<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

セブンティーン・アゲイン -Seventeen Again-

いやあ、見ちゃいましたよ。
ザック・エフロン主演

こんなティーンムービー見ちゃうなんて、恥ずかしいっ!!
しかも、ザック・エフロンだよ。十代の女の子にきゃあきゃあ黄色い声援浴びてるアイドル俳優だよ。ハイスクール・ミュージカルだっけ。踊って歌いながら恋する高校生。まぶしすぎて、目がつぶれちゃうよー(/ω\)

とかなんとか、けっこう馬鹿にしつつ見たものの、面白かったんですよ、これが。ははは。しかも、実は私、こういう体が入れ替わっちゃう系がすきでして。リンゼイ・ローハンがママと入れ替わっちゃう映画も見たし、館ひろしと新垣ゆいが入れ替わっちゃう『パパと娘の7日間』なんて、館ひろしがクネクネするのが可笑しくて、大好きでした。
多分、子供の頃に読んだ『おれがあいつであいつがおれで』って本が好きだったのが、今も影響してると思われ。

最終的には元に戻って大団円って結果が見えてるんだけど、17歳に戻ったマイクが離婚寸前の奥さんに言い寄ったりして、周りから見たら完全に熟女キラー。そういう外見と中身のギャップが、くだらなくって笑えるんだなー。

そんでもって、ザック・エフロンもやっぱかわいかった。
若い頃の、レオナルド・ディカプリオみたいな。
写真よりも動いてるときのほうが魅力的なのも、レオと一緒ね。

それとは対象的に、マシュ・ペリーはオヤジになったなー。あのお腹…。(ノ_-。)
元々好きな俳優さんじゃないけど、フレンズで見慣れているせいか、親近感のある人です。
[PR]

by myums | 2009-07-19 23:33 | 映画・海外ドラマ さ行  

Beach Wedding とヨッシー

会社の上司の結婚式二次会に行ってきました。上司と言っても、一緒にサマソニ行ったり音霊行ったりしてくれる、砕けた音楽大好き人。
しかも、「都会は暑い」と言って逗子の海の近くに引っ越し、そこから都心まで通勤している強者。

そんな彼が二次会を行った場所がこちら。

c0057810_2047661.jpg


海の家 at 一色海岸

新郎はアロハシャツにビーサン、新婦はマキシドレスにこちらもビーサン。それに合わせてゲストもみんなワンピースにサンダル、Tシャツに短パンといったラフな出で立ち。
海風と波の音に包まれながらの、ゆる〜いパーティー。こんな二次会初めてだったけど、とっても楽しかったです。新郎新婦のおだやかな雰囲気にピッタリ。2人は、こんな感じで一生寄り添っていくんだろうな。素敵。

私も、開放感からお酒もすすみ、パーティー終了後も海の家に居座って、会社の先輩たちとウケケケーΨ(`∀´)Ψと笑いながら飲み続け、ギリ終電で帰ってきました。

逗子は遠かったけど、今年の初海がこんな素敵なパーティーで嬉しかったです。
夜の浜辺に打ち寄せる白い波頭。空との境界線をなくした群青色の海。夜の海はどうしてこんなにも穏やかな気持ちにさせてくれるんだろう。ぼーっと海を眺めている人を眺めたりするのも好き。あんまり見ちゃ悪いなと思いつつ、ちらちら盗み見しちゃう。
私、怪しいかも・・・?


実は、今回、Booも同伴したのですが、私がちょっとトイレに行ってるすきに、私の同僚やら上司やら全く知らない人々に「コップをカンカン鳴らして2人にキスさせよう!」と持ちかけ、見事2人にキスをさせたらしいです。

同僚から、「旦那、アグレッシブで超うけた」とお褒めの言葉をいただきました。

っていうか、なんで私のいるときにしないのよー!!キスシーン見逃したじゃん!!(`×´) プンプン!!

このパーティーで新郎の幼なじみという方と知り合ったのですが、これが本当に面白い人で。「どこに住んでるの?」の答えが、「愛と欲望の街、池袋」。
その枕詞はいったい・・・?

帰りの電車で連絡先交換したときも、眠かったのか、もうぐだぐだ。自分の携帯の使い方が分からないと言うので、私が赤外線送信すると、「おおおお!」と大感動。しかし、私の連絡先を検索できなかったのか、「それで、フリガナは?」って、3回以上聞かれたから。

そんな彼は、ジュエリーデザイナーのYYossYY。

YYossYYアクセサリーご紹介はこことかこことか。

渋いけど、ごつくなくて、シンプルだけど、繊細さがあって、かわいらしいジュエリー。実物みてみたいなー。

彼のブログはここです。
体育座りドクロ、うけた。
[PR]

by myums | 2009-07-19 22:22 | 音楽・Party  

できないBoo

Booはねぼすけです。
朝はなかなか起きられません(私も人のこと言えませんが)。

今朝は私が出勤するまで起きてこなかったので、玄関先で「行ってきまーす!」と言って起してみました。すると、

「デキナィヨオォォオ~」

という情けない声が返ってきました。

できないよ???

