バンクーバーでメガネを探す

c0057810_13215813.jpg

『Monny's Envision Optical』
バンクーバーでおすすめのメガネ屋さん。

窓に飾られたステンドグラス、壁にかけられた絵画たち、長年貯蔵されたおいしいワインの芳醇な香りが漂うような雰囲気の店内。おびただしい数のメガネフレームは、きちんと整列して逆さに並び、鼻をツンと上向きにして「私を甘く見ないでね」なんて言ってる生意気な女の子みたいです。


そんなクラシックでラグジュリアスな雰囲気もさることながら、ここの名物はなんと言っても、フレンチカナディアンのおじ様オーナー。
ショーン・コネリーとドン小西を足して2をかけたようなおじ様は、いつも怒ったような顔をしてて、はっきり言ってコワイんですが、このおじ様、すごいことに、一目見ただけで何百と並ぶフレームの中からあなたにピッタリのメガネをチョイスしてくれるんです。
以前にBooのメガネを選んでもらったことがあって、それがあまりに似合ってたので、今回もおじ様に見立ててもらうことにしました。

ただね、フレンチなだけあって、センスがちょっとアバンギャルドすぎる・・・。仮面舞踏会みたいなメガネを薦められたときには、思わず笑っちゃいました。
おじ様は真剣だったようで、ムスッとしてましたけど。


このメガネ屋さん、以前は小さなギャラリーがくっついてたんですが、今はそれが見当たりません。気になって聞いてみると、リース期間が終わったのでクローズしてしまったとのこと。
飾っていたアートは、できる限りお店に飾るようにしてるそうです。

「おたくら、前もこの店に来たのか?」
と聞かれたので、バンクーバーで暮していたときに1度メガネを買いに来たこと。そのときのおじ様チョイスが気に入ったので、今回の旅行でもここに来ると決めていたことを伝えました。

すると、いつもムッツリ顔のおじ様が嬉しそうに微笑んで、「ありがとう」と言ってくれたのです。なんだか私たちも嬉しい気持になりました。
またギャラリーを開ける日が来るといいね。


c0057810_1329359.jpg
結局自分で選んだメガネ。色も質感もデザインも、かなりのお気に入り(^ー^* )フフ♪


よく見たら、Made in JAPANだった・・・。
[PR]

by myums | 2006-10-09 13:03 | 国際結婚とカナダ  

<< Excuses 言い訳 生ザルを見た日-地獄谷野猿公苑- >>