虐待を考える 虐待が残すもの

虐待が残す傷、その1

虐待されている子供に、「虐待」という認識はありません。
体罰を受けること、親から認められないことが、普通なのです。

前述の長女の場合も、体罰は正しいという間違った大義名分の下、ストレス解消の手段として次女を虐待していました。

そして、どんなに辛くて苦しくても、その気持ちを告白することはできません。
なぜなら、それが「普通」であるから。
長女は、両親のケンカや体罰は、どこの家庭にもある普通のできごとと信じていました。「つらくてもいやでも、みんなたえてるんだ。子供ってそういうものなんだ」

大人になる過程で、「育った環境が普通でなかった」と気づいていくものですが、だから、どうした、もはやどうにもできません。

せいぜい、可哀想だった自分に哀れみの涙をながしてやることくらいです。

やがて結婚し子供がうまれ、親となったとしても、はて、どうやって普通の家庭を築けばよいのか、まったくもって分かりません。

そうして、育児に行き詰る。
子供を叩きたい衝動に駆られる。必死に抑える。ストレスがたまり。ある日、叩いてしまう。すっと気持ちが治まる。叩くことが日常化する。

虐待が虐待を呼ぶ典型パターンですね。


虐待が残す傷 その2

日常的に体罰を受けていると、歪みます。
泣いて謝りながら、親を憎みます。
面従腹背し、ばれなければ良いというずるさが育ちます。

その代わり、自尊心という花は枯れます。
自尊心は人間に生まれつき備わっているものなので、花は枯れても根は残るのです。
残った根っこは開花を許されることなく、行き場を失い、心の中で腐敗し、精神を歪ませます。

長女の場合、親に認めてもらうことなかった自尊心を、「欠点」として処理しました。
本当の私は賢くて、物事を深く見つめている。
そう思う自分を、「図々しくて、うぬぼれている」と否定してきました。

徹底した自己否定を繰り返すうち、長女は無気力になりました。
努力しない人生を選択することで、辛い現実から目を背ける。
頑張らなければ結果に傷つくこともない。
逃げ場のない長女の、自己防衛だったのでしょう。

元来、子供はこんな小難しいことを考える必要はないのです。
子供が幼い脳みそを毎日フル回転させ、「自分に価値がない」という答えにたどり着き、納得する。

そんな状況にわが子を追い込んでいることに、気づかない親。

これは親の怠慢です。
精神的虐待です。

子供は口を閉ざせば閉ざすほど、心の中で絶叫しています。「気づいて」、と。

夜の洗面所でかみそりの刃を手首にあててみたり、ベランダから飛び降りてみようかと考えてみたり、できもしない自殺の真似事をしていた長女も、本心は、誰かに気づいてもらいたかった、可哀想にと慰めてもらいたかった。


幼少時代に受けた虐待は、トラウマとなり、大人になってもなかなか抜け出すことができなくなります。そうすると、精神的未熟な大人ができあがってしまうのです。
[PR]

by myums | 2014-04-18 05:31 | 国際結婚とカナダ  

<< 虐待について考える 虐待について考える ある家庭の場合 >>