<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

母乳育児

ミッシャンを宿した時から、私は決めていました。

母乳で育てたい!!

でも実際にやってみると、母乳を出すって意外と大変でした。

母乳って勝手にどんどこ湧いてくると思ってたんですが、実際には、赤ちゃんにたくさん吸ってもらって、初めて出てくるもの。
みんな、最初は乳の出が悪く、苦労するみたい。
私も、そうでした。
ミッシャンが小さい口で必死に吸ってるのに、なかなかお腹いっぱいになる量を出してあげることができせんでした。お腹を空かせて泣いてるミッシャンを抱えながら、涙が出てきたものです。

ミッシャンは、低体重で生まれていたため、入院中は母乳にプラスして粉ミルクも与えていました。粉ミルクを飲むと落ち着くミッシャンを見ていたら、「私は母乳が出にくい体質なのかも?」「ミッシャンは粉ミルクのほうが好きなのかも」という不安で、また涙が出てきたものです。

何度も思いました。

もう母乳あきらめよっかなー、乳首も痛いし。

しかし、ここであきらめたら絶対に後悔する。ここまで頑張ったんだからくじけるな!!と自分を叱咤し、また授乳というリングへ向かう日々。

母乳って出てる量が目視できないから、1ヶ月検診までは、赤ちゃんの体重増加が順調かどうか、すごく不安(家でも計りますけど、目盛り間違ってんじゃないかとか、余計な心配をしてしまうので)。
1ヶ月検診で、ミッシャンの体重が、標準値の底辺ギリギリながらも、増加は順調だったので、ものすごく嬉しくて、心底ホッとしました。

このホッとしたのが良かったのか、そのあたりから母乳育児にも自信を持てるようになって、授乳も苦痛じゃなくなりました。

ここで、参考までに、母乳のために私が続けていること

・おっぱいをあっためる
・温かい飲み物を飲む(ほうじ茶、麦茶)
・マッサージをして乳官を開く
・乳は血液なので、鉄分を摂る


まあ、今でも不安になる時もありますが、あまり悩まないようにしています。だって、頑張ってるから。自分を褒めてあげられるくらい頑張ってるのに、うまくいかないなら、それは仕方ない。
粉ミルクをあげたからって、ミッシャンが私を嫌いになったり、頭が悪くなったりするわけじゃないですから。
元気ならそれで良いですよね!
[PR]

by myums | 2011-04-27 17:02 | 国際結婚とカナダ  

シンガポールに引越し

突然ですが、シンガポールに引っ越すことになりました。
遅くとも6月頭ころに日本脱出です。
今回はBooの仕事の都合なので、手続きも全部会社がやってくれます。楽チン♪

で、ビザ申請に際し、Booに聞かれました。

「Myumsって仏教徒?」

シンガポールのビザ申請書には、信仰する宗教まで記載するらしい。

私って、仏教徒なのかしら???


一応、祖父がお坊さんの資格(?)持ってて、母が亡くなったときは祖父が戒名を作ってあげてました。でも、私自身は「何妙法蓮華経だったけど、日蓮宗?浄土真宗?」ってな具合に、宗派すらよく分かってません。

これがキリスト教なんかだと、洗礼を受けることで信者になるけど、仏教ってそういう儀式ないですよね。仏教のなんたるかを勉強し、理解してないと仏教徒とは呼べないのかしら。

八百万の神なら信じてるんだけどな~。

ま、日本人の思考のベースは、仏教でしょう!ということで、仏教徒ということにしておいてもらいました。


ちなみに、Booは洗礼を受けてないので、ズバリ、無神論者です。
[PR]

by myums | 2011-04-26 12:34 | 国際結婚とカナダ  

乳首がレベルアップ

出産直後、めちゃくちゃ驚いたことがあります。
それは、授乳。

授乳がこんなにしんどい作業だとは!!

赤ちゃんを膝にのっけて乳首吸わせるだけでしょ?
とか思ってませんか?
ええ、実際にやってみるまで、私もそう思ってましたよ。


膝(というか太もも)に赤ちゃんを乗せるだけでは、へそに届くくらいの垂れ乳、または爆乳の人を除き、おっぱいが届きません。授乳クッションに乗せても、届きません。
必然的に、赤ちゃんを抱きかかえ、背中を少し丸めるという不自然な姿勢になります。これを20~40分間、やり続けて御覧なさい。

背中バッキバキの腕プルップルですよ。


ミッシャンの場合、乳をあげてないと泣く子だったので、24時間授乳してるようなもんでした。その上、ミッシャンの強力な吸引力のおかげで、乳首切れた!!

