<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

結婚バトン★

久々のバトン★デ━━(●ゝω・´)b━━スッ♪



① 回す6人を最初に書いておく。


   
   ●もぎゅ
   ●serendipityさん
   ●maru
   ●yajiさん
   ●ダイスケ
   ●nongさん


② 結婚するならどんな人が良い??


   人前でサラリと妻子供を褒められる人。わざとらしいのはダメ。
   あと、笑いのツボが一緒の人。同じことで笑う。コレ大事。

③ 結婚生活でパートナーにこれだけは守ってほしいこと。
  
  妻子供を何よりも誰よりも大切にして欲しいです。


④ 愛って何?


   えっちらおっちら、はぐくむもの
   

⑤ 強いていうならどっちが良い? 亭主関白?カカァ天下?


   亭主関白・・・かなぁ。
   自分がカカァ天下なタイプじゃないから。
   決断力のある亭主がいいな。

   関係ないけど、亭主って呼び方する人いないよね。
   「亭主関白」とか「亭主元気で留守がいい」なんて
   言葉はあるのに。   
   文語であって口語じゃないのかな。

⑥ 好きな異性のタイプは?

   いっぱいあるよー。

   誠実な人。
   金・権力・肩書きに惑わされない人。
   愛情豊かな人。
   包容力がある人。
   かわいげがある人。
   音好きな人。
   自然が好きな人。
   笑いのツボが一緒の人。

   

⑦ パートナーが両親を引き取って面倒を見たいと言う。しかし明らかに自分とは合わない。どうする?

   近くにアパート借りて、そこに住んでもらう。
   どうしても合わないなら一緒には住まないな。


⑧ 自分の両親を引き取って面倒を見なければならないのだが、あなたのパートナーは自分の両親とは明らかに合わない。どうする?

   近くにアパートを借りて、そこに住んでもらう。
   無理してまで一緒に住む必要ないでしょ。

   あと15年くらいしたら本気で考えなきゃいけないかもしれないよなぁ。
   同居したいしたくないってことじゃなくて、親が歳をとるってことを思うと、
   すごく切なくなる・・・。


⑨ パートナーとあなたの母親が言い合いになってます。 どうする?

   観戦すると思う。
   ウチのお母さんすっげー強かったから、いいもの見れそう。


⑩ プロポーズするとしたら何て言う?

   プロポーズするのかぁ。考えたことなかった。うーん。
   「結婚してください」 じゃ普通すぎだしさ、「パンツ洗わせて」ってのもなぁ。
   「一生一緒にいようよ」、かな。


⑪ あなたが愛する人へ一言!
    
     愛って素晴らしいね(*´ 艸`)(´艸 `*)Йё
   


⑫ 回す6人の他己紹介を簡単にお願いします。


   ●もぎゅ
    妹。 めちゃんこカワイイでーす。
    姉的には、結婚しないでずっとキャピキャピしてて欲しいな。


   ●yajiさん
   穏やかそうに見えて毒舌大魔王なので、
   とんでもない結婚観を持っていそうです。


   ●serendipityさん
   英語のお師匠さんです。怒りポイントが私と似てるみたいです。
   アメリカ人の旦那様と2匹のワンコに囲まれて
   にぎやかに幸せそうな今日この頃。

   ●maru
   旦那様と仲良くアメリカ暮らし。ゴルフがんばってます。
   彼女ほどマイペースな人は今まで会ったことありません。

   ●ダイスケ
   男の意見も聞いてみたい。
   結婚の”け”の字も考えてないかな。
   バリバリのビジネスマンだもんね。

   ●nongさん
   彼はいうなれば、冬の寒い日にこたつを囲んで家族で食べつくすみかん。
   お決まりの「手が黄色になっちゃったー」というセリフつきです。


じゃあ、みんな(*´ω`)/ ヨロチクビ~ あ、シモネタ


(※名前にリンクがついてる人はBLOGに飛べます。彼らのBLOG、ぜひ一読あれ!)
[PR]

by myums | 2006-11-30 17:22  

Booがいない夜

最近Booは忙しい。
お仕事も忙しいけど、趣味のスヌーカーも忙しい。
トーナメントに出場することになって、だから毎日練習練習ほいさっさ。

がんばれ、Boo!ダ─ヽ(・ω・´(`・ω・´)ノ`・ω・)ノ─ッ!


