謎の発疹

少し前にダニ被害でカイカイ事件の話をしたが、
どうやらダニではないらしいことが、発覚。

大家さんが業者を連れてきてくれて、ウチのホコリを検査したところ、
人に害を与えるダニは検出されなかったのだ。
勝手に犯人扱いした前居住者の鈴木みさえさんとラブちゃんに、
ごめんなさい。
しかもラブちゃんはダックスじゃなくて、ネコだったことも発覚。
重ねて、ごめんなさい。

それでは一体この湿疹はなんなのか。
近所の病院では「こりゃあ、ダニだね~」と言われる始末。
だから、ダニじゃないってば!!
そうこうしてる間に、発疹はどんどん広がり、全身ぶつぶつ。
エイズ患者か、クラック中毒みたい。
風呂上りに鏡を見て、我ながら気持ち悪い。
女の子なのに~っ。
えーんえーん。

とにかく痒みがひどくて、耐えられないので、
今度は、大家さんおすすめの病院に行ってみた。
すると先生は面白い物でも見るかのように一言、
「こりゃあ、なんかの奇病かもしれないね~」

き、奇病?!

「なんですか、それ?!」
ビビル私。
「いや、ウチには皮膚科の専門医がいましてね、
彼に診てもらわないと分からないんだけどね、
これだけ広がってるってことは、病気の可能性が高いですよ」
言いながらも好奇心いっぱいの様子で湿疹を見つめる先生。
私の湿疹はそんなに珍しいのだろうか・・・。

取り合えず、今日は湿疹の写真を撮り、処方箋を出してもらい、
明日の午前中に改めて専門医に診てもらうことになった。
奇病だったらどうしよう。
体内に虫とか住んでたりして。
[PR]

by myums | 2005-07-05 19:03  

<< 奇病の正体が今、明らかに!! ムーラント・マイル >>