<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

今日の一曲 Are you gonna be my girrrrrrrrrrrrrl?



いた!ここにいた!
サイコーだった!

明日はニューヨークグリルでランチ♪
お腹空かせてくぞー。
[PR]

by myums | 2009-10-28 23:42 | 音楽・Party  

We're not in Kansas anymore!

日常英会話には、映画のセリフがそのまま使われていることが多くあります。昨日エントリーした『オズの魔法使い』にもそんな決めゼリフがあります。今日はそれをご紹介。

竜巻に乗って、魔法の国オズにやってきたドロシーと愛犬トト。見慣れぬ風景にキョロキョロとあたりを見回して、ドロシーは言います。

「Toto,(I've got a feeling) We're not in Kansas anymore.」

(トト、私たち、もうカンザスにはいないみたい)

未知の土地で、未知の出来事に出会って衝撃をうけた時や、昔と勝手が違うときなんかに使います。

カナダで、何度も使いました、この言葉。

女子トイレで、ぶりぶり音をたててンコしてた金髪のお姉さん見た時や、レジで客が待ってるのに受話器片手にケタケタ笑ってる店員見たときや、携帯の請求上乗せしたくせに「じゃ、もう1回請求書送るわ」で済まされたときや、カラマトに出会ったとき。

何度、「Mayums, you're not Kansas anymore....」と思ったことか。
でも、カルチャーショックは、良くも悪くも面白い!「私はもう東京にいないんだ」と実感するたびに、自分の世界が広がっていくようでした。

最近つぶやてないなー、「We're not Kansas anymore」。衝撃的なカルチャーショックが恋しい今日この頃。
[PR]

by myums | 2009-10-26 22:08 | 国際結婚とカナダ  

今日の一曲 Over the rainbow

Over the rainbow オズの魔法使いより



子供の頃から大好きで大好きで、何度も繰り返し読んでた『オズの魔法使い』。ドロシーの銀の靴(映画では赤い靴)、黄色のレンガ道、すべてがエメラルド色のエメラルドの国。

Over the rainbow はお父さんのCDコレクションにあった曲で、当時は歌詞の内容もまったくわからなかったけれど、ゆったりと大空を翔るようなこの曲が、私の心を虹の彼方へ連れて行ってくれるような気がして、中学生の頃よく聞いていました。

この曲が映画『オズの魔法使い』で歌われた曲だと知ってはいたのですが、ミュージカル映画への苦手意識が強くて、つい敬遠したまま、結局初めて見たのはカナダに行ってからでした。
映画の最初の方で、ドロシーが広い世界へ思いを馳せながらこの曲を歌うシーンを見て、「今、カナダにいる私は、虹の彼方へ続く道を歩み始めているんだな」と感慨深く思ったのを覚えています。

Somewhere, over the rainbow, skies are blue.
And the dreams that you dare to dream
Really do come true.
[PR]

by myums | 2009-10-26 00:10 | 音楽・Party  

今日の一曲 Alex smoke

6pm - Alex smoke



this music takes me to the morning forest, white slight fog and fresh air around you, listening birds singing, of course its 6pm.
[PR]

by myums | 2009-10-24 22:23 | 音楽・Party  

今日の一曲 Dido

life is for rent -Dido



この曲を聴くと、昔の大嫌いだった自分を思い出す。
そしてそこに絶対に戻りたくないと思う。
自分の足で立ち、自分の手で人生を創り出す。
その思いで、強くなる。
[PR]

by myums | 2009-10-23 23:52 | 音楽・Party  

Booの距離感

今日はものすごく悲しいことがあった。
久々に打ちのめされて、自分の頑固さ不器用さに腹が立って、もどかしさでいっぱい。
出かけていて家にいないBooから電話がきた。

「今、仕事決まったよ!」すごく嬉しそう。でもその声を聞いた瞬間に、こらえてた涙があふれて止まらなくなった。わんわん泣いてしまった。

「ど、どうしたの」戸惑うBooに、つらい気持ちを話した。「僕にできることある?」と言うので、「I just want you to come home and be with me」と言ったら、この返事。

「それは無理(きっぱり!)」

その上、「今日はこれから飲みにいくから、帰らない」

と言われた。

がーん。

私だったら用事が終わったら急いで帰ってくるのに!!
人でなし!!

