<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

Boo、伊豆から帰れない!?

金曜の午後から、伊豆へ旅立ったBoo。
友達とみんなで貸別荘を借りて二泊三日の小旅行♪
私は私でやることあったので東京に残ってたんだけど、二日間Booがいないと恋しくなってきて、なんかつまらんな〜。
そして本日、やっとBooが帰ってくる日!
お昼頃向こうを出たので、4時くらいには東京に着くよ、と連絡が。
じゃあ、あとで一緒に近所でやってるお祭り行こう♪と思っていたら、3時頃メールが。

「電車とまったー」

えええええ。

どうせすぐ復旧するだろうとたかをくくっていたら、4時過ぎに、「今、伊東。まだ止まってるー」だって。あわててネットで調べてみたら、なんと大雨のため、ほぼ全線ストップ!!

伊東からは伊東線ってのしか出てないみたいなので、とにかくタクシーでまず熱海まで行きなよと指示。「タクシー乗り場に300人くらい人がいるよぉ」(←北米人は表現が大げさ)と嘆きつつも、なんとかタクシーに乗れたようで、1時間後くらいにまた電話が。

「熱海まで行けば新幹線走ってるみたいから、どれ乗ればいいか調べてー」と言うので、またもやネットで、調べ、「こだまかひかりだよ」と発車時間とともに伝えました。

ちゃんと乗れるかな〜。Booたちと同じような経路の人多いだろうから、乗れるか心配だよー。

しばらくしてまた実況中継の電話が入り、「すごい人だよー。でも新幹線乗れるみたい」との報告が。「わかった! じゃあ、パスタ作って待ってるね。気をつけてね」と、とりあえず食べ物で根性を出させてみる。 「うん。Im starving...」。どうやら餓死寸前であるらしいことが判明。

そして先ほど、「トーキョー、ツイタヨー」という電話がありました。
あー、良かった。やっとほっとしたよぉ。
「デモ、マダトーキョーダヨ。マダ、カエッテナイネ」
とか言いながらも、その声はさっきより元気な感じ。新幹線で座れたのかな。

やっとこさ、もうすぐBoo、ご帰宅です。
さて、パスタゆでようっと。
[PR]

by myums | 2008-08-24 20:08 | 国際結婚とカナダ  

パンダフルライフ見たい

やーーーーーーーーーーーーーーーっと、ExciteブログでもYoutubeの動画が貼付けられるようになりましたぁ。ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

コレまで禁止タグだったobjectタグが使用できるようになったのかな?
と思いきや、YoutubeだけOKになったらしい。

パンダフルライフみたいので、予告編はっつけてみた。



ごろごろしてる〜。かわいい。
[PR]

by myums | 2008-08-23 02:19  

ほんの少しでも、あなたに希望をあげらたら嬉しいです。

なんで私はこうなんだろう。
なんでうまくいかないんだろう。
もしかして、過去にあんなことがあったせい?
こんなこと考えても仕方ないのに。
分かってるのに、思考の渦は止まらない。
こんなこと考える自分が嫌い。
情けない。
弱すぎる。
どうしたら抜け出せるの?
道往く人がみんな輝いて見える。自信に満ちて、毎日を精一杯生きているように見える。
私だけが、どうしようもない。

どうしたら自分に自信が持てるのか、まったく分からないし、ただ何となく生きてる自分が情けなくて仕方ない。
本当はすごく寂しくて、誰かにそれを分かって欲しいのに、そんな風に甘えたことを考えちゃうのもイヤで、どうにかして強い人間になりたい。
そのくせ、素直に泣いたり弱音を吐ける人がうらやましくて仕方ない。そういう目で他人を見てしまう自分は、最低な人間なんじゃないかと思ったりして、また凹む。
私は一生こうやって悩んで、自分を嫌って生きて行くのだろうか。


物心ついた頃から20代半ばくらいまで、私はこんなでした。プライドが高いから外には見せないようにしてたんですけど、人生なんてこんなもんって斜に構えてる感じとか、ネガティブさって、やっぱり人に伝わっちゃうもの。昔から私を知ってる人は、「Myumsは変わったね」って言います。自分でも本当に変わったなって思う。

