<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

前下がりボビー

1年ぶりにヘアスタイルを変えました。
ロングだった髪をバッサリ切って、はやりの前下がりショートボブ!

切ってくれた美容師さんも、「似合う!嬉しい!」と言ってくれ、会社でも上々評判。我ながら、似合います。ショートの方がいいみたい。

本当はパーマかけたくて頑張って伸ばしてたんだけど、得意の初志貫徹できない(むしろしたくない?)性格が頭をもたげ、いきなり切っちゃいました。

前々から「myumsはショートの方がいい、切れ切れ」と言っていたBooを驚かせるため、「残業で超遅くなりそう」と嘘をついて美容院に。Booは帰ってきた私の髪を見た瞬間、「おおおおおおおおお!!!いいいいいい!!」と抱きつき、大喜び。

こんだけloveloveになってくれると切った甲斐があるってもんですよね。女の子として嬉しかった♪

私、超絶壁でハチが張ってて、頭の形悪いんですけど、このヘアスタイルはそれも見事にカバーしてくれ、首も長く見えて、背も高く見えるし、洗うのも乾かすのも、スタイリングもラクチン。

ここだけの話、誰でもキレイになれちゃうと思う。

おすすめでーす。
[PR]

by myums | 2008-02-27 00:50 | 国際結婚とカナダ  

のっぺらぼー

これは私がカナダにいた頃のこと。
北米ドラマを見ていたBooと私。
ドラマの中で女の子がとある会社のとある男子に電話をかけるシーンがありました。「May I speak to Mr.なんとかかんとか?」と女の子が言ったところ、電話を取った秘書だか受付だかの女性がこう答えました。


「He is のっぺらぼー」


えええええええ?!Σ(- -ノ)ノ

今、のっぺらぼーって言ったよ!「彼はのっぺらぼーです」ってなに!?っていうか、なぜ日本語!?ウケル〜。

と、1人爆笑する私を白い目で見るBoo。だって、のっぺらぼーだよ。日本でも聞かないような単語をカナダのテレビで耳にするとは。超ウケタ。まあ、彼はのっぺらぼーなはずもなく、ちゃんと目鼻口がついてましたけど。


Booに確認したところ、実は彼女は、「He is not available」と言っていたことが分かりました。「彼は今忙しくて電話出れないよ」ってこと。

この発音がね、カタカナで言うと、
「ヒーイズナットアベイラボォ」

ナットのトが日本人には聞き取りにくい上、ネイティブのスピードだとアベイラボォが
アベラボォくらいに聞こえるわけ。
そんでナットとアベラボォがくっついて聞こえたりするから、

ヒーイズナッベラボォ → ヒーイズノッベラボォ →ヒーイズのっぺらぼー

これ、ほんとだから。みんなも今度テレビとかで聞いてみて。
[PR]

by myums | 2008-02-26 23:51 | 国際結婚とカナダ  

無い物ねだりの愛しい関係

私の大好きな友達がちょっと悩んでます。
今やってる仕事が時には朝方まで働かなきゃいけないくらい激務なのにも関わらず、それが自分のやりたいこととずれているような気がするんだって。

じゃあ、今の仕事を辞めて少し休養するとか、何かつなぎで楽しそうな仕事するとかしてみたら?

と提案してみたんだけど、彼女の答えに私はビックリ。

「そういうのは時間を無駄にしてるように感じて、怖いんだよね」

ビックリというより、正しくは「へ〜!そういう感じ方もあるのか!」という新たな発見って感じかな。

私は仕事を辞めるということに対してまったく恐怖心とか不安とか感じないのです。むしろ、何かが違うと感じながら働くことの方が怖いな。
さすがに3日で辞めるなんてことはしないけど、半年くらい働いて好きになれなかったら辞めることを考えちゃう。んで、ちょっとつなぎの仕事しながらのんびりしよう〜、そしたらブログも毎日更新できるし♪とか思っちゃう。

私が過去につなぎでやってた仕事は2つくらいあるけど、1つは若い人が多いバイトですごく楽しかった!そこで出会った人たちとは今でも飲みに行ったりして刺激を受けてます。
もう1つはすごーく退屈で2度としたくないけど、その種類の仕事が自分に合わないってことが分かっただけで良かったなって思う。

要は私ってやつは、すべてを無駄に思わない、無駄って考えをはなから持ってない人間なのかもしれません。それって多分、ラッキー。

友達は、そんな私のポジティブシンキングを「いい!うらましい!」って言ってくれるんですけど、私からしたら、1つのことを根気よく続けていける彼女が、かっこ良く見える。