なにが??

「Get Upできなぃヨ~」

Booちゃん、やっぱり朝は苦手なようです・・・。
[PR]

by myums | 2009-07-16 18:19 | 国際結婚とカナダ  

君のためなら千回でも - the kite runner -

『君のためなら千回でも』を観ました。
すごく良かった!
登場人物がアフガン人ばかりなので、聞き慣れない中東アクセントに悪戦苦闘でしたが、それでも、今年一番と言えるほど、良かったです。
特に前半。


70年代後半、まだ平和だった頃のアフガニスタン。
富裕層の子供アミールと使用人の子供であるハッサンは、生まれたときから一緒に育った大親友でした。その絆はとても強く、特にハッサンがアミールによせる忠誠心は、ちょっと偏った印象すら与えるほどです。

実際、近所の悪ガキ3人組から「お前らホモだろ。キモイんだよ!」的ないじめを受けたりしてます。私も、ハッサンのアミールを見つめる熱い視線には、男同士の友情を超えた何かを感じずにはいられませんでした。

しかしそれも後に起こる事件の伏線だったのかもしれません。
町で開催された凧上げ大会に優勝したアミールとハッサンコンビ。賞賛の中心をアミールに譲り、ハッサンは凧を追って人気の町中へ走ります。
しばらくして、ハッサンを探しに出かけたアミールは、なんと、ハッサンが悪ガキ3人組の1人にレイプされている現場を目撃してしまうのです。

なんという展開!!

思わずその場から逃げ去ってしまうアミール。
そして、片足を引きずりながら現れたハッサンに、「どこ行ってたんだよ。探してたんだよ」と、チョー普通に挨拶。
「なんでもない」と答え、アミールとともに歩き出すハッサン。その足元に、鮮血がポタポタと落ちていくのでした。

かわいそうすぎる・・・。

きっとアミールは、ハッサンを待ちながら煩悶したんでしょうね。
「どうしよう。なんて声かけよう。無事か? なんて聞いたら、逃げたことがばれちゃう。ああ、僕はなんてズルくて弱い人間なんだ。でも、僕まであんなことされたら、それもそれで地獄だ。ケンカ弱いし。かないっこないもん。
よし、ここは、見なかったことにしよう」。

でも、見なかったことにできるレベルのことじゃありません。
その日からアミールは、ハッサンと距離をおくようになります。それどころか、「お前は弱虫だ!!」とハッサンを罵りながら果物を投げつけたります。ハッサンは果物を拾い上げると、それをアミールに投げ返さず、自分の顔になすり付けます。
服も顔も果汁で赤く染まったハッサン。

ハッサンは、アミールが自分を助けず逃げてしまったことに気付いていたのでしょう。「それでも僕は君のために血の涙を流そう」。ハッサンはそんな気持ちで、強い決意を込めて、赤く染まっていたように思いました。

赤い果汁まみれになったハッサンの姿が、レイプされ鮮血をしたらせていた姿とタブッて、とても切ないシーンでした。

アミールを見るたび罪の意識に苛まれ、自分の弱さを認めざるを得ないハッサンは、その苦しみから逃れるため、ハッサンを追い出そうと画策します。
結局ハッサン一家は、アミールの策略とは別の理由でハッサンの家の使用人を辞めて出て行き、それきり音信不通となりました。

その後すぐにアフガンはロシアの侵攻に遭い、アミールも父と共にアメリカに亡命し、二度と故郷には戻らないというか、戻れない状態になるのです。
アメリカで貧しいながらも自由な生活を手に入れ、学校も卒業し、家庭も手に入れたアミールの元に、一本の電話が。

それは、父親の親友からの電話でした。
「アミール、君はアフガンに戻らなければいけない」。

彼から「真実」を聞かされたアミールは、タリバン政権支配下のアフガンへ単身乗り込んでいきます。
ここの展開だけは、調子良すぎで安っぽい印象になってたのが残念。
アミールが突如無敵のヒーローになっちゃった雰囲気で、違和感がありました。

でも、ミッション・コンプリートした後のアミールが、「正しいことを正しい」と胸を張って言える人間に成長した姿はとても印象的です。
弱い自分を克服して強くなった人間は、弱さを知っている分、懐が深い。
アミールの、過去の罪に対する贖罪の旅は始まったばかりだけど、これから少しずつ、再生していける。彼はその希望を自分の手でつかみ取り、その希望に対して、今は言える。幼き日に、ハッサンがかけてくれたあの言葉。

