<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

Gone Baby Gone

c0057810_234347.jpg


ベン・アフレック初監督作品、ベンの実の弟ケイシー・アフレック主演作『Gone Baby Gone』を観ました。

ケイシーはベンの長い顔を縮めた感じで可愛いのですが、アゴの割れ具合はさすが兄弟!遺伝子感じます。このアゴはきっと代々受け継がれていくことでしょう。

ケイシーはボストン郊外で私立探偵業を営むパトリックを演じているのですが、これがなかなかどうして良かったです。賢く小生意気な小僧を嫌みなく演じてましたよ。ベンより全然いい俳優さんなんじゃない?!
個人的にはアクのある俳優が好きなので、ケイシーの好感青年ぶりが物足りないんだけど、今後が楽しみな俳優さんってことで。

で、本題の映画の方はっていうと、中盤はすっごくイイのにラストがいただけない!!
あと、イーストウッド映画臭が終始漂うところも気になったな。
エド・ハリスやらモーガン・フリーマンやら出てくるし、原作はイーストウッドが監督した『ミスティックリバー』の作者と同じだって言うし、映画全体に流れるくらーいトーンも一緒。最後に「さぁ、あなたはどう思いますか?」って、観客側に問いを投げて終わるところも同じ。


c0057810_234409.jpg


その問いかけも、私には「いやぁ、こりゃ参った!難しい問題だ。うーーーん」ってなるような類いじゃなかったんですよね。むしろ、「そこで悩むな!!」と喝を入れたくなりました。
と同時に、「人生は大変なんだぞー、悲哀がたっぷりなんだぞー、自分ではどうしようもない運命によって作られてるんだぞー」っていう説教がましさを感じました。

思えば『ミスティックリバー』を観たときもなんか嫌悪感を覚えたし、私、この原作者の描く世界が好きじゃないのかも。人生を無理矢理不幸にしてるような感じがして。

ただ、私立探偵物っていう非日常的な設定のおかげか、主演のケイシーの若さのおかげか、はたまた監督ベンのおかげか、『ミスティックリバー』よりはやや軽いノリがありました。地元のギャングからたれ込みもらったり警察とも仲良くなったりってのが、探偵物っぽくて良かったですね〜。

いっそ原作なんて無視して、そのまま探偵物として終わってくれれば良かったのに。。。


c0057810_2345935.jpg


初監督作品なのでまだ何とも言えないんですが、この映画を観た限り、ベンは暗く重いセンシティブな問題を扱うには説得力が足りないかな〜って感じました。
次回作に期待!

以下ネタバレ。私が「こりゃ難しい問題だ!」とならなかったワケ
[PR]

by myums | 2008-01-28 23:31 | 映画・海外ドラマ か行  

Festival of Light @Vandusen Botanical Garden in Vancouver

久々にカナダの話題。2004年の話題なんで、ちょっと古いですけど。


Vandusen Botanical Garden
はバンクーバーにある植物園です。デカイっす。クリスマス時期にFestival of Lightっていうイルミネーション・イベントをやってると聞いて、「ねぇん、連れてって~ん」と色仕掛けでBooを落として連れてってもらいました。

たかが植物園だし、子供だましのかわいらしいライトアップだろうなっと思っていたのですが、これがなんとすごかった!

赤、青、黄、ピンク、白、色とりどりに庭園中がライトアップされ、その光が花や草や木々たちを幻想的に照らし出す。まさに光の祭典。

私とBooは、おとぎの国に迷い込んだ子供のようにはしゃいで、写真もとりまくり。

c0057810_0152519.jpg

宇宙空間歩?!

c0057810_016264.jpg

童話に出てくるお花みたい。

c0057810_0163658.jpg

このデコいい!

c0057810_0174091.jpg

湖に反射する光がまた幻想的なの~

締めは光と音のパレード動画で!

ディズニーランドも真っ青!
とはいかないけど、町中の植物園にしてはかなりやるでしょ?

