<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

バンクーバーへ里帰り

今日からバンクーバーに行ってきま〜す。
ムシムシ東京と脱出して、爽やかバンクーバーの夏を満喫するぞ〜。うれしいな〜♪

今回の里帰りは、Boo父の60歳の誕生日会がメイン。ファミリーの集いです。ちょっと緊張するけど、久々にみんなの顔が見れるのは、とっても楽しみ。子供たちも大きくなってるんだろうな〜。
[PR]

by myums | 2010-07-15 10:44 | 国際結婚とカナダ  

無謀な富士登頂

週末に富士山を目指したBoo。

初めての富士登山。
しかも、ナイトハイク。
その上、連れは全員外国人(日本語できない)

彼らの計画はこう。

夕方6時、レンタカーで東京出発
運転手はBoo
5合目から、夜10時に登山開始
5時間くらいで登頂。
休む
朝日を見て下山
3時間くらいで地上到達
現地出発
運転手はBoo
午後1時東京着


アホです。

富士登山を舐めてます。
外人はどうしてこんなに楽天的なのでしょう。

まあ、口うるさく言ってもどうせ聞かないので、下準備だけはしっかりするよう伝え、靴やヘッドランプや非常食、服などの装備だけはバッチリ。

意気揚々と出発!

そして、翌日。予想通り昼1時には帰宅できず、夕方に帰宅したBoo。
「こなれた登山家に見えるから」という理由であえて剃らなかった無精髭と、真っ赤に充血した目で、ヘロヘロになりながら言った一言が、「I'm Fuckin' tired....」。


富士山は彼の予想を遥かに超えて、手強い相手だったようです。
岩だらけの山肌に苦戦し、登頂までにかかった時間は8時間。その上、軽い高山病になって、目の前にチカチカ星が見えたそう。これはやばいと判断したBooは一足お先に下山。

そして装備バッチリだったのはBooだけだったようで、ほかのメンバーはスニーカーで参加!!防寒着さえ持参しなかった人もいたようです。

なので下山時には、みんな脚がガクガク。痛みに顔を歪めながら、険悪ムードで下山だったとか。

「次にMyumsと行くなら、2日間かけて、もっとゆっくり行きたい…」と言っておりました。
「私を置いて、1人で素晴らしい体験を味わおうとした罰だよ〜ん」とほくそ笑む私。

まあ、無謀なスケジュールを聞かされすごく心配してたので、無事に帰って来てくれて本当に良かったです。いびきをかいて熟睡するBooの寝顔が愛しく見えた日曜の夜でした。
[PR]

by myums | 2010-07-12 15:40 | 国際結婚とカナダ  

ほんのちょっぴりGoing out

今日は、ウェールズから来ている男の子とBooと3人でお食事しました。ウェールズの子はまだ20歳!若い!!

彼はBooの会社でインターンをしていて、9月には大学が始まるのでケンブリッジに戻ってしまいます。3ヶ月間という短い滞在で、バーやらクラブやらに行きたいという彼。

あーーー、妊娠中じゃなければ、いくらでもClubbingしてあげるのにーーー!!!
日本初めての外人をAgehaとかWombとかWarehouseとか、ElevenとかUnitに連れて行くの、楽しんだよねー。

Party lifeがちょっぴり恋しいなぁ。

「今夜は飲みたい」という彼を、とりあえずイングリッシュパブに連れて行きました。バーで酔っぱらってStrangerと楽しく飲みたいという彼に、「Clubに行った方が、同年代の人いるし、話しかけやすいんじゃない?」と言ってみたところ、「バーなら1人で行けるけど、Clubは1人じゃ行けないよ」と、彼。「だってさ、1人でClub来て、女の子に声かけてる男ってどう思うよ?」

想像してみました。

例えば、酒待ちラインナップで「Can I buy you a drink?」と声をかけてきた相手が、1人で来てたら、「この人いつもナンパ目的でClub来てるのかな」って思うよなぁ。そしてそれはちょっとイタイ。「友達とはぐれて1人になった」という人は結構いるけど。

まあ、彼は、そこまでして女の子と出会いたい訳ではなく、純粋にstrangerのとの会話を楽しんで友達を作りたいだけだったんですが、それでも多少酔っぱらわないと、他人に声をかけにくいみたいでした。

外交的に思える外国人でも、意外とそういうことは繊細に考えてたりするんだなー。

私とBooは30分ほどでバーを後にし、Go home.
お酒も飲んでないけど、新しい人と出会って会話して、ほんのちょっぴりでもナイトライフを味わえて、楽しかった!
たまにはこういう時間をBooと一緒に味わって、気分転換するのもいいなと思えた金曜の夜でした。
[PR]

by myums | 2010-07-09 23:56 | 音楽・Party  

口角炎

妊娠してから口角炎が治らない!!

