<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

心に響く

このスピーチ、知ってる人も多いかもしれないけど、より多くの人に見てもらいたい。そして自分を振り返るきっかけにして欲しい。私もコレみて振り返りまくったから。

c0057810_19585918.jpg←画像クリックで動画へ


たった12歳の少女が行ったスピーチ。
聞いてる大人は恥ずかしい気持ちになったはず。

それにしてもこれって、1992年の環境サミットだって。15年経過して、あの頃より状況が悪化した今、やっと彼女のスピーチを真摯に受け止められるんだから、人間ってのは追い詰められないと実感できない動物なんだね。


このブログでも時々言ってるけど、環境や貧困のためにできることって本当に身近なことでいいと思うんです。世界規模の大きなことは環境サミットに出席するようなお偉いさんの仕事で、私たちは別に大きなことを成し遂げる義務があるわけじゃない。例えばゴミの分別をきちんとするとか、使わない小銭を募金するとか、そんなことでいい。
地球人として1人1人ができること。
自分たちの子供の未来のために。


私は「人間は愚かだけど、バカじゃない」と思ってるので(例外もいるけど)、彼女のスピーチが無駄になることはないって信じてます。
[PR]

by myums | 2007-11-28 21:35  

Boo&Myums 天国からのメッセージ

マイミクさんがやってた「天国からのメッセージ」、やってみました。

未来の天国にいる自分から届くメッセージ。 きゃあ、楽しそう!!


2007年のわたしへ。
元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは76歳で、つまり西暦2052年に、病院のベットで生涯を終えます。
つらい事もあったけど、とっても素敵な人生だったと思います。

だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
それは 2017年の夏です、わたしはある本を読んだことがキッカケで、イギリスのロンドンへ引っ越しする事になります。今にして思えば、それは大きな人生の分岐点でした。 時がくればわかると思います。

最後にひと言、76年間生きてみて思ったのは「自分の人生の主役は自分じゃなきゃ」ってこと。
それでは、またいつか。
これから先の人生も精一杯たのしんでください。



っつかロンドン移住って!?
これからの人生も精一杯たのしむわよ~。
ありがと、天国のわたし!


おもしろかったので、勝手にBooのメッセージも受け取ってみました。

2007年の僕へ。
元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
僕は82歳で、つまり西暦2062年に、残念な事故に巻き込まれて生涯を終えます。
振り返ってみると、自分でも素晴らしい人生だったと胸をはって言えます。

だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
それは 2017年の冬でした、僕はあるイベントで国際大会に出場することになります。その事が後の人生を大きく左右することになります。 できれば覚えておいてください。

最後にひと言、82年間生きてみて思ったのは「自分の人生の主役は自分じゃなきゃ」ってこと。
それでは、またいつか。
これから先の人生も精一杯たのしんでください。


っつか何の国際大会!?
2017年って私がロンドンに移住する年。
ロンドンで国際大会・・・?
ポーカーとか、スヌーカーとか・・・?
カービングだけはやめて~!!(≧ω≦)
氷シャカシャカやってるBooなんかみたくないよ。
(カービング好きな人ゴメンネ。でもそんなBooは見たくないんだよ)


「自分の人生の主役は自分じゃなきゃ」


うんうん。Booも私も世界の中心は自分ダネ!(oゝД・)b
さすが夫婦!


こういう遊び心がある占いはおもしろいね。
[PR]

by myums | 2007-11-27 23:07  

Exit the Labyrinth@Unit

史上初!両国国技館でオールナイトParty!!

っつう謳い文句にひかれて行って来ましたConnect '07

土俵スペースがDJブースに変身して、沖縄そばまで食べれちゃうっていうし、大沢伸一、HIFANA、DJ Crashに卓球さんと、かなり見物なラインナップ。

意気揚々と両国に着き、北風ピューピュー寒空の下、会場前の当日券売り場を覗くと・・・


入場規制のため当日券の販売は見合わせております


がーんΣ(T□T)

まだ10時なのにー。

終電頃になったら売り始めるかも、でも、もしかしたらこのまま販売中止かも・・・。
こりゃ賭けです。どーするどーする。

でもチョー寒い!!
まってらんねーよ!