久々にこの写真と動画を見たら、また行きたくなったぁ。Booも隣で、「また行きたい」って言ってる。楽しかったもんね~。

バンクーバーの大切な思い出の1つ。


Festival of Light
毎年12月の初旬から翌年1月新年までやってます。
だたし、12月25日は植物園自体が閉園ですから、注意。

Vandusen Botanical Gardeのサイトは→ここ
Festival of Lightsのinfoは→ココ
[PR]

by myums | 2008-01-23 00:30 | 国際結婚とカナダ  

Things we lost in the fire

c0057810_22344273.jpg


個人的には、世間で言われるほどの大女優とは思えないハル・ベリーと、眼光で妊娠させる男ベニチオ・デル・トロ主演の、目ヂカラガチンコ対決映画『Things We Lost in The fire』を見ました。

最初は、最愛の旦那さんを突然失い、2人の子供を抱えたまま途方に暮れるオードリー(ハル)の再生物語かと思ってみてたんですが、実は、この映画にはもう1つの物語がありました。

それは、ヘロイン中毒からの再生物語Byデルトロ。

デルトロさんは、オードリーの旦那さんの親友でヘロイン中毒のジェリーという役どころ。ドラッグでロレロレ状態は、デルトロさんの得意分野です。
イスに座って意味のないことをうんたかんたらしゃべってたかと思うと、話してる途中でいきなり白目剥いて静止しちゃうし、死んじゃったのかと思ったら、ビクゥッ!と目を覚まして「Oh... I fell asleep」、だって。
そのヨレっぷり、素晴らしい!!
Booと一緒に大笑いしました。

デルトロはこういうとぼけた演技がいんだよねー。どんなにだらしなくて弱くて、ダメ人間やってても、デルトロさんが演じると必ず哀愁と少しのユーモアがある。あの小汚い風貌と鬼気迫る演技が逆に笑いを誘うって感じ。


その上、この映画、目のクローズアップを多用して、「目で語る」タイプの情緒的な映画。これまたデル・トロ得意中の得意分野!
なんてったって、眼光で妊娠させる男ですから。

この映画、デル・トロのための映画?って思ったくらい。
デル・トロさんも、楽々こなしてる感じでしたね。


c0057810_22352854.jpg



ハル・ベリーは、デル・トロさんに役者として好戦的な感じがちょっとしました。
2人の目がクローズアップするたびに、「負けないわよ~」って火花がバチバチ飛び交っているように見えたのは私だけじゃないはず。
彼女の出てる映画ってあんまり好みじゃなくて、「チョコレート」と「ソードフィッシュ」くらいしか見たことないんだけど(ソードフィッシュはおもしろかった)、意外にチビッコ女優なんだね。

ハル演じるオードリーは未亡人になって、女として母として妻としていろんな意味で男手が必要だったので、ジェリーに一緒に住んでくれと助けを求めます。だけど、自分が思ってた以上にジェリーが良い人で、子供たちもすっかりジェリーになついてしまって、オードリーは死んだ旦那のポジションがジェリーにリプレイスされてしまうような不安感に襲われてしまうんです。

でも実のところ、オードリーが不安がっていたのは、それだけじゃないと思います。

オードリーにとってジェリーは、「死んだ旦那の空虚感を埋める」程度の存在でした。
「眠れないから一緒に寝て」とジェリーに頼んだり、ジェリーがシャワーを浴びている間にバスルームに忍び込んだりっていうのは、明らかにジェリーを誘ってて、無垢な表情を装いながらも、そこににはオードリーの女としての計算が見え隠れしてます。
自分にダメ人間というレッテルを貼ってるジェリーに対して、傷の舐めあいという現実逃避を期待してるところがあったりして、オードリーは無意識にジェリーを利用してたんですね。

ところがその感情が、徐々に人間同士の絆とか愛とかってものに形を変え初めたとき、オードリーはそんな自分の心の変化を許すことができなかった。

だからオードリーはジェリーを自分たち家族から引き離す決意をするのですが、それを告げるタイミングがまたヒドイ。

公園ピクニックの最中、草原の上に敷いたシートの上で、笑い声を上げて走り回る子供たちを幸せそうに見つめるジェリー。ジェリーの横顔に浮かぶ充足された温かな微笑みを認めた後、オードリーは言うのです。

「私は、きっと、二度と幸せを感じることはないだろうなって思うの」

これって、「あなたは今、これこそ幸せだと思ってるかもしれないけど、私は全然幸せじゃないわ。あなたじゃ私を幸せにできないのよ」ってことで、こんなヒドイ言葉、このタイミングで言わないでも・・・って思っちゃった。


c0057810_22375127.jpg



オードリーってとっても計算高くて賢い女性だと思います。どのタイミングでどういう言葉を使えば効果的なのか分かってる。
未亡人という悲しみを誘う役どころであるにも関わらず、女のしたたかさを感じてしまうのは、監督が演出したかったオードリー像なのか、それともハル・ベリーの演技のせいなのか。

ハル・ベリーっていい人そうだし、いつも自信に溢れててキレイだと思うけど、そいうところが繊細で不安定な演技を必要とする映画には、逆効果なんじゃないかな。自分の気持ちが分からなくて迷い続ける雰囲気とか、叙情ってものがないんだよねー。


