ライフログ

今週で学校が終了した。
毎日こんなに勉強したのは、人生で初めて。
えらいぞ、私!

さて、前から気になっていたのだが、
Blogについてる、ライフログという機能。
一体なに?

説明を読むと、
「書籍、CD、DVDなど文化的な人生のログとして残せる機能です」
とある。
文化的な人生のログって何?

早い話が、
自分の好きなアイテムをBlog上に公開できるってだけ。
しかもアイテムはAmazonからしか検索できないので、
サイケとか、ブレイクとかのマイナーなCDはない。

私の人生は文化的でないとでも?

結論: ライフログに頼らなくとも、人生常に文化的。
って言うか、文化的ってなに?
[PR]

# by myums | 2005-03-25 16:14  

子持ちになる

かけがえのないもの
エキサイトBlogで唯一LinkさせてもらってるvbayareaさんからTB。

20歳を過ぎたあたりから、周囲に子持ちが増えてきた。
「子育て」と一言に言っても、その状況は十人十色。
病気の子を持つママさんや、
シングルマザーの人、仕事を諦める選択をした人、
旦那さんが子育てに非協力的な人。
一つとして同じ「子育て」はない。

だが、誰の「子育て」にも共通すること。
それは「子供が生まれて、人生の全てが変わった」ということ。

私はそれが怖い。
今ある人生は、自分のものであって、
何事も自分で選択できる自由がある。
遊びも仕事も、生き方も、何をしようと自由だ。
それが、子持ちになった瞬間から、
全て変わると言うのだ。
遊びや仕事ばかりじゃない。
就寝時間、食べる物、飲酒喫煙、オシャレすること、
人生そのものに、たくさんの制約が出てくる。

子育って、なんか大変そう~。

他人の子を見れば、「カワイイ~」と思うが、
子供はカワイイばかりじゃない。

フロリダに住む、Booの実父には、再婚相手との間に
3歳になる女の子と1歳の男の子がいる。
上の女の子Vannyが1歳半の頃の話。
Vannyはオムツが大嫌いで、すぐに外してしまう赤子だった。
ある日、耐えかねたママは、オムツをテープで止め、
ギャーギャーわめくVannyを子供部屋に入れた。
しばらくして、静かになったので、見に行くと、
そこには、悪夢の光景が。

Vannyはオムツを自力で引き裂き、
自分のウンコを壁中に塗りたくっていたのだ!

これは、母親に対する復讐か?!

子育ての「質」は違っても、「苦労」は同じ。
傍目には、順風満帆に見える家庭でも
母親の心の中は、常に「子育ての悩み」でイッパイだったりする。

一体、私なんかに、そんな大変なことができるだろうか。
いや、できん。
取り合えず、今はまだ無理。
妊娠中も辛そうだしな。
[PR]

# by myums | 2005-03-25 15:26 | 国際結婚とカナダ  

糞の話ですが、なにか?

カナダに着たばかりの、ある夏のお話。
Booは私をスタンレーパークへと連れて行ってくれた。

向日葵のような太陽。降り注ぐ黄金色の日差し。
肌をサラサラとなでる、そよ風。
バンクーバーの夏は、美しい。
深緑の木々がキラキラと輝く、そんな中、
私は一人、猛烈にトイレを探していた。

「公衆トイレは汚いから、ヤダ!」
と、プリンセスっぷりを発揮していた私だが、
さすがに膀胱も破裂寸前。
やっと見つけたトイレに駆け込んだ。

便座が見えなくなるほどティッシュを敷き、
ホッと一息。
突然、隣の個室から、

ブホッ!!

という炸裂音。
ウ、ウンコですか?!

続いて、

ブ~リブリブリブリブリブリブリブリイイィィィィ!
ビ~チビチビチビチビチィィイイ!

プッス~~~~~~。

最後はもちろんスカシッペ。

漂ってくるのは、黄色の色がついてるかと思うほどの
人糞臭。
ほとんど凶器。

咳き込みながら個室を出て、手を洗う。
まったく、ガイジンはエチケットがなっていないぜ、
と心の中で毒づく。
カナダに来たらお前の方がガイジンだろってのは、この際どうでもいい。

程なく例の個室から、出てきたのは、
パリスヒルトンばりのゴージャス姉ちゃん。
ぎょえー!
このオメメくりくりの、、ミニスカ姉ちゃんが、
あんな強烈ウンコしてたの?!
しかも、公共の場で!