どうやって私がこの負のスパイラルから抜け出したかと言うと、まずは悩むのを止めてみました。
簡単に聞こえますけど、今までずっと、自分をダメだと思って凹むことが癖になってたので、止めてみるっていうのは、大変なことです。ふと気付くと、「あぁ、やっぱり自分はダメな人間だ・・・。どうして私はこうなんだろう。私には何もない」、と闇に引き込まれちゃってる。心に勝手に湧いてくる感情っていうのは、なかなかコントロールできないんです。
「考えないようにする」ってことが簡単にできる人間なら、最初からこんな答えのない悩みを持ったりしません。

そこで、悩まないようにするにはどうしたらいいか、ということに悩んでみました。色々考えてみたんですけど、とどのつまり、私は自分の弱さを打破するための答えが分からなくてもがいてるわけです。
なので、その答えを出すことを先延ばしにしました。
というか、一生をかけてその答えを探し出すことにしたのです。

そしたら、なんか急にすっごい楽になったんです。胸のつかえがすとんと落ちました。

別にいますぐ自分を変えなくても、強くならなくても、いいじゃん!って思えたんです。一生かけて自分を強くしていこう。
時間はたっぷりある。ゆっくりやっていこう。

そう、人生は長いのです。
ゆっくり、ゆっくり、やっていこう。

悩んでもいい。
過去のトラウマにとらわれる瞬間があってもいい。
もがいて、もがいて、もがき続けて、自分だけの答えを見つけることです。


さて、長くなってしまうのですが、もう1つ。
私には、具体的に嫌いな自分ってのがいました。
それは、努力できない自分です。
何をやっても長続きしないし、何がやりたいのか分からない。
それも自分に自信がもてない原因の1つでした。

こればっかりは、もがいてるだけじゃ、解決できません。
答えはただ1つ。

がんばる。

これに尽きます。

踏み出して、踏ん張ることです。
でも、これも一生をかけて見つければいいのです。
色々やってみれば、そのうち見つかるし、見つかれば、絶対わかります。
ああ、これがやりたかったんだ、って。

それには、他力本願は捨てましょう。
結婚とか環境に頼るのは止めて、やってみることです。

本当は、こうすれば強くなれるとか、こうすれば努力できるとか、明確な答えを書けたらいいんだけど、そういうラクチンな答えはないと思うんです。

でもね、世の中には、なんとなく生きてるだけで満足する人もいるし、自分ととことん対峙して歯ぎしりすることのない人もいる。
そういう人より、もがいてもがいて苦しんで答えを得た人の方が、人生を見つめる目ってのは純粋だと思う。そして、私はそこに素晴らしい価値があると信じてます。

自分の人生を楽しくするも苦しくするも、自分次第。
自分を変えられるのは自分だけ。

「たくさんもがいたからこそ、素晴らしい人生だった」
死ぬときにそう心から思える、そんな人生が私の目標です。

闇をさまよっている人たち、一緒にがんばろう!
[PR]

by myums | 2008-08-19 01:53  

ヘルボーイ2 - Hellboy 2 -

c0057810_23144123.jpg


久々の映画。『ヘルボーイ 2』を観ました。

基本的にアメコミ物は好きじゃないんだけど、ヘルボーイはおもしろい!! 
ルックスは空恐ろしい真っ赤な巨人とか、エラがリアルでグロテスクな半魚人が、人間以上に人間らしい豊かな感情を持っていて、とってもキュートだし、ユーモアのセンスも抜群で観てる間中、愉快な気分になれます。コメディ映画といっても過言ではないくらい、笑えましたよ。

ロード・オブ・ザ・リングと宮崎駿アニメ実写版が合わさったかのような、ダイナミックなアクションやCGも見事! 今回新たに仲間に加わったドイツ語訛りの妙なロボットもいい味出してました。

「醜いモンスターこそ、ロマンチックでスピリチュアル」というギレルモ・デル・トロ監督のモンスターへの愛が作品の隅々に溢れてました。おすすめ〜。
[PR]

by myums | 2008-08-18 23:15 | 映画・海外ドラマ は行  

サマソニ 08 レポ (長いよ)

10日、サマソニ行ってきました〜。
行きの車で食べた桃がおいしかった〜。

まずは、マリンスタジアムでVampire Weekend。
かる〜く小躍りしながらスタンドで楽しんだんだけど、やっぱアリーナ降りれば良かったなー。ぴょこぴょこ踊りたかったー。
Vampire Weekend自体は、CDと同じ感じでした。悪くないけど、もうちょっとパンチがあるといいな。せっかくLIVEだからね。

お次ぎはメッセに移動して、本日期待度NO1のMute Math。

っつうか、Holly Shit!!! Frackin' MASSIVE!!!
私の期待を遥かに超えて、ちょーーーーかっこ良かった!!!

