<   2005年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

映画を振り返る2005

これが今年最後のエントリーになりそうです。
すでに今年を振り返ってしまったので、今回は、今年ブログにアップした映画の中から、私のベスト5を挙げてみようと思います。

<<アンタ、コレ観なきゃ年越せないわよ!2005>>

第5位 『オープン・ウォーター
ううう…!!く、苦しいっ!息がっ…!!


第4位『バタフライ・エフェクト
心がしぼられるように、切ない。
ディレクターズ・カット版を観ること!


第3位『Saving Grace
これほど心温まるマリファナムービーはありません。


第2位『ドニー・ダーコ
映画好きをうならす、完璧なまでに完成された逸品。


そして、堂々の第1位は・・・!
ジャジャーン!

『ナポレオン・ダイナマイト(邦題はバス男)』

c0057810_22493723.jpg


ぶっちぎりです。
コレ観て、腹抱えてヒーヒーいいながら2006年迎えてください!
笑う門には福来たるってね。


それでは皆様、良いお年を・・・。
そして、来年もよろしくお願いされてダッチャ★
[PR]

by myums | 2005-12-31 22:49 | 映画・海外ドラマ 年末ベスト5  

どうなんかね、国際結婚。

こんなこともあったので、Blogのタイトルを変えてみました。

どうなんかね、国際結婚。

どうなんですかね。
よく分かりません。
ただ、結婚はしてもしなくても、どちらでもいい。
そう思います。

いつ結婚してもいいと覚悟を持って付き合えるパートナーがいれば、
結婚という形式にとらわれる必要はないんじゃないかと。

じゃあ、なんでBooと結婚したかというと、
日本に帰国するのに、結婚してないとビザがおりなかったから。


とか言うと、

「ビザのために結婚するなんて!!」

なんて息まいてお怒りの人もいるかもしれませんが、
結婚というのは、当事者にしか分からない部分がたくさんあるものです。
子供ができていたり、Booにどうしてもとプロポーズされたりといった別の理由でも、必要に迫られれば、私は結婚していたでしょう。

Booとは一生のパートナーでいる自信があるので、結婚してもしなくても、その気持ちに変わりはないということです。


ただ、結婚するといろんなことが便利になります。
特に日本では。
これがカナダだったら、私とBooはまだ結婚してなかったかもれません。

カナダにはコモンロービザというのがあって、
内縁関係にあるパートナーを移民させることができます。
そして結婚しているのと大差ない権利を得ることができます。
もともとはゲイのカップルのためにできたビザとか。

現在カナダのほとんどの州では、ゲイの結婚も認められています。
そういえば最近、UKでも同姓婚が認められて
あのエルトン・ジョンも長年のパートナーと結婚したそうですね。

結婚していなければ、単なる恋愛としてしか認めてもらえず、
なんの社会的権利も与えてくれない日本は、
やはりコンサバだなと思います。



でも、結婚は悪いものじゃありません。
幸せになろうとお互いに努力を惜しまなければ、ハッピーです。
20代前半、この努力を惜しんだがために、
私はハッピーな結婚生活を送ることができず、離婚しました。
だから、今度こそ、相手をハッピーしてあげたいと思うのです。
そうすることで自分もハッピーになれるはずだから。


まあ偉そうに言ってますが、
これからの結婚生活、どんなことが待ち受けているか分かったモンじゃありません。
つらいことも一緒に乗り越えていくために、
二人の間の強力ボンドを練って練っていく次第でございます。
[PR]

by myums | 2005-12-31 12:48 | 国際結婚とカナダ  

観念的な話

人って、高みに昇りたい派と、そのままの自分で在りたい派がいる。
と思う。

高みに昇りたい人は、
今ある自分に満足できなくて、理想とする人間像に近づきたいと思う人。
そういう人は、理想と現実の間でいっぱいもがくし、悩むし、
けっこう苦しい人生だと思う。

そのままの自分でいたい人は、
今ある自分を受け入れて、変わらず素直に生きていきたいと願う人。

後者のほうが楽な人生かっていうと、それがそうでもなくて、
周囲からジャッジされたり、
ああしろこうしろと指図されたり、
そういうのを跳ね除けて生きていく強さが必要だから、
やっぱりそれなりにタフな人生だと思う。