まだまだ人糞臭の余韻漂う中、
ゴージャス姉ちゃんは、化粧直しに余念がない。
自分のだから、気にならないのか?

他人の私は気になるぞ。

ほかにも、男女兼用のスタバのトイレを
20分も独り占めし、臭いを撒き散らしたばかりか、
便器に茶色のスジをタップリ残した男もいた。
どんな巨大ンコだよ!

余談だが、北米人のウンコは日本人に比べて臭い気がする。
肉ばっか食ってるからか?

そんなとこ舐めちゃいやん
c0057810_94104.jpg

[PR]

# by myums | 2005-03-23 14:54 | 国際結婚とカナダ  

バタフライ・エフェクト

去年観た映画の中で、意外性NO.1だったのが、
『バタフライ・エフェクト』
実は、観る前は全然期待してなかった。
だって、主演がAshton Cucher
この人、チョーハンサムなんだけど、
口にしまりがなくて、
知性に欠ける。
おつむの足りない役も多いから、
なんとなく、アホなイメージ。
そんなAshton君主演の映画なら、
大したことなかろうと、高を括っていたのだ。
しかーし!!
意外なことに、
観始めたら止まれない、ノメリコミ映画だった。

あらすじと感想
小さな頃から一時的に記憶を失う疾患を持っていた、主人公エヴァン。
いつも大切な場面で記憶を失くし、
ハッと気付いた時には、事は終わっている。

その疾患って、もしかして、
若人あきらの横縞健忘症じゃ?!

そんな若人あきら人生を克服するため、
エヴァンは日記をつけ続けていた。
そして、成人したある日(ここでやっとAshton君登場)、
その日記を読むことによって、
時空を超え過去に戻り、その過去を修正できることに気付く。
過去を変えてしまうことによって、
現在もかなり変わっていく。
過去と現在を行ったり来たりして、
どうにかして幸せな現在を造り上げようとするエヴァンだが、
やればやるほど、ドツボにはまり、自分の精神状態まで崩壊寸前。
最後は、なんと・・・!

とにかく、最初から最後まで、すっごい重い。
最初に、エヴァンの幼少時代のトラウマを
これでもかってほど見せられ、
ドキドキしっぱなし。
やっとAshtonのアホ面が出てきたと思っても
気を抜くヒマはない。
自分の過去を修正するため、精神を削ってタイムトラベルに励む。
過去を修正するたび、現実の状況も変わり、
何がどうなって、どこでどう繋がってるのか、何がなにやら。
見てるコッチが若人あきら状態。

その上、現在に戻る度、あの王子様Ashtonくんが、
白目剥いて、ビクビク痙攣しながら、鼻血ブー。
きゃー、コワイ~。

ずーっと重くて、ハラハラしっぱなしだったのに、
最後は、すごく切なくて、泣けた。
色々な受け取り方があると思うが、
(ここからネタバレ。読みたい人だけ文字にカーソルを合わせてドラッグして。)
私は、この世に誕生したかったという
赤ちゃんの強い思いが、ここまでのストーリーを創造したように思った。
母親のお腹に宿った小さな命の、
切なる願い。


ラストも良かったし、
本当に良く出来た脚本だった。
星★★★★★

DVDで観た後、TV放送版を見たら、
なんかストーリーが違う。
しょぼくなってる!!
日本公開はどっちバージョンだろう。
ディレクターズ・カット版じゃなかったら、
オススメしない。ディレクター・カット版を観て欲しい。

ケリー役Amy Smartの七変化も面白かった。
c0057810_16263941.jpg

[PR]

# by myums | 2005-03-21 23:26 | 映画・海外ドラマ は行  

カナダの世紀魔Ⅱ

『The tea party』
私の好きなバンドである。
カナダに来るまで全く聞いたこともなかったバンドだが、
MTVで彼らの音を聞いた時、私はぶっ飛んだ。

「デーモン小暮のパクリ!?」
メロディといい、ボーカルの声といい、
まさかの世紀魔Ⅱカナダ上陸!!