「きみのためなら千回でも」

人間は誰しも弱さを持っている。
同時に、誰しもが強くなれる可能性を持っている。
そんな希望が、高く青い空に広がるラストでした。
[PR]

by myums | 2009-07-09 15:18 | 映画・海外ドラマ か行  

多和田えみっていいね

偶然耳にした、この曲



ちょーいい!!
楽曲もいいけど、なんといっても、彼女の声にやられたー。
ハスキーでソウルフル。

ゆら〜ゆら〜ゆれぇてみましょ♪

残念ながら、彼女のほかの曲には心つかまれず・・・。「Into You」(これもしかしてDJ Kawasakiとコラボッてる?)は、踊ったら楽しそうって思ったけど。

でも、久々にアルバム買ってみたいと思わせてくれた日本人アーティストに巡り会えた。なんか嬉しい。
[PR]

by myums | 2009-07-04 23:59 | 音楽・Party  

天使と悪魔 -ANGELS & DEMONS-

トム・ハンクス主演、『天使と悪魔』を見ました。

前作『ダ・ヴィンチ・コード』は、いまいちだったのですが、今作は、なかなか面白かったです。宗教色の濃かった前作に比べると、今回はサスペンス要素がメインで、ドキドキハラハラの連続。
エンターテイメント性はバッチリです。

反面、謎解き部分はめっちゃいい加減。
例によってラングドン(トム・ハンクス)が犯人を追ってバチカンの狭い国をあっちへこっちへ走り回るのですが、その行き先はなぜか常に、「天使の像が指差す方向」。しかも即決。ちょっとは裏とったり、考えたりしようよ。

ストーリー性も乏しいかな。深みとかはないです。ユアン・マクレガーが出て来た瞬間、「まさか、そういう展開!?」と予想がついたのですが、まさか本当にその予想通りになるとは…。

あと、今作は血もいっぱいでたし、グロイ映像が多かったです。
特に、火だるま処刑が怖かった・・・。
そう意味で、目を引く演出は満載でしたよ。

あ、あと、次の教皇を選出するための会議の名前が「コンクラーベ」に聞こえて、笑っちゃいました。
根比べ??

コンクラー でしたわ。


字幕でちょっとひっかかった訳が2つあったので、それについて。

1つは、「Naive」を「単純」と訳していたところ。
核をしのぐエネルギーを凝縮した反物質を作ったものの、それが盗まれて大変なことになった研究家が、「世界を変えられると思っていたなんて、私はなんて馬鹿なの!」と自分を罵ったときに、ラングドンが言った言葉です。

「馬鹿ではない。"単純”であったかもしれないが」

Naive(ナイーブ)は、無智、経験値が低い、思慮が浅いなどネガティブな意味合いの濃い言葉なので、ラングドンもこの時はかなりの皮肉を込めてこの言葉を使ったのでは。
そうすると「単純」では意味合いが弱い感じします。
「浅はか」と訳した方がしっくりくるかな。


もう1つは、「Oh my god」の訳。
「何をするつもりだ?」

これは、ユアン・マクレガー扮する司教が反物質を持ってヘリコプターに乗り込むシーンで、ラングドンがつぶやいた言葉です。
この場合のOh my godは2つの意味が考えられると思うんです。

● 司教が何をするつもりかは分からんが、「危険物を抱えてヘリに乗り込んだ」という状況に対して、発せられた。

または

● 司教が何をするつもりか分かってるが故に、びっくりして発せられた。

この映画の翻訳者さんは、前者をとって、「何をするつもりだ?」と疑問系にしたのでしょう。私なら、後者をとります。なぜなら、爆発物を抱えてヘリを操縦するという状況なら、もう答えは1つ。自爆しかないでしょう。爆発までの残り時間もわずかだし。

訳は、どうするかなー。

「なんてこった」とか、「まさか…」にするかな。
普通過ぎかな。


こういう日本語にない英単語をどういうニュアンスで訳してるかをチェックするのって、映画を見る楽しみの1つであります。


で、この話を、映像翻訳勉強中の同僚にしたところ、彼女はこう言いました。
「翻訳しないという手もあるよ」

すごい、奥の手!!

映像翻訳の世界では、あえて日本語に訳さず、英語のままにすることもあるんだそうです。そう言われてみると、ストーリーに深くかかわってこないつぶやきとか、すでに日本でもニュアンスが浸透している英単語なんかは、字幕がでないことあります。

でも、出版翻訳(小説とか本の翻訳)では使えないテクだな〜。
カタカナ表記にしちゃうってのはありだけど。

同じ翻訳でも、その分野によって色々と違いがあって面白いものです。
[PR]

by myums | 2009-07-03 01:38 | 映画・海外ドラマ た行