ドラゼミ始めました。

ミッシャンの日本語能力低下を危惧し、始めちゃいました、ド・ラ・ゼ・ミ。
ドラゼミは、進研ゼミのドラえもんバージョン。

至れり尽くせりな内容の進研ゼミと迷ったのですが、進研ゼミはやたらと付録がついてきて後々邪魔になりそうだったので、あっさりシンプルながらもしっかりポイントを抑えているドラゼミに決めました。

始める前から不安だったのは、時間。
学校から出るプロジェクト&習い事&ドラゼミ。
この3つを乳児エメチャンを抱えながら一緒にやっていく、というのは、かなりハード。

そして、さらに。
日本では小学1年生ですが、こちらではまだキンダー(幼稚園年長さん)のミッシャンにとって、学校で習っていない算数の問題を解くのが大変。
国語も、もちろんこちらの学校ではやっていないので、「書く」という行為にやたら時間がかかるうえ、字も汚い・・・。

下校後、スナックを食べながら車の中でやったり、コミュニティーセンターの乳幼児プレイルームでやったり(プレイマットにエメチャンを転がしておける)。
隙間時間でこなしているといった感じです。
でも、集中できる時間も短いので、隙間時間くらいで丁度良いのかなあ、とも思ったり。

今のところ本人にやる気があるのも救いです。
頑張ってて、ほんとにエライ!

今後は、学校のホームプロジェクトや日本語クラスの宿題も増え、さらに遊ぶ時間がなくなっていくことでしょう。
エメチャンの、「おねーちゃんなにちてるの。わたちもやりたーい。紙たべたーい」ぐちゃぐちゃぐちゃーという攻撃も激しさを増していくことでしょう。

大変ではあるけど、この1ヶ月程度で、計算するスピードも読むスピードも、すこーしずつあがっているので、気長に続けていきたいと思います。
継続は力なりを信じて。


[PR]

by myums | 2017-06-03 05:42 | 国際結婚とカナダ  

<< ミッシャンは難しい、でも素晴らしい couldが使えない >>