<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

年の差子育て

ミッシャンとエメチャン、年の差5年と10ヶ月。
今日は、年の差育てのメリット、デメリットを語ってみたいと思います。

メリット1上の子に手がかからない
すでに自分のことは自分でできる年齢なので、下の子のギャン泣きを聞きながら上の子のボタンかけをしてあげてるといった状況はありません。
ただし、準備をさせるのには時間がかかります。
「早く用意してよ!」「はいはいはいはいはい、いまやりますよー!!!」の親子げんかは朝のお約束です。

メリット2 上の子が下を溺愛
下にジェラシーを感じる、いわゆる赤ちゃん返りがありません。
むしろ、可愛がりすぎるくらいに可愛がってくれ、遊んでくれる。
「エメチャンが倒れたら危ないから」と言ってクッションまで置いてくれる。
頼りになるお姉ちゃんです。

メリット3 上の子がキンダーに行っててくれる
上の子は3時まで学校があるので、その間は下の子一人のお世話だけで済みます。


さて、年の差育児のデメリットですが、正直なところ思いつきません。
育児が長びく、ってことくらいかな。
上の子の手が完全に離れても、下の子にまだ手がかかる。
それを考えると、自分の時間を取り戻すことなく一生が終わりそうな気もしてきます。

けど、こうして上とも下とも向き合う余裕のある年の差育児が、キャパの狭い私にはちょうど良かったのかも。
図らずとも年の差育児になったわけですが、意外と悪くないぞってのが今のところの感想です。

[PR]

by myums | 2017-06-23 13:19 | 国際結婚とカナダ  

ミッシャンは難しい、でも素晴らしい

「マミー、うんていができるようになったから、見せてあげるね!」

下校後のプレイグラウンドで、誇らしげに見せてくれた。
つい最近まで、「怖い、無理、手が痛い」と途中であきらめていたうんてい。
きっと、学校の休憩時間に何度も練習したのだろう。
いつの間にかできるようになってた。

始めたばかりのドラゼミ。
指を使わないとできなかった足し算も、あっという間に頭の中で計算できるようになった。

水泳だって、先生の指導をよく聞いて真剣に取り組んで、努力して、進級できた。

ミッシャンは、短気で神経質で難しい性格だ。
小さなことでヒステリーを起こし、歯を食いしばって怒りながら物に当たったり、私やBooに突っかかってきたりする。
こんなに怒りの感情が突出していて、この先この子は大丈夫なんだろうかと不安になることも多い。

けど、ミッシャンは、ものすごい努力家だ。

上手になりたいから、できるようになりたいから、練習する。
なかなかできるようならなくて、時間がかかって、イライラして、ヒステリックになるけれど、あきらめない。

私たちの見てないところで、ちゃんと努力を重ねてる。

すごいなぁ。
私なんてすぐ諦めちゃうよ。
ほんとに素晴らしい。

ミッシャンのこの姿勢、褒めて褒めて、どこまでも伸ばしてあげたいな。


[PR]

by myums | 2017-06-05 14:24 | 国際結婚とカナダ  

ドラゼミ始めました。

ミッシャンの日本語能力低下を危惧し、始めちゃいました、ド・ラ・ゼ・ミ。
ドラゼミは、進研ゼミのドラえもんバージョン。

至れり尽くせりな内容の進研ゼミと迷ったのですが、進研ゼミはやたらと付録がついてきて後々邪魔になりそうだったので、あっさりシンプルながらもしっかりポイントを抑えているドラゼミに決めました。

始める前から不安だったのは、時間。
学校から出るプロジェクト&習い事&ドラゼミ。
この3つを乳児エメチャンを抱えながら一緒にやっていく、というのは、かなりハード。

そして、さらに。
日本では小学1年生ですが、こちらではまだキンダー(幼稚園年長さん)のミッシャンにとって、学校で習っていない算数の問題を解くのが大変。
国語も、もちろんこちらの学校ではやっていないので、「書く」という行為にやたら時間がかかるうえ、字も汚い・・・。

下校後、スナックを食べながら車の中でやったり、コミュニティーセンターの乳幼児プレイルームでやったり(プレイマットにエメチャンを転がしておける)。
隙間時間でこなしているといった感じです。
でも、集中できる時間も短いので、隙間時間くらいで丁度良いのかなあ、とも思ったり。

今のところ本人にやる気があるのも救いです。
頑張ってて、ほんとにエライ!

今後は、学校のホームプロジェクトや日本語クラスの宿題も増え、さらに遊ぶ時間がなくなっていくことでしょう。
エメチャンの、「おねーちゃんなにちてるの。わたちもやりたーい。紙たべたーい」ぐちゃぐちゃぐちゃーという攻撃も激しさを増していくことでしょう。

大変ではあるけど、この1ヶ月程度で、計算するスピードも読むスピードも、すこーしずつあがっているので、気長に続けていきたいと思います。
継続は力なりを信じて。


[PR]

by myums | 2017-06-03 05:42 | 国際結婚とカナダ