<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

FUJIROCKにも負けない週末

土曜日は友達のイベントへ行ってきました。
場所は、またBullets前回のPARTYに遊びに来た友達が、「へ~、ここイイじゃん!」っつうことで、今回のイベントが決まったのでした。


イベントの前に腹ごしらえをしようと、Booと二人で西麻布の橙花へ。
とか書くと、有名なお店に狙って行ったみたいだけど、単に通りすがりに入ってみただけ。グルメから程遠いとこで生きてますから、ウチラ。
しかも30分くらいしか時間なかったので、入ってすぐオーダー。豆腐料理とかサラダとか、とにかく早く出てきそうなモンを頼んで、出てきた傍からモリモリ食べる。

しかし!! Booの頼んだ鳥料理が出てこない!

鳥なんて調理に時間かかるものオーダーしやがって!Booめっ!o(><*)o


仕方ないので鳥はキャンセルしてバタバタと店を後にした私たち。
西麻布でディナーって、普通ゆっくりするもんだよね。お店の人にごめんなさいです。でも、キャッシャーのお兄ちゃんがあわびステーキ券くれたから、また行きます。


さて、ちょっと迷子になりつつ辿り着いたBulletsには、いつものメンバーが久しぶりに集まっていました。
ヨーロッパ旅行で太って帰国したヤツいたり(バターとチーズ食いすぎ!)、逆にダイエットでますますやせてる女の子いたり、髪をショートにしてセクシーになった子いたり、人って1ヶ月会わないだけで、ビフォアーアフターするもんですね~。

しかも、今回は元ミス福井のカワイコちゃんが、浴衣で登場~!!
彼女と会うのは、約1年ぶり!
一緒に踊るのは、なんと2002年のギャザリング以来!

ε=ε=(/*~▽)/キャー

浴衣でがんばって踊る彼女は、相変わらずキラキラしてました。
マブイッ!
会えて、ホントに嬉しかったぁ。


私のお気に入りのDJである友達は、ますます腕前をあげていて、テクノブレイクな音になってた。デトロイトテクノとかハウスブレイクに泣き節を入れて、

エロイ!!イヤン((▽\*)≡(*/▽))イヤーン


こういうセクシーだけどゴリゴリな音、好きなんだよね~。

おまけに、シメにFranz FerdinandTake me Outを回すなんて!!
おりしも、夏の一大フェスFUJIROCKで彼らのライブが行われたばかり。なんてタイムリーなの~!!


一緒になって歌って、ちょっぴりFUJIROCK気分を味わっちゃいました。


まあ、盛り上がってたのは、DJと彼の彼女と私だけって噂もあるけど・・・。
なぜ、みんなこの曲で盛り上がらない!?
Born Slippyでは、狂喜してたじゃない!!


音楽の趣味って人それぞれだから、仕方ないけどね。
私が邦楽をぜんぜん聴かないのと同じで、サイケしか聞かない人、ロックが嫌いな人、逆に普段はJ-Popオンリーなんて人もいるわけで。

どれがいいとか悪いとかじゃない。
聞いてて心地よければ、それが好きな音なわけで、ジャンルなんて関係ないんだよね。

ビバ!音楽!!
ブラボー!音楽!!


c0057810_1525216.jpg


仲間内のイベントを満喫した後は、みんなで友達の家に行ってチルチル充ちる。
でも眠くて眠くて、なんかよく覚えてません・・・。
友達のジャージを履いて布団で寝てたはずが、気づいたらベッドで寝てました。と思ってたのに、起きたらソファの上でした。
ホワイ?


なんか無理がたったのか風邪をひどくしてしまい、今日は布団の中です。
のはずだったのに、ヒマでブログ書いてます。
3週間ぶりに掃除もしたいと思います。

あー、家でダラダラするのってサイコー。
ビバ!ものぐさ!!(=゜ω゜)ボー
[PR]

by myums | 2006-07-31 14:55 | 音楽・Party  

何故、君だけこっちを向くの

気まずいとき。

満員電車で一人だけ逆方向向いてる人と向かい合わせになったとき。

顔ちかすぎ!!

素敵な人とならしばしのトキメキを堪能しちゃうけど、これがなぜか常に、キモオヤジ!

