rave @vancouver

日本でRaveと言えば、野外Partyのことを指すが、
海外では、大規模なPartyのことを、
屋内外に限らず、総称してRaveと呼ぶ
―『Myumsのちょっとあやふや記憶辞典』より―

バンクーバーに来てから、たった1度だけ、
屋内のRaveに遊びに行ったことがある。
会場は、以前スタジアムだったところで、
かなりデカイ。
5つのフロアに別れていて、
メインはトランス、サブメインはブレイク・ビーツ、
あとの3つは良く覚えてないが、Hiphop、ハウス辺りだったと思う。

私にとって、初の海外Rave。
メインのトランスって、何系のトランスなんだろうー。
エピックじゃありませんよーに!(←好きじゃない)
どんなクラウドなんだろうー。
盛り上がるといいなー。
期待と不安で、胸はハチキレンばかりである。

会場に着くと、
ドン、ドン、ドン、ドン!
と4つ打ちベースラインが、聞こえてくる。
まさか、サイケだったら、嬉しすぎる~!!
と、ますます期待を膨らます私。

が、そんなことはサックリ起こらず、
ダッチ系ハードトランスだった(←というジャンルが正しいのかは、不明)。
音の好みが十人十色なのは、分かってるが、
どうしても合わない音ってのは、ある。
私の場合は、ダッチとかサイバーとかの
キラキラキラ~、シャララララーン
って音なのだ。

しばらく頑張って踊ってみたが、
う~ん、限界!!
うなだれながら、ブレイクビーツのフロアへ移動するのであった。

まあ、音のことは好みの問題なので、
仕方ないとしよう。
それにも増して私を凹ませたのは、
客層だ。
端的に表現すると、
ドラッグディーラーと、ギャングと、そのBitchスケ(女)たち。
そんなんばっかなのだ。

当時カナダ歴1ヶ月だった私は、
この「いつ殺されてもおかしくない」状況に
かなりのカルチャーショックを受けた。

そして、会場外の喫煙所に行くと、
そこは、すごい人で溢れ返っていた。
背後から突然「ウヒョー」という歓声。
振り向くと、そこには、
男に肩車された白人の女の子が、
ボロローーーーン!!
乳房をあらわに、大喜びしてるじゃないですか!
タワワな乳房に、私は釘付け。

それはそれで、面白かったけど、
音を楽しみにRaveに来ているとは、
到底思えなかった。
明らかに、私とはPartyの楽しみ方が違う。

いい経験にはなったが、
心のワーストワンに輝いたRaveだった。

バンクーバーのRave三ヶ条
ひとつ、「1人でトイレに行くな」
ひとつ、「絶対はぐれるな」
ひとつ、「知らない人と目を合わせるな」

c0057810_15332533.jpg

                   ナゼか知らないが、白人が全然いなかった。
[PR]

by myums | 2005-02-18 10:43 | 音楽・Party  

<< ナポレオン・ダイナマイト カナダで結婚 >>