衝撃的だったLotus

c0057810_16271836.jpg
桜満開ざんす!!
うひょー。まだ2月だってのに。
頭の中も、桜満開なわたくし。
浮かれ気分でナイチンゲール。

今回紹介するのは、アングラなClub、LOTUSのドラムンベース。
ここに行く時は、ちょっと気を引き締めてかかろう。
なぜなら、LOTUSがある地域は、夜になると超危険地帯と化すから。
顔面ブツブツ、眼だけはギラギラのホネホネロックがウロウロしてる。
要はクラックやヘロインなんかのドラッグ中毒者だ。
いきなり抱きつかれて、殺されるか、誘拐されるか、
注射打たれて病気いただくか、
ということもあり得るので、1人では行かない方がいいだろう。

赤い階段に赤い照明、ちょっとキッタネー感じが私のツボのLOTUS。
その日はドラムンベースのイベだった。
私のドラムンに関する知識は
DJ Akiってカッコイイよね☆」
という、音とは全く関係ないもの。
音に関しては、まったくの無知である。

ドラムンの音は、ブレイクビーツと似て非なる物だった。
似てるんだけど、なんとなく違う。
ドラムンは、BPM(リズム)は早いのに、
ベースラインが遅いって感じ。
なんか、どうステップ踏んでいいんだか。
けっつまづきそう・・・。

客層は、本当に普通の人々って感じ。
スケーターっぽい人が多かったかな。
「飛び切りの裏原系おしゃれさんがドラムンを聞く」
という勝手な妄想を持っていた私には、チョット意外だった。
でも、カジュアルな方が落ち着く。

フロア後方で友達と談笑していると、
アフロ頭の兄ちゃんが目に飛び込んできた。
身長2m以上はある、アフロ馬場さんだったのだ。
「でかー」
と普通の感想を感じてたのだが、
彼のダンスを見た瞬間!!
私は彼の虜になった。
あまりにも、変態的!!

頭のテッペンから、足の先まで、
一気に電気が走ったかのごとく、

ブルブルブルブルブルブルッッッ!!!

体を震わせたかと思うと、
次の瞬間には、
フロアに転げ落ちそうなる。

だ、だいじょうぶなのか、この人は?!

また別のステップでは、
足を開いて立ち、左右交互に

シュワッチ!!

右シュッワチ! 左シュワッチ! ビームシュッワチ!

しかし、カナダ人がウルトラビームを知っているとは思えないので、
これが、彼のダンスなのだろう。
まったくすごいダンサーがいたものだ。

彼ほどでないにしても、踊っている人たちは、
ケッコウ、みんな強烈ダンサーだった。
だから、強烈であることが、ココでは普通になってた。
一緒に行った友達は、この猛烈なアングラ雰囲気にはまり、
何度か通ったようだ。
私とっては、音がちょっと難しかったけど、
雰囲気、客層ともに、☆4つ!
さぁ、満点はいくつでしょう。

c0057810_1630470.jpg


この殿方が話の彼。ホント良い人だった。
[PR]

by myums | 2005-02-24 23:28 | 音楽・Party  

<< 心温まるマリファナ映画『Sav... 他会社のBlogとりんりんリンク。 >>