<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ななこのおるすばん

ミーシャがこれ見て泣いてました。



ママが帰ってくるシーンにさしかかったとき、じわ~とあふれてきた涙が粒となって、ミッシャンの頬の上をぽろぽろと転げ落ちていきました。

への字に曲げた唇をプルプル震わせながら静かに涙をこぼすミッシャン。


ママに置いていかれる不安感と寂しさ、そして再会したときの喜びと安堵感が、動画によって呼び起こされて涙が出たんだと思います。

私のほうまでうるうるしてしまいました。

今この瞬間に起こっている事柄に対する感情だけでなく、記憶の中の感情を引き出して涙するという、なかなか高度な情操も育っているんですね。


つい最近まで快不快と自己主張だけだったのに、あいまいな感情や、他人への共感、思いやり、我慢、ずる賢さなど、複雑な感情を少しずつ学んで、それを表現し始めたミッシャン。


言葉や身体的な発達など目に見える成長も嬉しいですが、心の発達が垣間見れた瞬間は感動的なまでに喜ばしいものです。

なんていうか、人間っぽくなってきたぞ~みたいな。
あと、ミッシャンらしさが現れてきたなぁっていう嬉しさもあるかな。

外交的、内向的っていうのは赤ちゃん時代にもありますが、その子の持つキャラクターってのは、やっぱりまだまだ未知で、とても興味深いところ。

今後、みっしゃんがどんな風に彼女らしさを出してくれるのか、どんな思考を持った人間になるのか、とっても楽しみです。
[PR]

by myums | 2013-09-14 13:15 | 国際結婚とシンガポール  

シンガポールで健康診断の予約

カナダ移民ビザを申請するためには、健康診断を受けなくてはなりません。
健康診断を受けるには、まず病院に電話して予約をしなくてはなりません。

このシンガポールにおいて、私が一番苦手、いや、もはや恐怖レベルと言っても過言ではないこと。
それは電話。

2年間の滞在でシンガポールアクセントにも慣れたつもりです。しかし、それはFace to Faceでのお話。電話となるともうお手上げ。

公共機関だし予約するだけだから大丈夫だよ!

自分を励ましつつ電話をかけてみたところ、ええ、思いっきりシンガポーアクセントのおばちゃんでしたよ・・・。

それでも、予約するだけなら定型の会話で終了ですから、とりあえず予約だけはできたわけです。で、持参するものあるかと聞くと、

「あーゆーなんたらかんたらあぷらー?」

きたーーーーー!!

ぜんっぜんわからん!
もう1ミリも理解できない。

3回聞きなおしても、まだわからない。

最後のアプラーはアプライっぽかったので、「すでにビザ申請をしていますか?」と聞かれたこととして処理。「No」と答えると、「オッケラー、チューズデー、アット 2、オッケー?」 って、いきなり電話切られそうになってるし。

っつか持ち物教えてよ!!


するとおばちゃんは教えてくれた。「パスポートとフォーム。ここは予約取るだけだから、よく分からない」もちろんこれも3回聞きなおして、脳みそフル回転をはじき出した連想文に過ぎません。

「サンキュー」と電話を切ったときには、私の寿命は精神疲労のため3年縮んでました。

ただでさえ苦手な電話。まして、相手の言ってることが分からず、会話が成り立ってる手ごたえがないと、ほんとに疲れます。
ちゃんと予約取れてるんだろうか。それすらも不安・・・。

ちなみに、後日日本語のサイトを調べてみたところ、日本の健康診断ではパスポートとフォームのほかに、身分証明写真4枚が必要なんだそう。

一応持って行っておこうっと。
[PR]

by myums | 2013-09-10 00:18 | 国際結婚とシンガポール  

Boo流育児

昨夜、Booがミッシャンとアルファベット当てクイズを開催しておりました。

「じゃあ、ミッシャン、これなーんだ?」

ノートに大きく書かれたアルファベットを覗き込み、満面の笑みで答えたミッシャン。

「ダブリュー!!」

「うん、ダブリューにそっくりだけど、これは E なんだよ」

全然そっくりじゃないですけどっ。


思わず笑っちゃったけど、決して「間違っている」と言わないBooの「肯定育児」は、私にとっても良いヒントになりました。

正解から遠く離れた回答でも、さらっと認めてあげる方法ってあるんだな~。
[PR]

by myums | 2013-09-04 23:08 | 国際結婚とシンガポール