ドラムのパフォーマンス最高だし、ボーカルのポールも歌いながらキーボード弾いて、ドラムもたたいて、でんぐり返って、ジャンプしまくり。スーツ着てあの跳躍力はやばいです。
ギターの人も走り回ってましたねー。

そんでもしっかり演奏してるってんだから、すごい。

ChaosTypicalは盛り上がり最高だったし、コーラスで聞かせると共にテクニックに驚嘆。やっぱりドラミングがやばいね。みんなの「すげぇ・・・」というつぶやきが、あちこちから聞こえてました。私もひとときも目が離せませんでした。
音楽性、パフォーマンス性共に最高!!
こいつらは絶対ライブ! CDとかじゃダメ!

初来日にして早くもBest Act!!!

さあ、続いては私の大本命、Kooks!
アリーナで満喫しました〜。
一発目、Always where I need beで会場大興奮。とぅ、とぅ、とぅるっとぅっとぅる〜♪  PVが大好きな、Shine on。 めっちゃかわいかった〜。シャインシャインシャインシャインノン♪

そしてそれは、Do You wannaの途中で起こりました。ルークが突然日本語で

「すわてくらさぁ〜い。すわてくらさぁ〜い」

全員を座らせた後は、もっちろん、
がぁー
来て
どかーん!! 

♪ Do you wanna! Do you wanna! Do you wanna make love to meee ♪

歌う!歌う! 跳ねる跳ねる!! ジャーンプ!!

「Its kinda hard, cuz we dont speak Japanese」と言いながらも、片言の日本語で会場のみんなを座らせ、これだけ盛り上げちゃうってのが、ほんとに楽しかった!
しかもギュウギュウで、すわれないよーって感じなのに、全員座るまで、「すわてくらさぁ〜い」と言い続けるルーク。無邪気すぎてウケた。どんだけマイペースなんだって。

シメがSofa Songだったのがちょっと意外でした。
Seaside、歌って欲しかったー。

Kooksに関しては、言うことなし!
しゃべってもヘロヘロ、歌ってもヘロヘロなルークのユニークアクセントとボイスと、キュートさ、そして昔のクラッシュを彷彿とさせるハスキーな楽曲。生で聞けてめっちゃ幸せだった〜。


Mute math、kooksを心行くまで満喫し、完全燃焼。
汗でどろどろ、もはやすっぴん、でもそんなのどーでもいい、やすみたい・・・。
ヨレヨレになりながら、今度はビーチへ。
Xaviel Ruddをビーチで聞きながら、砂浜で休憩。
疲れすぎて食欲も湧かず、たこ焼きを食う。
ちょっと横になってビーチで寝る。

起きたら砂まみれでしたが、そのままメッセへ。
見れれば見たいな〜と思ってたSpiritualizedをちょっとだけ聞きました。
うん、結構良かったです。
もっとしっかり聞きたかったけど、友達から電話がかかってきたので合流のため移動。休みながらお食事。
DEVOのおじいちゃまたちがPlayしてたので、少し拝みました。すごく人が集まってたけど、今の子たちがDEVOなんて知ってることに驚き。私だって、リアルタイムの活躍なんて知らんってのに。あ、でもポリシスだっけ、邦楽のさ、オレンジのつなぎ着てサングラスかけたグループ。歌は聴いたことなんだけど、あのスタイルなんかは、完全DEVOの影響うけてるよね。
音楽に年齢は関係ない。 好きなもんは好き!!

おじいちゃまの健闘も終盤頃、DEVOの後のFATBOYのスマイルライブを見るため、前列へ。ノーマン登場とともに、モーッシュ!!!!