この映画の見所って本来は、オードリーの心の葛藤にあるはずで、私もそれを追って見たけど、結局のところは、デル・トロさんの演技に全部持ってかれたって感じかな。デル・トロさんがいなかったら、つまんない映画になってたと思います。


思いやりのあるラストはとっても良かったです。


c0057810_2239178.jpg


あ、あと、オードリーの旦那さん役は、X-Fileのモルダーさん。この人、CalifornicationってTVドラマで、モルダーの時とは打って変わった、女好きの落ち目作家ダメ人間を好演中です!モルダーのときより人間味があっていい感じです。
[PR]

by myums | 2008-01-20 23:05 | 映画・海外ドラマ さ行  

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 Mr. Magorium's Wonder Emporium

c0057810_18433918.jpg


『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』、楽しかったです~。
魔法いっぱいのおもちゃ屋さんは夢いっぱい。

壁についてるハンドルを回してドアを開けると、スポンジボールがピョンピョンはねてる不思議な空間に繋がってたり、セサミストリートのエルモがお買い物に出たり、ソックモンキーが寂しげな顔でそっとあなたの腕に手を添えたり。

ソックモンキーの下がり眉が可愛くてたまりません!

溢れ返るおもちゃたちの中に、ウチのBaboや、ジェフくんや、Be@rbrickまでこっそり出演してるのも発見!

(>▽<)きゃー♪ あれ、ウチの子よ~。

c0057810_1812295.jpgBABO


c0057810_1891626.jpgジェフ君


c0057810_1819976.jpgソックモンキー


マゴリアム役のダスティン・ホフマンも人形みたいなコミカルな動きがよくお似合いでした。ナタリー・ポートマンは大好きだけど、魔法を信じる・・・には、ちょっとうそ臭い感じがしちゃったかな。

でもでも、世界中から集られた1万点以上ものおもちゃたち、スターダストのようにキラキラ輝く映像、カラフルな衣装。とにかくハッピーで楽しい映画でした!

監督さんは、『主人公はぼくだった』を作ったザック・ヘルムって人。あの映画も映像がファンタジックだったな~。遊び心があって、カラフルで、見てると元気が出てくるような。そいうところも、今回の『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』と似てるかも!
[PR]

by myums | 2008-01-16 18:51 | 映画・海外ドラマ ま行  

あるスキャンダルの覚え書き Notes on a Scandal

c0057810_16212268.jpg


同姓のストーカーもの、『あるスキャンダルの覚え書き』を観ました。

今回も英国の市原悦子、ジュディ・デンチ(やっと名前覚えられました)が、いい仕事してくれてます。若い美人教師にのめりこんで執拗に追いかけるというストーカー役なのですが、窓際からターゲットを見つめる姿が、まるで「家政婦は見た」そのもの!

ターゲットのシーバ役には、ケイト・ブランシェット。向こうが透けて見えそうなほど白くてはかなげであるにも関わらず、相変わらずの顔力と上品な存在感。
シーバは、「なんとなく寂しいの」という理由で、新任早々15歳の生徒と肉体関係を持ってしまいます。そして、偶然にも2人の情事を目撃した家政婦、じゃなくてバーバラは、それをネタにシーバを自分の支配下に置こうとするのです。

バーバラのシーバへの感情は、友情や恋愛っていうより支配欲ですね。シーバにとって、自分の存在が優先順位No.1でないと気が済まない。

でも、シーバは結婚もして子供もいる上、不倫相手の教え子もいたりして忙しいので、いつでもバーバラの期待に応えるってわけにはいかないのです。バーバラが、可愛がっていたネコが死んじゃって悲嘆にくれていても、ダウン症の息子の発表会があれば当然ソッチを取るのです。

バーバラはそれが許せない。
私より家族を取るなんて!!断じて許せん!!
あの女を破滅させてやるわ。ウケケケケケーΨ(`▽´)Ψ


c0057810_16245329.jpg



というわけで、15歳の教え子との背徳行為は白日の下にさらされることになり、シーバの旦那さん、激怒。

この旦那さんってのが、なかなかいい役どころ。精神的に未熟で流されやすいアホなシーバと、偏執的で屈折したバーバラが互いにヒトリヨガリな世界を構築する中で、唯一まとな大人として、ちょこちょこ登場しては映画のバランスを取ってくれてます。

