<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

バリに行ってきました。

15日から23日までバリに行ってきましたー。
妊婦なので水上ジェットスキーやらスキューバーやらのアクティビティーはできなかったものの、スパと観光を満喫してきましたので、ボチボチ紹介していきますね!
[PR]

by myums | 2010-10-24 21:09 | 音楽・Party  

ニホンの冬が好きなBoo

Booはカナダ生まれのカナダ育ち。生粋のカナダ人(血は色々混じってますけど)。けど、寒いのが苦手。

カナダ=極寒=カナダ人寒さ強い

というイメージを多くの日本人が持っていることと思いますが、これが意外とそうでもないのです。というのも、Booの生まれ育ったバンクーバーは、カナダの中でもかなり温暖な気候。太平洋側に位置しており暖流が流れ込む影響で、冬でも雪はそんなに降らないし、気温もマイナスになることは滅多にありません。

しかも、ザ・車社会の北米。外に出るのは駐車場までと、煙草を吸う時くらい。生活のほとんどをセントラルヒーティングの効いた室内でヌクヌク過ごすわけです。

どこに行くにも電車で、歩くことが多く、家の中も足元が寒くなりがちな東京生活の方が、よっぽど寒く感じるみたいです。
冬になると、「さむいーさむいー」と言って、よく風邪をひくBoo。

でも、日本の冬が好きなんだそうです。
理由は、「晴れてるから」。

出会った当初この話を聞いて、「晴れてたって寒いからやだよ」と思っていた私ですが、バンクーバーに住んでみて、Booの気持ちがよく分かりました。

バンクーバーは雪こそ少ないものの、冬の間はずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと雨。雨が降ってなくても、とにかく灰色。どんよりした日々が続くのです。

朝から晩まで日が射さない毎日が続くと、精神的に凹んできます。
地元の人ですら。S.A.D 症候群(季節性障害)にかかる人もいるくらい。鬱っぽくなったり自殺者も増えるとか。

そんな憂鬱な曇天に比べたら、寒くてもすっきり青空が広がる日本の冬はなんと有り難いことか。何かと紫外線を気にしすぎるくらいの日本人女性ですが、日光は大切!
太陽は素晴らしい!

「超寒いけど、ニホンの冬はHappyねー」というBooの言葉、日本人として嬉しい限りです。
[PR]

by myums | 2010-10-11 19:06 | 国際結婚とカナダ  

ベビープラスで胎教!

妊娠15週目のある日、おうちに宅急便が届きました。

「きたー!」

嬉しそうに包装をビリビリにするBoo(ビリビリが北米の常識)。

Booが通販で何かを買うなんて珍しい。一体何を買ったのか??

「はーい!ベイビープラスー!!」

なんと、胎教グッズ。

生後半年の赤ちゃんがいる友達夫婦からおすすめされたそうで、なんでも、ベイビープラスを朝晩1時間ずつ聞かせると、夜泣きしなかったり、新生児の頃からまとめて寝てくれたり、よく笑う子になったり、その後の情操教育にも良い影響を与えるらしいです。

確かに、友達夫婦のところの赤ちゃんは、人なつこくてよく笑うし、泣き叫んだりしなかったけど。それって赤ちゃんの性質によるところが大きいんじゃないのぉ?
ベイビープラスのサイト見ても、「科学的に研究された音」とかあるけど、具体的にどの医者がどのように科学的に研究したのかまでは書いてないし、テープレコーダーをウェストポーチに入れて腰に巻いてスイッチ入れるだけで2万円近くするなんて、ちょっと怪しいよ。

かなり懐疑的な私。

ですが、Booが早くも子育てに積極的なのは、とっても嬉しい。
Booの気持ちを尊重して、18週目から続けております。
朝晩1時間ずつっていうのが最初はかなり面倒くさかったのですが、今は習慣化して苦痛ではなくなりました。朝は忙しくてつい忘れちゃうときもありますが、一応毎日続けてます。

それに、胎動を感じ始めた6ヶ月を過ぎた頃から、ベイビープラスをしてる間の赤ちゃんがとってもActiveなんです。ウニョーンウニョーン、ポコンポコンと、面白いくらいよく動く。
「Do you like baby plus,eh?」「are you having fun?」と話しかけながらのベイビープラスタイム。なかなか楽しいです。

生まれてからどんな結果がでるのか、それも楽しみ!
[PR]

by myums | 2010-10-11 17:43 | 国際結婚とカナダ  

ジョン・レノンとBoo

ジョン・レノンのバースデーだそうです。
生きてれば70歳。

ジョン・レノンと言えば、忘れられないBooの衝撃発言。

ジョン・レノン没後25周年

あの頃は、Booも私も若かったな〜。
[PR]

by myums | 2010-10-09 16:14 | 国際結婚とカナダ  

妊婦 de 野外ヨガ

さわやかな秋を楽しむなら?

先月末、友人とマタニティーヨガに行ってきました。
場所は、代々木公園。

野外ヨガです〜((((((〃 ̄З ̄)ノ

マタニティー&ベイビーヨガのイントラをしている友人がいて、その子の計らいで、野外マタニティーヨガが実現☆

メンバーは、妊婦2人と、インドでヨガを習って来たスピリチュアルな友人2人の5人。

まずは、イントラから少しヨガのお話。「ヨガとは生きるていることを感じること、動くこと、呼吸すること、自然を感じること。地球上のすべてがヨガ」なんだそうです。ヨガのポーズをとることが、ヨガってわけじゃないんだな。

ヨガのポーズを通して、生きることを、より深く感じることができるのかもしれません。

その後、1時間ほどかけてゆっくりとヨガを行いました。

正直、最初の30分間くらいはスピリチュアルな世界に入り込めず、「おいおい、何気取ってんの?」と、もう1人の自分がささやいていたのですが、最終的にはどっぷりハマっておりました。

友人の「ゆっくり呼吸して〜」「肩の力を抜いて〜」「赤ちゃんを感じて〜」という優しいトーンの声と、爽やかな秋の風に包まれて、心身ともにリラックス。

力まず、呼吸に集中して、体全体に自然を感じながら、のんびりとポーズをとっていると、ふと、頭も体もカラッポになる瞬間があって、その感覚が最高に気持ち良い。

野外パーティーで音の世界にどっぷり浸かって、何も考えず、音に身を任せてる瞬間に似てました。

私の大好きな瞬間。無になれる瞬間です。

レッスン終了する頃には、陽も落ちかけて空気もかなり涼しくなっていたのですが、体のコアがぽかぽかしてて、お腹もすいて、かつちょっと眠い。心地よい程度のだるさを感じていました。

ヨガがここまで気持ちよいものだとは、軽く衝撃でした。家でwii fitやっているとは、比べ物にならない。ヨガって頑張らなくていいんですね。頑張らないと効果がないと思ってたけど、そもそもヨガの効果って、精神と体の調和にあるのかも。

まさに、ヨガの始めに友人が話してくれたことに繋がってる!

友人曰く、お腹の中の命を感じることができる妊娠中は、ヨガを始めるのにとても適しているそうです。そう言えば、ヨガの最中、赤ちゃんものんびり動いてたな〜。お腹の中でリラックスしてたのかも。

それを思うと、ベイビーヨガも相当良いはず。ママと赤ちゃんが精神的に繋がれそうだし、赤ちゃんもリラックスできるのでは。
これはやってみる価値あり。

産休入ったらマタニティーヨガ、生まれた後はベイビーヨガ。やってみようっと!
[PR]

by myums | 2010-10-09 15:43 | 国際結婚とカナダ