<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

グラントリノ

二本目。今年最後の映画紹介は、クリント・イーストウッド主演監督作品『グラン・トリノ』。

イーストウッドの役所は、朝鮮戦争に出征経験を持つ差別主義者。ものすんごい偏屈で、アジア人に対してだけじゃなく黒人にも、自分の家族にも、いっつも文句ばっかり言ってるおじいちゃんです。
そこへ、隣に中国少数民族の家族が引っ越して来て、ひょんなことから交流が始まります。徐々に自分の中の差別や偏見が解けて行くのを感じるイーストウッド。
そして、アジア人ギャングの抗争に巻き込まれ・・・。


中盤までは、おもしろかったです。
イーストウッドの演技は相変わらずで、偏屈だけどそれが妙にコミカル。Booも私も「What a grumpy grandpa...」と飽きれながらも笑いながら見てました。
意思とは裏腹に英雄扱いされて、毎日お花やら食べ物やらをドサドサ運んでくる中国人たちに、
「(ー'`ー;)ムムーーーーーーーーー・・・」
と、うなりながらも、自分の好きなチキンだけはいただいておくとか、お腹すいてビール飲みたいから、隣の家のパーティーに参加するとか、意外に食べ物に弱い所がかわいかったりして。

中国人の名前もうまく発音できなくて、「ヤムヤム」(YumYum:おいしいって意味)と呼んだり、病院では、移民のナースに、コワルスキーという自分の名前を発音してもらえず、ケッと思ったり。←でも自分が人の名前を発音できないのは棚上げ。
私もカナダの病院で、「変な名前の人がいる!」と思ったら自分の名前を呼ばれてた、という経験があるので、この場面はすごい同感でした。

だけど、クリント・イーストウッド映画なんだよね、結局。
説教大好き。
独壇場のセリフ長いよ・・・。
なんでもかんでも言葉にすれば良いってもんじゃないでしょ。セリフは一言で、あとは表情とか空気で観客に伝える、っていう表現方法を知らないのかねー。
後半のストーリーも、ベタすぎる。 あそこまでやる必要があるのかしら。

勧善懲悪が好きな人には安心感のある映画です。
私にはCheeseyすぎた! こういう映画、だめだー。
[PR]

by myums | 2008-12-31 17:02 | 映画・海外ドラマ か行  

Zack and Miri Make a Porno

年末駆け込みで映画2本ご紹介。
まず1本目は、『Zack and Miri Make a Porno』

幼なじみであり親友であり、10年来のルームメイトであるザックとミリ。2人とも超ビンボーで、このくそ寒いのにガスは止まるし、電気も止まるし、とうとう水道も止まった! このままじゃ、死活問題っつうことで、ポルノ映画を作ってお金儲けましょー。

いやあ、ばかばかしくておもしろかった!
出演者のキャラが濃い!

アソコでシャボン玉(   ̄)y—oo0O0O〇○** 作れる女とか、いつでも好きなときに勃起できる男とか、差別発言に敏感すぎて「ブラック・コーヒーの日」にまで「Why dont you make "Nigga Tuesday" Huh!?」と食って掛かる黒人とか。

出演俳優も私の好きなコメディ俳優ばっかり。

主演のセス・ローゲンは日本ではまだ無名かな? 『ノックト・アップ』っていうコメディ映画で主演して以来、大人気。皮肉の利いたジョークをひょうひょうとかますんだけど、憎めないんだよねー。
以前、『Freaks And Geeks』っていうTVドラマにも出てて、その頃から、皮肉屋のいい味だしてました。このドラマは、最高に面白かったのに、出演者がどんどん売れっ子になったからか、1シーズンで終わってしまったのが、残念。
スパイダーマンの親友役だったジェームス・フランコも不良役で出てるよ!


ジャスティン・ロングも作り込み過ぎのゲイ役がマヂうけた。ジャスティンの緊張感のなさが好きだな〜。笑顔かわいいしさー。この人きっとすごく賢い人なんだろうな。

『スーパーマン リターンズ』の主演の男の子(名前分かんないや)もチョイ役で出てたけど、まだ自分を捨て切れてない! でも、顔は時代遅れのハンサムだし、純朴オーラ出てるから、ベタなキャラが好まれるコメディには向いてると思うなー。


パリス・ヒルトンのSEXビデオ流出ネタとか、Star WarsをStar Horse(HorseはSEXシンボル。日本でも馬並みって言うよね)にしちゃったりとか、ものがポルノだけに下ネタ多いけど、お正月にごろごろしながら見るにはうってつけのオバカ映画でした♪
[PR]

by myums | 2008-12-31 15:23 | 映画・海外ドラマ さ行  

ちなみに、今、おすすめしたい映画は・・・

もう年末ですね〜。
早いものです。
今年は学校に通い始めたり、仕事もチームが変わってProjectに関われるようになったり、Wii Fitを始めたり、引っ越したりと、いろいろと新しいことを始めることができた一年でした。

一番嬉しかったのは、昇給したこと〜。
うほほー。
会社での自分の評価を試すつもりでチャレンジしたRaiseだったので、認められて嬉しかった! 