鼻毛から毛穴までみえちゃうんですけどぉ。

勘弁してくださいよ(T_T)
[PR]

by myums | 2006-07-29 13:13  

Grandma's Boy

c0057810_16384095.jpg

30歳半ばと思しき男2人が、Weedもっくもっくさせながら、カウチで大爆笑。
てなシーンからスタートするのがこの映画、『Grandma’s Boy』


二人のだらしないっぷりが、『Cheech&Chong』並みのアホ映画を予感させます。
このままひたすら吸って吸いまくりの旅にでも出ちゃうのかと思いきや、
いきなり家賃滞納でアパートを追い出され、
主人公マックスは路頭に迷うことに。


どうするマックス!
メキシコでも行って、もっと吸っちゃうか!

と思ったら、いきなり普通のオフィスシーン。
マックス、働いてるじゃない!!

私の中でマックスは無職のふうてん野郎に決定してたので、
ちゃんと働いてたなんて~。
ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック


ここで『Cheech&chong』再来の夢は絶たれたわけですが、
この映画、別の意味で超おもしろかったです!


マックスは、ゲームソフト制作会社で、テスターとして働いてます。
発売前のゲームをテストプレイするお仕事です。
この会社、なぜかテスターがわらわらいて、子供用のプレイルームみたいなところで、ポップコーンぼりぼり食いながら大騒ぎして、テストしてるんですよ。

なんかすっごい楽しそう!!



そんなテスターたちの中に、デザインからプログラミング、テストまで一人でこなす天才がいるんですけど、この人キワモノです。
c0057810_16323361.jpg

マトリックスなカッコして、真っ白な部屋でテクノをキュインキュインかけて、ブツブツ言いながら、一人でテストしてるんですよ。
ロボットみたいな話し方だし。
女の子をデートに誘うときの文句が、またすごい。

「週末に、半導体博覧会があるんだ。一緒にいこうじゃないか」


いかねーだろ。ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ


ごめん、半導体博覧会じゃなかったかも。
でも、ま、そんな感じよ。


それに比べると、マックスとその仲間たちは、本当に楽しそうで、かわいい!
同じゲーマーでも、マックスたちとは一緒に遊びたいけど、アッチのマトリックスだけは無理だわ。キモッ。


マックスのプッシャー(Weed売ってくれる人)も、そうとうキテます。
素っ裸でクリスマスツリーの飾りつけしてます。

てか、7月だけど!!

アフリカ原住民の友達が遊びに来たり、テコンドーの先生が中国から来たり、サル飼ってたり。ていうか、常に吸ってます。髪型もオカシイです。

c0057810_1692287.jpg



この映画、なんでGramma's Boyっていうかと言うと、
住処をなくしたマックスが、仕方なくグランマ(おばあちゃん)の家に居候することになるからなんですね。ほんと、それだけ。

いい年こいた男がおばあちゃん3人と暮してるなんて恥ずかしくて言えないマックスは、同僚たちにオバアチャンということを隠して、
「女3人と暮してんだけど、毎晩激しくてよ。ぜんぜん寝てねぇんだよ。昨日なんてベッドに縛り付けられたんだぜ」とかなんとか言って男っぷりをアゲておくんです。

そこへ突然オバアチャマ3人組が会社にやってきて、「マックスのルームメイトです」なんて挨拶するじゃないですか。
同僚たちが、「あ、あなたたちがマックスが疲れてる原因の3人・・・?」と聞くと、オバアチャマはちょっと照れくさそうに、
「We ride him pretty hard」って。

Rideってのは、操るとかこき使うって意味で、オバアチャンは、「ちょっとこき使いすぎちゃった」って意味で言ってますが、Rideには、またがるとか乗るって意味もあるんですね。

同僚たちは、もちろん後者の意味で取ってますから、みんな唖然。

「ちょっと激しく乗りすぎちゃって!うふっ」

ってオバアチャマに言われた日にゃあ、そりゃあ
「おえぇぇぇ....!!(;゜ロ゜)」
ですわ。

c0057810_16182085.jpg


オバアチャマ3人組がハーブと間違えてマリファナティーを飲んじゃうところは、『Saving Grace』みたいで、笑えました!
あの映画、おもしろかったな~。もっかい観たくなってきた。
ほんわかマリファナムービー。なんで日本で公開しないのか。
せめてDVEレンタルだけでもしてくれー!!
みんなにあの微笑ましさを知ってもらいたいよ~。


さて、この映画の一押し役者は、マックスの同僚ジェフです。
この人の”間”は、天下一品。
ダンス・ダンス・レボリューションで同僚と対決して、けちょんけちょんに負かすシーンとか、ヲタク度100%です。
まあ、みてくださいよ。⇒ココ

c0057810_16254487.jpg

こういう人、ゲーセンにいるいるぅ!!(≧∇≦)


終わったあとに、「ニューハイスコアって何?なあ、なあ、どういう意味か教えろよ。これってわるいの?」なんつってわざとらしい嫌味も、いいっす!

c0057810_16123894.jpg
彼の部屋ってば8歳児です。後ろのポスターの「ドム太郎」ってもしや、「ハム太郎」のパクリ・・・?


