英語が上手な人って

常々思うんですけど、「英語上手な人」ってどんな人でしょう。
発音もキレイで、文法もばっちりで、日常会話から政治の話、ビジネスに至るまでどんな会話でもネイティブと渡り合って行ける単語力と会話力がある人?

もちろんそれは間違いなく「英語上手な人」でしょう。でもそういう人は、帰国子女であるとか、相当の努力をした人で、海外生活経験がちょっとある程度とか日本にいながら英語を勉強してる人では、なかなかその域まではたどり着けません。

でもその域まで達してない人でも、私が「英語上手だな〜」と感じる人はいっぱいいます。

それは、会話力のある人。

発音が下手でも、単語や文法が間違っていても、言うべきことを持っていて、それを物怖じせずに伝えることができる人は、「英語上手な人」だと思います。
この「言うべきことを持っている」ってのは、要は話のネタがある人のこと。いくら英語力があっても、自分から話しのネタを提供できなければ会話が続かないですから。

それから、ハッキリ大きな声で話せる人ね。
私はこれが結構ダメ。
日本語でもハッキリ話すのが苦手なのに、英語で話すときなんて、声が小さくてモゴモゴになっちゃって、「あんた何いいたいのさ?」って感じ。

だから今は、「なんでもいいから、思ったこと感じたことをストレートにはっきり言葉にする」を目標にしてます。ちょっと初心に帰ってる感じかな。

酔っぱらってる時は、ウマクいくんですけどね〜。不思議なもんです。
[PR]

by myums | 2008-05-17 00:54 | 国際結婚とカナダ  

<< Booのタイプ、その2 海の向こうの同僚 >>