ひえー。

ノーマンなのに。ハウスのおっちゃんなのに。モッシュですか!?
このギュウギュウな人ごみで若い男の子のモッシュは、受け入れられません!!
そうそうに前線離脱。

FATBOYは、私の中ですでに、「CDでいいアーティスト化」してます。サンプリングの鬼なので、LIVEのテクニックに酔いしれて踊るって感じじゃないんだよね。
でも、ノーマンはやっぱりスマイリー!
うさぎのかぶり物かぶったりして可愛かった。
Happyな気持ちにさせてもらいました。

大好きな
「Star 69」
They know what is what, but they dunno what is what.
They just struck, WTF !!

定番の「Jump Around」
ジャンプしまくり!!

オーディエンス的には、クラブミュージックでもタテノリなのが、サマソニ!って感じでおもしろかったです。
下がコンクリだったが辛かったー。
飛び跳ねすぎて、足首いたーい。


ファットボーイを捨て、コールドプレイを見た友達に感想を聞いたところ、「70点」、だそうです。彼の場合、昔からコールドプレイのライブを見てるので、衰えを感じたというところでしょうか。途中でアリーシャ・キース出て来てピアノ弾くというコラボ劇もあったらしいけど、それでも彼いわく、「72点」。

きびしい!!! (≧д≦)ゝ

「アリーシャも歌ってコラボとかならもっと点数あげたいけど、ほんと、ちょぴっとピアノ弾いただけなんだもん」とのこと。
「アリーシャのことも、”俺の奥さん(グゥイネス・パルトロウ)の次にキレイ”とか言ってて、そのコメントは今じゃなくていいだろう。帰宅後に奥さんに言え」だって。まあ、確かにね。

コールドプレイより、アリーシャ・キースのLIVEがかなり良かったらしいです。女の子の友達は泣きそうだったらしい。
全然興味ないジャンルなんだけど、それだけにちょっと聞いてみても良かったかもーとか思っちゃいました。まあ、スケジュール的にとても無理でしたが・・・。

とにかく大満足、腹いっぱい楽しんだ、サマソニ08'でした。
[PR]

by myums | 2008-08-12 23:51 | 音楽・Party  

サマソニ レポ・・・

サマソニ、レポ書こうと思ったけど、もうだめ。
眠すぎる・・・・。
まだ体の疲れが取れてなく、仕事中も眠気との戦いでした。
後日、ゆっくり書きますわ。

北島、世界新で金メダルおめでとー!

おやすみなさい。
[PR]

by myums | 2008-08-12 00:06 | 音楽・Party  

サマソニ

今週末はサマソニです!!
私は10日だけ参戦。
昨日は、タイムスケジュールをプリントアウトして、みたいアーティストにマークつけつつ予行練習してたんですけど、気付いたら見たいのだらけ。

これじゃ、ご飯食べる時間がないじゃない!!!

移動や休憩時間を考慮に入れながら計画立て直し。
下にスケジュール書いたので、かち合った人、見かけた人、声かけてくださいな!


マイ・サマソニ・スケジュール(・ω・)ノ

12:00 Vimpire Weekend
とぅるっ♪ あいっあいっあいっあいっ♪ スタートはほのぼのサウンドで。

12:30 Late of the pier
Mute mathに備えて、ここは移動時間にするかも。

13:15 Mute math
マスト!!! 
早くもベスト・パフォーマー!


ご飯、飲み、ごろごろ。体力温存タイム。


15:30 Kooks
きたー!!! 大本命!!!
酔いしれる覚悟はできてます

16:30 Xavier rudd
ビーチでふるふる


てきとうタイム
(もしかしたら
DEVOのおっちゃんたち見るかも)


19:55 Coldplay

もしくは

20:10 Fatboyslim

ここどうするかね。
コールドプレイはそんなにファンじゃないしなー。新しいアルバムもちょっとだったしなー。
今のところ、スマイリー・ノーマンでスマイルダンスが有望。

ほかにも見たいアーティストいるけど、まあこれが限界かな。
無理せずサマソニ満喫しまーす。
[PR]

by myums | 2008-08-06 22:33 | 音楽・Party  

物事は多面的

『秋葉原の無差別殺傷事件の後、献花台に供えられた飲み物や食べ物を盗むホームレスが続出というニュースがありました。
ある番組で、その現場をおさえ、「倫理観がなさすぎる、戻すべきじゃないですか?」とホームレスに説教するという報道をしていました。

そのくらいは、見逃してあげてもいいんじゃないか?