友達と相談の結果、Exit the LabyrinthUnitへ流れることに速攻で決まり、両国から代官山へ。

仕事終わってから何にも食べてなかったので、Unit隣のカフェでチョット食べてチョット飲んで、さぁ出陣。

c0057810_17373036.jpg


Unitやっぱいいわ~。広さも雰囲気もスタッフさんも、ハコ全体が好き。階段多くて移動がちょっと面倒くさいけど、それもまたいい運動になるしね。

今日のUnitは、夏にLabyrinth(迷宮)っていうRaveをやってるmindgamesってオーガナイザーのparty、Exit the Labyrinth。
つまり、夏に迷宮入りしてそのまま秋を越して、初冬のExit(出口)で脱出しましょうってこと。

ということで、VJはLabyrinthの写真のスライドショー。Threeのトリッピーであったかい音の後ろに流れる、これまたあったか~い雰囲気のParty写真。子供も大人もみんな笑顔。天気も良くて気持ちよそう~。

私は今年のLabyrinthは不参加だったので、迷宮入りしてないんですが、このEXITで逆に迷宮入りしちゃったかも。
Labyrinth参加したみなさんは、ちゃんと脱出できましたかねぇ。

Threeの音はほんとに良かったです!
ゆるゆると流れる水のように、透明度の高い音。なかなか癒しのトリッピーでした。気づいてみたら1時から6時まで(かな?)のロングセットだったんですね~。まったく疲れを感じさせないセットで、スゴイ!

たくさんのお友達にも偶然に会えたりして、久々に思いっきり発散できました。Extrawelt好きな人にも出会えたし!WOMBのNathan Fakeも行きたかったんだけど、EXIT来て正解だった!
Nathan Fakeはまた来日するだろうけど、今年のEXITは1回きりだもんね。

楽しかったぁ~。
[PR]

by myums | 2007-11-24 17:49 | 音楽・Party  

ヒーローズ Heroes

以前にチラリと紹介した北米ドラマ、「ヒーローズ」ですが、日本上陸して人気みたいですね。

「ヒーローズ」のサイトはココ。スカパで放映中みたい。

人気の理由の1つには、日本人マシ・オカがヒロ・ナカムラって役で活躍してるってのもあるでしょう。wikiで読んだところ、彼は幼少のときにアメリカにわたり、IQ180以上もある天才児だったらしいです。

日本語と英語がベラベラなばかりか、スペイン語まで話すらしいっつうから、スゴイもんです。

ヒーローズでも日本を舞台にヒロは大活躍なんですが、ヒロの日本語も最初の頃はひどかった・・・。英語字幕読まないと、何言ってるのかサッパリだよ。

c0057810_017232.jpg


ヒロ以外の日本人役は韓国人俳優っていうところもまたツボ。彼らは、当たり前のことながら日本語のセリフにはかなり苦戦してる様子。特に、ヒロのお友達役の安藤くん。ヒロ以上に何言ってるのかわかりません。

しかし!

シーズンが進むにつれ、日本人であるヒロはもとより、韓国人の安藤くんの日本語もメキメキ上達!!ドラマそのもの超おもしろいけど、彼らの日本語上達ぶりをみるのが楽しくて、目が離せません。

それから北米ならではの、日本と中国をごっちゃまぜにした日本の設定も見物です。お葬式なのに、着ている服がなぜかモーニング。結婚式じゃないんだから・・・。墓石に彫ってある故人の名前を赤い墨で塗って、「これは、自分が死んだときに必ず一緒のお墓に入るっていうしきたりなんだ」って言ったり。

それは日本のしきたりじゃないよー!

バリバリ日系企業で働いてるはずなのに、1人1人にブースが与えれてて、モロ外資系のレイアウト。バーに赤提灯とか浮世絵があったり、トイレの入り口にデカデカと「男」「女」と書かれたのれんがかかってたり。

いちいち、「それはチガーウ!」とツッコミながら楽しむのがオススメです。

最近一番ビックリしたのが、あの日本人女優が出演してたこと!!
なんかみたことあるな~この女優さん、と思って、ネットで調べてみたら、この人でした。

c0057810_234619.jpg


田村英理子


ぉぉぉおーーっ Σ(゚Д゚ノ)ノ


その存在すら忘れてたくらいだけど、いつの間にか渡米してたんだね~。
っつか若い人は、誰?って感じかもね。
かなり前だと思うけど、日本でアイドルしてた人なんですよ。ぶっちゃけ私もよく覚えてませんが・・・。
imdbにもちゃんと名前載ってました!