どっちにしろタフなら、私は後者のほうがいい。
自分のままでいたい。
他人に対してもそう。
あれこれ余計な指図はしたくない。
その人はそのままで、十分に素敵な部分をたくさん持っている。


自分を高めようと一生懸命になっている人は、
素敵だし、かっちょいいし、うひょ~やるな~って感じだ。

だけどそれを「正しいこと」として他人に押し付けるのは、どうなんかね。


私は私でいたい。
それ以上でもそれ以下でもなく。
[PR]

by myums | 2005-12-30 19:54  

Booの厄年

さっき、友達とメッセしてるとき、
今年がBooの後厄だったことが発覚。

「気づかずに1年終了してよかったー!」
と私が言うと、すかさず友人


「あと3日あるね」


って、おい!




何事もなく無事に年を越せますように・・・。
[PR]

by myums | 2005-12-29 17:26 | 国際結婚とカナダ  

真のデキル人

昨日は会社の忘年会だった。

なんと場所は『和民』。
しかも、渋谷センター街のちとせ会館って!

コンパといえば、
ちとせ会館レモンハートだった、その昔。
レモンハウスだったかな?いや、レモンサワー?
どっちにしろ、ナツカシイ。

そんなこんなで、大いに食って飲んで笑って。
職場ではできないような話しもできて
満足度の高い忘年会だった。うひゃひゃひゃ。

そして、年内で退職することになったMKさんの
送別会も兼ねていた今回の忘年会。


「ベンチャーで働くことは本当に大変だと思うんです。
もっと楽でもっとお給料のよい仕事もたくさんあります。
だけど、ほかでは絶対に得られないものがそこにはあって、
みなさんには、そういうものをたくさん得てもらいたい」。



彼女の言葉は、あの場にいたみんなの心に響いたはず。
そしてこれから、「あともうひと頑張り」なときに思い出す
魔法の言葉に、きっとなるだろう。


どんなに忙しいときでも、楽しむことを忘れずに
いつでもお茶目だったMKさん。
どんなに難しい案件でも、バリバリこなしていたMKさん。
そして、クライアントさんを、一緒に働く人たちを
とても大切にしていたMKさん。

彼女みたいな人が、「真のデキル人」なのだと思う。



来年からもがんばろー、うん。
[PR]

by myums | 2005-12-29 14:48  

遠い空の向こうに

私が大好きなジェイク・ギレンホール主演の『遠い空の向こうに』。

誰もが持つ、”あの頃”の夢。
心の宝箱にしまっておいた、
誰にも汚すことのできない、”あの思い”。

そんな、普遍の郷愁が詰まった映画。

ソ連が人類初の人工衛星スプートニクの打ち上げに成功した、1957年10月。
ウエスト・ヴァージニア州の炭坑の町コールウッドで、その美しい軌跡を見ていた青年ホーマーは、自らの手でロケットを打ち上げたいと思い、級友3人とともに本格的なロケットづくりにとりかかる。
炭鉱を守る保守的な父の反対にあいながらも、夢を追いかけ続ける若者たちの青春ストーリー。



私のジェイク萌えを抜きにしても、
すごく素敵な青春映画だった。

「バカげたことを」と鼻で笑う大人たちや挫折や困難にも負けず、
ロケットへの思いをまっすぐに貫くホーマー。
その姿は、眩しいほどにきらきらと輝く。

そして、息子を愛するがゆえに自分の夢を託したいと願う父の姿もまた、
切なく胸に沁みる。

もう1つの『スタンド・バイ・ミー』と呼ぶにふさわしい映画だった。

ぜひご鑑賞あれ。


c0057810_1723068.jpg
ちなみにこの映画、NASAに勤務する
ホーマー・ヒッカが少年の頃の事実のお話。

[PR]

by myums | 2005-12-28 17:04 | 映画・海外ドラマ た行  

Breakbeatsのおすすめサイト

Breakbeatsがすき。
と言いながら、一度もBreaksの話をしていなかったので、
おすすめのサイトをご紹介。

Remixer Remix

最近プログレ寄りになってきちゃって、残念なんだけど、
RR DJ MIXES』でBreaksいっぱい聞けるし、
インタビューも読めるので、

Breakbeatsってどんな音?

