バンクーバーで初出産

予定日の2日前。
朝からお腹に鈍痛が。
ちょうど検診だったのでドクターに診てもらい、そのまま病院へ。
(カナダは検診のクリニックとお産の病院が別)

病院に着くころには、あー、これ陣痛だわーと分かるくらいの間隔で痛みが来るものの、まだ余裕。
バンクーバーでの初出産。無痛出産ってどんなもんなのか、ドキドキワクワク。

いよいよ分娩室へ。

噂には聞いてたけど、分娩室がキレイ!!
個室だし!

じゃ、そろそろ薬お願いします。
「OK、その前にまず点滴うつわねー」と助産師さん。
ブスっ!
い、いたい!!!

点滴の針ってこんな痛いの?!

「あら?入んない。ごめんなさい。もう1度入れるわね」
ブスッ!
いってー!いってーよ!!

「あれ?おかしいな。もう1回」
ブスッ!
イッテーってば!!いい加減にしろー!

「ダメだわ。別の助産師を呼ぶからちょっと待ってて」

お前、殺す!!

もうこの辺から陣痛の痛みが激しくなってくる。
ほんとに、勘弁してー。
早く早く!!

やっとのことで点滴の針が入る。

もう、陣痛やばい。

猛烈に痛い。

イタコのように髪を振り乱して、うなる、叫ぶ。

この痛みは5cm、いや6cmくらいか?
ミッシャン出産時は子宮口7cmで痛みのあまり嘔吐したんだよな。
あそこから出産までの想像を絶する地獄の痛み。あんなのに一回経験すりゃもういいよ。
てか、麻酔のドクターはどこ?どこにいるんだ?早く来いよ!!

あまりの痛みに笑気ガスを吸ってみると、うっ、吐きそう!!
ダメだ。くらくらするだけで、気持ち悪いし、引き続きクソ痛い。
笑気ガスが体質的に合わない人もいるそう。

そして、地獄の入り口に片足つっこんだ辺りで、やっと麻酔ドクター登場。
テメーおせーんだよ!!
痛みに苦悶しつつ、どんな奴なのか目を開いて確認したものの、あまりの痛みのため、記憶なし。

麻酔によるリスクをチンタラ説明された後、やっとエピ挿入。

液が入ってきた時、背筋がスウっと凍りつくような感覚があり、その後10分くらいで、痛みが遠のく。
薬が効くまでに30分くらいかかる人もいて、経産婦だとその間にお産が終了しちゃうパターンもあるとか。
そうならなくて良かったー。

痛みがなくなったら、もうこっちのもん。
Booとも普通に会話できるレベル。

私の赤ちゃんを取り上げくれるDr.ウーが入ってきて、子宮口をチェック。
「よし!お産開始!」の合図とともに、いきなり助産師がわらわら入ってきて、器具やら機械やらをバタバタっと準備。
なんと鮮やかな手際。

「プーッシュ!!プーッシュ!!すべての力をお尻に向けてー、プーッシュ!」

5人の助産師さんによるプーッシュの輪唱。
私のアドレナリンも全快。

おおおお、きたきたきたー!!

「待って!!!Dr.ウーはどこ?!」

え!?

Dr.ウーが消えた!!

どこ?!どこ?!

予想以上に進みの速いお産にドクターが間に合わないという事態。

「スモールプッシュ!スモールプッシュ!」

助産師さんも焦る。
てか、今更スモールプッシュは無理!

ズルッと出た瞬間にウーが現れ、ギリギリセーフ。

ホゲーホゲーと産声をあげながら乳に吸い付く赤ちゃん。
ちっちゃくて、かわいい。

2500gと小柄で体温も低かったので、カンガルーケアの合間合間で紫外線の台に乗せられてました。
新生児の体温をあげるには、Skin to Skinが一番効果的ということで、授乳のたびに赤ちゃんをオムツ一枚にして、私の体に密着させてたのですが、これがとっても気持ちいい。心の芯まであったまる。産後ハイもあいまって、天にも昇る気持ちでした。

ということで、分娩開始から20分ほど、ほんとに5プッシュくらいの超安産で生まれてくれました。
無痛だと自然分娩ほどのドラマはありませんが、命をこの腕に抱いた瞬間の感動は、むしろ無痛の方が大きかったかも。
自然分娩は痛みから解放された安堵感が先にきちゃったので。

これからバンクーバーで初めて出産される方へ、一言。
エピは早めに入れてもらいましょう。


[PR]

by myums | 2017-04-08 14:39 | 国際結婚とカナダ  

<< 眉毛のアートメイク マタニティーダイアリー 38週目 >>