<   2005年 04月 ( 49 )   > この月の画像一覧

 

「死んでいる」ことと「生きている」ことの違い。

自殺はなぜ、いけないか←ぜひご一読下さい。
教育現場で働くレナさんの『レナ思うゆえにレナあり』からトラックバック。

私が小学校6年生の頃のある日、
「お母さん、乳ガンになっちゃった」と母から告白された。
「だからね、入院してオッパイを片方取らなきゃいけないの」。
私には、それらの言葉がピンとこなかった。
だって、母はいつものように、明るく強く、美しかったから。

その日から、母の闘病生活が始まった。
既に末期と告げられていた母は、入院後すぐに片胸を切除した。
それでも、母は変わらず、明るく強く、美しいままだった。
1年ほどして、母は退院した。
そして、ブラジャーに詰め物をして、働きに出た。

しばらくして、母から「お母さん、もう片方の胸も取ることになったの。
だけど2~3ヶ月で退院できるからね、心配しないでね」と告げられた。
私は素直に、そっか、悪いところを取っちゃえば退院できるんだ
と思っていた。
だが、母は3ヶ月たっても半年経っても1年経っても、
病院の白いシーツの上だった。

母の体は、もう既に私の見慣れた物ではなくなっていた。
両胸を切除した胸部は、平らというより、えぐられたように凹んで、
肋骨が浮き出て、手術の傷跡は大きく、ピンク色の肉が盛り上がっていた。
ガンは、まだ30代後半であった若い母を、どんどん蝕み、
母の顔や体は抗がん剤の副作用でむくみ、
そして、ある日、とうとう意識不明になった。
口、鼻の穴、胸、体中にチューブを突っ込まれ、
声をかけても、手を握っても、泣いても叫んでも、
反応しなくなった。
そして、母は亡くなった。

母の遺体が家に運ばれ、布団に寝かされた。
私はその隣に布団を敷き、一晩を共にした。
夜中に目が覚めて、横を見ると、そこには、母が横たわっている。
起き上がり、彼女の顔を見つめた。
暗がりの中にクッキリと浮かび上がる、母の青白い顔。
これは、本当に私の母なんだろうか、それとも何か別の物体なんだろうか。
恐る恐る、その手に触れる。
硬く冷たく、硬直した手。
私は母の手を握ったまま、泣いた。

魂の抜けた死体。
それが今の母。それは母であって、母でない。
つい数年前まで、この亡骸は、動き、笑い、泣き、愛し、怒り、人生を見つめ、
確かに「生きて」いたというのに。
情けなくて、情けなくて、涙が止まらなかった。

私はその時、痛切に思った。
「人間、生きてナンボ」

社会が悪くても、自分を見失いそうでも、人間関係に悩んでいても、
死にたいほど苦しくて、もがいていても、
とにかく生きる。
それが、母の死から学んだ私の哲学。
[PR]

by myums | 2005-04-29 16:05  

TOEICの結果。

先週の土曜日、初めてのTOEICを受けた。
そのもようはここ

スコアが出たようで、学校からE-Mailが届いた。
親切だね。
いい学校だったよ。
クラスメイトにも恵まれたし。
通って良かったな~~。

でも!!

スコア605!!

これってひどいの?
分からない。
KeenさんのTOEICサイト『TOEIC on The Net』にも
605というスコアがどの程度のレベルなのか、
載ってなかった。
でも、Keenさんのサイトのスローガンは
『730を目指す人、初めての人あつまれ!』
と言うことは730くらいが、世に認められるスコアなのだろうか。

カナダに来てもうすぐ2年。カナダ人と結婚している私。
なのに、600台。
やぼいのか?
ううん、やぼくない!!

初体験の時は誰でも上手にできないもの。
回数を重ねて、あんなことやこんなことができるようになる。
きゃっ、どんなこと?
取り合えず、時間内に全部回答できるようになろう。
[PR]

by myums | 2005-04-28 19:40  

はぐぐむ

愛を探している人へ
探すのを止めてみてください。

愛を探すのではなく、
育ててください。

まっすぐな気持ちで、
ゆっくりと、
温めてみてください。

焦らないでいいんです。
人生は長いんです。

相手にあきらめを抱かず、
自分に見切りをつけず、

愛をゆっくりその手で
育ててください。
[PR]

by myums | 2005-04-28 18:36  

Belly Fullって人のPVイケてるわよ。

Gon's BLOG
いつも面白いFlashを発見してくれる、
大人の男(←私の勝手なイメージ)GonさんのBlogで、
またまたCOOLなもんを目撃ドッキュウウ☆

Belly Fullって歌手の歌のPVなんだけど、
夜と朝の間のような紫が、本当に素敵。
音楽はアコギとサンプリングだけの、シンプルなもので、
ボーカルはハスキーなささやきボイス。
これがまた、じんわりと癒してくれる。
サンプリングの音がかなり好き。
曲が終わった後も、寝息を立て続ける男の子が
なんか、むちゃくちゃ愛しい!!

