<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

アンタ、コレ観なきゃ年越せないわよ2007

今年ブログにアップした映画のベスト5をピックアップ!

<アンタ、コレ観なきゃ年越せないわよっ!2007>

第5位 『ロード・オブ・ドッグタウン』

ダイナミックなスケボーシーンと少年たちの青春が駆け抜ける中、ヒースのロレロレっぷりがたまらない!



第4位 『ステイ Stay』


ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー、ライアン・ゴスリングと私の好きな俳優さん勢ぞろい。映像的にもよく出来た映画でした!



第3位 『僕の大事なコレクション Everything is Illuminated』


前半のほのぼのした雰囲気が素敵。盲目と思い込んでるおじいちゃんと、サミー・デイビス・ジュニア・ジュニア。アメリカかぶれでニグロが好きという長男アレックス。そんなユダヤ人一家とジョナサンのやりとりがほんとに可笑しかくて、Booとケラケラ笑って見ました。

「Were you able to make to repose?」の名セリフは日常でも使わせてもらってます。


第2位 『敬愛なるベートーヴェン Copying Beethoven』

ストーリーはまったく陳腐。でも、柔らかな光に包まれた繊細な音と映像が印象的でした。真新しい万年筆が五線譜の上を走る映像や、圧巻な第九のオーケストラ演奏。ベッドシーンなんかないのにすごく官能的な映画に仕上がってます。


第1位 『運命を分けたザイル Touching the Void』

最初から最後まで目が離せませんでした。生と死の狭間にある「無」に触れる瞬間を、視覚的にも聴覚的にもリアルに描いてて、そこがすごく魅力的でした。
こりゃ死んだほうがいっそ楽なんじゃ・・・と思うシーンの連続です。



今年はこんな賞を作ってみました。

世界を知る女になれ!ドキュメンタリー賞

受賞作品は、『God grew tired of us』。

アフリカの内戦問題を明るく希望に満ちたものに仕上げた傑作です!
アメリカに渡ったアフリカの少年たちの異文化体験(っていうか文明体験?)をコミカルに描きつつ、内戦のために苦境に立たされている家族のため、そして自国に平和を取り戻すためにできることを1つ1つこなしていく彼らの真摯な姿を追っていきます。

彼らは俗に言う「アフリカの恵まれない子」なのかもしれません。でもそれってメディアが仕立て上げたイメージであって、彼らは実は私たち以上にたくましく、明るく、幸せってものを知っている子供たちなのです。もしくは、自分たちが神に見放されたと思って絶望に涙することもあるのです。つまり、私たちと同じなんですね。

私たちが彼らに与えられるもの以上に、彼らから学ぶものがたくさんあるんだな~と思った映画でした。


<総評>
今年は、「やられた~!!」って感じる映画には出会えませんでした。
多分、去年が良すぎた。


それではみなさん良いお年を・・・。
そして来年もよろしく!!
[PR]

by myums | 2007-12-31 18:14 | 映画・海外ドラマ 年末ベスト5  

アイ・アム・レジェンド I Am Legend

c0057810_15494169.jpg


ウィル・スミスの映画をまた見てしまいました。『アイ・アム・レジェンド』。

怖かったー!!

怖くて途中泣きそうだったよぉ。
ウィルスに感染した人間じゃなくて完全ゾンビだよ、あれは。


『幸せのちから』のときに書いた通り、ウィル・スミスの映画にはいつも肩透かしくらわされてますが、今回も微妙でした。

地球上の人間が全員死んだのか、何が起こってどうなったのか不明だった前半は、ストーリー展開も良かったし、マネキンを友達風に仕立ててるのもお茶目だったし、Work Outするウィルスミスの肉体もHOTだった!胸焼けしそうなくらいセクシーだね。


c0057810_15512529.jpg


このままサスペンスホラーで進んでくれることを願うけど、ウィルスミスの映画だし、人間がゾンビ化してるとかいうベタな展開かもな~、という私の期待にバッチリ応えてくれちゃって、映画中盤から、ゾンビと戦うウィルスミス1人舞台のアクションホラーものへ。

あぁ、やっぱり・・・・・・・・( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

展開も終わり方も説得力なくて、「はぁ?」って感じだったけど、特殊メイクが怖かったので良しとします。ゾンビの中でもリーダーっぽい人がいたりするのも面白かったです。あの人は一体何者!?

