<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

ダーリンの頭ん中

「ダーリンの頭ん中」cd_daisukiさんのレビュー

帰国して買った本、第1弾!
ハンガリーとイタリアの血を受け継ぎ、アメリカで育った
言語学オタクのトニーと
その奥さん小栗左多里さんの
国際結婚生活を漫画化!
同僚から「今、爆発的人気で、すっごい面白いんです!!」
と力説されて買ってみた。

すっごい面白かった!

しかも、ウチで交わされている会話と
まったく同じネタがある!!

例① “ザ”と “ジ” の謎
M 「ねえねえ、Theの発音て
a,i,u,e,oが先頭に来る単語の時は、
“ジ”になるんだよね?」
(↑中学校で習った記憶があるので自信満々)
B 「えっ、そうなの!?」
M 「えっ、違うの!?」
B 「うーん、ザ アポー(アップルね)、ジ アポー、ザ アンブレラ、ジ アンブレラ 、ぶつぶつ・・・・」(しばし悩む)
B 「どっちでもイイっぽいよ」
M 「えー、ぽいって何さー。
こっちは学校で習ったんだから、何か法則があるはず!」
B 「うーんうーんうーん」
(また悩む)
M 「ねえ、どうなのどうなの?」

B 「あー!! そんなの教師じゃないんだからわかんないよ!どっちでもイイったらどっちでもイイの!」

こ、こわいよ、Booちゃん・・・。

例② “V”の発音
M 「ねえねえ、最近気づいたんだけど、
“V”って下唇噛まないよね~!」
(↑私的大発見で嬉しい)
B 「はっ?」
M 「だからー、“ヴィ”って発音する時、
下唇噛んでないでしょ?」
B 「っていうか、今まで噛んでたの?」
M 「ううん。噛むとすごい大変だから、噛めなかった」
B 「それも学校で習ったの?」
M 「っていうか、日本人の常識?」
B 「・・・・・」

こーんな感じで、本の内容と同じような発見や会話が
私とBooの間でも交わされている。
でも、Booはトニーさんのように言語オタクでも教師でもない。
どっちかって言うと、英語が苦手なネイティブ。
(日本人でも国語が苦手な人っているでしょ?)
私の質問に逆ギレすることもしばしば。
だから私の疑問は迷宮入りすることが多い。
そんな迷える子羊に、「ダーリンの頭ん中」は
救いの手を差し伸べてくれた!
それだけじゃなく、普段お手の物に操っている(つもり)の
日本語に関しても、驚くべき新発見が!
これは、読む価値あり。

c0057810_2135540.jpg写真ちっこくてごめんね。
[PR]

by myums | 2005-07-25 13:01 | 国際結婚とカナダ  

夢中が楽しい

時がすぎる
そのスピードったらヒカリの速さにも負けないくらい。
そんな感じ。
それが夢中。
[PR]

by myums | 2005-07-21 20:45  

ラフティング&シャワークライミング

3連休にラフティング&シャワークライミングをした!当日は朝5時に起床する気合の入れようで、群馬県水上を目指す。
到着後、ウェットスーツとライフジャケットにヘルメットを装着。みんな軽くモジモジくん状態。
いよいよ、ゴムボートで利根川の急流を下る
ラフティングに挑戦!

これが 超~~ 楽しかった!!

ゴムボートの縁ギリギリに腰掛けて、
掛け声を合わせてパドルをこぐ。
みんなで無理やり落としあってみたりして、
鼻からも口からも利根川を満喫。
手を振る岸辺の人々に笑顔で手を振り返し、
気分はディズニーランドのジャングルクルーズ。
穏やかな流れのところでは、インストラクターとノ~ンビリ談笑。
彼の話では、アフリカにすごいラフティングポイントがあるらしい。

昼をはさんで、午後はシャワークライミング。
川を滑り降りる、天然のウォータースライダーなのだ!
しかし、目的地までは川を登らなければならない。
登るのは川だけじゃなくて、山も登る!
これがまたすごい。
90度近くの斜面をロープを使って登ったり、
もはや道とは呼べぬケモノミチを
枝や木につかまりながら進むのだ。
ウォータースライダーはめちゃくちゃ楽しかったけど、
沢登りは結構、過酷。
しかも、インストラクターがとにかく押し付けがましくて、
私はブチキレそうだった。
泥だけになった手を川の水で洗おうとすると
「川に入らないで!川に入らないで!手を洗わないで!」
と、必死の形相。手くらい洗わせろよ・・・。
川に入ったときも、なぜか
「肩までつかってー!」と怒鳴り、
つからない人の肩を無理やり沈めたり。
風呂じゃないんだからさー、好きに遊ばせてよねー。
そして極めつけは、片手を頭に当てる「OK」サインの連発。
いや、彼が勝手にやってる分には構わないけど、
それを人にも強要。
やらなかった私を目ざとく見つけ
「オッケー? 聞いてる? オッケー?」
とサインを強要。
やるのも悔しかったので、「うん」と返事だけすると、
ご不満な様子。
いいじゃないか! 聞いてるよ、君の話は!
そんなこんなで、みんなのモチベーションを下げまくった彼であった。

