青山通りで涙そうそう。

父に保証人承諾書を書いてもらうのを忘れた。
そして父はすでに出張に出てしまった。
帰ってくるのは今週末。
どぉしよぉーーーー。

とは言え、実はそんなに大した問題ではないのだ。
書類関係は結構何とかなる。
自分でもそれは分かっている。
なのに、なぜか、私はすごく落ち込んでしまった。
とりあえず、事情を説明するため、青山通りを歩きながら父に電話を入れた。
話すうちに、涙がボロボロ出てきて、
「わだじがわずれじゃったがらね、わだじがわるいの~~~。ずずずずー」。
「何言ってるかわからんぞ」と電話口の父も苦笑い。

カナダで全面的に私を助けてくれたBooのためにも、
日本では私がBooを守らなければ。
そう思い込み過ぎて、
自分で自分にプレッシャーをかけていたのかもしれない。
そして、ここまで頑張ってきた家探しなのに、
やっぱりミスを犯してしまった自分のオッチョコチョイさ加減に
腹が立って仕方なかった。

父から「そんなに根詰めたって仕方ないんだから、
少し気を楽に持ちなさい」と温かいお言葉を頂き、電話を切ると、
Booは「ちょっとそこで休もう」と私を座らせ、
しばらくの間、私の話を聞いて、励ましてくれた。
一旦涙を流し終えると、私自身の気持ちもすっかり落ち着き、
「あんなことで泣くなんて、私も相当疲れてたんだね。へへへ」と照れ笑い。

時には我慢せず泣いてしまうことも必要かもしれない。
人目を気にせず父に泣きつき、旦那に背中を撫でてもらい、
すっかり復活。
こうやっていろんな人に支えられているからこそ、
強くなれるんだな。
[PR]

by myums | 2005-05-29 22:15 | 国際結婚とカナダ  

<< まだ物件探すの?! 短足で嘆息 >>