シンガポールで身分証明写真

カナダ移民への手続きをシンガポーで進めよう!ってことで、昨日、提出用の写真撮影に行って来ました。場所はチャイナタウン近くの写真屋さん。

移民局からの指示書を持参し、スタッフにそれを見せながら、「これは移民申請用の写真で、パスポート用の写真とはサイズが少し異なるから、そこだけは気をつけてね」と厳重に注意。

「で、何枚欲しい?」と聞くので、「最低9枚必要」と答えると、「そんなに!? 必要なのは4枚で、エクストラで4枚つけて、8枚でOK!」と勝手に枚数を決めらる。

「だーかーら、これはパスポート申請用写真ぢゃないんだってば!!」

怪訝そうな顔をしながらも、了承するスタッフ。
4枚で1セットなので、3セットの12枚出してもらうことに。

撮影終了1時間後くらいに受け取りに行き、写真をチェック。

サイズ、良し。
顔のサイズ、良し。
写り、良し。

やるじゃーん。できてる!

「裏にスタンプ押して、日付入れといたからねん!」
にこやかに告げるスタッフ。

え!?

あわててめくって見ると、12枚中4枚の写真の裏側いっぱいいっぱいに店のスタンプが。

「だーーーーかーーーーーらーーーーー!これは移民申請用の写真で、パスポート用じゃないって言ってるでしょーーー!!」

裏にスタンプを押されたものは使えん。手元に残ったのは8枚。あと1枚はどうしても必要だと言うと、1セット追加で出してくれた。

「じゃ、あと$6払って」

なんと朗らかに金請求されました。
わたし、ぶちきれましたね。

「パスポート用じゃねーって100万回言ってんのに、勝手にパスポート用だと思い込んで、勝手にスタンプ押しやがったのは、お前らだろうが! お前らのミスで追加になったのに、なんで私が払うんじゃっ!!ふざけんじゃねーーー!!きーーーー!!」

というようなことを、ややマイルドに伝えたところ、「じゃ、じゃあ、すたんぷあるほうと交換ということで、ねっ」と、びびるスタッフ。

しかし、スタンプ押してある1枚をミッシャンが気に入ってしまい、離さない。
「それは返すやつなの!」
「やだー!!」
と押し問答する私に、「いいですいいです。それあげます」と進呈してくれた。


帰り道、「マミー、怒った?」とミッシャンに聞かれ、子供の前であの剣幕はマズカッタかな?と一瞬思ったものの、「怒ったよ。だってね、パスポート用じゃないって言ったのにね、間違えたんだよ。お客の注文を全然聞いてないんだもん」と、愚痴る母。

「うんうん」と頷く素直なミッシャン。


以前は、穏やかクリーミーマミーを目標にしてたんですが、ま、人間そう簡単に変われるものじゃなく。結局、人間性丸出しマミーとなっております。
[PR]

by myums | 2013-08-22 16:09 | 国際結婚とシンガポール  

<< プリスクールに行きたくないミッシャン ミッシャンの英語 >>