映画としての深みはまったくありませんが、爬虫類の呪いにかかったようなゾンビたちをご堪能ください。
[PR]

by myums | 2007-12-31 15:51 | 映画・海外ドラマ あ行  

スターダスト Stardust

c0057810_14525383.jpg


ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファーが出演してると聞いて気になってたファンタジー映画、『スターダスト』を観ました。

これは愉快でした!

女の子に姿を変えた流れ星。魔法の国と、空飛ぶ海賊船。永遠の若さを手に入れるため流れ星の心臓を狙う醜い魔女たちに、王位継承を狙う魔法の国の王子たち。

分かりやすくて夢のある設定の上、ブラックユーモア満載!


c0057810_14561783.jpg



王座を狙う王子たちは、隙あらばライバルである自分の兄弟を殺していくんですが、殺されたほうは亡霊としてこの世に残り、王座の行方を見届けなければいけません。って言っても死んじゃってますから、王座もへったくれもないわけで。
最後に残った王子の後ろから「あーだこーだ」と野次を飛ばし、かっちょよく技が決まればやんややんやの大喝采。

ポップコーン片手にK-1観戦状態。

しかも殺された時の姿なので、頭に斧がぶっささってるわ、顔半分ひしゃげるわ、膝から下があり得ない方向に曲がってるわ、見た目グロなのがブラックで楽しかったです!


c0057810_1552317.jpg



それから空飛ぶ海賊キャプテン、シェークスピアの女装趣味もぶっとんでて面白かった~。キャプテン役はデ・ニーロです。彼はコミカルな役がすっかり板についちゃって、「あのデ・ニーロが女装!?」みたいな驚きはまったく感じませんでしたが、いい年こいたオヤジがピンクのフリフリに身を包んでクルクル踊ってる姿はウケますね。

海賊船が空を飛ぶシーンは、ゴージャス!
これこそファンタジック・アドベンチャー!っていうかこの映画の金はここに注がれたって言っても過言じゃないくらい。そうとう力入れて撮影したはず。
チープなスケールの映画なのに、空飛ぶ海賊船のシーンだけは息を飲むほど豪華絢爛。なんだかんだ言って、船が空飛んじゃうのってわくわくする~。

唐突に現れるユニコーンも忘れちゃいけません。おとぎの国といえば、やっぱりユニコーンですから。あまりに意味不明に出現するので、笑っちゃいました。


c0057810_1502547.jpg



ミシェル・ファイファーの魔女役ってはありきたりでしたけど、彼女は似合うからね、魔女が。「ひぃぃぃぃーっ!!」ってひきつる顔がとてもよくお似合いでした。でも、押切もえに見えるのが気になりました。


ロード・オブ・ザ・リングのようにスペクタルでもないし、入り組んだ設定もなし、ドラマティックなカメラワークや度肝を抜かれるようなCGでもないですが、素朴なワクワク感と素っ頓狂さがギュッと凝縮されてて、見てる間中楽しかったです!


ただ、流れ星役がクレア・デインズなのは、いただけない。あの人、骨太じゃない?星って感じの繊細さがないと思うの。このキャスティングは残念だったな~。
[PR]

by myums | 2007-12-31 15:13 | 映画・海外ドラマ さ行  

アメリカン・ギャングスター American Gangster

c0057810_1583692.jpg


「この映画、きっとMyums好みだよ」というBooのおすすめで、『アメリカン・ギャングスター』を観ました。

70年代初頭のハーレムでギャングのお抱え運転手として働いてたフランクが、ボス亡き後にハーレムを仕切る麻薬王にのし上がっていくという、事実に基づくお話です。

黒人ギャングものと聞いて、Fuckin'が飛び交うドンパチをイメージしてたんですが、箱を開いてみたら緻密な麻薬ビジネスもの。なんと言ってもフランクその人のキャラクターが最高に魅力的でした。

フランクは一匹狼の黒人ギャングでありながら、自分の男兄弟を仲間に引き入れ、イタリアンマフィアのように家族でギャングビジネスを展開。

麻薬の原料を仲介ではなく自ら東南アジアへ乗り込んで直接交渉し、なんと軍用機に載せて調達。仲介料を省くことで他のギャングやマフィアより安価に設定するのです。
その上、他社が少しでも量をかせごうと化学物質を混入させているところ、フランクのヘロインはピュアで質もバッチリ!