特に激怒シーンでは、生唾ビシバシ飛ばしながらの迫真の演技。
シーバが、「寂しかったのよ・・・」というと、
「誰だってそういう感情を持ちながら生きてるんだ!大人なんだからそういうものはコントロールしろ!!」

はたまた「悪いのは私。彼は無実なの」なんて言おうもんなら、さらに唾を吐き飛ばしながら
「Of course he is Innocent!! He is FIFTEEEEEEEEENNNNN!!!」
(当たり前だろうが!彼は15歳なんだぞぉぉぉお!!)


c0057810_1628166.jpg



まったくもって仰るとおりでございます。
私も本当にそう思います。理性ではね。

でもねー、現実世界だったら、この旦那さんはバランス感覚の取れた素敵な人だと思うけど、そうやって理性で通りを説かれちゃうと、映画としてはつまんなくない?
こういう映画にはバランスは要らない思うの。むしろ均衡が崩れまくって行き着くところまで行っちゃってた方が、鳥肌モノの芸術作品に仕上がったんじゃないかな。

バーバラのストーカーぶりがちょっと甘いところにも、スケールに欠ける要因かな。拾ったシーバの髪を日記に挟むだけじゃなくて、髪をコレクトし続けてミサンガ作って肌身離さず身に付けるとか、髪を手にとって舐めるとかさ。

バーバラのヒトリヨガリをもっともっとDeepに変態的に描いて欲しかったなー。描き方撮り方次第では、そういう変態的映画も芸術作品になり得るのにな。
その境地まで至ってない、惜しい映画でした。
変態すぎて忘れられないシーン満載の『パフューム』でも見習って欲しいものです。
[PR]

by myums | 2008-01-16 17:00 | 映画・海外ドラマ あ行  

Everything's gone green

c0057810_16173760.jpg


バンクーバーが舞台のカナダ映画、『Everything's Gone Green』を観ました。
主人公のライアンは、平々凡々な自分の生活に不満はないながらも、ある日突然金持ちになれたらいいのにな~と心のどこかで願っている、まさに平々凡々な青年。
そしてなんと、ある日突然、金持ちになれるチャンスがやってきます。
ちょっとした悪事を働くだけで、大金が手に入る。
ライアンは、ちょっとした悪事と引き換えに、お金を手に入れることに成功。イイ服で身を包み、イイ車を乗り回す優越感に、しばらくの間はご満悦だったライアンですが、その後、どたばた途中経過があって、最終的には、「人生を豊かにするのは、お金じゃない」ということに気づき、めでたしめでたし。

あっ、ストリーリー全部書いちゃった!

だってねー、あまりにも使い古されたテーマの上、展開に捻りがまったくないんだもん。引っ張りどころがないよ・・・。


つまんなくはないです。
後半の、ジャパニーズマフィアが現れてドタバタってところは全然面白くなかったけど、そのほかの部分はゆる~い雰囲気で、笑いもあって、あったかい感じです。

自分と同じ平々凡々だと思ってた友達が自宅でWeed栽培してるドラッグディーラーだったり、お父さんとお母さんも地下室でWeed栽培して、Weedの株に名前つけるくらい可愛がってたり(しかもイイネタ作るとその界隈で有名)、っていうのは、いかにもバンクーバーネタらしくて笑っちゃうし、ライアンが恋する女の子のおばあちゃんも、キテレツでおもろいです。
ライアンの雰囲気もゆるくいい味だしてます。


だけど、やっぱり物足りない。
1つ1つのエピソードは悪くないのに、それぞれがバラバラすぎて、まとまりがないんだよね。彼女に振られて仕事失ったと思ったら、再就職先が見つかって、クジラが浜辺に打ち上げられてそれを見に行ったら女の子に恋に落ちて、中国語教室行ったらそこで女の子と再会して、女の子の彼氏に悪事の手伝いを頼まれて、金持ちになって、別の女の子にひっかかって、マフィアに追っかけられて・・・、一時間半の間にエピソード詰め込みすぎて、ガチャガチャうるさい感じになっちゃったかな。
数あるエピソードを少し削って、大切なエピソードにもう少し味付けしてあげたら、テンポ良くて、ゆるさのある面白い映画になったのにな~。


可もなく不可もない映画でした。

Booの感想(/・ω・)/

「バンクーバーって本当にこういうところだし、バンクーバーの人たちって本当にこうだし、まさにバンクーバーを表現してる映画!」

ということで、バンクーバー生活を知りたい人は見てみると良いかも。
[PR]

by myums | 2008-01-12 17:56 | 映画・海外ドラマ あ行  

初踊り! X-DREAM @Unit

c0057810_0281214.jpg

今年の初踊りは、X-Dream @Unit でした~。


X-Dreamは、ドイツ出身のテックトランスのカリスマアーティスト2人組み。
ファットでヘビーなベースラインと、ダークだけどドライブのある世界観が特徴です。
ほんでもって、前にも紹介した私の大好きなExtrawelt(Midimiliz)と一緒にGravity Plus Recordsというレーベルを設立しております。
以前は私もX-DREAMが好きだったんだけど、彼らがアリエルという女性ボーカルを携えるようになってからは、どんどん遠ざかってしまって、最近ではまーったく聞いてませんでした。

歌はいらないんだよ、歌はっ!!