でもMyumsはちょとサミシイ・・・。
お夕飯も映画も、ひとりぽっちダヨ。゚.+:。(pωq)゚.+:。


Booとハグハグして、ギューッてしたーい。
Booのニオイがないと、さみしーよー。


ガンバッテ欲しいけど、そばにいて欲しい。
乙女心は複雑なのです。(*´艸)(艸`*)ネー
[PR]

by myums | 2006-11-28 22:47 | 国際結婚とカナダ  

ヒトラー 最後の12日間

人体心理実験映画『es エス』で大喝采だったドイツの監督さん。名前覚えてないけど、同じ監督さんが今度は独裁者ヒトラーの最後の12日間を描いた映画、その名も『ヒトラー 最後の12日間』でまたもや高評価。


やっと見れました。
ウチは英語圏の映画OR英語字幕がついてる映画、しか基本見れません。Booと一緒に見るから。それがたまたまBooの帰りが遅くなる日があったので、ココゾとばかりにこのドイツ映画をレンタルして一人映画鑑賞にしけこみました。(*^m^*) ムフッ


c0057810_18335760.jpg


この映画、Best of the Year かもしれない。


ストーリーがいいとか、役者がいいとか、カメラワークがいいとか言うよりも、映画全体を1個の芸術作品としてみたとき、すごくデキがいい。

ヒトラーの手足の小刻みな震えとか(ヒトラーはパーキンソン病を患っていたそう)、男女関係なくほとんどの人物が喫煙家であるとかの、ストーリーとは直接関係ないディティールが織り込まれてることでリアリティが増してます。


印象的だったのは最後の方のロシア軍に包囲されるシーン。「ヤツラも女子供にまでは手を出さないから」と言われ、敵軍の間を歩いて抜けていくヒトラーの秘書。通り過ぎる彼女を目で追いかける敵軍たち。その視線は無数の針のように彼女を突き刺します。
「お前どこへいくんだ!?」と、いつ腕を捕まれ捕虜にされてもおかしくない状況です。高まる緊張。

彼女は目を合わせないように合わせないようにと必死に前を向いて(地面を見つめてだったかな・・・?)歩いていくんですが、そういうときに限って思わず見てしまう。怖いもの見たさ。人間とはそういうものですね。
1人のロシア人兵士と視線がぶつかる。もう目を逸らすことはできない。

この瞬間、緊張の糸が張り詰めすぎて今にもプチッと切れそうになったのは私だけはないはず。キーーーンという金属的な効果音がさげな~くかぶってたのも、良かったです。


この監督さんは、『es』のときもそうだったけど、人間の集団心理や極限心理を描くのが上手です。

c0057810_18393484.jpg

客観的な目で見れば、ヒトラーなんて人の上に立つ人間じゃありません。「言うこときかないから、アイツ処刑」なんて、むしろ人格破綻者と言っても過言じゃないです。なのに、国民から「総督様バンザーイ」「あなた様がいらっしゃるからこそのドイツです」「ナチ党のない社会でなんて子供を教育させたくありません」とまで愛されるヒトラー。
そこには、ヒトラーのカリスマ性だけでなく、大きな1つの波にみんなで乗っかったが最後、それ以外は見えなくなってしまう集団心理があるように思います。

学校のイジメとかもそういうのありますね。最初はボスが怖くて嫌々イジメの加担をしてた子も、いつの頃からかイジメが日常になり、最後にはイジメられるほうが悪いとか言い出して、善悪の区別がつかなくなっちゃう。


赤信号、みんな渡れば怖くない。ってやつです。


人間は大きな流れに流されやすい。
そういうもんだと思います。
そのほうが楽だし。
だけど、流されているだけということにも気づかず、それだけが真理だと信じ込んで集団で突き進む、というのは恐怖です。大体、本来人間つうのは十人十色。みんな違ってみんないいわけです。一固体になるってこと自体、土台無理な話なんだから、いずれどっかに歪みが生じて破綻するのは当たり前です。

ナチ党もそうだし、戦時下の日本もそうだし、ちょっと前のイラクだってそうだし、現在の北朝鮮だって遅かれ早かれ破綻するでしょう。


この監督さんの次回作が早くも気になります。まずは監督の名前を覚えましょう。
[PR]

by myums | 2006-11-26 14:51 | 映画・海外ドラマ は行  

Booが凹んだ日

先日、Booは凹まないらしい、と書きましたが、先日とうとうズッコーーーンと凹みました。めちゃくちゃ落ち込んでいたので、あの手この手で慰めたのですが、根が深いみたい。なかなか立ち直ってくれません。