c0057810_15133796.jpg



そうして独自の販売方法で一気にハーレムの麻薬王へとのしあがったフランクですが、決して派手に豪遊したり名を売ったりせず、身分を隠し、目立つことを嫌います。
周囲のマフィアも、まさか一介の黒人がイタリアンマフィアのようなビジネスを築きあげているとは思いもせず。
フランクは自分の肌の色とそれによる人々の先入観を隠れ蓑に、静かにハーレムの麻薬王に君臨します。

それは警察や周囲のマフィアからのマークを避けるための戦略の1つであったのですが、それとは別に、権力やお金を武器に力を誇示することをUncoolとするフランクの人生観もあったと思います。

自宅のホームパーティーでいい気になって大騒ぎしてる兄弟の一人に、フランクは言います。
「この部屋の中で一番弱いやつが誰だか分かるか?それは一番騒いでるやつだ。お前のことだよ」

私もそう思うよ、フランク!

弱い犬ほどよく吼えるとはよく言ったもんで、お金を権力を嵩に騒ぎ立ててる人って、みっともない。自分が本当は弱いってことを露呈しちゃってるようにしか見えないです。


ビジネスの展開の仕方にしても、彼の持つ人生観にしても、フランクはWiseな人だったんだな~って思います。



c0057810_15104127.jpg



最近パッとしなかったデンゼル・ワシントンにとっても、フランクはかなりの当たり役でした。フランクを追う警官役のラッセル・クロウも良かったです。女癖が悪いけど正義感の強い男の役って、プライベートでもやんちゃなラッセルそのものって感じ。

サイトで予告編を見たら、ラッセルとデンゼル、2人のアカデミー受賞俳優激突!みたくなってましたが、ラッセル演じるリッチーの描写は中途半端なので、ラッセルのことはあくまで脇役として見たほうがいいと思います。
「主役級俳優ラッセル・クロウの脇役姿」って方がキャッチーだしね!

フランクに敵対するギャング役のキューバ・グッティングJr.は、久々に見ました。『僕はラジオ』以来。年取ったな~。この人は、私の中で、ギャングじゃなくて、ピュアなヒューマン系な役のイメージです。


期待以上に骨太で重厚だったし、ソフト帽にサスペンダーといった70年代の黒人ファッションもカッコよくて、おもしろかったです!
おすすめしてくれたBooちゃんに感謝。さすが、私のテイスト分かってるね~。
[PR]

by myums | 2007-12-29 15:26 | 映画・海外ドラマ あ行  

10年ぶりのオアフ島

c0057810_15512430.jpg
海だ!

c0057810_15523936.jpg
虹だ!

c0057810_15533362.jpg
夕陽だ!

c0057810_15535372.jpg
サンタさんだ!

ということで、10年ぶりにオアフ島へ行ってきました。
毎年オアフでクリスマスを過ごしているBooママとStep Dadとの久々の逢瀬を果たし、シュノーケリングしたりサーフィンしたり(初心者でも立てる偽サーフィンね)、ビーチでごろごろしたり、スパ行ったりと、脳みそ溶けそうなくらいリラックスした1週間を過ごしてきました。


それはそれで楽しかったのですが、やっぱりワイキキは一度行けばいいかな。スタバとショッピングとどこでも通じる日本語と、チップが最初から含まれてる料金設定と、清潔に保たれたトイレは、便利だけど、たいくつぅー。

海外行ったら刺激とか衝撃とか、異国情緒を求めてしまう私には、日本からもっと遠く離れた国のほうが楽しめるのかもしれませんねぇ。


来年はどこに訪れることができなるかな。今から楽しみです!
[PR]

by myums | 2007-12-28 17:59 | 国際結婚とカナダ  

ハワイ行ってくるよ~ん

明日からハワイいってきまーす。

神田うのと美川憲一みつけたら激写してきますね~。

帰国は27日です。
みなさんお達者で~。
[PR]

by myums | 2007-12-19 21:44  

Infobar 錦鯉買いました

c0057810_22224145.jpg


前々から狙ってたInfobar2 錦鯉ちゃんを買いました~。
超かわいい~!!

