<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

私を罠に陥れるシンガポーの英語

シンガポールの第一言語は英語です。
でも、英語が話せない中国人もいっぱいいるのが事実。

しかし、シンガポー人口の70%くらいは中華系なので、ほとんどに人が中国語(マンダリン)を話すことができます。
なので、英語話せなくてもマンダリンで生活できちゃう。いや、むしろマンダリンのほうがコミュニケーションがスムーズと言っても過言じゃない。

とは言え、外国人と話すときはやっぱり英語。
そういうとき、英語を話せない現地人はどうするかと言うと、ひたすらめちゃくちゃな英語で突っ走ります。

これがスゴイのなんのって。

★「don't have」「no need」★
主語抜きがお得意。

用法:「do you have Tofu?」
   「ドンハブドンハブ!!」(なぜか繰り返すのが好き。そして語気荒い)

   「do I need to pay extra?」
   「ノーニードノーニード!」


★「can」で会話する
裾上げを依頼したときのこと。

M「このドレス、裾上げお願いできますか?」
スタッフ「キャンキャン!」(もちろんです)
M「下から3cm切ってください」
スタッフ「オ~、ノーキャン、ラー」(うーん、それは難しいですね)
M「え!?なぜ?!」
スタッフ「キャン、カット、ヒアー、アップ、ヒアー、オールソーキャン?」

スタッフの言ってること、1ミリもわかりませんでした。
困惑する私に、「キャン、キャン、オルソーキャン、ラー」といい続けるスタッフさん。

「can, can, also can」って何!?

結局もう少しまともな英語が話せる人が出てきて、通訳してくれたところによると、スタッフはこう言っていたらしい。

「ここを切って、持ち上げたほうがデザイン的に綺麗に仕上がりますが、それでもよろしいですか?」

てか、ぜんっぜん、わかんねーよ!!!
この助動詞canによる会話には、未だに慣れません。

★そして何よりも発音がすごい。

「カッバック、マッデー」

これ、なんて言ってるか、わかります?
答えは、カムバック、マンデー。
英語で言うなら、Please come back on Monday。

またある日、タクシーの運ちゃんに聞かれました。
「パッパラッチ?」

はあ??

「what is lucchi?」と聞いてみたところ、「ノーノー、ラッチ、イート、イート」。

eat !! もしかして、lunch!?
did you have lunch already?と聞きたかったのか!!

このようにすべての会話が連想クイズと化している私のシンガポールライフ。
ちなみに、パッパの正体はいまだ謎。
[PR]

by myums | 2012-03-11 19:24 | 国際結婚とシンガポール  

一時帰国の不安要素

今週から日本に一時帰国します。
家族や友達に会えるのを心待ちにしてるしてる半面、ちょっと不安もあります。
というのも、みっしゃん4ヶ月でシンガポー生活突入してるので、日本で子育て経験がほぼゼロに等しい。

特にバス!
ベビーカーを持ち込めるのかしら?
ステップフリーじゃないバスだと乗れないのかしら?
席は譲ってもらえるかしら?(うちのベビーカー自立しないので、片手にミッシャン、片手にベビーカーで立ってるのは危険すぎ)
そうなったらタクシーしかないかしら。経費かさむわー。

あと、レストラン。
シンガポーだと、どこでもベビーチェアーあって、何の気後れなくレストランに入れちゃうけど、東京はそう甘くないだろうなあ。

ミッシャンてば、じっとしてられないし、叫ぶし、公共の場で白い目で見られたりするのかなあ。

考え出すと悶々としてしまいます。ので、あまり考えないようにしてます。
まあ、案ずるより生むが易し。蓋を開けてみたら、「意外と楽勝!」かもしれませんし(私、日本人だし)。