コンサート見にきてるんじゃないだからさ、こっちは。
ステージで陶酔してくねくねしながら歌ってるの見ると、気持ちが萎えちゃうんだよね~。陶酔すべきはフロアで踊ってるオーディエンスであって、君じゃない!!

X-Dreamに限らず、ボーカル入れてる、もしくは自ら歌っちゃうアーティストが多いのはなぜ?よりLIVE感を出したいってことなのかもしれないけど、It turns me off. 素人がカラオケ歌ってるようにしか見えなくて、チープな感じがする。


ところが!
今回は、ヤンとマーカスのコアメンバーのみで、アリエル抜きだって言うじゃありませんか。こりゃ久々にハードでダークな暗黒街に迷い込めそう~。しかも、友達がVJするってんで、視覚的にも楽しみ!


ちょっと早めにINするとSEND FORCEという2人組みがPLAYしておりました。テックなんだけど柔らかいミニマルで、準備運動には丁度良かったです。「右の男の子が超カッコイイ!」と友達と一緒に盛り上がりました。


イケメンチェックなんぞに気を取られてるうちに、X-Dreamの片割れマーカスのDJセットがスタート。本日のマーカスのファッションは、小豆色のT-シャツに小豆色の長袖シャツ。どんだけ小豆が好きなのかと問いたくなるような色使いです。
英会話学校の先生を彷彿とさせるような感じ。

実は、彼は日本が大好きで日本人の彼女がいるらしいんです。園芸にLOVEだという噂も聞いたことがあります。テクノトランスなんてハードな音作ってる割に、本人は落ち着いた人なのかもしれませんね。

と、小豆色のシャツから勝手にマーカスの人柄を連想してみたわけですけど、ファッションと同様、彼のDJセットも落ち着いたものでしたよ。X-Dreamのハードテック暗黒一直線よりちょっと押さえ気味のハードミニマル。かなりミニマルテクノよりで、タイトにカッチリ固めてました。

個人的には、もうちょっと広がりが欲しいかなって思ったけど、マーカスがとっても楽しそうにDJしてたで良しとしましょう(って私、何者?)。のってきた彼が小豆色のシャツを脱ぎ捨てた瞬間は見逃しませんでしたよ。

続いてElectro+Ryoさんを挟んで、やってきましたX-DREAM!!
ちょっと太った感のあるヤンと、小豆色のシャツ再度羽織っちゃったマーカスのご登場です。

ドンドンドンドン、地響きのような太く力強いベースがスピーカーから流れ出た瞬間、すでに満員御礼のフロアの熱気は早くも最高潮に。

その後もダークで妖しく疾走感タップリのX-DREAMワールドはオーディエンスをグイグイ引っ張り、最初から最後まで絶好調!!

隙間無く埋め尽くされた超満員のフロアは暑くて暑くて、普通だったらとてもいられない状態なのに、気づいたら、踏んでも踏んでも足りないくらい床踏みしめて踊ってました~。
小島よしおバリに踏みしめましたよ~。
昔の曲もREMIXして回してくれて、あり得ないくらいカッコイイ!

久々に味わったX-DREAMは、嵐のようにやってきてみんなを高みにさらったかと思うと、また嵐のように去っていきました。その後に残ったものは、「やってやったぜ・・・」という達成感。

あの人ごみの中でもみくちゃにされながら、我ながら、パワー炸裂でむちゃくちゃ踊ったもんですよ。私だけじゃなくて、みんな汗だくでよく頑張った。

友達とも新年のカンパイして一緒に踊れたし、大満足です。
みんなで、燃え尽きるまで踊りました!走りぬきました!

ちなみに友達のVJは芸が細かくてカッコよかったです。「ガチャガチャうるさい映像じゃない?」って本人は言ってましたけど、そのくらいがテックトランスにはピッタリだと思うよ!
[PR]

by myums | 2008-01-06 17:30 | 音楽・Party