右下のサークルをクリックすると、LINKとか出てくる仕掛けも
イイです。

早速見てみよう!→ここ
[PR]

by myums | 2005-04-28 17:57 | 音楽・Party  

兵庫県 電車脱線事故

Sankei Web 社会 くの字、ぺしゃんこの車両 乗客血まみれ、懸命の救助 JR快速脱線(04/25 20:09)

このニュースを、私はBooから伝えられ知った。
こちらでも朝一のニュースで取り上げられていたよう。
「大阪で、すごい大きな電車事故があったらしいよ!」
「えっ、知らない!」

Booの話によると、
見習い運転手が、スピードを出しすぎて、
カーブを曲がりきれず、ビルに突っ込んだ、とのこと。
そして、運転手は逃走したとのこと。

実際は、大阪ではなく、兵庫県。
ま、このくらい間違いは、仕方ないでしょう。
(日本人だって、カナダの都市、
バンクーバーとトロントくらいしか知らないでしょ?)
運転手も、逃走ではなく、車両内に閉じ込められているようだ。
先頭車両に乗ってるんだから、逃走できるわけないか。

原因の方はどうなんでしょう。
Booの話が正しいのでしょうか。
詳細を知っている人、情報求む。

Blog仲間のHalfdoller君が彼のBlogの中でこんなことを言っている。
たくさんの人々の命を代償に、
これから変えられるだろういろいろなシステムで、
俺たちが無事に電車に乗れるようになるだろう。
この人々の命の代償があることを、忘れてはならないとおもう。

その通りである。
そして、それと同時に、どんな交通機関に於いても、
”人の命を預かっている” ということを
忘れないで欲しい。
[PR]

by myums | 2005-04-28 10:36  

PUFFYが新聞の一面に!!

♪ペキン、ベルリア、ダブダブ、ベラベロ、束になって、輪~になって~♪
でお馴染みのPuffyのお2人が、
どうやらバンクーバーに来ていた模様。

新聞のエンターテイメント欄の表紙にデカデカと!!
すごい!
インタビューもデッカク載ってました。
なんと、この2人、北米のアニメ界で有名のよう。
2人をイメージしたキャラが主役の、アニメもやってるらしいです。
その名も 『Hi! Hi! puffy AmiYumi Show』。
まんまだね。
『パパパパパフィー』 の方が面白い。

日本のアーティストってどうして北米進出を狙うんだろう。
世界進出なら、ヨーロッパだって良くない?
北米でウケルのは、デカイ、 ツヨイ、 SEX好きそう!
これが三種の神器。
キュート とか、ファッショナブル とか、
そういう言葉からは程遠い。
北欧マーケットの方が、成功率高いのでは?

c0057810_10175718.jpgこんなだったっけ、Puffy
[PR]

by myums | 2005-04-27 18:23 | 音楽・Party  

Amadeus-アマデウス-

かの天才音楽家モーツァルトの早すぎる死(多分30代後半)について、
様々な謎がある。
その謎をサスペンス仕立てにしたのが、『Amadeus』。
私が今まで見た映画の中でも、上の上に入る
見応えタップリの映画だ。
取り合えず、見なさい。

初めてこの映画を見たのは、中学の音楽の授業だった。

きらびやかなフリフリ衣装、豪華で怠惰な宮廷生活、
シャンデリアの下で繰り広げられる耽美なパーティー、
モーツアルトが指揮する、豪華絢爛なオペラ舞台の数々。
画面から溢れ出てくる、金銀色とりどりの世界は、
それはそれは衝撃的だった。

そして、何より増して、ストーリーの骨太さに感動した。
「ケケケケケー」とカンにさわる笑い声のモーツァルトは、
女のケツばっか追いかけて、
金も湯水のように使っちゃう生活能力の低い男で、
まさに、天才とバカは紙一重。
そして、モーツァルトに対し、殺したいほどの嫉妬心を抱きながらも、
その天才的才能に惹きつけられて止まない、
凡人サリエリの、複雑でドロドロした心の内。

努力しても努力しても、到底敵わぬ、
奴は天才、俺は凡人。
だけど、俺だって、1番になりたいぜ。
みんなに認められたいぜ。
あいつさえ、いなきゃ。
あいつされ、いなきゃ。
あいつさえっ!!

