<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

まつげパーマ

今日、シンガポールでまつ毛パーマに行きました。
すごいことになりました。

根元からギュイーンっと上がった、扇のようなまつ毛に愕然。
逆方向にカールしてるまつ毛ちゃんもいるし!!←ありえないでしょ。


いくら大雑把なシンガポーといえ、これはひどすぎるよ。
もう2度とあのショップにはいかないんだからぁ!(泣)
[PR]

by myums | 2012-02-29 22:39 | 国際結婚とシンガポール  

ミッシャンの優しさ

ニンジンが嫌いなミッシャン。
ほかのものと混ぜてあげると一旦は口に入れますが、「ベロッ」とニンジンだけ指で取り出し、「ペッ」と床に放り投げます。

まあ、上手!

と感心してる場合じゃありません。

なんとかニンジンを食べてもらいたいので、まずは私自身がおいしそうにニンジンを食べることにしました。

「パクっ。もぐもぐ。ニンジンさんおいしい~♪ う~ん、おいしいおいしい♪」

それはおいしそうにニンジンを食べる私を見つめるミッシャン。

「はいっ、ミッシャンもニンジンさんあげるね」

眼前に置かれた橙色のニンジンさん。
それを親指と人差し指で上手につまみあげたミッシャン。

やった、食べる!

と思った瞬間。

「あいっ」

私に向かってニンジンさんを差し出してくれました。

「マミ、にんじんしゃん、ちゅきね。あげる」と言わんばかりの優しさ。
思わず「ありがとう」と言って、ニンジンさん食べちゃいました…。

その優しさ胸に響いたけどさ、ニンジンさん食べて欲しかったよ。



ちなみに、今は、ガーリッククラッシャーかスプーンで潰して味が分からないようにしてあげてます。ちょっと面倒です。
[PR]

by myums | 2012-02-27 14:06 | 国際結婚とシンガポール  

シンガポールに住んで変わったこと

シンガポールに来て変わったこと。
それは、天気の感覚。

毎日が常夏のシンガポール。
当たり前だけど、とにかく暑い!!暑い!!暑い!!
容赦なく肌を焦がすサンシャインと、ねっとりと絡みつく湿気。
そんな中、ストローラーを押しながらウロウロと歩き回る私。背中から汗が滝のように流れ、化粧はドロドロ、サングラスはずり下がり、意識朦朧。

ああ、お水、お水をください・・・。

日課であるミッシャンのお散歩タイムも、ピーカンに晴れてるとテンション急降下です。

なので、朝から雷雨でどんよーり曇天空だと、思わずガッツポーズ。
雨が上がった直後は、気持ちよい風が吹いてて、曇ってるし、お散歩に最適なのです。

バンクーバーでも日本でも(特にバンクーバーでは)、スッキリ晴天テンションあがる~。だったけど、シンガポールでは厚い雲に覆われたスリラーな空が、What a nice day!
[PR]

by myums | 2012-02-27 13:51 | 国際結婚とシンガポール  

一人寝

10ヶ月を過ぎたころから寝ぐずりが激しくなったミッシャン。
抱っこしても、歌を歌っても、本を読み聞かせても、ベビーベッドに入れても、ベランダであやしても、泣く。これがまたすごい泣き声でして。

肺活量ぎりぎりまで息を大きく吸い込み、あらん限りの力を込めて、「うぎゃーーーーーー!!!!!」。手足をジタバタさせながら思いっきりのけぞり、ひたすら叫ぶ、叫ぶ。

結局、泣きつかれて汗びっちょりになって寝付くのが毎夜のパターンとなっていました。

赤ちゃんって寝るのが仕事みたいなもんなのに、寝入るのがへたくそで、その不快感から泣くんですね。眠いのに寝れない。大人でもイライラして辛いものです。
それを思うと、ミッシャン可哀想。なんだけど、私とブーもチョーーーーーーーーー可哀想!!

お互いが可哀想な夜を繰り返していたある晩。今宵も泣き叫ぶミッシャンをなんとはなしにミッシャン部屋のベッドにおいてみたところ、ピタッと泣き止み、「むにゅーむにゅー」と歌いながらしばらくコロコロしてたかと思ったら、突然、寝た!

ミラクル!?

翌晩。
ミッシャン部屋のベッドに連れ込み、一緒にゴロゴロ。
グズグズっとしたものの、10分程度で、眠りの神、降臨。

もはやミラクルではないことが発覚。
ミッシャンはベビーベッドに飽きたのか?!自分の部屋だということが分かっているのか!?「アタチ、もうベビぢゃにゃいのょ!」と言わんばかりに大人ベッドを一人で占領し、イビキをかきつつ熟睡するミッシャン。

