Booと桃太郎

夜、ベッドの中で、「眠れないからなんかお話してー」とBooに頼まれた。
そこで私は、思いっきり日本語でお話してあげた。

「むかーしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがおったそうな。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行ったそうな。おばあさんが川で洗濯をしていると、川上の方からおーーーきな桃がどんぶらこ~どんぶらこと流れてきたそうな」。

そこまできて、Booがちゃんと理解できているか聞いてみた。
すると、「分かるよ。桃太郎でしょ?」
えー、すごいじゃーん!日本語理解できてんじゃーん!

「だって、日本人ってみんな桃太郎の話するんだもん」
あっそ。だってほかにソラで話せる物語ないんだもん。

「その後竹から男の子が生まれるんでしょ?」
生まれるかっ!!

どうやら竹取物語と桃太郎がごっちゃになっているよう。
(さっきの日本語も理解できてなかったてことね・・・)
そこで、竹から生まれるのは女の子で、男たちに散々無理難題を言ってプレゼントをもらっておきながら、最後は月に帰っちゃうBITCHのお話だと教えてあげた。

「へ~。つまんなそ」

日本の昔話も、カナダ人にかかるとこんなもんだ。
[PR]

by myums | 2005-11-03 15:19 | 国際結婚とカナダ  

<< コンパはプレゼンの場 Booと同僚がご対面 >>