誰もが抱いたことのあるような、小さな嫉妬と自己顕示欲。
しかし、その思いが膨らむにつれ、サリエリは自己のハンドルを失い
結果、それがモーツァルトの人生の歯車を狂わせていく。
あぁ、人間交差点。

もう1つ付け加えたいのが、視覚的にもぶっ飛んでる点。
特に、貴族たちの 仮装パーティー が最高!
飲むは、歌うは、踊るはの大騒ぎ。
人間、ヘベレケになると変なことをし出しちゃうのは、
今も昔も変わらないようで、
モーツァルトなんて、仰向けになって
『逆さ吊りピアノ伴奏』 をかましてくれちゃう。
近藤正臣の 『足でピアノ伴奏』(こんなイメージ) もビックリ。

私はこの映画が好きで、2~3年に1回は見てるが、
何度見ても、素晴らしい。
絶対、また見たくなる映画!見て見て見て見て見て見て。

amazon→ここ

こんなオペラ舞台が繰り広げられる。
c0057810_9205537.jpg

[PR]

by myums | 2005-04-27 15:59 | 映画・海外ドラマ あ行  

検索窓に恋して

ある日、人のBlogを読んでいる時、サイトの下のほうに
『検索窓』 があることに気付いた。
ここに検索したいキーワードを入れ、検索すると
そのBlog内で、キーワードを含む記事を表示してくれるのだ。

例えば私のBlogで、”トム”と入れて検索すると、
Collateralについて書いた私の記事がヒットする。

なかなか、便利ではないか。

よし、これは早速私も設置せねば!
でも、どうやるの?

取り合えず、調べる。
いろんな人のBlogで探してみるも、
なぜかどこにも情報が見付からない。
それなのに、どの人のBlogにも 『検索窓』 がシッカリついてる。

そんなに秘密にしたいほど、素晴らしい機能なのか!?
欲しい!!

想いは募り、片思いの男にアプローチするかように、
必死に 『検索窓』 の設置方法を探す。

すると、何人かのBlogに、
『今日、検索窓 が表示されました』
という一文を発見する。
”されました”って受動態。
自ら設置したなら、”しました”だよね。
てことは、エキサイト側が表示してくれるんだ。
でも、どうやって頼むの?

落としたい男は、なかなか手ごわい。
あと一歩なのにな~~~~。


!!!!!!

もしかして、『設定画面』の中にあるんじゃ!!
早速、『設定』→『メニュー管理』に行くと・・・

あった--------、『検索』!!!
『表示する』を押して変更して、
Blog画面に戻ると、

ある! 『検索窓』 がついてる!

楽に落とせたはずの男に
随分と時間をかけてしまった・・・。
[PR]

by myums | 2005-04-26 22:39  

クリックで画像を拡大

画像は小さくビューは大きく(2)
BlogにUPした画像を、クリックで拡大できたら、いーのになー。
と思って調べてみたら、vlsasaki2さんの 『ブログの玉手箱』 で、
バッチリ発見。
とても分かりやすい。
非常に素敵☆

さて、本題の写真をクリックで拡大させる方法。

1. 投稿画面で通常通り、画像をUPする。
2. プレビューをし、画像を右クリック。プロパティを開く。
3. 一番上にURLが表示されるので、それをコピーする。
4. 投稿画面に戻り、以下のタグを入力。


<a href="コピーした画像URLを貼り付ける"target=_blank><img src="コピーした画像URLを貼り付ける" width=Blog上に表示させる画像の幅 high=表示させる画像の高さ border=0></a>

表示させる画像の幅と高さは、それぞれ160、120で
このつくしん棒くらい。
最大500kbまで、UP可能。←でも重くなる。

タグを入れ終わったら、#~#のタグを削除する。

最近、すっかりタグの入力にも慣れてきて、
タグって聞いても「ダルー」と、ちょっとしか思わなくなった。
素晴らしいではないか、私!
[PR]

by myums | 2005-04-26 20:15  

とても嬉しい出来事。

BLOGの訪問者数が、

1000人突破しました-------!!!

すっごくすっごく、嬉しい!
バンザーイ!!

これも皆様のおかげです。
ありがとうございます。 感謝☆感謝☆
これからも、楽しみながら続けていきたいと思いますので、
みんな、ついて来いよ!

記念になんかしようかな。
取り合えず、2000人を超えるまで
ワキゲを伸ばす。
今年の夏は、
黒木香でございま~す。

黒木香の写真を載せたかったんだけど、
シャレにならないほど、恥辱的だったので、却下。
[PR]

by myums | 2005-04-25 21:47