取り合えず、見るなり聞くなりして欲しい。
音的には『Writing on The Wall』がオススメ。
オフィシャルサイト

頭でかくて、体ほっそりという体型も
これまた小暮ってる!
しかもアップには耐えられない、ブサイクさ加減。
それなのに、その音楽性は私好み。
完全に痺れた。

どうやら4月にバンクーバーに来るようだ。
行きたい!!

ここまで書いておいてなんだが、
世紀魔Ⅱと言えば、「俺は高木ブーだ」しか知らない。
あれは、違う人の歌だったか?

今も昔も神々しいデーモン閣下
c0057810_15252625.jpg
[PR]

# by myums | 2005-03-20 22:08 | 音楽・Party  

Blogの会員になりたい!

べらぼうにキュートでピッチピチなMちゃんから、
「MyumsのBlogの会員になりたいの!」
という嬉しいメールをもらった。
けど、会員って?!

多分、読者になりたいってことだよね。

でも「読者になる」って何?
読者になったら、更新情報がメールで送られてくるの?
じゃあさ、もし100個のBlog読者になったら、
100通メールがくるわけ?

そんなバカな機能が、あるわけなかろう。
と思って、調べてみたら、
やっぱり、メールでお知らせしてくれるわけじゃないらしい。
リンクしてるBlogが更新されると、
自分のBLOG画面上に
○○さん、更新!
と表示される。
これだけのことみたいだ。

しかし、私が使ってるエキサイトには
この『読者機能』がついてない。
残念っ!

Mちゃんのご希望に応えるべく、
頭をひねって考えてみた。

チャララ~ン!←ピン!ときた音。

GreeやMixiで繋がっている人なら、
新着お知らせメールを配信に設定しておく。
そうすれば、私のBlog(日記)最新更新状況も
もれなく付いてくる!

設定の仕方は、まずGreeのサイトの『管理』ってとこをポチ。
左側のメニューバーの一番下、『基本情報の設定』をポチ。
利用設定の編集にある『最新利用状況の受け取り』を
配信にする。
これで、Greeから更新状況のメールが送られてくる。
でも、これって、毎日だからちょっとウザイ。
3日に一辺くらいでいいと思う。

その点、Mixiの方は、
毎日か週2回かを選べる機能あり。
設定の仕方は
トップページ→設定変更→コミュニティーニュース。

放置状態が続いてるGreeが、
こんなところで役立つとは・・・。
[PR]

# by myums | 2005-03-20 21:15  

コメントしてして~ん

おはようございます。
昨日の夜は、ド疲れて宿題を放置プレイしました。
ごめんちゃい。

今日はコメントの残し方を紹介。
記事をズンドコ読み進めると、
一番下にcommentsってあるので、
ソコをポチっとクリック。
すると、コメントを書くボックスが現れるので、
Mailする気分で、ルンルン書き込む。

これだけ。
なんて簡単☆
さあ、あなたもコメントしてして。

今日は時間がないので、
これで勘弁してください。
ほんと、すんまそん。
[PR]

# by myums | 2005-03-18 07:08  

会話2-ちょっとまじめに-

Excite エキサイト : 国際ニュース
このニュースに、私はかなりビックラこいた。
イタリアってアメリカに協力してたんじゃなかったっけ?
アメリカ側は「検問を猛スピードで突破しようとしたから、撃った」、
イタリア側は「低速で近づき、ライトを浴びせられたので、停車した」。
双方、真逆の主張。

この事件に対し、Booの意見はこうだった。
「彼ら(アメリカ兵)は、毎日のように起こる自爆テロや暴動の中で、
いつ死んでもおかしくない状況にいるわけでしょ?
この事件も、そんな緊張状態から来るパニックで起こったんじゃないかな」
あんた、良いとこ突くね。
確かに、その通り。

もしかしたら、イタリア人が爆弾を持っているかもしれない、
もしかしたら、彼らはスパイかもしれない、
もしかしたら、もしかしたら、俺達は殺されてしまうかもしれない、
先にやらなきゃ、やられる!