流れ的にヒーローズでの出番はもうなさそうなんだけど、また違うドラマでも出演して欲しいな~。ヒーローズの中では日本語しかしゃべってなかったけど、英語力はどうなんだろう。北米で活躍しようと思ったら、どうしても英語がネックになっちゃうから、そこは勉強して努力でカバーして欲しい!でもその前にやっぱ演技力かなっ。


ということで、日本人的に見所満載のヒーローズ。みなさんもぜひぜひ見てみてくださーい。
[PR]

by myums | 2007-11-22 00:18 | 映画・海外ドラマ は行  

Boo&Myums in Amsterdam ダッチデザインはカラフル編

アムステルダムで見つけたデザインたち。

灰皿がカラフル!
c0057810_22314441.jpg


公衆電話もカラフル!
c0057810_22323732.jpg


電車もカラフル!
c0057810_22342344.jpg


なんじゃこりゃ!!
c0057810_223884.jpg


モーベンピックホテル。かっこよすぎて鼻血出そう~!!!!
c0057810_22453612.jpg


三輪自動車。
c0057810_22473596.jpg


VOLVOって書いてある!!
c0057810_22475920.jpg

アムステルダムは車より人より、自転車優先。北京より自転車いっぱいだったよ。

ゴッホ美術館。
c0057810_22503994.jpg


めっちゃ感動した!!

ルーブルの中世絵画よりゴッホの方が良かった!

ゴッホって全然興味なかったんだけど、すごいね。
色彩が強烈で情熱がビシバシ伝わってくる。
点描画のようなタッチで、近くで見れば見るほどにすごいテクニックだな~と圧倒されました。

ゴッホが自分の耳を切り取って女友達に送りつけたっていう有名なエピソードがあるけど、ゴッホの作品もそのエピソードに違うことなく、キテレツでした。
ゴッホって人は、きっと自分で自分のことが理解できずに、もがき続けた人なんだろうなって思います。
自由なスタイルでのびのびと描いたって言うより、苦悩の中で自分のスタイルを模索しながら必死に描いたって感じがするんです。でも一生自分を見出すことができず、37年という短い生涯を終えたゴッホ。

多分、満足のいく絵は生涯に一枚もなかったんじゃないかな。

もう少し柔軟性を持っていたら楽な生き方ができたかもしれないのに。でもそうだったら、このゴッホの個性的な絵画は生まれなかったかも。皮肉なものですね。
[PR]

by myums | 2007-11-18 00:29 | 国際結婚とカナダ  

Boo&Myums in Amsterdam アムスといえば・・・

c0057810_22233287.jpg


オランダと言えば、

ソフトドラッグ合法!マリファナ天国!
わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪


ってなイメージが先行してますが、実際に訪れてみると、まったくその通り。

アムステルダムの中心街に行けば、吸ってる人いっぱいいます。至るところにCoffee Shop(マリファナ売ってる喫茶店ね)や、XXXマークがあるし、国の許可を取れば管理売春もOk。ゲイの結婚もOk(だったと思う)。
バンクーバーも随分リベラルだったけど、アムステルダムの解放され具合は半端じゃありません。

何より、性とかドラッグってもんが表のビジネスとして成り立ってるってことが、スゴイです。

Coffee Shopの店員さんに聞いたら、ソフトドラッグを扱うお店にも色々な規制があるみたい。
政府の許可が必要で、必ずCoffee Shopって看板をださなきゃいけなかったり、1日で売れる量も決まってるんだって。
持ち歩ける量と、栽培できる量も決まってるって言ってました。
あと、これは法律で決まってるわけじゃないけど、子供の前では吸わないとか、アムス中心街以外ではできるだけ吸わないとか、マナーをわきまえて吸うっていうのが常識なんだそう。
マナーをわきまえるってのはバンクーバーも一緒だったな。