いったーーーーーーーーーい!!!

歯生えてないのに、どうしてそんなにガジガジできるの!?


体はボロボロだし、睡眠不足だし、乳首痛いし、完全に授乳恐怖症。
寝てるミッシャンを無理やり起こしてまで授乳するのが嫌でたまりませんでした。

それでも、母乳にこだわった理由は、やっぱり母乳が一番栄養バランスが良いし、免疫効果も高いし、母となったからには授乳の幸せを味わいたかったから。
ミッシャンが小さく生まれたことに責任を感じていて、粉ミルクに逃げたくなかった、というのもあります。


その苦労を乗り越えた結果、乳首がレベルアップ。
今では、乳首を引っ張られても、ぜんっぜん痛くない。


無心におっぱいを飲むミッシャン。
飲み終えて満足の笑みを湛えるミッシャン。
飲みながら横目で私を見つめるミッシャン。
飲みすぎて、ミルクが口から垂れてるミッシャン(でも顔は薄ら笑い)。
大胆にゲップするミッシャン。

すべてが、愛しい。

時々、おっぱい飲みながら大泣きされて困ることもあるけど、授乳は至福のひと時です。
[PR]

by myums | 2011-04-26 12:08 | 国際結婚とカナダ  

産後のフィットネス

最近、腹筋をしてみたところ、なんと1回もできませんでした。ショック。。。
ということで、日ごろの運動不足を解消すべく、『マドレボニータ』に参加してきました。

マドレボニータとは、産前産後の女性を対象にしたフィットネスで、バランスボールで上下に揺れながら、音楽に合わせてダンスする、有酸素運動。

これが思ったよりハード!!

上下に体を揺らしながら、「手を上にー、足を開いてー。よーこー向いて、前!」ってなことをこなすわけですが、手を意識すると足がもつれ、足を意識すると上下運動が止まり、って感じで、かなりジタバタしてしまいました…。

赤ちゃんスペースもあって、みっしゃんはそこにゴロン。
泣いちゃわないかとドキドキしていたのですが、まったく問題なしでした。
真っ赤なバランスボールがボヨンボヨン揺れるさまに、視線釘付け。
目ん玉こぼれそうなくらい、ガン見してました。

途中でぐずったら、みっしゃんを抱っこしながら、バランスボールでボヨーンボヨーン。お腹すいたらそのまま授乳。

上下の揺れが気持ちよいのか、授乳したまま「クカー」っと寝ちゃってました。

バランスボール欲しいぞ!!!

帰宅後Booにお願いしてみたら、「チョーイラネー」って棒読みで言われて撃沈でしたけど。


運動後は、スッキリサッパリ!
ジョギングした後のような爽快感。
ほかのママさんと情報交換もできるし、気持ちいいし、家で出来る体操も教えてもらえるし、いいことづくめ!
また参加します♪
[PR]

by myums | 2011-04-25 09:59 | 国際結婚とカナダ  

男なのか?

みっしゃん外出時に、よくかけられる言葉。

「あらー、かわいい赤ちゃんね~。男の子?」

女の子です。

「あらー、男前ね~」

女の子です・・・。

ピンク着てるのに!!!

確かに、ピンクとか淡い色より、青とか緑のほうが似合うミッシャン。男前なのは否めない今日この頃。

でも、こうやって知らない方に話しかけてもらうのは何だか嬉しい。短い時間でもちょっとおしゃべりできるのって、心があったまる。これもミッシャンのおかげだね。
男までもイイ。逞しく育って!
[PR]

by myums | 2011-04-24 13:00 | 国際結婚とカナダ  

出産後に助かるアイテム

子育て中は時短命です。
かと言って、1ヶ月もスッピン&髪ぼさぼさな自分を鏡で見続けると、「化粧してぇえええええ!!!!」と叫びたくなります。

そんな私を助けてくれたアイテムをご紹介。

ピンチジョン・セルフタンニング アイブロウ

アートメイクの代替とまではなりませんが、これを使ってるとスッピンでも眉に色が乗ってます。朝晩2回の使用とありますが、夜1回でも十分。
朝メイクの時短に貢献!