ラフティングはまたやりたいな。
次はアフリカだー!
[PR]

by myums | 2005-07-20 13:56  

スターウォーズ エピソード3 

marupinkさんのスターウォーズ感想

昨日、『スターウォーズ エピソード3』を観て来た。
スターウォーズといえば、エピソード1を観た時のことを思い出す。
それはまだBooと出会う前、前の旦那さんと一緒だった頃のこと。
実は、彼がスターウォーズファンだった。
「一般人よりも早く、スターウォーズを見なければいけない。
それがファンに課せられた使命なのだ!」
という彼の主張の元、公開より2週間も前の、
先先行オールナイトへ行くことに。
しかも、夜中の2時からロードショー。
それに合わせて当日は仮眠を取らされ、起きてみたら、
なんと外は、ドシャドシャの豪雨!
それでも引き下がらない彼。
「どうしても今日観たい、観たい、観たい!!
なぜならそれがファンというものだから」
呆れつつも、仕方がないのでタクシーで映画館まで行く。

ところが、どこの映画館もことごとく満席!
まだ上映の1時間以上も前だってのに?! 
どうやらみんな3時間も前から並んでいるらしい。
豪雨なのに。
ヨーダの着ぐるみかぶってる人もいる。
豪雨なのに。
まさに、スターウォーズのためなら、火の中水の中。

ここまで来てこのまま帰るのも悔しいので、
立ち見をしたのだが、これがすごかった。
映画が始まる前は、10秒前からカウントダウン、
拍手喝さいのもと、映画がスタート。
終了後もエンドロールが全て終了するまで席を立つ者はおらず、
これまた大拍手で終焉を迎えた。
日本の映画館でこんな光景はじめて見た。
みんな、ほんとにスターウォーズが好きなんだな~。
そこまで人を惹きつける映画を作ったジョージ・ルーカスってすごい!
映画そのものじゃないところで、妙な感動を覚えた夜だった。

まあ、そんなことを思い出させるスターウォーズのエピソード3。
映画館で観なければ意味のない映画なので、
映画館へ行ったわけだけど、
実は私は映画館が好きじゃない。

上映待ちの行列がつらい。
席取り合戦がキライ。
前の人の頭に邪魔されて、字幕がよく見えない。
くつろげない。
料金が高い。

最近は、全席指定や座席配置に工夫をしたシネコンが増えたけど、
どこも遠いんだよねー。
デートの途中で「映画でも行く?」ってなった時に
わざわざお台場まで行くの、めんどくさい。
全部の映画館がそうなってくれればいいのになー。

あ、肝心のスターウォーズに関しては、
ま、いつもと同じ感じですよ。
途中で熟睡しそうになるほどストーリーは冴えないけど、
宇宙戦争やらロボットやらのCGは、豪華絢爛。
見所は、ヨーダの表情と、アナキン丸焦げ事件かな。

アナキン役のハイゼンくんは、どんな映画でも同じような役だよね。
自分の才能に溺れて道を誤っちゃう、みたいな。
そろそろ違った役柄も見てみたいもんです。

c0057810_17374420.jpgここまでくるとファンというより、オタク。
[PR]

by myums | 2005-07-17 17:26 | 映画・海外ドラマ さ行  

ラジャとの遭遇

昨日の夜、帰宅してパスタを食べているとBooから電話が。
「今、誰に会ったと思う?!」
のっけから鼻息ブンブンのご様子。
「えー、だれだれ?!」
私も興奮して聞き返す。

「1200Microgramsの、奇妙なおじさんだよ!!」

それって、ラジャラム?

ラジャラムはサイケ界の大御所DJで、
人気アーティストをごっそり抱えるTip Worldというレーベルの創始者。
この道40年なんだって。
すごいねー。
お茶目なおじいちゃんって感じで、
ラジャ爺なんて呼ばれて親しまれてるけど、
どことなくスケベじじいな風も吹いてます。

どうやら、そのラジャが渋谷の街を歩いていたらしい。
そしてBooは、それを見たらしい。
そう、見ただけ。
ただそれだけ。

なんのオチもないね。
ごめん。

c0057810_1550359.jpgいい笑顔だね、ラジャ爺
[PR]

by myums | 2005-07-14 15:50 | 音楽・Party  

R25

日本のフリーマガジンが熱い!!