この役者さん、けっこういろいろな作品に出てるんですが、なんと、かの『あの頃レニーペインと』にも出てたみたいです!
役名は、「Insane Bowie Fan (キチガイ並みのボゥイファン)」。

って、名前なしかよ!!

この頃から、キチガイな役やってたんですね~。



おっと、話がそれました。
で、なんだけ?
あ、そうそうグラマンズボーイね。
とにかく、この映画のキャラ、全員極まりすぎてて、ほんとオカシイです。
クレジットにWEEDってトップに入れたいくらいマリファナ出演してるので、日本公開はありえないでしょうが、DVDリリースに期待です!


トレイラー観れます。⇒ココの左バーにあるCLIPS&TRAILERSってとこから入って、上から5番目動画です。





ちなみに、この映画は、Happy madisonという会社が製作してます。
この名前でピンときた人は、アダム・サンドラー好きですね。
アダム・サンドラー映画の中でも1,2位を争うアホ映画、『Happy Gilmore』と『Billy Madison』を掛け合わせた(というか、くっつけただけ)もので、もちろんアダム・サンドラーが創設した会社です。

先日紹介した『Click』や、『The Benchwarmers』『ナポレオン・ダイナマイト』の主人公(名前知らなくてごめん)が出演してる、『Little Nicky』なんかが作られてます。
コメディ映画って出演者も同じクルーが多いから、なじみの顔が出演してるのもいいですね。

久々の大ヒットあほあほ映画でした~。ヾ(@゜▽゜@)ノ
[PR]

by myums | 2006-07-29 00:42 | 映画・海外ドラマ か行  

みんな違って、みんないい。

ウチの会社って服務規程があって、ジーンズが一応不可なんです。
この”一応”ってのが曲者で、規定には
「これはガイドラインであって、規則ではありません。
オフィスにふさわしい服装を、各々が心がけるようにしましょう」

ってあるわけ。


つまり、建前的にはジーンズは好ましくないけど、本音としては汚らしい格好でなければ見逃すこともやぶさかではない、って感じ。


私としては、そんな規定があること自体

くっだらねー。( ´△`)

と思うんだけど、それよりも理解できないのが、


「ホニャララさんのチームに、時々ジーンズをはいてくる人がいます」


というチクリメールをマネージャーに送りつけてくる人がいること!!


極まってアホ。


そういのって、中学生が1コ下の後輩に
「テメエ、柄モンの靴下はいてんじゃねーよ。生意気なんだよぉ」
ってイチャモンつけるのと、同レベルじゃない?


恥ずかしくないのかな。いい大人がそんなことするなんて。
羞恥心の置き所が、私とは180度違うんだろうな。


その上、そのメールには
「会社の規則なので、守ってください」
なんて余計な一文もついてました。

ルールを守って欲しい理由が、”会社の規則だから”なんて、
ますます恥ずかしい!!

単に右向け右してるだけなのに、正しいことしてるっぷりで、他人にまで押し付けてくるなんてさ。自分で守ってるだけじゃ、物足りないのかね。
こういう勘違いのイイ子ちゃんて、ヤダヤダ。



私は右向け左でいきたいんだよ!


なんつて。

何が言いたいかというと、
ルールはあくまでベースであって、何が何でも全員に守らせなければいけないものではないと、そういうことです。



今の会社はおっきいだけに、人も多くて、”体制”好きな人間もいるんですが、そういうのを見てると、私とはぜんぜん違う価値観に住んでるんだな~と、つくづく思います。


人は十人十色。
みんな違って、みんなイイ。なわけですよ。
でも、ジーンズくらいでキリキリするような生活は、いやだな~。
[PR]

by myums | 2006-07-27 23:19  

たるんどる!!