物事を強い意志で貫徹するってのが、私はまったくできないので、彼女みたいに強い女性に憧れちゃう。

お互い無い物ねだりなわけだけど、お互いに自分にはないものを持ってる人だからこそ影響を与え合える関係ってのが私は大好き。
自分と違う視点を持っている人ってとっても好奇心をそそられる。
視点がずれすぎてるとまったく噛み合ないので、このずれ具合が重要だったりするんだけど。

幸い、私の周りには私の好奇心をつついてくれる人が多くて、おかげで刺激のある毎日です。

話題の彼女とは明日も会う予定なので、これまた楽しみ。働き過ぎなのが心配だけど・・・。人間体が資本です。

Life for Work?
No way!!
Get a life!
[PR]

by myums | 2008-02-23 03:22  

近畿大学はkinkyじゃないって!

近畿大が英語表記の変更検討(MSN産経ニュース)

近畿大学が英語表記の変更を検討しているそうです。
なぜなら、Kinki UniversityのKinkiは、英語の「kinky」に発音が超似てるから。

kinkyとは、平たく言えば、「変態なSEX」のこと。
変態のハードルの高さはひとそれぞれでだろうけど、私の感覚では、「ピンヒールで踏む、または踏まれて快感。もっとして〜っ」ってのはKinkiyです。

そう言えば、かなり以前に、近畿大学の名前聞いたBooも爆笑してました。日本の地域名だと言うとさらに爆笑。
kinki-kidsの話をしたら、「日本のネーミングのセンス、超ウケル!」と喜んでました。

近畿大学の教授も、海外のシンポジウムなんかで大学名を言うと、ビックリされたり笑いを取れたり(かなり不本意ですが)してるそうで。

個人的には表記変更なんてしないで、Kinkyで突っ走ってもらいたいものですが。一度聞いたら絶対に忘れられない大学名ってことで。

もう1つ、日本在住外国人が爆笑してたのが、「すらっと茶」。
Slut(スラット)って、英語で「やりまん」のこと。「やりまん茶」って、あんたそんな…。
[PR]

by myums | 2008-02-19 00:53 | 国際結婚とカナダ  

世界のナベアツ その昔はコンビだった

今、一番のお気に入りが、世界のナベアツ。
画像クリックで動画に飛べますんで、見てみてよ。

「3の倍数と3のつく数字のときだけアホになります」

c0057810_23552258.jpg


個人的には、これのプログレッシブ系、「3の倍数と3のつく数字のときにアホになって、5のつく数字で犬になります」ネタのほうが好きなんだけど、見つけられなかった!

いや、まじ爆笑です。
ひーひー言いました。

でも、こっち↓のネタのほうが、がぜん上いってます!!

「T-BOLANを知らずに育った子供たち」

c0057810_2357252.jpg


終盤がもう最高。forリアとか、ありえない発想です。


そしてですね、会社のお笑いマニアの女子に教えてもらったのが、これ。

「葬式DJ」

c0057810_2359479.jpg

なんとナベアツはその昔、コンビだった!
え?
これ有名な話?

それにしても若い〜。

キャッチ・レディー・ファイヤー!
[PR]

by myums | 2008-02-19 00:00  

D-nox & Beckers @ WOMB

c0057810_21412452.jpg


三連休の真ん中にWombへ行ってきました〜。今回のイベの目玉は、D-Nox & Beckersのライブなわけですけど、私個人的にはD-NOXのDJセットが狙い!

よぉし!今夜も気合い入れてジャーマンサウンドを満喫するぞお!

と思っていたのですが、WOMBはあり得ないくらいのゲキ混みでした。先月のX-Dreamでも「ありえん!」と思いましたが、今回はそんなの比じゃありません。フロアはもちろんのこと、通路も階段もぎっちり人であふれかえり、歩いてんだか人踏みつけてんだか分かんない状態。

WOMBはいつも人入りすごいけど、あれは、過去最高だったんじゃないでしょうか。

D-NOX &Beckersのライブセットを1時間も踊らないくらいで、ギブアップ。とりあえず人をかきわけかきわけ4Fへ避難。早くもぐったりな私と友達・・・。

でも!!
D-NOXは聞きたい!!
せっかく来たからには踊りたい!!

この思いだけで、再び戦場(メインフロア)へと乗り込んでやりましたよ。

ん〜、やっぱ良かった!
硬質ながらも伸びのある明るいサウンド。
なんと言っても、Etraweltを回してくれちゃったときは、もう死んでもいいっと思ったくらい。ってのは言い過ぎだけど、とにかく嬉しくて、笑顔満開で踊る踊る。隣の友達も、数少ないExtrawelt ファン。2人で「おぉおお!!!きたー!」とかなんとか大盛り上がりでしたよ。

ありがとう、D-NOX!!

