ル・ディボース

ロマン・デュリス
『ル・ディボース』でケイト・ハドソンの恋人役をしているロマン・デュリスが好きだというorebic5_kyonさんからトラックバック。

私の好きなナオミ・ワッツケイト・ハドソン
両女優さんが出演してる『ル・ディボース』

ナオミ・ワッツは美人なんだけど、庶民臭さが漂う、
そんなところが、どうにも捨て難い魅力。
この映画でも、妊娠中のデカ腹を抱え
大股開きでソファにどっこいっしょと座る、
そんなリアルな演技が、好感度大。

対するケイト・ハドソンは、なんと言っても笑顔がキュート!
その笑顔の裏に女のしたたかさが隠れていそうなところが、
好きだったりする。

映画の舞台はパリ。
フランス人と結婚してパリに住んでる姉(ナオミよん)を訪ねて、
妹のケイトがアメリカからやってくる。
そこで起こる離婚騒動やら、恋のアバンチュールやらを描いた、
ハリウッド版フランス映画といったところ。

アメリカとフランスの異文化が際立ってて、なかなか面白かった。
子供の前でSEXに関する話をしちゃうどころか、
子供も一緒になってSEX談義で盛り上がってみたり、
すぐに「運命の恋だ!」と舞い上がってみたり、
さすが、ロマンスの国、フランス!

前になにかで読んだのだが、SEXの年間平均回数の世界統計で
フランスがだんとつの世界1位に輝いていた。
ウロ覚えだが、確か平均週に4.5回とか。
日本は平均で月に1回。

フランス語ってなんかセクシーだもんなぁ。
ささやかれてみたいっ! (フランス語分からないけど)

ストーリー的には大したことない。
フランス人とアメリカ人の対比を面白おかしく見る分には楽しめるけど、
ラブコメという先入観を持って観ると期待外れになるので注意。

c0057810_17113053.jpg

ん~、ケイトの笑顔は可愛い! 
来世はビヨンセのおケツとケイトのスマイルが欲しい

[PR]

by myums | 2005-07-07 17:13 | 映画・海外ドラマ や・ら・わ行  

<< ドニーダーコ 面接行ってきた >>