前作のInfobarよりかわいいと思う!
おなかがプクってしてるのがいいよぉ。

「溶けたキャンディ」がデザインイメージらしいんだけど、まさにそんな感じ。

このデザイン、大好きっ。
見てるだけで嬉しい~。

さすが深澤直人だね。
Neonもカッコ良かったしね。


私、携帯の機能にはまったく興味がありません。「通話」と「メール」さえあれば、ワンセグもネットも要らないって人なので、携帯に求めるものは、デザイン性オンリー。
今まで、まったくもって惹かれる携帯がなくって、今回の買い替えも3年ぶりです。

そして私が3年間(仕方なく)使ってた携帯ってのが、これ。

c0057810_21275286.jpg
V902SH。2004年発売。


今はなきVodafoneっす。
会社でも、「ありえねー」って言われました。

今時Vodafoneってある意味アンティーク?とか思ったりもしたけど、やっぱりピカピカの新機種ってのは嬉しいね~。


見ても可愛いし、ツルツルしてて触っても楽しい。


難点は、丸っこい形状なだけに、キーが押しにくい。特に下1列ね。
それ以外に、世間で言われてる「指紋が目立つ」ってのは、私自身は気にならないな~。ツルツルしてるから目立つと言われれば目立つような気がする・・・かも?って程度。


ということで、友達知り合いみんなには新しい番号とアドレス送ったつもりですが、もしかして、抜けがあるかもしれません。まだ知らされてないって人いたら、名乗り上げてくださいませ。
[PR]

by myums | 2007-12-14 22:23  

お国違えば常識違う

これはBooと私がまだ出会って間もない頃の出来事。

地下鉄に乗ってどっかに向かっていたBooと私。電車を降り、改札を抜けようとしたその時。

「ない!!」

Booの切符がない!

(当時はまだPASMOもなけりゃ、スイカはJRのみ使用可の時代)

あわててポッケやら財布の中を探しまくるものの見つけられなかったBooは、

「Myumsに預けたじゃん!!」

はぁーーーーーーっ!?

「預かってないよ」と言う私に、「絶対預けた!!どこやったの!?」とキレ気味に私を責めるBoo。

「もらってない!!」「絶対預けた!!」のやり取りをしばらく続けた後、

「あっ、あった!」

切符はBooのジーンズのポッケから出てきました。

Booは、「ごめんねごめんね」と平謝りするかと思いきや、
「あー、良かったね。あったあった~」と、笑顔で改札通過するじゃないですか。

おい、ちょっと待て。

人に濡れ衣着せといて、なんなんだ、その態度。

険悪な私のムードに気づいたBooは、「あれ?怒ってる?そんなに怒んないでよ。ごめんね」と謝ってくれたわけですけど、まあなんていうか、Booは思い込みが激しい!ってことが分かった瞬間でした。

今となっては笑い話となっているこのエピソードをBooの家族にしてみんなでハハハと笑い合ったことがありました。その時、Booパパがこう言ったのです。


「でも、自分の意見に自信を持つことはいいことだよ。たとえそれが間違ってたとしても」

そしてそれに同意する一同。
1人ビックリする私。
だってさ、間違ってたらごめんなさいするもんじゃないの?


しかし、思えば私自身も幼少の頃は、たとえ自分の思い込みで間違ったことを言ったとしても、「仕方ないじゃん。だって、そのときはそう思ったんだもん」と言ってたものです。
そして親に、「それは言い訳でしょ!間違ったら謝りなさい!」と怒られたものです。
そういう教育で育ったから、「間違えた=自分が悪い」という考えが、自分でも知らぬうちに習慣となっていたのです。

これが北米文化だと、
「たとえ間違っていても、自分の意見に自信を持つことの方が大切」
となるわけですね。

それに、Everybody makes mistake って考えが基本にあるので、他人のミスを怒って責めても生産性がないって文化なのかもしれません。

お国違えば常識違うってことを実感した瞬間でした。

それ以来、Booの思い込みによる間違いは文化の違いだと思えるようになって、怒りも湧かなくなりました。あきれることはありますけど。

実は私も思い込みによる記憶違いがそうとう多い人なので、今ではこの北米の習慣に楽させてもらってます。(o ̄∇ ̄o)ヘヘヘッ♪


(↓Booの初コメント!意味不明・・・)
私が㋛好きです。。。
[PR]

by myums | 2007-12-13 00:49 | 国際結婚とカナダ  

ウェイトレス おいしい人生のつくりかた waitress

c0057810_2328495.jpg


『ウェイトレス おいしい人生のつくりかた』を見ました。
まったく期待しないで見たんだけど、これが結構良かったです。


アメリカ南部でウェイトレスとして働くジェンナ。旦那のアールは嫉妬深くて、ジェーンが自分の思い通りにならないと泣いたり殴ったりする、どうしようもないダメ男。
私、こういう男はすごく嫌いです。