しかも、夜中におっぱいも欲しがらなくなった!
朝方「フエー」と私を呼びだしますが、お水を飲んでオムツを替えたら、あっという間に眠りの世界へ戻っていきます。

夜中の断乳を敢行したときは、あんなに泣き叫んでたのに。嘘みたい。
赤ちゃんは、精神面の成長とともに、色んなことを受け入れて、自然と自立していくもんなんだなぁ。

育児を経験する前は知る術もなかった、人間の不思議。
それを怒涛のごとく与えてくれる、ミッシャンに感謝です。
[PR]

by myums | 2012-02-16 14:19 | 国際結婚とシンガポール  

シンガポールでレーシック

シンガポールで念願のレーシック!
コンタクトともメガネともおさらばして、憧れの裸眼生活を手に入れるのよ~♪
手術はちょっと怖いけど、「裸眼」を手に入れるためなら屁のカッパ。

検診を終えて、私に視力与えてくださるドクターとのご対面。
裸眼生活を妄想しすぎてニヤニヤが止まらない私に、ドクターが一言。

「あなたの目は、レーシックに不向きです」

え???

「角膜の形がイレギュラーなので、レーシックするともっと視力が下がる危険性があります」

・・・・・。

固まる私に追い討ちをかけるドクター。

「もしかたら緑内障の可能性もあります」

ええええええええ!!!!

てか、緑内障ってなに??

英語でのメディカルカンバセーションを続ける気力を失った私。「OK、OK、Thank You」(サンキューなんて気分じゃなかったけど)と言い残し、肩をがっくり落としながら病院を後にしたのでした。


帰宅後、ちょっと調べてみたところ、角膜が尖った形状の人はレーシックに不向きだそうです。ちなみに店舗販売されてるコンタクトも、ぴったりくる形のものはないとか。なるほどね。だから、私、つねに不快感があるのか。

そんでもって緑内障は、視野が狭くなる進行性の病気だって。今のところ進行を遅らせる治療法はあるものの、失った視力を回復させるのは不可能らしいです。

遅らせるだけってことは、いずれは失明の可能性ありってこと!?
ちょっと・・・怖いんですけど・・・。

何はともあれ、来週緑内障の検査を受けることにしました。

あー、それにしても、裸眼生活したかったなぁ。
ショックショック。
[PR]

by myums | 2012-02-08 15:57 | 国際結婚とシンガポール  

あるのに、「ない」

冷蔵庫を開けるたびに「ウオッウオッ♪」と雄たけびを上げながら寄ってきて、「あーーーーーーーあーーーー」と唸りながら中身をばらまくミッシャン。

そのたびにミッシャンをキッチンから追いやるのが面倒なので、ゲートを購入することにしました。キッチンや階段などに取り付ける、赤ちゃん進入防止用の扉です。

友人おすすめのハンズフリータイプのゲートを入手すべく、ブーと一緒にベビー用品のお店へ。お目当てのゲートは即発見できたのですが、横幅が足りなかったので、店員さんにエクステンションがあるか聞いてみました。

店員さんは、ちょちょっと棚を物色した後、「ないですね」。
え!てか、もっとちゃんと探してよ。
と思いつつ、ほかの店舗ならあるか再度質問してみたところ、

「このブランドはエクステンションを製造してないんです」

ときたもんだ。

「友達がそのゲートのエクステンションをここで購入したって言ってたけど」という私の言葉にも、「でも造ってない」の一点張り。しまいには、こっちにしたら?と手で開けるタイプを勧めてくる始末。

ハンズフリーのが欲しいって言ってるジャン!!

そこに伝家の宝刀iphoneをひっさげてブー黄門登場。

「このウェブサイトを見よ!「エクステンションあります」と書いてあるではないかぁああ!!」

動かぬ証拠を突きつけられ、たじろぐ店員。

「ちょっとまってて下さい」と言い残し、逃げるようにその場を去っていきました。代って現れたのはマネージャーと思しき男性。

「ベビーゲートのエクステンションをお探しですが?ちょいとお待ちを」

さっきの店員が物色した棚を再度探すマネージャー。

「はい、ありました」

あるのかよ!!

さっきの店員、散々「製造してない」って言ってたのに!きいいいいい!!


シンガポールでは、こういうこと日常茶飯事。
スーパーでも、「パン粉どこですか?」「ありません」「以前ここで購入してるんですけど」「じゃあ、ほかの店員に聞いてください」という仕打ちを何度か経験しています。
自分が知らない=うちの店にはない
という方程式が成り立っているようです。

そして、もっとも恐ろしいのが、騙して金を巻き上げるサービス。

ソファの搬入を依頼したら、「エレベーター入んなくて階段で運んだから300ドル追加で払え」と言われたこともあります。エレベーターに入る大きさだし!うち27階なのに運び屋さん汗ひとつかいてないし!

またある時は、「あさって入荷です」っていうから前払いで購入したベッドフレームだったのに、1週間たっても連絡なし。こっちから連絡したら、「ああ、それ、来月入荷になりました」だって。
きいいいいいいいいいい!!!

と、まあ、地団駄踏みたくなる出来事が尽きないシンガポール生活でございます。
[PR]

by myums | 2012-02-04 22:56 | 国際結婚とシンガポール