そこで聞いてみました。
「それって、自分の存在をこの世から消してしまいたいって気分?」
「お~!!まさにソレだよ!消えたい消えたい。俺なんかこの世に必要ないんだブツブツブツブツ・・・(〃_ _)σ∥」同感しながら落ち込んでました。


Booが今感じてる自分への怒りと嫌悪って、私も知ってる。
「あのね、その痛みね、私も落ち込んだときに味わってるよ。だからBooは1人じゃないよ」

するとBooは一瞬ハッとしたかと思うと、いきなり私にガバッと抱きつき、ハグハグしてきました。

「そうか。Myumsはいつもこんな思いをしてたんだ。かわいそうに・・・」
なんだかどっちが慰められてるのかわかんなくなってきましたが、Booが私のツライ気持ちを心で分かってくれて、ちょっとうれしかったです。


そして生まれて初めて味わった痛みを、隣にいる私と共有できることを知って、Booは少し楽になったみたいです。味方がいるって安心感と、同じものを共有するって連帯感。夫婦の間で大切にしたい感情です。


Booと私、人生で求めているものは違うけど、行き着く先は同じでありたい。
[PR]

by myums | 2006-11-24 18:01 | 国際結婚とカナダ  

Dormitory K @晴れたら空に豆まいて パーティーレポ

c0057810_1525727.jpg

土曜日に参戦してきたDormitory K晴れたら空に豆まいて


キタ━━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━━!!


Turbilunce@陣馬高原以来の幸福感味わっちゃいました~。


まず、場所が最高。
受付は、破れ障子になってて、隙間からお兄さんの顔がチラチラ。
ラブホか豊島園のお化け屋敷かってくらい!


c0057810_1457291.gif

そしてタタミ!!
タタミがすごい気持ちよかったぁ。
最後はココデ雑魚寝する人続出。タタミ、いいよね~。和む和む。


それから、人が最高。
いい具合に混んでたけど、1人もイヤな人がいなかったぁ。黒い人もエルボする人も、ぶつかっても謝らない人もいなくて、どの人も気さくに話しかけてくれて、なんの気張りもいらない感じ。あったかオーラに包まれて、踊る瞬間。最高!!。☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚



最後に、音が最高。
トップバッターのMatsuは、自他共に認めるアゲ好きですが、実は前の晩に練りに練った壮大なストーリーがあったらしいです。まあ蓋を開けたら、次のDJに「こっからつなげるのは無理だわ」といわれるほどのアゲっぷりでしたけど。嬉しくてアゲチャッタらしいです。かわいいのぉ。
フロアで、あなたのアゲをタップリ楽しませていただきましたっ。


Hachigaくんは、言うことなし!
ぶっちぎりの疾走感に重なるメロディアスで神秘的な泣き節。東の彼方から上る朝陽が見えるようでした。ハコなのに。
Hachigaくんの音は、すごくキレイなサイケなんだけど、ちょっとストイックで好き。抑えても抑えきれない情熱がはらはらこぼれてくる感じ。踊っててめちゃ気持ちよかった~。

c0057810_155738.jpg


ほんでもって今回のM.V.Pは、DJ Y.K!!
初めて聞いたけど、モロ好みだったぁ。

ファットで早いキックとダークなベースライン。渋くて怪しいエフェクトが乗っかって、すっごいかっこいい!じりじりと音に詰め寄られて、気づいたら四方八方包囲されちゃった。Welcome to 暗黒街。こういうダークで太い音聞くと、わくわくして足が止まらないんだよね~。
くるくるぱーになりそうなくらい踊って踊って、とにかく踊りまくりっ。
Y.Kくんのかわいらしい人柄もツボでしたハアト。



ハコ良し、人良し、音良しの三拍子そろった最高のパーティーでした。もう、満腹っ!
[PR]

by myums | 2006-11-23 15:00 | 音楽・Party  

ホテル・ルワンダ

ずーっとホテル・ワンダかと思ってました。ルワンダでしたよ。
まぁそんなことはどーでもよいですね。

c0057810_13121120.jpg
『ホテル・ルワンダ』は、1994年にアフリカのルワンダで実際に起こった民族闘争のお話です。
争いは、多数派のツチ族によるフツ族大量虐殺にまで発展しました。殺された人の数は100万人とも言われ、その大多数が何の罪もない一般市民だったそうです。