じゃあ、マナーをわきまえるから日本でも合法にしよう!
とはもちろんいかないですね。(笑)


c0057810_22285719.jpg


アムスでよく見かけたのが、白人の男の子観光客グループ。Coffee Shopを覗いては、「おぉお!!」「すげー!!」と大興奮してました。自国では違法なものがやり放題なわけですから、そりゃ喜びますよね。
それを見たBooが、「ティーンの頃に男だけで来たらもっと楽しかっただろうな~」って言ってました。大人になってある程度の分別がついた今では、マリファナ吸い放題にもそこまでの魅力を感じないわけです。

私も正直言って、吸い放題なのが魅力的だとは感じなかったな。
どっちかって言うと、学校とか家庭でも、ソフトドラッグとハードドラッグの違いなんかを子供に教えたりしてるのかな~って、ドラッグの教育がどうなってるのか気になりました。
それとも、これだけ文化に定着してると教育なんていらないのかなぁ。


ドラッグとは全然関係ないけど、アムスでは英語でいけました。日常会話程度ならみんな英語話せます。
カフェのお姉さんに聞いたら、学校で英語は必須。そのほかにフランス語、ドイツ語のどちらかを必ず履修しなければいけないんですって。
そのお姉さんは、オランダ語、英語、フランス語が話せるらしいです。オランダは貿易がメインの国だし、経済的にも小国だから隣国と国交を図るために必要なんだそうです。

日本も大陸の中の小国だったら、中国語と韓国語話せてたかも!?


それから、オランダといえば、ダッチ・トランス!
私はエピック系はわかんないんですけど、シンセのキラキラがあんまりすきじゃありません。たまにいいのもあるんだけどね。
アムス中心街のショップのBGMは、ほぼ100%ダッチ・トランスでしたよ!
[PR]

by myums | 2007-11-17 20:25 | 国際結婚とカナダ  

Boo&Myums in Amsterdam 街並み編

アムステルダムで私の心を鷲掴みだったのは、やっぱりその街並み。パリやロンドンも素敵だったけど、アムスのそれは、素朴ででの~んびりした感じ。建物も小さくて可愛らしい!


c0057810_19554144.jpg


c0057810_2005770.jpg


c0057810_201766.jpg


アムステルダムのトラム(路面電車)。これに乗ってどこまでも行けます。
バス停の名前がストリートの名前と一致してないので、Booにはとっても分かりにくかったみたい。東京のバス停も建物の名前とか町名とかあるよね。
c0057810_2021732.jpg


宿泊したB&Bの近くにマーケットがありました!
楽しかった~♪
c0057810_2084191.jpg


手つなぎ禁止区域?
c0057810_20105594.jpg


カフェもかわいいっ(>▽<)
c0057810_20113439.jpg


アムステルダムで紅茶を頼むと、全種類のティーバッグくれます。ソーサーにちょこんとお菓子がついてくるのが嬉しかったぁ~。
c0057810_20132875.jpg


Booがとっても気に入ったホワイト・ビール。このブランドって日本にある?置いてるお店を知ってる人いたら、教えてください!
c0057810_20184228.jpg


Booを走らせて無理やり取らせた1枚。
c0057810_1958413.jpg

すごく絵になってたから、どうしても撮りたかったの。Booちゃん、ありがと。
[PR]

by myums | 2007-11-17 20:19 | 国際結婚とカナダ  

Boo&Myums in Amsterdam ギャラリー編

パリの後は、アムステルダム編です。
ロンドン~パリをNon-Stopで動きまくりお疲れモードだった私たちに、アムステルダムは、ちょうどいい具合のリラックスした街でした。色んな意味でっ。


私がアムステルダムで絶対に行きたかった、ここに行ってきました。
「droog@home」

c0057810_17423798.jpg


Weed売ってるCoffee Shopじゃないよ。
オランダを代表するデザインプロジェクトのギャラリー兼ショップです。
ギャラリーではDry Techってテクノロジーを使った実験的な作品のexhibitiionやってました。それもそれで楽しかったけど、個人的には、もうちょっと心がキュンとなるデザイン性のあるものが好きだな。

