うひょ~。人生初のSUBナイト。

土曜日、友達とカラオケに行った。
大いに盛り上がり、アッパー気分で、
アートショーのオープニングに顔を出す。
その後Booと、その友達と合流し、PLUSHへ。
アホみたいに盛り上がり、
しまいにはケージに入って、囚われの身になってみた。
まだまだ遊び足りない私たち。
「アフターアワーズ行こうぜー!」
「イエーイ!!」

向かった先は816Granville st.にあるCLUB(店名、忘れちゃった)。
ルンルン気分で入ろうとする私に、セキュリティーが一言
ゲイナイトだけどいいのか?」
えっ、ゲイナイト!?
チョー楽しそうじゃん!!
「大丈夫~」と答える私に、
「すっごいゲイナイトだよ。本気で大丈夫?」
やっぱり不安げなセキュリティー。
すっごいゲイナイトってなんだ?
まさか、ムッキムキなゲイピーポーが、
YMCAを大合唱とか?
うーん、それはちょっとゲイすぎる。
でも、でも、
お目にかかりたい!
好奇心丸出しで、いざ出陣!

地下のフロアーに下りると、
そこは、めくるめく薔薇族の世界。

わぁあああああああ~~~~~~~。

みんな上半身裸で、汗ヌルヌル。
くっつき合って、ぶつかり合って、見つめあって、
ぶっちゅ~~~~~~~~ん。
ソファでは、三輪明宏もウットリの濡れ場を目撃どっきゅん。
2人の男が1人の美青年を、サンドウィッチ。
後ろから前から挟み技!!
上になったり下になったり、犯罪ギリギリ。

すっげ~~~~~~~~!!!

私にとって初のゲイナイト。
あまりの興奮に鼻血ブーになりそうだった。

ギュウギュウのフロアーには、(臭くて)とてもいられないので、
チルスペースで、踊りまくる。
音は、ハードハウスでかなりレイビーだった。
私にはちょっと激しすぎたけど、
なんと言ってもゲイナイト!
見てるだけで、おなかイッパイ。

「ゲイはキレイな人が多い」
というのは定説だが、
それは、まんざら嘘でもない。
すんげーカッコイイ男子がゴロゴロしてた。
これが、みーんな女子に興味ないなんて・・・。

そんな中、すごくダンスが上手な男の子を発見。
早速声をかけて、写真を撮らせてもらおうとすると
「私写真写り悪いのよ~。チョー変な顔になっちゃうの~。」
どうしても撮りたい、と無理にお願いすると、
3枚も撮らしてくれた。
実は結構嬉しかったらしい。
撮った写真を見せると
「いや~ん! すっごい変な顔~。人間じゃないわ~!!
とシナシナで嘆く。
彼のおっしゃるとおり、
写真の中の彼は、見事なまでに爬虫類顔。
残念っ!

こんなチャンスは滅多にないので
ほかのゲイの人ともお話した。
「初めてのゲイナイトなの」
と言うと
「あら、じゃあ、あなたラッキーよ。
ここはみんなフレンドリーで、親切な人ばっかりよ。
中にはツンケンしてるゲイナイトもあるのよ~」
と教えてくれた。
ゲイの人って、なぜかみんな優しい口調。
だけど、チョー早口。
よく聞いてないと、
「ベラベラベラベラベラ~、ウフ!」
としか聞えない。

おお、そうだ。これを書き記しておかねば!
なんと! 聞いて驚け。

わたくし、ゲイお兄様の、

乳首ピアスを舐めさせて頂きマスた!
あ~ん、モウレツー。

しかも、お兄様はBooのお友達だった!
待てよ、以前会った時、彼は確か彼女連れだったはず。
寝返ったのですか?!
それとも、バイセク?!
人生いろいろだな~。

Booのお尻(の穴)を心配していた私だが、
どうやらそんなことも起こらず。
トイレでちょっとナンパされたくらいで済んだようだ。
私は、もちろんナンパもされず。
でも「あなたジャパニーズでしょ?
ジャパニーズの女の子って、ちっちゃくて、キュートだわ~~」
とお褒めの言葉を頂いた。
なんだか、すっごく嬉しかった。

熱気モンモン。
c0057810_12535011.jpg
[PR]

by myums | 2005-02-28 03:54 | 音楽・Party  

<< 同姓か別姓か、それが問題だ。 意外な落とし穴。パスポートの翻訳 >>