ジェーンも旦那のこと大嫌いで、どうにかして彼から逃げ出し新しい人生をスタートさせようと、こつこつお金をためています。

そんなある日、ジェーンの妊娠が発覚。


がーーーんΣ(|||▽||| )


ヤツの子供なんて欲しくないのに。
子供なんてお金はかかるし、わがままだし、時間はとられるし、私のやりたいこともできなくなっちゃう!


c0057810_23301982.jpg


そう思うならおろせばいいのに、ジェーンはなぜか産む決意をするのです。でも、それは子供を愛しているからじゃなくて、ただ、妊娠したから産むだけ。

その辺の理屈がよく分かりませんが、とにかく彼女は産むことにしました。
ウェイトレスを続けながら病院に通って、そこの先生と不倫になって、お金を隠し貯めしてることが旦那にバレて激怒されたりしながら、物語は進んでいきます。

ジェーンは自らにも、他人にも問いかけます。

「ねえ、あなたは幸せ?」


c0057810_2331766.jpg


ストーリーは、よくある女性の幸せ探し映画ですが、その一言で片付けちゃうには、あまりに惜しい映画です。

その理由は、ジェーンのパイ。
彼女はパイ作りの名人。勤めるレストランでも毎日新作のパイを作ってます。作品中にパイ作りのシーンがちりばめられて、それが映画を温かく柔らかいものに仕上げてます。このパイってのが、ピンクとか水色とかチョコレート色とか黄色とかで、とってもカラフル。

繊細なお菓子が好きな日本人の感覚からすると、大味そうでまったくおいしそうには見えないんですけど、パステルカラーってやっぱりかわいいっ。
見ていてウキウキしちゃいます。

(ここからちょっとネタばれ)
それからもう1つの理由。それはエンディング。
ジェシーが、初めて自分の子供を自分の腕に抱いた瞬間。
母親になるということを本能で知った瞬間。

子供を持つという感情がどういうものなのか、私にはまだわかりません。だけど、この映画のようであって欲しい。私みたいにワガママでも、子供のために強くなれる、それが本能というものであって欲しい。

そんな私の希望もあって、このシーンにすごーく感動しちゃいました。


残念だったのは、キャストの演技が空々しいところかな。
テレビ俳優さんが多かったので、映画を見てるよりテレビを見てる感もぬぐいきれず。


母は強し!
[PR]

by myums | 2007-12-11 23:47 | 映画・海外ドラマ あ行  

いつまでも変わらない、それがいい 忘年会@六本木

c0057810_21542137.jpg


8日は毎年恒例の忘年会に行ってきました~。
Party仲間の忘年会ということで、イベントスペース借り切って、飲めや踊れの大騒ぎ。

本当~~~~~に最高~~~~~~に、楽しかったで~すO(≧▽≦)O

たまにしか会わなくなってても、こうやって音で繋がってて、顔を合わせば笑顔で一緒に踊れるみんな。そこに言葉はいらない!踊れ踊れ~。
パンダのかぶり物は汗吸いまくってベチョベチョだったぞー。それを回しかぶりしてた君たちは、スゴイ・・・。


乾杯しながら近況とか恋愛の話なんかする時間もいとおしかったり。もっと語りたかったぞー!もっと踊りたかったぞー!


c0057810_2148246.jpg



この仲間に会うと、いつもエネルギーもらえる。
楽しいことを楽しめるときに、ガッツリ楽しむ!
みんなのその姿勢、私も見習っていきます!


フロアに溢れるみんなの笑顔で、幸せいっぱい、おなかいっぱい。
これで今年も年越せそうです。
みんな、ありがとう~。

マルタ島に留学中の仲間の1人にも、このHappy Power届いたよね~。


来年は、みんなともっと会って一緒の時間を共有したいです。
[PR]

by myums | 2007-12-11 21:48 | 音楽・Party