一段ごとのカロリー消費量が分かる階段
c0057810_1931634.jpg

この階段の先にギャラリーがあります。

外灯とイスをドッキング
c0057810_1983922.jpg


イメージはこんな感じ
c0057810_1855287.jpg


c0057810_19284.jpg



ショップの方が楽しかったな。
c0057810_195616.jpg


背高のっぽな赤ちゃん用イス
c0057810_19232968.jpg


これイス。ビー玉が敷き詰めてある上にお皿(?)が置いてあって、横滑りするんです。家にあったら面白いな~。
c0057810_1846719.jpg


この棚は実用可能なのだろうか・・・。
c0057810_1845338.jpg



アート作品は、さすがに実用的じゃないし高くてともて手が出ないけど、キッチン用品なんかはお値段も張らなくてデザインもシンプルでCool!

c0057810_19264131.jpg

Royal vkbのガーリックプレッシャーをGetしました~。
とっても重宝してます。


本当はユトレヒトまで足を伸ばして、「ディック・ブルーナ・ハウス」も行きたかったんだけど、時間がなくて断念(-公-、)
「地球の歩き方」←コレ見たら、ますますユトレヒト行きたくなった。
[PR]

by myums | 2007-11-17 19:27 | 国際結婚とカナダ  

パリの写真

パリの写真です。クリックでちょっとだけ拡大します。

Eurostarの中。シートのストライプがかわいかった。
c0057810_354469.jpg


このディティールに大感動。
c0057810_374399.jpg


これが有名なピラミッド。ここが美術館の入り口です。
c0057810_382547.jpg


館内撮影OK!
なんだか分からないけど、光の描き方とか表情が衝撃的だった絵。
c0057810_385670.jpg


小学生の授業風景。みんな元気に挙手!
c0057810_3101614.jpg


Speechlessな天井
c0057810_311653.jpg


ほのぼの~
c0057810_3123999.jpg


orzな人
c0057810_3131049.jpg


乗りたかったけど、高くて(料金が)乗れなかった観覧車
c0057810_3133078.jpg


観覧車の番人。コケッコー。
c0057810_3142312.jpg


これぞParis!なミニカー。
c0057810_316284.jpg


ラグビーの世界戦真っ最中でした。
c0057810_31735.jpg


駅の構内で見つけたサイケなアド。
c0057810_315321.jpg


こんなグラフティーアートが至るところにあってBooも大喜び。
c0057810_3185720.jpg

c0057810_3191318.jpg


エッフェル塔とセーヌ川。美しすぎて失神寸前でした。
c0057810_3253137.jpg



パリは街全体がアート。ロンドンもそうだったけどそこに身を置いてるだけで幸せ。
c0057810_3201985.jpg

[PR]

by myums | 2007-11-17 03:26 | 国際結婚とカナダ  

Boo&Myums in Paris

c0057810_222380.jpg

前回の更新から随分時がたってしまいましたが、ここからはBoo&Myums in Pris 編です。
ロンドンからパリへはEurostarという電車で向かいました。

ここで早速注意点。
Eurostarのチケットを予約するなら、なるべく早く、最低でも2週間前には予約しましょう。Eurostarは全席指定で、席が埋まれば埋まるほど料金が上がってしまうのです。そんなこととは露知らず、私たちが予約したのはパリへ向かう前日。一人200ユーロも払うはめになりました。(;´д`)トホホ。


高い金払って到着した、花の都(古い?)パリ。
ジュテ~ム、トレビア~ン、ブチュ~ンのロマンチックでゴージャスな街!

というイメージだったのですが、パリの街は意外と汚かった。
あちこちにポイ捨てされてるゴミ、ウンコ、痰・・・。
フランス人は汚いの気にしないって聞いたことあったけど、その噂はあながち間違ってないみたい。


c0057810_222297.jpg



でも!

やっぱ素敵だったよ~。

何が素敵って、ルーブル美術館!