私がカナダへ行く前から、フリーマガジンやクーポンマガジンってあったけど、
全てが、どっちかっていうと女性を対象にしたものだった。
ところが!!
帰国してみてビックリ。
男性をターゲットにしたフリーマガジンが空前のヒットじゃないすか。
その名も『R25』
18禁ならぬ、25禁。
25歳以上のビジネスマンを対象にしてるらしい。
それも、ただのビジネスマンではない。
「少年の心を持ったビジネスマン」なのだ。
なるほど~。
男の人って、会社では政治経済の話なんかしてても
実は、プラモ作りが好きだったり、格闘技が好きだったり、時計をコレクトしてたり、
必ず子供っぽい一面があるもんな。

ビジネスで必要とされる知識と男心をくすぐる趣味、
この2つをまんべんなく散りばめている雑誌って、
なかったかも。
うまいところに目をつけたもんだ。
これもニッチ産業ってやつだね!

25歳以上じゃなくても、男性じゃなくても、読む価値あり。

毎週木曜発行で配布場所はここ

c0057810_22314933.jpg

[PR]

by myums | 2005-07-13 22:32  

OLっぽい愚痴吐いちゃいます

新入社員2日目。デスクに向かっていても、まだ何となく落ち着かない。
私のお気に入りは社内が土足禁止なところ。
フロアはカーペットで、出社したらスリッパに履き変える。
足がリラックスして、すごい良いんだな~、これが。
そんな訳で、慣れないパンプスで足を痛めるのも、通勤時のみ。
それでも毎日足が痛いー。
むくんじゃったのかな~。
[PR]

by myums | 2005-07-12 13:55  

さよなら、主婦生活。

結構気に入ってやっていた主婦生活とも
今日でお別れ。
いきなりのお別れだから、
失うのが寂しいような、もったいないような気もする。


いかん、いかん!

逃げてはいけないのです。
きちんと社会に出て働くのです!

主婦生活よ、
また会う日まで達者でな~。
[PR]

by myums | 2005-07-10 02:18  

オープン・ウォーター公開中

随分前に紹介した『オープン・ウォーター』が、
公開になってるよ。

まだ観てない人は映画館にダッシュ!!
でも、まだやってるかな・・・。

なんと言ってもデジカメ撮影。
映像美とかはないので、DVDでもいいかもね。
あっ、でもサウンドは絶対必要!
主人公2人の息づかいとか、水の音とか、
重要です。
[PR]

by myums | 2005-07-08 17:50 | 映画・海外ドラマ あ行  

ドニーダーコ

不思議な映画

最近、映画ばっかり観てる。
昨日は、『スターウォーズ エピソード2』を観た。
やっぱ、映画館で観なきゃダメだね、この手の映画は。
ストーリーに奥がないからね。
あんなヒゲ面のユアン・マクレガーはカッコ良くないしね。

で、今日ご紹介するのは、またもやジェイク・ギレンホール主演の
『ドニー・ダーコ』という映画。

ジェイク扮するドニーは理屈っぽい偏屈な高校生。
そんなドニーが、ある晩出会った銀のお面をかぶったウサギ。
ウサギと言うよりも、むしろ呪いのツタンカーメン。
そんなウサギに告げられる。

「世界の終わりまで、あと28日と6時間42分12秒」

翌日ゴルフ場で目覚めたドニーが家へ帰ると、
なんと、自分の部屋に飛行機のエンジンが墜落していた。
あのウサギは命を助けてくれたのか、それとも―。
そして、世界は本当に終わってしまうのか。

非常に不思議な魅力を持った映画。
謎解きは全くされておらず、何を伝えたいのかも分からず、
そもそも謎などなかったのではとさえ思わせる。
それでいて、目をそむけることの出来ない”何か”を突きつけてくる。
その”何か”を探りたくて、何度も観てしまうであろう、そんな映画。

「この映画はセリフだけに惑わされていては理解できない。
映像、背景、音楽、映画の要素を全て使って語りかけてくる」。

とは、トラックバック元のpeco1985さんの感想。
(ちょっと変えてるけど)
私はまだ1度しか観ていないので、理解できてないけど、
これからジックリ”何か”を探り当てたい。

完成度の高い映画。絶対おすすめ。

c0057810_1723269.jpg

[PR]

by myums | 2005-07-08 17:23 | 映画・海外ドラマ た行