ホットヨガでもはじめようかね~。
タルンタルンなんだよ、最近。

肉が。

恐るべし! 30の壁。

・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・
[PR]

by myums | 2006-07-25 23:47  

紙魚

「Myu~ms~!Y(>_<、)Y 
来て来て来て~!!!」

本を読んでいたBooが、突然情けない声で私を呼びました。
何事かと思って傍に行くと、

「みて~。変な虫がいるよ~。こんなの見たことないよ~」
とやたら興奮してるBoo。

どんなキモイ虫が出現したのかと思って見ると、
本のページの上を、ちっちゃな虫が歩いてるじゃないですか。


「なんだ~。これ紙魚(シミ)だよ」


「ええっ!!これ、知ってるの!?すごいな~。w( ̄o ̄)w オオー!」


私と出会うまで読書をほとんどしなかったBooは、
紙魚の存在を知らなかったようです。


「この子はね、本とか雑誌の間に住んでるの。紙を食べるんだよ」
と私が教えてあげると、

「Whaaaaat!?(゜ロ゜)

君は紙を食べるの!?紙、おいしいの?」
と紙魚に話しかけ、一人でずいぶん楽しそう。


紙魚くらいでここまで感激してくれるとは、
教えた私も、かなり満足です。( ̄^ ̄) エッヘン

でも本の埃は掃除したほうがいいかもね・・・。
[PR]

by myums | 2006-07-23 13:40 | 国際結婚とカナダ  

愛だね、愛。

今回のSMFね、すっごくすっごく楽しかったです。
音も良かったし、雨のおかげでコアな人も多かったし、久しぶりに踊りの師匠にも会えたし、温泉も気持ちよかった。

大満足してるはずなのに、どっかなんか物足りなさを感じるんです。

それはやっぱり、Booがいなかったからなんだろうなぁ。

楽しさや、喜び、美しいものとであったとき
一人でも感動することはできるけど、
隣にBooがいて、一緒に笑ってくれたら、
喜びや感動は、どんどんでっかくなって、
澄んだ水が体中に染み渡っていくような、
そんな柔らかな気持になれるんです。


Booがいなくても楽しいことはたくさんある。
時には独りの時間を満喫したいと思う。
だけど、やっぱ、一人より二人。
二人なら、もっともっと幸せになれるもんね。


これからも、たくさんの感動を二人で味わっていきたいな。

I am really belong to U
[PR]

by myums | 2006-07-22 13:28 | 国際結婚とカナダ  

初の修行レイブ Solstice Music Festival

ご報告遅くなりました。

16、17日で、行って来ましたよ。
Solstice Music Festival!!!!

見事に、あめあめ、ふれふれもぉっとふれ~。
八代亜紀級に雨全開でしたー!

私にとって、初の修行レイブ(雨レイブ)となったわけですが、

さいっこうぅうううでした!!(>▽<)きゃー♪


雨なんて、関係ないねっ!
合羽着ちゃえば濡れないし、
足なんてドロドロになったら洗えばいいし!



最初は、ちょっと躊躇してた私も、
気づいたら裸足になって踊り倒してました。ヽ(´▽`)/へへっ


だって、音が気持ちいいんだモン。

闇に底響くDELTAの極悪に瞑想し、
ETNICAのセクシーなアゲにくねくね踊り、
BIO-TONICのイケメン3人に赤面し、
(あのフレンチ3人組は、いつも通りアホでしたね~)
ジリジリ硬めに攻めるMARCASに酔いしれ、
QUADRAには、完全に踊らされました!!

GMSは、言うまでもなく、やばかったです!


ひっさびさに聞いた鈴木TSUYOSHIは、
昔よりよかった!
そして相変わらずのヒゲ!!青っ!!
なつかしのスペトラも、昔と違ってちょっと骨太な音出してました。


しかーし。今回の一等賞は・・・

LUCAS!!

もう言葉はいりません。

あんなにカッコイイ音で躍らせてくれて、
アリガトヨー!(*≧∇≦)/

でも、LUCASって実は初めて聞きました。
教えてくれた友達、アリガトー!



見上げた空から降る雨粒の心地よさ、
座ったときに、ぷうんと薫った草と土のイイ匂い。
雨には雨の良さがあるんだなぁ、
と、そんなことを感じながら踊りました。


今回は、Booが一緒じゃなかったから寂しかったけど、
やっぱり行って良かった!!


一緒に踊った人たち、全員に

ありがとぉぉおお!!!


