自己流スリープトレーニング その2

エメチャン生後6ヶ月を境に、自分のお部屋で寝ていただくことにしました。
これまで一緒のベッドでうまくいってたスリープトレーニングですが、部屋をわけたら、またやり直しかな~と覚悟してました。

いつものように、6時半頃に授乳→着替え→ベビーベッドに置いて子守唄
「じゃあね、エメチャン、おやすみー」

泣くか、泣くか、泣くか…?

しーーーーーーん。

まじか?!

まさか、寝てる?!

ええ、寝てました。
そのまま、朝5時までぐっすり。授乳後も、私が部屋を出た後に自力で寝に戻ってます。
7時頃起きた後もご機嫌でベビーベッドの中で遊んでてくれるし、「おはよー」って部屋に入っていくと、満面の笑みで迎えてくれる。
もう、エメチャンったらなんて親孝行なのっ。

しかし、問題は昼寝。
これまで昼寝は、ベッドに連れて行かず、スイングに入れたりプレイマットの上で放置したりしてました。
というのも、昼寝はどこでも寝れるようになって欲しかったから。
でも、これだと寝入るまでのギャン泣きがひどいし、泣き疲れてぐしょぐしょになって寝るのも可哀想。
そして、なぜか30分で起きちゃう。
もちろん寝たりないので、その後グズグズがずーっと続く。

うーむ、仕方ない。
昼寝もベッドに連れてくか。

ということで、スリープトレーニング昼寝版を始めました。
続く・・・


[PR]

by myums | 2017-05-07 13:21 | 国際結婚とカナダ  

<< 自己流スリープトレーニング そ... 英語で恥をかく Warm >>