタイン・デーが嫌いだ。
正確には、バレンタインのプレゼントが嫌いだ。
昔はチョコだけで十分だったじゃないか。
それがいつの間にか、「チョコ+プレゼント」の方程式ができあがり、
むしろプレゼントの方が重要になってたりする。

なぜなんだ?

チョコに一球入魂すんのが、バレンタインじゃないのか?
まったく納得がいかない。
そんな私は、バレンタイン時期になると彼氏に交渉する。
名づけて
『バレンタインにプレゼントあげない法』

「バレンタン・デーにプレゼントあげないから、
ホワイト・デーのプレゼントもいらない。
それと、マシュマロもキャンディーもあんまり好きじゃないから、お返しはチョコがいい」

初めは大概、「はぁ?」って顔される。
でも、ホワイトデーにプレゼントする必要がないのだ。
男性側にとっても、おいしい話じゃないか。

ところが!!
バレンタインの3日ほど前。
いきなり旦那のBOOから言われた。
「14日の4時に、ホニャララってエステに行ってね」

しまったー!!

最近忙しくて、『バレンタインにプレゼントあげない法』発令すんの
忘れてた!!

すでに支払い済みだからと、ニッコニッコで告げる旦那。
これは、やぼい。
バレンタインの存在すら忘れていた私。
それどころか、学校のトライアルレッスンを予約しちゃった始末。
もちろん、プレゼントなんて用意してない。

必死に考えるも、
セクシー下着で彼を誘惑、うっふん。
くらいのベタベタなプレゼントしか思いつかない。
それは寒いだろ。

さて、どうしたもんかね~。
[PR]

# by myums | 2005-02-13 21:39 | 国際結婚とカナダ  

暑苦しかったディカプリオ最新作

記念すべきBlog一発目。
何を書いていいものか分からないので、この間見た映画『The Aviator』の感想などを。
ただし、字幕ナシで観たので、かなり独断と偏見。

丸顔代表レオナルド・ディカプリオ主演、マーティン・スコスコセッシ監督の最新映画。
アカデミーで作品賞、監督賞、主演男優賞などなど11部門もノミネートされたのだ。
マーティン・スコセッシ監督の映画は、『Good Fellows』『Casino』『Gang of New York』の3本しか観たことないけど、どれもこれも感想は同じ。
「で、何が言いたいの?」。
男の熱い魂を描かせたら、天下一品!なんだろうけど、本当にそれだけなんだよな。
かっこいいだけ。後に何も残らない。
『Gang~』なんて、心の底から、つーまーらーなーいー。せっかくキャメロン・ディアスかわいいのに、全然キレイに撮ってないし、完全に添え物。キャメロンとの絡みは、むしろなかった方が良かったんじゃないかってくらい。女子供は引っ込んでろ、とでも言いたいんですかね。

今回の『The Aviatorも』も、ディカプリオとスコスコが組んでるわけだけど
「で、何が言いたいの?」。
心のどっかで期待してだけに、残念度も高めだ。
とにかくストーリー展開がメチャ早だし、いつもの通り人物を深く掘り下げてないため、誰にも感情移入できず、ただただハワードの人生を見せ付けられてる感じ。ハリウッドでは有名な人物なのかもしれないけど、知識がない人にとっては、単なる内輪ウケ。
そしてまたもや女はお飾り。ケイト・ウォンスレットかわいそう。女神のような美しさを持つ女性なのに、この映画では「強がってるけど、結局男に振り回されるだけ」の女に成り下がってるし。時々嫌な女にすら見えるし。
マリリン・モンロー役があの人だったのは、ビックリギョウテン!
ちょっと台詞あるけど、びょえー、ヘタ。
彼女もその辺のバカ娘にしか見えなかった。
素晴らしいクラシック美人を、あんな風にどーでもよく撮るんだから、ある意味スゴイ。
ディカプリオは、「めっちゃ気合入ってマッシュ!!」光線がビシバシ。
声のトーンも高くして、キンキン声でまくし立ててた。
このキンキン声はウザイかったけど、ディカプリオはウマイ。特にハワードが狂い始めてからの演技は、真に迫ってた。『Gilbert Grape』や『The Basketball Diaries』でもそうだったけど、ディカプリオはクレイジーな役が上手。あと『Catch me if you can』のような、人をちょっと小ばかにした生意気な役も上手。
潔癖症が高じて、尋常じゃなくなったハワードは映写室にこもる。そして自分の作った映画を繰り返し見ながら、自分の小便入れたビンを集め続ける。しかも真っ裸で。同じ言葉を何度も何度も繰り返し、自分でもどうにもできず、もがいてる様子が痛いくらい伝わってきた。この場面だけは、本当に良かった。
どうしてディカプリオはこんな仁侠映画に出たんだろう。ていうか次回作もスコスコとやるらしい。ディカプリオの繊細な才能を、こんな「男気っす」な映画に注ぐのは、とーってももったいなーい。
以上

うーん。初日だから、張り切りすぎて、イッパイ書いてしまった。
Blogってもんを、もっと研究していかねば。


c0057810_1602131.jpg

[PR]

# by myums | 2005-02-12 15:41 | 映画・海外ドラマ あ行