死と背中合わせの状態が続いたら、
人間の精神はおかしくなるだろう。
そこまで人を追い詰める、戦争というもの。

なんだか色々考えさせられた。
[PR]

# by myums | 2005-03-14 09:47 | 国際結婚とカナダ  

会話

最近、人生絶好調に忙しい。
忙しすぎて、顔がたるんできた気がする。
いや、それは老化か?

どうでもいいが、
Booとの会話で面白かったことがあるので、それをちょっくら。

近々で日本へ本気帰国予定の私たち。
ある日、Booがとんでもないことを言い出した。
「最近、日本に帰るのがちょっと怖いよ」
「どうして?」
「だって、北朝鮮にアタックされるかもよ

そ、そうなの?!

カナダに来てから1年半の間、日本の情報源はネットのみ。
実際に、日朝関係がどうなっているのか、
日本のみなさんは、危機感を感じているのだろうか?
カナダにいる私には届いていない、
裏情報があったりするかもしれない!

早速、日本の友達にMailする。
返信には「実感はないよ。色々法案は出てるけど、
まだ可決されてないしね」というものだった。
今のところは、大丈夫そうだ。

でも、アメリカの911だって、突然のできごとだったし、
空から核爆弾が降ってくるのだって、突然かもしれない。
えーんえーん、こわいよー。

カナダにいる私までを恐怖に陥れるキムジョンイル。
なんて、アンニョハムシダなんだ。
[PR]

# by myums | 2005-03-10 11:20 | 国際結婚とカナダ  

Infected Mushroom★再来加

前回から9ヶ月ぶり、
またまた狂ったキノコの2人がやってきた。
時は昨年の10月。ちょっと肌寒いl。
今回のハコは『Atlantis』
ダンスフロアが広くて、
チルスペースも居心地良いし、、
セキュリティーやスタッフも感じ良い。
私が好きなのは、Atlantisの色調。
ピンクとブルーが基調になってて、とってもキュート。
ギャルズでキャピキャピしたいハコNO.1☆

前回のハコは『Plaza』って紹介するまでもないようなClubだった。
ハコのランクもUPした分、
チケットも前回の$16(約1500円)から、
なんと$36(約3500円)に!
2ばーい2ばーい。←高見山

今回のマッシュは、リリース前のニューアルバムのツアー。
と言うことは、
まだ聞いたことなのない曲を
今夜はガンガン回してくれるってことねー!
ドキドキワクワク。

DJブースに現れた二人は、
Infected Mushroomとプリントされた
おそろいのTシャツに身を包んでいた。
きゃー、私も欲しい!!
とは、誰も言わないであろう、ダサTシャツだった。
まあ、それで2人が幸せならね。
人のファッションに、口出しできないしね。

始まりは、機材の調子が悪かったのか、
素人の私には分からないが、
音が途切れたり、リズムが狂ったり。
アセアセしてる2人が、ちょっと格好良かった。
プロって感じ。

前の方で踊ってたのだが、
最前列は、イスラエリーのクラウドで固められていた。
さすが、サイケの都、イスラエリー。
恐ろしくて近くに寄れないほどの、踊りっぷり。

本調子になったマッシュにフロアはエネルギー満開!
なぜか牛のぬいぐるみまで宙を舞う。
そしてなぜか、私の頭にボコボコ当たる。
うぜーっつうの!
それでも負けじと、踊りまくる。

今回のマッシュの音は、なんだかちょっと違った。
以前までは、太く荘厳な音だったが、
今回は、ちょびっとポップな感じだった。
歌物が多かったからかな~。
キラキラ~って感じが苦手な私は、
正直、以前の方がいい。

無表情なイメージのErez(マッシュのカワイイ方)が、
かなりノリノリで、小さく「1,2,3、ダー!」とやっていた。
この音はErezの好みか?
Duvdev(ハゲの方)も、歌を歌ったり。
面白いパフォーマンスではあるけど、
微妙~っ。

とか、なんだかんだ言いつつ、
シッカリガッツリ躍らせてもらい、
久々のサイケを満喫した夜だった。
ありがとう、マッシュ!
今度は日本でガッチリ握手!!

前回の時のフロアの様子@PLAZA
c0057810_14552428.jpg

[PR]

# by myums | 2005-03-06 09:53 | 音楽・Party