妊娠前からよく口角炎になっていたのですが、妊娠してからその頻度が悪化。1月に一遍くらい口角炎。いたいよーーー。
しかも現在歯医者通いの私。
口が開きませんよ、先生。。。

ビタミンB2、B6のサプリとグレープフルーツを毎日がんばって摂取中です。

むずむず脚といい、偏頭痛といい、口角炎といい、妊娠前からあった症状なんですが、妊娠後はすべてが強烈化。

でも皮肉なもんで、その不快感のおかげで、フルーツ、野菜、補助的にサプリメントという強制的に健康的な食生活に励めております。

あ、むずむず脚は、プルーンとほうれん草のおかげか、今のところ症状軽減しております。快眠です!うれしい〜。
[PR]

by myums | 2010-07-08 20:14 | 国際結婚とカナダ  

#Light Dance by Akira Kosemura



大好き。
彼の曲を聴いてると、周りの空気がふわふわのタオルみたいに柔らかくなって、優しい気持ちになれる。ちょっとくらい辛いことがあっても、私は幸せだと感じることが出来る。

Akira Kosemura
Official web site
my space
[PR]

by myums | 2010-07-07 12:36 | 音楽・Party  

赤ちゃんの名前

赤ちゃんの名前を考えるのって楽しいです。
Booと一緒にあーでもない、こーでもないと言い合ってるとき、ふと思いました。

「ミドルネームどうする?」

Booいわく、ミドルネームは祖父や祖母、祖先の名前を継承するのが一般的なんだそうです。でも、決まりはないので、自由につけてOKです。
後に子供自身が、ファーストネームかミドルネームかどちらか自分の好きな方を名乗ることができるとか。

日本だったら名前って言ったら1個しかないから、選択の余地なしなのに。いいなー。

ちなみに日本ではミドルネームは認められていません。
私が結婚届を出す時に、「ミドルネームをつけたいです!」と言ったら役所に却下されたので、実証済み。

もしどうしてもミドル・ネームをつけたいなら、名前にくっつけるしかない。

山田  エリザベス花子

みたいな感じ。
病院や役所で呼ばれるときも、「山田エリザベス花子さーん」と点呼されるのでちょっと恥ずかしい。サッカー日本代表のトゥーリオの名前も「田中 マルクス闘莉王」ですね。

じゃあ、Booと私の赤ちゃんにはミドルネームはつけられないの???


と思っていたら、最近赤ちゃんが生まれたアメリカ人と日本人のカップルが教えてくれました。
「カナダ大使館に出生届けを出す時には、ミドルネームをつけられるよ」

あー、なるほど!

日本にいる間は姓名だけで、海外に出たら、ミドルネームつきの名前になるのね。名前は1人1個っていう固定観念のある日本人としては、なんだか違和感があるけど。

ミドルネーム、どうしよっかなー。Booのお父さんの名前か、私の旧姓かなー。うちは女2人姉妹で妹も嫁にいっちゃったから、孫が苗字を受け継いでくれたらお父さん喜ぶだろうな。

まだまだ時間はたっぷりあるから、Booと楽しく考えていきたいと思います!
[PR]

by myums | 2010-07-07 12:22 | 国際結婚とカナダ  

むずむず脚症候群再び

以前に「むずむず脚症候群」の話をしたことがありますが、妊婦になってから、3日に一遍くらいやってくるようになりました。

超つらい!!!

そのせいで眠れなくて、朝起きてもぐったり。。。

その上、昼間の仕事時にもむずむずするようになってきてしまいました。

これじゃ体力的にもたないので、色々調べてみたところ、むずむず脚は貧血になると症状が悪化することがあると言われていて、鉄分が不足しがちな妊婦さんに多く見られるということを発見。

貧血解消と言えば、ほうれん草とプルーン!
さっそくスーパーに行って買ってきました。
ついでにプルーンは便秘解消にも効果あり!
Booもプルーンが大好き!

ビタミンAの過剰摂取は奇形児になる確率があるという情報が気になったのですが、食事から摂取する程度なら過剰摂取にはならないそうです。

ということで、今は、プルーン2個とほうれん草を毎日摂取。
これで症状が緩和されるといいんだけど。
[PR]

by myums | 2010-07-03 12:46 | 国際結婚とカナダ