どのみち廃棄されてしまう供え物。それだったら明日の食料もない人に食べてもらってたところで罰はあたらないでしょう。

その報道は、私の目には正義感を振りかざした弱いものいじめにしか映らず、なんだか嫌な気分になりました』

というコラムを新聞で読みました。
私も、筆者に同感です。

マスコミの報道姿勢って疑問なこと多い。特にテレビ。すごーく偏った情報しか提供してくれない。ジャーナリズムって情報を多面的に伝えて問題提起をすることで、ある一定の価値観や倫理観で他人を裁くことじゃないと思う。

ホームレスにだって色んな事情があるわけで、もしかしたら、盗んだ後に手を合わせ、「ありがとう」とつぶやいてから、おいしくいただいてるかもしれないじゃん。報道するならそういうところまで報道しなきゃね。

落書き報道とか中国に関する報道も、そう。
批判すりゃいいってもんじゃないでしょ。
人間なんだから間違えることもあるし、色々あったりするよ。
だいたい非難してる方だって、どんだけ清廉潔白な人間だっつうの。
自分だってピンポンダッシュしたり、赤信号無視したり、自転車二人乗りしたり、浮気しちゃったりした経験あるでしょうが。

もう少し実のある報道番組があったら、テレビ見る気にもなるのにな。
[PR]

by myums | 2008-08-05 17:32  

Shannon Falls

夏ですね〜。
バンクーバー行きてー!!
でも行けなぁい。
せめて写真をUPして、夏のバンクーバーに浸ってみようじゃないか。

バンクーバーからウィスラーに車で向かう途中に、シャノン・フォールズというそれはそれは豪快な滝が見えます。落差355mらしいです。東京タワーよりちょっと高いところから、ドバドバーッって水が流れ落ちてることになります。

c0057810_0491049.jpg


シャノン・フォールズ周辺は州立公園になっていて、ピクニックできたりするんですが、シャノン・フォールズの上流までトレッキングもできるって言うじゃないですか。

おお! せっかくカナダにいるんだ! こりゃ登っとこう。
ということで、バンクーバーで初めてのトレッキング@シャノン・ホールズ。

こう見えても私、中学生の頃に高尾山のナイトハイキングに参加してたのよ。山登りなら、任せてよ! 意気揚々とシュッパーツ。

c0057810_011406.jpg


c0057810_0115816.jpg


自然は偉大なるアーティスト
c0057810_0121924.jpg


c0057810_0134475.jpg

Σ(- -ノ)ノ エェ!? これ登るの!?
山登りって言うか、岩登りなんですけど・・・

道はどんどん傾斜のきつい岩階段となり、一歩間違えば奈落の底へ真っ逆さま。「トレッキング、完全なめてました。ごめんなさい」。もうこれ以上進めない(体力的に)と泣きが入った瞬間、私たちのために存在するかのような休憩スポットが現れました。

シャノン・ホールズから横に流れた支流でしょうか。
おっきな岩に囲まれた、足のくるぶしくらいまでの深さの池ができていました。

カンチョー欲求が湧いてくる一枚
c0057810_0395035.jpg


岩の上に座ったり池に入ったりしながら、のんびり休憩。

半端ない水の透明度となめらかさに感激。
c0057810_028163.jpg



パノラマに感激。
c0057810_0291676.jpg



見上げるとシャノン・フォールズの上流が。
c0057810_2352452.jpg

まだ半分くらいしか登ってないことに気付き、愕然。

いやあ、もう十分シャノン・フォールズ満喫したでしょ。
こんなにキレイな景色見れたし、リラックスしたし、おなかいっぱい!

ということで、結局登頂できなかったのですが、新鮮なお水からはマイナス・イオンが出てることを実感できました。だって、すっごい癒された。
ぷるんぷるんの空気の中で、太陽の熱であたたまった岩の上に寝転んで、日だまりのネコみたいに伸びをして。

また登りたいなー、シャノン・フォールズ。
[PR]

by myums | 2008-08-03 00:54 | 国際結婚とカナダ