一説によると、レイプされ乳房を切り落とされた女性や、男性器を切り落とされた人、岩にたたきつけられた子供、腹を切り開かれた妊婦、そんな殺され方をした人がたくさんいたとか。


そんな惨劇の中、難民と化した国民1200人の命をたった一人で救った男がいました。それが、ルワンダの高級ホテルの支配人、ポール。



ルワンダ王国はとても小さな国。非力なこの国を助けたところで何の得にもなりません。だからそこで民族闘争が勃発しようとも、国民が住処を追われて助けを求めようとも、ヨーロッパもアメリカも第三国での出来事として放置プレイ。


私は声を大にして言いたい。

それでいいのか、世界!!ヽ(`Д´)ノ

これが石油とか資源をたっぷり持ってる国だったらこぞって介入してただろうに。大量虐殺の大量とは何人以上かなんてことを論争してるヒマがあったら、助けてやれよ~。人と人は支えあえるのに、国と国は手をつなぐこともできない。
悲しいよ、地球。


c0057810_13283250.jpg


雨が降りしきるその日、ルワンダに国連軍が到着しました。「これでこの悪夢が終わるはずだ」とルワンダの人々が頼みの綱に思っていた国連軍。しかし彼らは、ルワンダ国民を救うためではなく、外国人の退去のためにやってきたのでした。カメラマンのなんとか(名前忘れちゃったぁ)は、差し出された傘を断ります。


「傘なんかいらない! 俺は、今、自分が恥ずかしいんだ!」


バスに乗り込み安全な祖国へ帰っていく外国人。そしてそれを見送る明日の命も知れないルワンダの人々。ルワンダを後にする外国人たちも、どれだけ後ろ髪引かれたことでしょう。そして何もしてあげることのできない自分たちを、どれほど無力に感じたでしょう。


でもホントに何もできないのかな。
直接手を貸すことはできなくても、真実や思いを人々に伝えることはできますよね。ルワンダで起こっている惨劇をより多くの人に伝え、ルワンダを救いたいという気持ちが大きくなれば、世界を動かすことができるかもしれない。
ちょうどこの映画が、『ホテル・ワンダ日本公開を応援する会』によって日本公開にたどり着けたように。



難民キャンプと化したホテルで、最後の最後まで人々を守り、救うために尽力したポール。その姿を見て、何かを感じ取って欲しい。そんな映画です。
[PR]

by myums | 2006-11-23 13:27 | 映画・海外ドラマ は行  

また、Booの教え

時々ズコーンと落ち込む時期ってありますよね。私の場合、いつも同じことでへこんで自己嫌悪になるんですけど、Booはそういう悩み方はしないらしいんです。私の感じている痛みは、Booとはシェアできないわけです 。・゚・(*ノД`*)・゚・。


だから凹み時期が来ると、私は1人で散歩に出かけたりして自分だけの世界に入り込みます。Booに「理解」を強いたくないから。それと、「またそんなことで悩んでるの?!」って呆れられたくないから。それだったら、一人で悩んで一人で立ち直ったほうがいい。



だけど今回、Booにこんなことを言われました。
「Myumsが悩んでいるとき、俺はいつも役に立ってあげられなくてごめんね。助けたいと思ってるんだけど、何を言ってもMyumsにシャットアウトされているような気がするんだ」


夫婦と言えど他人なんだから分かり合えない部分があって当然。
「だからBooは無理に理解する必要ないんだよ。そんなの強制したくないよ」
本当は分かって欲しくてたまらないくせに、ついそんなことを言ってしまうヘソ曲がりな私・・・。


「Sometimes I HAVE TO understand you. HAVE TO try. That is the relationship, and it is not easy」


(時には無理にでも「理解」しなくちゃいけないんだよ。少しでも「理解」できるように努力しなくちゃ。関係を築くっていうのはそういうものだし、それは決して簡単なことじゃないんだよ)



*:.。☆..。.(´∀`人)*:.。☆..。. 