入り口から中庭を通り狭く暗いアーチを抜けたその瞬間、突然目の前が開け、細部まで美しい彫刻が施されたルーブル宮殿の噴水広場が視界いっぱいに広がります。
写真を撮る観光客、歓声を上げながら走り回る子供たち、宮殿の柱に寄りかかって本を読む人、キスをして抱き合う恋人たち。
視線のまっすぐ先には、ダ・ヴィンチ・コードにも登場したガラス張りのピラミッドがルネサンス様式の壮大な建物に囲まれて、一種異様とも感じる独特な雰囲気を醸し出す。

その風景を見た瞬間、まるで別世界に連れてこられたような感覚に陥って、言葉の代わりに涙が出そうでした。この美しさと感動を表す言葉が見つからない自分がもどかしいくらい。


c0057810_2463417.jpg



多分、一日中ここでぼーっとしてられるなぁ、と思いましたが、パリ滞在はたったの2日間。せっかく来たからには、名画の数々をこの目で見ておかねば!
と言っても、絵の知識も聖書の知識も皆無な私には、正直言ってちょっと退屈でした。それよりも、美術館自体の建築美に圧倒されっぱなし。
特に天井が美しくて、上ばっかり見て歩いてました。人にぶつかること数回・・・。だってすごくゴージャスで目が離せなかったんですもん。
天井全体にも絵画が施されていて、縁には彫刻された天使や女神。その羽の柔らかさや、衣の皺の一本一本まで丁寧に彫られているんです。
あんな細かい仕事、私には絶対無理。職人さんはエライ!

↓これも天井アート。
c0057810_2232031.jpg



美術館の中では、講師と学生のグループのほかに、小学生くらいの子供も、みんなで座って先生の講義を受けているのを何度か見かけました。あんな小さな頃から本物の世界遺産に触れて育っているのだから、フランス人の芸術性が高いのも納得だよね~。

結局迷子になりながら5時間くらい美術館を徘徊した後、シャンゼリゼを歩き、凱旋門まで行ってきました。次の日にはエッフェル塔とモントルージュと、ナポレオンの教会にも行って、ちゃんと観光してきました。

このモントルージュですが、フランス語で聞くと、

モンモォヘッって聞こえて、申し訳ないんだけどプッて吹き出しちゃった。

フランス語おもしろいね。
ちょっと覚えて、「カフェオレ1つ」とかオーダーしてみたけど、全然まったく通じなかったです。発音むずかしいね・・・。ホテルのフロントのお兄ちゃんにも、「トレビア~ン」っ言ってみたけど、笑われて終わっちゃいました。

うーん、フランス語習得の道のりは険しい!

でもフランスの男の子は優しいから大丈夫!(なにが?)
私の周りのフランス人って言ったら、友達の旦那(巨大)くらいしかいないから、フランス男がこんなに女好きとは知らなかったよ。
イタリア男のさっぱりさわやか女好きとちょっとまた違って、愛のフェロモン垂れ流しって感じ。目が合ったら耳元で愛をささやく、みたいな。

私がそんな経験したわけじゃないですよ。


c0057810_2285326.jpg


バンクーバーでも日本でも、道端で抱き合ってるカップルはいますが、パリのカップルは道の真ん中です。キスも、チュッて軽いキスじゃなくて、ぶちゅ~んっていう濃厚キス。
フレンチキスってここからきてるんだろうな。

ちなみに、フレンチキスは、日本では軽いキスって意味だけど、本来は濃厚キスのことらしいです(間違ってるかもしれないから、真相は自分で調べてみて)。

男女だけじゃなく、子連れの家族も愛情表現がとっても豊かでした。ロマンチックが好きっていうより、「惜しみない愛」そのものが好きなんでしょうね。
私は恥ずかしくてできないけど、見てるだけでほのぼのしちゃいました。


最後に、すごーく素敵なレストランを紹介。
表通りから一本裏に入った石畳の小さな道沿いにあるLe Petit Prince Pris。これぞヨーロッパな、知る人ぞ知るおいし~いレストランです。
パリはどこに行ってもおいしいものが食べれたけど、このレストランは格別。外装も内装もオシャレで、サーブのタイミングもばっちり、スタッフもフレンドリー、私の好きなゴートチーズも柔らかくて濃厚で、ん~~っ美味!!
家庭的な雰囲気でお値段も高くないので、パリに行ったらぜひ訪れてみてください。


英語はほとんど通じなかったけど、パリは最高でした。Booもすっかりパリが気に入った様子でした。今度フランスに来たら、南部の田舎に行ってみたいなぁ。
[PR]

by myums | 2007-11-17 02:49 | 国際結婚とカナダ