また、Booの教え

時々ズコーンと落ち込む時期ってありますよね。私の場合、いつも同じことでへこんで自己嫌悪になるんですけど、Booはそういう悩み方はしないらしいんです。私の感じている痛みは、Booとはシェアできないわけです 。・゚・(*ノД`*)・゚・。


だから凹み時期が来ると、私は1人で散歩に出かけたりして自分だけの世界に入り込みます。Booに「理解」を強いたくないから。それと、「またそんなことで悩んでるの?!」って呆れられたくないから。それだったら、一人で悩んで一人で立ち直ったほうがいい。



だけど今回、Booにこんなことを言われました。
「Myumsが悩んでいるとき、俺はいつも役に立ってあげられなくてごめんね。助けたいと思ってるんだけど、何を言ってもMyumsにシャットアウトされているような気がするんだ」


夫婦と言えど他人なんだから分かり合えない部分があって当然。
「だからBooは無理に理解する必要ないんだよ。そんなの強制したくないよ」
本当は分かって欲しくてたまらないくせに、ついそんなことを言ってしまうヘソ曲がりな私・・・。


「Sometimes I HAVE TO understand you. HAVE TO try. That is the relationship, and it is not easy」


(時には無理にでも「理解」しなくちゃいけないんだよ。少しでも「理解」できるように努力しなくちゃ。関係を築くっていうのはそういうものだし、それは決して簡単なことじゃないんだよ)



*:.。☆..。.(´∀`人)*:.。☆..。. 

ステキなおことば。Booが王子様に見えるよ。きらきら~。


うん、ほんと、Booの言うとおりだよね。
他人だから分かり合えない部分があって当然。だからこそ、分かり合えるようにお互いが努力しなきゃね。どんなに愛し合っている2人でも、何も努力しなかったらいい関係なんて築いていけない。怠慢から愛は生まれない。



Booが私を理解したいと思ってくれるなら、私もBooに理解してもらえるように努力しよう。そしてBooが苦しんでるとき、その気持ちを理解してあげられるように歩み寄ろう。
 


まずは、弱みを見せられる素直さを身に付けたいものです。
[PR]

by myums | 2006-11-21 15:42 | 国際結婚とカナダ  

<< ホテル・ルワンダ Jackass Number ... >>