何はともあれ、可愛い盛りのミッシャンに会えるとあって、家族は大張り切りです。今から色んなプランを練ってくれてるよう。
友達の久々の再会や結婚式も待ってます。

そろそろパッキングを始めねば!
[PR]

by myums | 2012-03-09 13:25 | 国際結婚とシンガポール  

シンガポールでお岩発見

朝起きたら、ミッシャンが番町更屋敷になってました。

c0057810_13461277.jpg


生まれてこの方(ってまだ1年しか生きてないけど)、病気ひとつしたことのないミッシャンですが、どうもシンガポーではよく虫に食われる。
そして、絶対腫れる。

前回足首を刺されたときは、何度「掻いちゃダメ」と言っても掻き続けていたのに、今回は、「ダメ」というと、上目使いで私を見つめ、そろ~りそろ~りと指を目から離すのです。

ちゃんと理解できるようになってきたんだなあ。

でも痒いものは痒い!
痒さに耐え切れないミッシャンは、甘えるふりして抱きついてきて、私の服に顔をこすりつけ、掻いてるくせに掻いてないフリをするようになりました。

なんと、まあ、悪知恵が働くようになったこと!

大人でも痒いのはつらいですもんね。
私もいつもかきむしっちゃう派です。

今日、病院で抗ヒスタミンをもらってきたので、これでかゆみが収まるといいな。
[PR]

by myums | 2012-03-07 13:52 | 国際結婚とシンガポール  

シンガポールのおっちゃん

以前、新築なのにおんぼろというお話をしましたが、その後も、ワインチラーが壊れ、冷凍庫が壊れ、といった具合に、素晴らしいまでの欠陥具合をみせつけてくれている私の住まい。

先日は、洗濯機のホースを繋ぐ蛇口から水漏れが発生。
この程度なら、工具さえあればすぐに修理可能なはず。早速、コンドのメンテナンスに修理を依頼したところ、チャイニーズのおっちゃんが現れました。

ってか、なぜ手ぶら!?

「栓がゆるんでるから、工具を使ってタイトに閉めて欲しい」と伝えたにもかかわらず、おっちゃんは蛇口をグルグル回しながら、「あぁぁ、リッキン、リッキン(水漏れ、水漏れ)」とぶつぶつ。

水漏れなのは、見ればわかるんだってば。直せっつの!

そして次の瞬間。

ジャバーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

おっちゃん、ホース外した!!

ブシューーーーーーーーーーーーーーーーーっとクラシアンCMばりにほとばしる水。


「リッキン!!!リッキン!!!!(水漏れだ!!水漏れだ!!!)

叫びながら逃げるおっちゃん。
ってか、水止めろよ!!!!!

結局、うちのメイドさんがびしょ濡れになりながら止めてくれました。

床びちょびちょ。ちょろちょろと漏れ続ける水。
それらをすべて無視して、「マイ ソックス、ウェット、ハハハ(靴下濡れちゃった」と笑いながらリビングにあがろうとする、おっちゃん。

「靴下脱いで!足拭いて!!」
怒り心頭の私の剣幕にびびったおっちゃん。
「ソーリー、ヤー」と謝りながら去っていきました。

結局、おっちゃんは何もしないどころか、事態を悪化させただけ。
その上、「外部のベンダーに修理依頼するから、コストがかかります」だって。

ホントに、開いた口が塞がらりません。
[PR]

by myums | 2012-03-05 13:16 | 国際結婚とシンガポール  

まつげパーマの写真

c0057810_2223036.jpg


バブル期のトサカ前髪を彷彿とさせる、私のまつ毛です。
立ち上がりすぎて上まぶたにささってます。

「こ、こわい・・・ぷぷぷっ」
と笑っていたブーも、かわいそうと思ったのか、その後、何度も私のまつ毛を下向きになでてくれました。でも、相変わらず、まつ毛は激しい存在感を放っています。

一時帰国まであと2週間。それまでに少しは落ち着いてくれー。
[PR]

by myums | 2012-03-03 22:15 | 国際結婚とシンガポール