エスト ウォッシングエッセンス

洗顔はモコモコの泡でふんわりとが基本中の基本。とか言われたって、泡立てる暇ないし!!という私にピッタリの、泡立てない洗顔料です。
泡で洗顔しなくて汚れ落ちるのか?肌を傷つけないのか?という不安を覆してくれた一品。とろみのあるテクスチャーなので優しく洗えるし、これを使ってたら小鼻の毛穴がキレイになってきたのです!

何より泡立てないで良いのが楽チン。
エスとは化粧水も超オススメ★



スック フレームフィックス ラスティング


赤ちゃんも生後1ヶ月を過ぎると少しづつお出かけの機会が増えてきます。そんなときにオススメなのが、スックのファンデーション。
下地やコンシーラーなしでも肌にピッタリ密着。シミや色むらなど、隠したいところはしっかりカバーしながらも、乾燥知らずで艶肌を持続してくれます。

沖縄旅行中にこれを使ってたんですが、朝塗ったら直しナシで一日持ちました。しかも乾燥しない!私はインナードライスキンなので乾燥しないファンデってホント助かる。

そして!スックのファンデ使い始めてから、「肌がきれいになった」と言われる回数増えました。これが一番嬉しい。ふふふ。



育児中はお肌のお手入れにかける時間ないですが、ちょっとでも自分にご褒美あげることがストレスをためないコツかなと思います。
[PR]

by myums | 2011-04-23 14:24 | 国際結婚とカナダ  

妊娠前にやっておけば良かったこと

妊娠前にやっておけば良かったと心から思うこと。


第3位
もっとフェス参加しとけば良かった!!

まあ、これはどれだけ行っても「行き足りない!もっと踊っときゃあ良かった!!!」と思うことでしょう。

第2位
アートメイク

出産後は時短命ですから。眉とアイラインだけはしておくべきだった~。でもアイラインは超痛いってウワサ。

栄えある第1位は。。。

レーシック


育児中、コンタクトめんどくせ~。目乾くし。
メガネだって曇ったり下がってきたりして、めんどくせ~。
特に最初の1ヶ月は、メガネを外すのすら面倒くさくて常にメガネしてたら、メガネをしたままお風呂に入ってしまって、まさに「メガネは顔の一部です」状態でした。

あと、お産のときもコンタクトできませんから、周囲の出来事がなんだかボヤボヤして見えました。あまりの痛さに記憶もボヤボヤですが。

これから妊娠する予定のある、目の悪い貴方!ほんとに、レーシックはやっておくべき。私も授乳期が終わったら、絶対する!!
[PR]

by myums | 2011-04-21 23:03 | 国際結婚とカナダ  

Booのイクメンっぷり

ミッシャン新生児期のBooの言葉。

「窓から投げたいよ!!」

ひどい!!
でも、その気持ち分かる!

ミッシャンってば Screaming Babyで、新米Daddy & Mommyの私たちは、毎日ヘトヘトだったのです。

そんなBooも、今ではパーフェクトなイクメン。
帰宅後は、お風呂→ミルク→寝かしつけまでミッシャンのお世話してくれてます。
まあ、私は今でも時々投げたくなりますけど・・・。


がんばれ、私とBoo!!
[PR]

by myums | 2011-04-19 18:51 | 国際結婚とカナダ  

ベビープラスの成果はいかに

以前に、ベビープラスで胎教してるという話をしたのですが、果たしてその成果はいかに?