それにしても、ほんの2年前まではD-NOXでこんなに人集まらなかったのに。彼がBIG NAMEになったのか、それとも今回のオーガナイザーであるMotherの力なのか。
Sonkite、D-NOX、 Beckers、So。Mindgamesで人気あったアーティストたちは、個数年でみんなMotherに流れてるよね。
ヨーロッパのアングラサウンドで音も客層も最高のMindgamesでプレイしてくる方が、空いてていいのに!!
まあ、Motherのほうがギャラいいだろうし、集客も半端ない分、自分の音をより多くの人に聞いてもらえるわけで。彼らもシゴトですからね。仕方ないか・・・。

ショウビズのからくりは私にはよく分からないけど、好きな音がそこにある限り、踊り倒して燃え尽きてやる所存でございます。
[PR]

by myums | 2008-02-14 21:41 | 音楽・Party  

Boo、怒ってない。

Booと私は、よくマッサージあげっこします。
さっき、私がBooの肩をもんであげたら、Booの肩かたーいっ。

「わぁ、超こってるねー」

思わず日本語で言ったら、

「ううん、おこってないよ」

だって。


超こってるね → ちょーおこってるね → 超怒ってるね

おぉお!空耳アワーだ!
[PR]

by myums | 2008-02-13 23:19 | 国際結婚とカナダ  

Velours@青山

先週末、青山のVeloursってラウンジバーに行ってきました。

ドアマンがエスコートしてくれるエントランスを入って、スケルトンケースを埋め込んだような通路を右に進むとバー、左に進むとメインフロアになっています。

赤と黒を貴重にした内装は、重厚なヨーロピアンデザイン。わざわざフランスまで行って買い付けたというバカラのでっかいシャンデリアがプラチナゴールドのきらめきでほのかにフロアを照らし、まばゆいほどに妖艶な雰囲気。

DJも入ってましたが、音はハウス系のAll MIX。
格別良いわけでもなかったですが、悪くもなく。Clubじゃないので、この程度で十分。踊ってる人もそこそこいましたよ(私とBoo含む)。

最初は、このとんでもなくゴージャスでグラマラスな雰囲気に、庶民の私はくらくらしそうだったんですけど、気づいたら踊ってました。結局どこ行ってもやってること同じね。

本当はスノビッシュな社交場って趣味じゃないけど、ここは変な気取りがなくて良かったです。なんと言っても、スタッフのサービスが良かった。

私の友達が酔いすぎて外で休んでたら、ドアマンがわざわざ「大丈夫ですか?」って駆け寄ってくれたり、私が「彼にお水を買ってきたいからReenterさせて」と頼んだら快く承諾してくれて、とってもいい人。

中のスタッフも、背筋をきちんと伸ばしているのに、肩に力は入ってなくて、フレンドリーかつジェントルマン。レディ扱いしてもらっていい気分になれました。

女の子同士で、Dressed Up行ったらもっと楽しいかも〜。


どんだけラグジュリアスなのか知りたい人は、Veloursのwebへゴー
[PR]

by myums | 2008-02-10 01:25 | 音楽・Party  

友人の格言

友人の格言。

「物事は形から。
何事も浅く広く中途半端に!(-_☆)」


うーん、その潔さ、アッパレ。
[PR]

by myums | 2008-02-06 00:06  

Boo、狙われる

「もしもし? びょーいん、びょーいん! 英語、おしえて!」

という電話が、Booにかかってきました。

電話の主はBooの通っている美容院(Booには病院に聞こえる)の元店員さんらしいです。「英語、おしえて」と言われても、残念ながらBooは英語の先生でもなく、タダで他人に英会話講座開いてあげられるほどヒマじゃありません。

「オレハ、エイゴ、オシエマセン」

片言の日本語で返事をすると、今度は「じゃあ、遊ぼう遊ぼう!」と誘われたそうです。さすがにウザイと思ったBooは、「イマ、シゴト、イソガシイだから、ゴメンネッ!」と丁重(?)にお断りを入れ電話を切ったとのこと。

っていうかね、この人、前にも何度か「英語教えて」って電話してきてるんですよ。いつも断りを入れてるんですが、忘れた頃にかかってくる。

しつこい・・・。


「サイコだったらどうしよう。断ったことを逆恨みして殺されたりして・・・」と怖がるBooに、笑って「そんなことないよー、大丈夫大丈夫」と答えた私ですが、Booの不安もあながちバカなこととは言い切れません。
Nova事件もあったことだしね・・・。

きゃあ、こわいよー!
[PR]

by myums | 2008-02-02 18:08 | 国際結婚とカナダ