来年は、今年始めたことをどこまで伸ばせるか、チャレンジの年になりそうです。

このブログについては・・・。
最近更新さぼってるね。だめね。
おすすめしたい映画はあるんだけど、なかなか更新する時間と気力がなく。
ブログについては、ぼちぼちやっていきます。

ちなみに、今、おすすめした映画は、
『パリ、恋人たちの2日間』。アメリカ人の彼氏と、フランス人の彼女がパリに2日間滞在するお話。典型的なフランスを体験するアメリカ人の苦悩みたいな。
SEXと料理とアートと人種差別主義者。まあ、全部が全部そうじゃないだろうけど、パリってそんなイメージよね。
彼氏の方も、フランス語が分からないばっかりに、悪口言われてるんじゃないかと疑心暗鬼になっちゃうくらい神経質なのが問題あり。彼の体験するカルチャーショックもさることながら、2人の交わす会話がとっても面白い。政治や文化や皮肉を絡めてウィットに富んだジョークの連発です。

「こりゃ、パリには住めねーなー」と思うかも!

では、皆様良いお年を。
来年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by myums | 2008-12-30 16:14 | 映画・海外ドラマ は行  

びんでぁ だんなっ♪

昨日、新しい英語を覚えました。
東京生まれバンクーバー育ちハワイ留学、今東京って友達に、「またハワイで暮らしたいと思う?」と聞いた時の彼女の答えです。

びんでぁ だんなっ

なんか響きがかわいいっ(≧∇≦)


英語にすると、(I've) Been there done that。
「それはすでに十分経験した(だからもういい)」って意味なんだって。
「ハワイは3年間住んだから、今度は違う所に住みたいな〜」って意味で彼女は使ったわけです。

ほかにも響きがかわいいから好きって英語では、


わっちまこれっ。

スペルも語源も分かんないので調べてみたところ、Whatchamacallit っていう一つの単語で、元はWhat you may call it. なんだって。

物の名前が思い出せないときに、「あー、あれなんて名前だっけー」とか、「コレなんて名前?」って聞きたい時なんかに使えます。
覚えたての頃は、なにかにつけて、「わっちまこれ〜」って言ってました。

あとは、Not avallable a.k.a のっぺらぼー も好き。
ひーいずのっぺらぼ〜♪

ちなみにBooの「響きが好きな日本語」は、

等価交換

です。
[PR]

by myums | 2008-12-13 14:58 | 国際結婚とカナダ  

ボビーとマーティンの争い

11月22日、いい夫婦の日に無事引っ越し完了しました。

実は生まれて初めて日本国内で引っ越ししたんですが、一番びっくりしたのは、引っ越し業者の熾烈な争いです。

まず、ネットで一括見積もりをしたうちの2社に、訪問見積もりしてもらいました。
一社目。仮にマーティンとしておきましょう。マーティンは、程よくフィットしたスーツを身に付けた眼鏡が知的な20代後半くらいの男の子。テキパキしてて、こちらの質問にも的確に答えてくれて、好印象!

もうほとんど心は決まってましたが、二社目登場。
こちらはボビーとしておきましょう。
30代半ばくらいの体育会系な兄ちゃん。
指が太くて現場上がりっぽいのはいいけど、「冷蔵庫の処理は、まあ、2、3千円ってところですよ」とか、「トラックは一台でいいっすね」とか、どうも返答がいい加減。

でも、安い!!

マーティンが提示した金額を言ったら、それを大きく下回る金額を出して来たのです。ボビーは頼りないけど、実際に作業するのは別の人だしなー、安いが一番。

ということで、ボビーに決定。

マーティンに電話して、「今回はボビーに頼むことにしました」というと、「じゃあ、うちはこのお値段で!さらに冷蔵庫処理代込みです!」

って、一万くらい下がった!!

えええ!!
そんな安くなんの!?
最初の金額は一体何だったの!?

マーティンにはひかれるけど(安いから)、すでにボビーとの約束があることを告げると、「大丈夫です。僕もお断りされることはよくありますから。あとトラック一台では正直無理だと思いますよ」と優しく教えてくれたので、乗り換えることに決めた私。

ボビーに電話して、マーティンの話をした途端、「そんな安い値段でほんとにやると思うんですか!?」とキレるボビー。
「作業員はきっとバイトで、手際も悪くて、家具に傷とかつけられますよ!」と、まくしたてるので、
「うちは家具も少ないしー、バイトでも社員でもやる気のあるなしに関係ないですから。気にしません」と答えた。
すると今度は、「じゃあ、ウチも同じ値段でやります!」

えええええ

さっき、そんな安い値段じゃ怪しいって言ってたじゃん。

これじゃキリがないのでとにかく今回はマーティンに頼むからと告げると、「なんでですか?! 契約したじゃないですか! なんでマーティンなんですか!?」 とすごい剣幕。

あんたのそういう態度が信用できないからだよ!

とは言えないので、「申し訳ないんですけど、マーティンの方が相性がいいんです」と言ってみました。

すると、しばらくの沈黙の後、

プツッ!

いきなり電話切られました。

ボビーはよっぽどムッときたのでしょうか。
もしかしたら、うちの一件でノルマ達成だったのかもしれませんが、必死すぎてちょっと怖かったです。

マーティンはとってもテキパキと気持ちよく作業してくれました。
やっぱりマーティンにして良かった(^^)
[PR]

by myums | 2008-12-12 18:41 | 国際結婚とカナダ  

いずみ焼きとセーター

Booが茶色のセーターを着てました。
あんまり似合ってません。

ゆったりしてて、オヤジっぽいよ。

するとBooが言いました。

「This sweater is  いずみ焼き dayo!」

い、いずみ焼き?

「No! イゼミユキ dayo」

それは、もしや、イッセーミヤケ
[PR]

by myums | 2008-12-12 17:52 | 国際結婚とカナダ