効果1:「泣かない」

まったく成果なし!
ミッシャンは本当によく泣きます・・・。というか、泣き声がデカイ。

効果2:「よく寝る」
これはバッチリ!
新生児のときから夜は寝る子でした。無理に起こして授乳してたくらい。生後1ヶ月で6時間まとめて寝てくれて、3ヶ月になる今は、7~9時間は寝てます。しかも、ベッドに置いて夜9時半になるとコテンと勝手に寝てくれてます。
周囲に聞くと、「生後3ヶ月までは1~3時間ごとに夜中の授乳があって地獄だった」という話が多いので、これはもう成果ありでしょう。

効果3:「発育が早い」

これはどうなんでしょう。親の欲目もあると思うけど。
みっしゃんは、新生児のときから表情が豊か。森進一になったり、北野武になったり、豚になったり、天使の微笑みを湛えたり、かなりの百面相です。

あ、首の座りは早かった!!2ヶ月でほぼ座ってました。

あとは、とにかく元気で好奇心旺盛!
新生児のときからジタバタ星人で、キョロキョロ周囲を見回してたし、おっぱいに吸い付く時の力強さと言ったら、生命力の塊です。
今はかなり力も強くなってきて、ジタバタどころか、手足をブンブン振り回し、私やBooを殴ってます。痛い・・・。


ベビープラスしてると、穏やかな泣かない子が生まれるって言ってたのに。完全に真逆。
でも、「よく寝る」「よく笑う」効果に関しては、100%成果アリ!
昼に元気いっぱい遊んで、夜はぐっすり。


効果は、今後のEQの発育にも影響してくるとのことなので、情操豊かな賢い子に育ってくれるかな~。ふふふ。

ただいま妊娠中の方、これから予定のある方、ぜひ胎教やってみてください。後々結果が出るのが面白いですよ!
[PR]

by myums | 2011-04-18 11:04 | 国際結婚とカナダ  

みっしゃん in 沖縄

Booのお仕事&放射能避難を兼ねて、沖縄に行ってきました~。
みっしゃん初のフライトです!

機内で大泣きされたらどうしよう。逃げ場ないし。。。ドキドキ。

が、蓋をあけてみたら無用な心配でした。
離着陸時に、耳詰まりを防ぐため授乳。たっぷりお乳を飲んだミッシャンは、フライトの間中、「くかーーー」っと熟睡でした。ジェット音も心地よかったのかもしれません。

それより!大変だったのが、おむつ替え。
みっしゃんを抱えながらおむつ替え台を倒して、その上に持参したおむつ替えシートを敷いて、おむつ交換。片手でみっしゃんを支えながら、汚れたおむつを処理して、みっしゃんを抱っこして台を戻して、自分の用を足す。おむつ替え台を倒してみっしゃんを置いて、自分の服を直す。
これを狭い飛行機のトイレの中で行うわけです。疲れました・・・。


私にとっては10年ぶりの沖縄。
2ヶ月の乳幼児を連れての旅行だったのでアクティブな観光はできなかったのですが、人々の朗らかさと長閑な沖縄弁に触れているだけで、ほっこりすることができました。

沖縄弁のイントネーション、大好き。
沖縄の人と話したくて、タクシーでもレストランでもやたらと話しかけてました。
今度は6月の良い時期に、また訪れたいな~。
ただし、みっしゃんがもう少し大きくなったらね。


みっしゃんと万座毛。
c0057810_201443.jpg


沖縄には数回訪れたことのある私ですが、万座毛は初めて。眼前に広がるコバルトブルーの海。広大な景色と穏やかな空気に癒されました。
c0057810_20143945.jpg


玉泉洞
何度見ても、自然が造りだす壮大な芸術に心奪われる。
c0057810_22591991.jpg


安くておいしい!
那覇のパラダイス通りにある花笠食堂2号店。
c0057810_236276.jpg


c0057810_238363.jpg


那覇と言えば、公設市場。
c0057810_23101756.jpg

島らっきょをお土産に買ったら、ホテルの部屋に臭い充満でした。

この旅行で驚いたことがありました。
なんと、職場の人にホテルのロビーで遭遇!茨城に住んでいるので家族で避難しに来たとのこと。

行きの機内でも赤ちゃん連れの家族が多かったし、タクシーの運転手さんも「子連れのお客さんが多いねー」といってました。子供は自分での自分の身を守れないですから。親としては、安全策として避難を選択する人が多かったんでしょうね。

しかし、ずっと避難してるわけにはいかないわけで・・・。

まだまだ不安材料満載ですが、節電だったり募金だったり、日本人として被災地復興のためにできることをしつつ、また親として、みっしゃんを守るために判断を誤らないようにしていかなきゃ!
[PR]

by myums | 2011-04-01 19:01 | 国際結婚とカナダ