<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

安産祈願と自分の守護仏

c0057810_16163437.jpg

深川不動堂に安産祈願をしに行ってきました。
本来なら、5ヶ月の戌の日を祝うんですが、母もいなく父もそういうことに無頓着な私の場合、家族が揃うわけでもないので格好つかないかな、と思ってやり過ごしていました。

そうしたら叔母が、「こういうのは気持ちだから戌の日じゃなくてもいいし、暑い盛りが過ぎたら一緒に行こう」とお誘いしてくれたのです。

本当は、お腹の子のために安産を祈願してあげたいと思っていたのに、素直にそれを口に出すことできない意地っ張りな私の性格を知っている叔母。
叔母も、なんでも自分で解決しようと頑張るタイプだから、自分と似たタイプの私のことが気になっていたみたい。

すごくすごく嬉しかったです。

自己破産をしてから自分の生活で精一杯の父には頼れない、叔母だって実の娘でもない私に頼られたら迷惑だろう、そう思ってただけに、「独りじゃないんだよ」と肩を優しく抱かれているように感じました。

当日は父とBooも一緒に4人で、私の安産祈願と、叔母の無病息災を祈願。初めて木札を購入。5千円もしました。高い!

安産祈願で有名な水天宮は祈願に予約が必要らしいですが、深川不動堂は時間になると一斉に護摩祈祷が始まるので予約は不要です。
私のときは30人くらいの祈願者が集まってました。

本尊前に各自が購入したお札や祈祷してもらいたい物が飾られていて、それをお坊さんが順々に護摩を焚いた炎にさらしてお祓いをしてくれます。
私同様、5千円の木札の人が多かったですが、中には10万以上のでっかい木札の人も!!先が黒く焦げていて、何度もお祓いしてもらっているよう。まあ、そういう高額なものは信徒さんたちですね。

特にお札を買わなくても、鞄でも財布でもお払いしてくれるので、鞄に母子手帳をいれておくのもアリです。

お祓いって初めてしてもらったんですけど、独特の雰囲気がありますね。ドンドンドンという太鼓の大きな音をベースに、「ぶぉ〜」というホラ貝みたいな楽器の音色や鈴の音がかぶさり、お坊さんのお経の声が轟く。
その和音がお寺の天井に反響して、荘厳な空間を造り出していました。

お腹の赤ちゃんもびっくりしたのか、ピコポコとよく動いておりました。

しかし、お寺の中はちょっと暑い。
こりゃ、時期をずらして正解。猛暑中は無理だわ。

お寺の中の見学もしてきました。
こんなサイケなお部屋が!!
c0057810_15523596.jpg


ちなみに、それぞれの干支によって自分の仏様というのがあるらしいです。
Booは、大日如来。宇宙の中心にいる根本仏で、太陽のようにすべてを光で照らす存在。
私は、普賢菩薩。心の安定と普遍的な善、真理を司る。
生まれてくる子は、文殊菩薩。実際的な判断力、参謀としての知恵を司る。

そして、普賢菩薩と文殊菩薩は、大日如来を左右で補佐する役目なんだそう。つまり、Booを大黒柱として、私と生まれてくる子でBooをサポートしていくってわけ。超いいじゃん!!

自分の守護仏を知りたい人はこちら
[PR]

by myums | 2010-09-20 16:23 | 国際結婚とカナダ