泣きっ面に蜂を食らわされたけど、仕事が決まって働けるというのはBooにとって、ひいては私たち夫婦の未来にとって、すごく大切で喜ばしいことだ。悲しみという感情は一過性のもの。長い時間がかかったとしてもいずれは風化する。そうやって今までも、過去の悲しみ苦しみを封印させてきた。

過去よりも、この先の人生が大切だ。

Booは電話越しに私をたくさん励ましてくれた。彼は彼の今できることを精一杯やってくれたから、飛んで帰ってこなかったとしても、その気持ちが嬉しい。

電話を切って、食べることも忘れてたことに気付いて、軽い夕食をとりながら、これを書いてる。書いて、食べたら、気持ちが落ち着いて、悲しみが無力感に変わってきた。
明日、Booと会う頃には、もとの強い私に戻れてるだろう。

とりあえず、明日はお岩さん決定だな….
[PR]

by myums | 2009-10-22 02:06 | 国際結婚とカナダ  

パパの気持ち

今日、美容院でスカルプエステやりました。頭皮の皮脂汚れも落ちて、すっきり爽快、気持ちいい〜。おすすめです♪

クレンジングマッサージをしてもらった後、頭に銀色のでっかい袋みたいのかぶせられて、頭皮にスチームをあてます。頭がじんわり温まって、あー、きもちー。うとうとしかけたとき、隣の男性客の声が聞こえてきました。。

「最近、子供生まれたんですよ」

「おめでとうございますぅ」と、アシスタントさん。私も心の中で、おめでとう。

新米パパは弾んだ声で言いました。
「昨日、退院してきて、初めて一緒に寝たんですよ。ってか、一晩中ずっと見続けちゃって、僕は全然寝れなかったんですけどね(笑)」

ベビーベッドの中ですやすやと眠る我が子を、何時間も飽くことなく見つめるパパ。そんな姿が目に浮かんで、見ず知らずの隣の男性がなんだか可愛らしく思えたのでした。
[PR]

by myums | 2009-10-17 22:30  

外人の彼って家事も手伝ってくれて優しい〜。

「外人(欧米人)の彼ッて、家事とかも手伝ってくれそうだよね〜」

とか思ってるあなた。

それは、妄想です!!

欧米人だってまったくやらない人もいます。
Booも、自ら進んではやらないです。
言えばやってくれますけど、何百万回も同じこと言うのもイヤだし、かと言って、彼が進んでやるのを待っていたら、洗濯物も洗い物もどんどん溜まる一方。で、結局私がやる。

でも、うちは共働きです。Booにもせめて洗濯物くらいは、してもらわなければ。そこで、しばらく自分のものだけ洗うことにしました。履けるパンツがどんどん減っていくことに、気付かないBoo。ほくそ笑む私 (ΦωΦ)

Booのきれいなパンツも残り1枚となったある日。
帰宅した私の目に飛び込んで来たのは、赤・青・黒の新品パンツたち。

「ミテミテー。ユニクロでカッター。チョーヤスイだった!」

はしゃぐBoo。かわいいけど、何の解決にもなってねー!(`×´)

ところが、Booは続けていったのです。

「でも、僕も洗濯しなきゃ。パンツなくなるたびに買ってるわけにいかないもんね」

ミッション コンプリート! (-ω☆)キラリ

P.S 今のところ、時間があれば家事も進んでやってくれてます。やればできる子♡
[PR]

by myums | 2009-10-13 22:27 | 国際結婚とカナダ  

今日の一曲 Bubblicious by Rex the Dog



3DめがねのDogも、アフロのムーミンみたいな変なハコも、ミラーボールも、ぜんぶ手作り。ちょーかわいい。
[PR]

by myums | 2009-10-12 20:24 | 音楽・Party  

かりかりベーコン

Booと私の好きなもの。

かりかりベーコン。

北米のベーコンは、日本のより脂肪分が多くて、フライパンで焼くと、しゅるしゅるしゅる〜とちっこく縮んで、カリッカリになるのです。

日本のベーコンは、フニュフニュしてるし、味も素っ気ない。
Costcoで大量買いして毎朝食べてた、塩っけたっぷりの、かりかりベーコン。恋しいよ〜。

ちなみに、かりかりベーコンは英語で、「Crispy Bacon」と言います。
[PR]

by myums | 2009-10-08 20:56 | 国際結婚とカナダ