泣きたい夜もある

2歳9ヶ月となった今も、時折あるみっしゃんの夜泣き。

なだめてもすかしても、水をあげようとしても、抱きかかえようとしても、足をさすってあげようとしても、全身で拒否られ、ギャーギャーキーキー泣き続けるみっしゃんにひたすら声かけを行う夜。

15~30分間で落ち着くのは分かってるんですけど、叫ぶような泣き声を聞き続けるのは、かなりの苦痛です。かと言って、「じゃ、勝手に泣いててね」と部屋を出ようもんなら、「ひいいいいいいいいいいいいいっ!!!」と絶叫する。

錯乱状態に陥って触るだけでギャーギャー騒ぐくせに、傍にはいて欲しいというワガママっぷり。

はあああ、疲れる・・・。

昨夜もそんな彼女の夜泣きが始まり、無駄とは知りつつあの手この手でなんとか落ち着かせようと試みる私。

やはり無駄。

ミッシャンって新生児のころからとにかくよく泣いてる赤ちゃんだったよなあ、2歳に突入した頃も発狂泣きしててたなあ、みっしゃんの泣き虫は生まれ持った性質なんだろうなあ、これからもきっと泣き虫なんだろうなあ。

途方にくれながら、そんなことを考えていると、はっと思いつきました。


みっしゃんは、もしや泣きたいのでは!?


自分でもコントロールできないほど、泣きたいのかもしれない。
大人でも泣いて発散したとき、ある。
みっしゃんもフラストレーションがあって、泣くことで発散したいのかも。


そう思ったら、心がふっと軽くなりました。
泣き止ませようと躍起になってるときは憎らしかったミッシャンの泣き顔さえも、いじらしく、可愛らしく見えたほど、前向きな気持ちになれたのです。

「そっか、そっか、泣きたいんだよね。泣いていいよ」

ミッシャンは私の胸に顔をうずめしばらく泣いていましたが、ふっと顔をあげると言いました。


「ごろんする。もうなきたくないの」


なきつくしたぜ宣言をかましたかと思ったら、次の瞬間には寝てました。


ほんとに泣きたかっただけなのか、実際のところは分かりませんが、「泣く」という選択肢をこちらから与えてあげたことで安心して泣けたのかなと思います。

次回もこの手を試してみます。
[PR]

by myums | 2013-11-19 17:37 | 国際結婚とシンガポール  

<< 今のところ、報われぬ母の愛 インド人と私 >>