ミリオンダラーベイビー

遅ればせながら、『ミライオンダラー・ベイビー』を観た。
アカデミーを獲っている映画なので、いまさらストーリーの説明も野暮だよね。
簡単に言えば、貧乏どん底生活を抜け出すために、ミリオンダラーのボクサーを目指す女性と、その老いぼれトレーナーのお話。

この映画を観る前から、「これは単なるアメリカン・サクセスストーリーではない。思いがけない方向へ進む映画だ」ということは聞いていた。

しかし!!

これほどまでに、予想外の展開とは!!

予想外すぎて、目ン玉飛びでそうだったよ。

結末については、私は何も言えない。だって当事者じゃないから。
私などが、当事者の気持ちを想像するのも、おこがましい。
それほど、センシィティブなテーマ。

むしろ、それを取り上げたクリント・イーストウッドの目のつけどころに脱帽した。俳優としても監督しても、あれほど成功してるしてる人って、今のハリウッドにはいないのでは。

それにしても、イーストウッドもモーガン・フリーマンも、シュワシュワのおじいちゃんになっちゃったね…。


c0057810_201031.jpg

[PR]

by myums | 2005-11-23 20:11 | 映画・海外ドラマ ま行  

<< シンデレラマン 郷愁のバンクーバー >>