って人はここを覗いてみると良いかも★


私のお好みは、ベースの効いたテンション高めなビート。


c0057810_18124497.jpg

Crush House Brothers とか

c0057810_1816693.jpg

Aquasky vs Masterblaster あたり。


ここいらの音を垂れ流しで洗い物とかしてます。
早く洗えるんだ、これが。

好みに合いそうなイベがあったら、情報くださいませ。
 
[PR]

by myums | 2005-12-26 17:45 | 音楽・Party  

忘年会(?)パート2@Maple

先週末、渋谷のMapleで、友人集合の忘年会をした。

このMapleは、カナディアン・バーなのに、
カナダ人が1人も働いていないという大胆なスポーツバー。
でもカナディアンビールとかいっぱいあるよ。

ここのバーを貸しきって、DJには友人3人、
VisualにはアトランティスのDVDを使って、
はっちゃけサイケ・ナイトを思う存分味わった。

素人DJだからこそのツナギの失敗や、
女の子の飛び入りDJなんかもあって、
本当に楽しかった!

おおいに笑い、おおいに踊り、おおいに好き勝手やって、
友人同士だから許される、最高の時間。
こういう時間を一緒に作り出せる、
そんな友達を持てて、私は、幸せ者だ~。

それにしてもNkiのDJはめちゃくちゃ上手!
音の幅が広くて、いつもビックリさせられる。

あれだけいろんなジャンルをMIXするくせに、
アーティストや曲名を、まったく覚えられないそうだ。
「じゃあ、どうやってレコード買うの?」と聞くと、

「片っ端から試聴!!」

だそうだ。
ひえ~。そんなDJもいるのか~。
でも、そのほうが、曲への先入観がなくて
純粋にイイ音を選べるのかも。

かく言う私も、アーティストや曲名を覚えられない。
好きな曲があっても、それが誰の曲なのか知らないし、
曲名も分からない。
だから、音楽談義ができない。

音楽に超詳しい人とかの話聞くと、「スゲー」って思って、
よーし私も覚えるぞ!って挑戦するんだけど、
やっぱりぜんぜん覚えられない。

単なるバカなのかもしれない…。
[PR]

by myums | 2005-12-23 18:22 | 音楽・Party  

Boo語

とっても寒かったある日の朝。
突然Booが叫んだ。

「チョベリ ★ コーーールド!!」

チョ、チョベリ?!

どこで覚えてきたのかと聞いたら、
なんと、自分であみ出したらしい。

言葉ってホントにおもしろいね~。
[PR]

by myums | 2005-12-23 17:52 | 国際結婚とカナダ  

2005年を振り返る

早いもので12月も半ばを過ぎ、
もうすぐ2006年がやってくる。
ということで、ここでひとつ、2005年をば、振り返ってみよう!

<Myums2005年の5大ニュース!!>

第5位 帰国した!(5月)
海を越えた引っ越しはもうカンベン…。

第4位 Booの家族とウチの家族が対面!(10月)
Booのママにハグされて、棒になってたウチのパパ。
かわいかった~。

第3位 ITベンチャーに就職した!(7月)
ITやらWEBデザインやら、まったくわからんこのワタクシが!!

第2位 友人が続々結婚決定!(12月)
アガるね~。結婚してもまだまだ一緒にパーティー行こうぜ!

第1位 Booと結婚した!(1月)
もうすぐ結婚1周年か~。早いな~。


エレグラ行ったとか、いとこに2人目が生まれたとか、太ったとか、胸にシコリが発見されたとか、毎週映画観たとか、英語力が下がったとか、まあ、色々あった1年だけど、なんだかんだ言って、

今年もBooと一緒にいられて幸せだったっチャ★(←ラムちゃんね)


自分自身に迷ったり悩んだり凹んだり、いくつになっても未熟者な私だけど、来年も楽しく、自分らしく、そしてBooと仲良くいられたら、いいな。

みなさん、来年もよろしくお願いします。ペコリ。
[PR]

by myums | 2005-12-20 21:24