日本滞在を終えて

今回の一時帰国、最後は父の怪我で大変なことになりましたが、友達や家族と多くの時間を共有することができて、全体的にはとっても楽しい滞在でした。

日本の冬は毎日晴れてるし、大きな公園がたくさんあるし、公共機関も発達してて、自販機もあるし、コンビニに行けばなんでも揃うし、東京ってほんとに便利。

でも、東京にいるとなんだか疲れる。
なんでだろう。人が多いから??
それも理由の1つだけど、それよりもっと私の心をぐったりさせるものがありました。
それは、消費欲。

東京にいると、消費欲をこれでもかこれでもかと刺激されるんです。

吉祥寺、渋谷、表参道といったショッピングシティーだけではなく、郊外にだっていたるところに自販機やコンビニや薬局や、商店街やらがあって、「私を買って~」とささやいてくる。

あの、POPってやつ。あれが曲者。
商品を手に取らずとも、その商品の良さがわかっちゃう。
ものすごく良さそうに見える。
必要なくても、なんとなく使ってみたくなっちゃう。

でも、もちろん無駄遣いはできませんし、したくありません。
なので、購買欲をグッとこらえる。
すると、そのこらえるのが小さなフラストレーションになる。

かといって、買えば買ったで、無駄遣いをしてしまったことに罪悪感・・・。

どっちをとってもストレス。

とにかく物質が溢れすぎてて、その渦の中で目移りしながら生きている感じがしました。
目移りしない強い自分であればいいんでしょうが、やっぱり見ると欲しい~。

都会にいると、シンプルに生きるのはとても難しい。

両親ともに東京生まれで都会育ちの私ですが、都会が合わない人間になってしまったようです。
思えば、大都会シンガポールも合わなかった。

バンクーバーは東京に比べたら不便だけど、その分、自分で工夫して生きられるし、無駄なお金も使わないでいられる。そういう生活の方が私には心地よい。
甘すぎない果物(日本の果物って激甘だよね?!)とか、森とか山とかビーチとか、ダサい格好の人々とか、人権保護や動物愛護の精神に富んでいる社会とか、そういうのがいい。
[PR]

by myums | 2016-02-10 14:56 | 国際結婚とカナダ  

<< ミッシャン虫歯発生 父、入院 >>