ステキなおことば。Booが王子様に見えるよ。きらきら~。


うん、ほんと、Booの言うとおりだよね。
他人だから分かり合えない部分があって当然。だからこそ、分かり合えるようにお互いが努力しなきゃね。どんなに愛し合っている2人でも、何も努力しなかったらいい関係なんて築いていけない。怠慢から愛は生まれない。



Booが私を理解したいと思ってくれるなら、私もBooに理解してもらえるように努力しよう。そしてBooが苦しんでるとき、その気持ちを理解してあげられるように歩み寄ろう。
 


まずは、弱みを見せられる素直さを身に付けたいものです。
[PR]

by myums | 2006-11-21 15:42 | 国際結婚とカナダ  

Jackass Number 2 ジャッカス ナンバー2

c0057810_0265760.jpg


見ましたよ、ジャッカス ナンバー2。


4年前に公開された『ジャッカス・ムービー』は、史上最悪最低の下品映画という最高の賛辞を受けたわけですが、今回のナンバー2はそれを上回るバカっぷりです。

ジャッカスは、アメリカ版電撃ネットワーク、とでも言えばいいでしょうか。体を張った過激なパフォーマンスを繰り広げてくれます。


ちなみにナンバー2ってのは、ウンチてのこと。トイレ行こうとすると、「Number1 or Number2?」なんてジョークで聞く人も(たまーに)います。日本でもレストランのバイトなんかで、トイレ行くときに「2番入りマース」って言ったりしますよね。その場合は「ウンチ」に限りませんが。
ナンバー1は、もちろんションションのことです。


ということで、今回のウンコたれジャッカスが食べるのは、 牛の糞。
頭イタイ子としか思えません。
本人、吐きそうになりながらもウンチを水で流し込むんですけど、周囲で見てるメンバーの方がこらえ切れず、ゲロゲロゲロ~。

グロイ!!キモイ!!マズイ!!ォエー。

さらに、 馬の精液も飲む。
ううっ・・・。
書いてるだけで気持ち悪くなってきたよ・・・。


ジャッカスのこういうグロネタが嫌い。
なんだけど!
痛いネタとバカネタが好きで見ちゃうの。

c0057810_0273625.jpg


屋根の上からスケボーで滑り降りて、コンクリに 激突。
「空飛ぼうぜー!」と車椅子にジェットをつけて、ものすごいいきおいで海に水没
家の階段に雪を敷き詰めて、ソリでシャーッ!玄関にドガッ!

闘牛の大群に追いかけられてみたり、目ん玉になめくじ(?)入れてみたり、アナコンダに巻きつかれてみたり・・・。

ああっ!!痛すぎるぅう!!Σ(>д<)  もっと見せて。(←ちょっと変態)

ここまで来るともはや芸術の域に達してるかも?
いやいや、やっぱただのバカでしょ。
ほんと、ひたすらバカだけの映画ですから。
バカ好きな人しか見ちゃダメです。

まずはトレイラーで受けつけ可能かを判断してみてください。→ココ
半分くらいまでは、前置き。「2002年その映画が公開されたとき、バカでキモくてグロい最悪の映画と言われた。そんな人々には悪いけど、ナンバー2作っちゃったもんねー」なんて感じで言ってます。その後からナンバー2からのシーンカットです。

c0057810_23352011.jpg


ゲロも下半身も無修正ノンストップで見たんですけど、モザイクの存在意義を痛感しました。人糞無修正は女の子にはキツイです。
[PR]

by myums | 2006-11-17 18:28 | 映画・海外ドラマ さ行  

最強の動物占い

ちょっと更新するヒマがないからさ、これで遊んでおくり。

動物占い進化系⇒ここをクリック!

Enjoy!!
[PR]

by myums | 2006-11-16 19:15  

なんのために生きるのか。

自分自身に誇れるものなんて何もない。
そんな私でも、誰かを助けることができるのかもしれない。
それはまだずっと先のことかもしれない。もしかたら、近い将来のことかもしれない。

何ができるのか。何がしたいのか。

少しずつ見えてきた気がする。


できることなら、飢えや病気や孤独と戦う地球上すべての人を助けたい。幸せな地球を創っていきたい。だけど、そんな大きなこと、臆病者の私にはできないから。だから、片手で数えられるくらいの人たちでもいい。たった1人の人でもいい。


ちっぽけな私にも、できることがあるなら。


Becasue that makes not only someone's life happier but also mine.
[PR]

by myums | 2006-11-11 15:27