さぁて、次は大本命のラビリンスかな!
このRAVEは昼が命だから、晴れてくれ~!!
カモン!太陽!!
[PR]

by myums | 2006-07-22 00:10 | 音楽・Party  

シンガー志望

バンクーバーで知り合った同士がいます。
福山似のイケメンくんです。
すっげーイイヤツです。
ツライときも楽しいときも、なんやかんやと色んなことを一緒にやったもんです。
てなことは、まあ、いいんですが、
その彼の彼女っていうのが、
これまた超~~~~キュート!!!
その上、すっげーイイ子で、
天は二物も三物も与えちゃったって感じなのです。
彼女はシンガーを目指していて、
その夢を叶えるために、先月上京してきたばかり。


で、今日彼氏の方と電話で話していると、
「今日さ、彼女がネットラジオで歌うんだよ」
というではないですか!

ひょえ~!それは是が非でも聞かなければ!!


早速アクセスしてみると、ラジオじゃなくて、ネットテレビ!
テレビですよ!
声だけじゃなくて、顔も映ってるじゃないですか!!


画面の向こうの彼女は、
もうね、ホントに可愛くて可愛くて、
ホントにチッコクてチッコクて、
いますぐでもアイドルデビューしそうです!


でも彼女が目指してるのは実力派シンガー。
歌が好きで好きで、ずっと歌っていたくて、
喜びや切なさや、元気を、歌を通して人々に伝えたい。


心を込めて歌う彼女の切ない歌声を聞いていたら、
いつの間にかポロポロ涙がこぼれてきました。


なんて言ったらいいか、分からないけど、
とにかく嬉しかった。


彼女はきっとBIGな女になりますよ!
みなさん、今からこの名前を頭に刻んでおいてください。

西田まみちゃんです。
[PR]

by myums | 2006-07-19 22:40  

Click と ビリーマジソン

c0057810_18411747.jpg
バンクーバーのゆりちゃんオススメで、
アダム・サンドラー主演の『Click』を見ました。



ひょんなことから不思議なリモコンを手に入れた建築デザイナーのマイケル。実はこれ、人生を早送りしたり一時停止したり、巻き戻したり、自由に操れるリモコンだったのです。
面倒くさいことや、昇進までの退屈な日々を早送りしてるうちに、マイケルの人生そのものに支障が出てきて、マイケルは家族を失うはめに・・・。

c0057810_18373361.jpg



『Big Daddy』以来、やんちゃなパパ役がすっかり板についたアダム君ですが、今回もお茶なパパっぷり発揮です。
ムカつく上司を一時停止して、上司の顔の前で屁をこいたりぶん殴ってみたり、近所の生意気なガキの顔にボールぶつけてみたりと、お約束ながら笑わせてくれます。


途中、日本人ビジネスマンが日本語でボロクソ悪口言うんですが、それもマイケルはリモコンで英語吹き替えに。
吹き替えって、めちゃくちゃおもしろくないですか?私は、12Ch.でやってる洋画の吹き替えとか見ると、ぜんぶ不二子ちゃんに聞こえて、笑いが止まらないんですが。
『Click』に出てくる日本人たちはノリが良くて、それもまた同じ日本人として嬉しかったりしました。


映画全体の展開はベタですが、コメディですから。そこは大目に見てあげてください。

c0057810_18462352.jpg
そして奥さん役のケイト・ベッキンセールはありえないくらい美人です。目が離せません。




では、アダム・サンドラーについて、ちょっと。
彼は日本だと、『Big Daddy』とか『50回目のファーストキス』なんかで有名ですね。やんちゃな少年がそのまま大人になったような、ヌボっとした人です。
もともとは、SNL(北米の人気コメディ番組)の人気コメディアンだったそうです。私が知ってるのはコメディ俳優としてのアダム・サンドラーだけですが。


最近は、プライベートでもパパになって、すっかり大人し目なコメディ映画が多くなりましたが、以前はアホ全開な作品ばっかりで、そりゃあアホでした。

アダムのオススメ映画はいくつかあるのですが、一番は、『ビリーマジソン』

大富豪の息子役なんだけど、しゃべり方おかしいし、クサばっか吸ってるし、ペンギンの妄想追っかけたりして、そうとうなおバカぽん。
あまりにバカすぎるので小学校からやり直すんです。

c0057810_18542322.jpg


そんな設定からして早くもアホなんですが、1学年進級するたびに、サーカス並みのホームパーティーを派手にぶちあげて祝賀会するんです。バカって言うか多分5歳くらいで成長止まってるんですね。

ここまでアホになれたら最高だと思います!!



あのくらいアホなアダム・サンドラーを、またいつか見たいものです。
[PR]

by myums | 2006-07-15 01:18 | 映画・海外ドラマ か行